どもー、こんちゃー。


昨日もたっぷり寝て今日も元気です。最近睡眠時間やべぇなぁ・・・


さて、今日はアニメの感想記事です。


クロスアンジュ

「クロスアンジュ 天使と竜の輪舞」

2014年に放送されたサンライズ製作の美少女ロボットアニメです。


ざっくりあらすじを書くと、魔法の国で魔法が使えないお姫様が迫害されてしまい、仕方なくロボットに乗ってドラゴンをぶっ殺すお話です。

このアニメを見ようと思ったきっかけは「わりと評判が良かったから」という単純な理由です。個人的にはタイトル、キャラクター共に惹かれるものが無くて、そもそもロボットアニメだという事を知りませんでした。しかも割と近年だしなぁ。何故見なかったのだろうか。

そんなわけでこのアニメの感想をふわっとネタバレを回避しつつ書いていこうと思います。

ヴィルキス
ヴィルキス

まずはロボットアニメということでロボットについて語りましょうか。

クロスアンジュに登場するロボットは全てパラメイルと呼ばれる兵器で、色や細部の形は違えど基本的な構造は同じロボットのようですね。戦闘機形態と駆逐形態の2種類に変形可能で、これは劇中でも状況に応じてしょっちゅう変形してました。変形機構自体もトランスフォーマーみたいに複雑じゃなく、ワンタッチで変形するので見ていて気持ちの良い変形です。また、当然ながら近年のロボットアニメでは当たり前になっているフルCGになっており複雑怪奇な形状にも一切破綻がない、まさにCG様々な仕上がりになっております。

あとは、戦闘機形態の時はコックピットがむき出しの状態になり、操縦席そのものもまるでバイクのような見た目をしているので空飛ぶバイクを操っているような描写がありますね。アクセル、シフトペダル、ガソリンタンクのような何かと、操縦席はまんまバイクです。このバイク型操縦席はロボットっぽくなくてなかなか面白いですね。また、戦闘機形態時に体がむき出しなのでキャラクター同士の描写があったり被弾して即死したり、いろいろと有効活用できてたみたいです。

駆逐形態になっても割と簡単に装甲剥がされたりと、ロボット自体の耐久性はあんまりよろしくないようですね。


ロボットのデザイン自体はシュッと細くてシャープで最近のロボットって感じがします。また、基本的に空中戦闘なのでこのデザインに違和感なく戦闘が繰り広げられており、戦闘自体もスピーディなもので似合ってると思います。ただ1つ気になった点は、ロボットのシルエットが基本的に全機ほぼ同じで激しい戦闘シーンになると誰と誰が戦ってるのか頭が追いつかなくなることが終盤では多々ありました。ありゃ大変だったなぁ。


クロスアンジュ

そしてクロスアンジュが面白いと言われ理由がその世界観にあると思います。

魔法の国で魔法が使えない者が迫害され、世界の果てでドラゴンと死闘を繰り広げるわけですが、そこに至るお話、世界の真実、それらに主人公のアンジュが切り込んでいく様が非常に面白いのです。クロスアンジュは王道的部分もたくさんありストーリー自体は万人が楽しめるようになっていますが、一方で世界設定やストーリーの本筋は今までなかなか見たことのないタイプかつ斬新な切り口になっており、非常に引き込まれる内容になっています。

何故魔法が使えないのか?何故ドラゴンがいるのか?そもそも乗ってるロボットの出所はどこなのか?ドラゴンのとの戦いの果てに何があるのか?

こんな視聴者としての疑問の数々を、ストーリーの中でアンジュが次々と回答していってくれるのがとても面白かったですね。


クロスアンジュ

そんでもってキャラクター

このアニメの登場キャラクターの95%くらいが女性キャラです。
どのキャラクターも個性的なんですが、主人公のアンジュ含めなかなかのクズ揃いというか、それがストーリーの面白さに直結しているというか、見ていて清々しいくらいにアレな人ばかりでしたね。また、クロスアンジュといえば1話から最終話までとにかくエロ描写だらけだったのが印象的でした。それこそ、爽やかなものからなんかネットリしたものまで様々でしたが、総括すれば下品なロボアニメで間違いないと思います。

ロボットアニメにもいろいろありますが、間違っても居間で家族揃って見るタイプではないことは確かですね。

毎話そこ必要か?って頻度でエロ描写を挟み、隙あらば脱ぎ、謎の光が差し込み、もはやギャグの領域に差し掛かるレベルです。これは正直言って好き嫌い分かれるレベルだと思うので、あまりにも露骨な描写が嫌いな人は見ないほうがいいかもしれませんねぇ。逆にそういうのウェルカム、問題ない!って方はそういうのも含めて全てが面白く仕上がっているのでオススメできると思います。



まとめると、異世界で女の子達がロボットに乗って下品なバトルを繰り広げる素敵なアニメでした。



久しぶりに一気に見てスカッとした作品でしたねぇ。やはり私は明確なストーリーラインがある作品の方がズバッと見れて好みのようです。

そんなわけでとても万人向けとは言いがたい作品ですが、ロボ、キャラ、世界観、どれかひとつでも気になるものがあれば楽しめるかもしれません。

以上













クリックよろしくー

【夏休み202日目】

ヴィルキス欲しくなるー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は1日寝てました。深夜2時から午後6時までかな?1日の2/3も寝るとかなり脳にダメージいってる感があります。頭がぐおんぐおんしますね。

さてさて、本日も引き続きワンフェス2017冬レポートをお送りしようと思いますが今回は私が購入したガレージキットのディーラーさんの写真を載せていこうと思います。

空中公園 ディノバルド ワンフェス 2017冬
空中公園 ディノバルド ワンフェス 2017冬

4-06-09「空中公園」様 モンハンよりディノバルド

いやぁこいつは行く前から気になっていたんですが、会場で現物を見たらそのあまりの迫力に驚かされましてね。その彩色もまるでゲームから抜け出てきたかのようなリアルさがあり、造形力も鱗の1枚1枚まで丁寧に作られており素晴らしい作品に仕上がっております。モンハンクロスはそこそこ遊んでこやつとも何度も戦いましたが、こうもかっこよく立体化されると手が伸びるものです。


MK2. 潜水服赤ずきん ワンフェス 2017冬
MK2. チビずきん ワンフェス 2017冬

6-36-01「MK2.」様 オリジナルガレージキット 潜水服赤ずきん チビずきん

こちらはTwitterのリツイートで前日くらいに回ってきたものなんですが、何とも素晴らしい作品なので会場に見に行くことにしたんですね。そして現物を見たら自分で作ってみたくなるパターンでお買い上げしました。が、私の財力ではチビずきんしか買えませんでしたのでちっちゃい方を1ついただくことにしました。こりゃあ塗るのが楽しみです。ちょっとバイオショックチックな塗装を目指してみます。


まにまに エレヂング ワンフェス 2017冬

7-11-12「まにまに」様 オリジナルガレージキット 動く廃墟・エレジング

これまたオリジナルものを購入いたしました。今回のワンフェスは気になるオリジナルものが多いのです。
そのコンセプトも非常に魅力的なのですが、なにより塗装が最高に楽しそうなキットということで購入いたしました。何なら塗装して剥がして塗装してと繰り返して己の技術の練習台になっていただきたいような、そんな素敵キットです。さてさて、一体どう塗装してやろうか、今から楽しみです。



もうねる堂 ハロウィン カリオストロ ワンフェス 2017冬

8-31-02「もうねる堂」様 グラブルよりハロウィン・カリオストロ

カリオストロは立体化に恵まれていない。そんな事を思ったのは昨年夏。
別ディーラー様で素晴らしい作品が出ていたのですがダイパスの力を持ってしても手に入らなかったので悲しんでいたら、今回のワンフェスにて素晴らしいカリオストロがいるじゃない!そんなわけで開場一番に買いに行った作品です。ハロウィンバージョンなんて殊更に立体化チャンスのないものをこのクオリティで仕上げてくる情熱、素晴らしいものです。原作の絵のタッチもよく再現されており、カリオストロ好きにはたまらない作品に仕上がっております。


fullscale タマモキャット ワンフェス 2017冬

8-20-17「fullscale」様 FGOよりタマモキャット

年末年始にFGOやってなかったら見向きもしなかったであろうタマモキャットさん
最初の10連で出現して、最初から現在に至るまでそのバーサーカーっぷりで私の戦闘を助けてくれたお気に入りキャラです。これは四度目の霊基再臨の姿かな?うちのタマモキャットちゃんはまだ裸エプロンには達していませんので頑張ります。







そんなわけで今回のワンフェスでお買い上げになったガレージキット5点でした。5点中3点はゲームキャラ、残り2点はオリジナルという過去にない配分での買い方ですね。元々プリキュアが目的で行ってたのですが、昨今プリキュアディーラーは減少の一途を辿り、ハトプリに関しては壊滅状態。しかし根本にあるのは今も昔も希少性です。

企業が立体化しないであろうものや、単純に面白いもの、そういったものを求めて私はワンフェスに行っているわけですからね。

今回、一般ディーラーにも企業ブースにReゼロのレムがそこらかしこにいましたが、片っ端からお買い上げしてたらキリがありません。それよりも、あの会場内で1点しかないであろうものを追い求めてワンフェスに参加し続けるのです。もちろんレムもそれぞれが一点モノであることに間違いはないのですが、あれだけ出展数あるとポーズなんか被りまくりですからねぇ。そして企業からあんだけ出てると一般ピーポーな私は完成品を求めてしまいます。

今回の記事もさぞ普段からガレキを作ってる風な書き方ですが、そんな事ないですからねぇ。積みガレキが倉庫で山になってます。しかし既にエンジンは始動しております。がんばるぞー!


以上、今回のワンフェスでお買い上げしたガレキ達でした。












クリックよろしくー

【夏休み201日目】

積まねば

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


たっぷり寝て疲れを回復いたしました。まだ全身至るところが痛いですが、これも筋トレの一環だと思って頑張ります。

さて、毎日がネタの無い日々だったのですがワンフェスで記事に出来ることがたくさんあったのでひとつずつ書いていこうと思います。まずは昨日の海洋堂お土産品の中にもあったワンダちゃんのPVCフィギュアからご紹介。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

今回で「ワンダちゃんNEXT DOORプロジェクト」もFILE:03となり、続いてるってことは一応黒字にはなっているのかな?と思いつつ毎回ワンフェスに足を運ぶ度に記念品として購入しています。ワンダちゃんというキャラクターがどうこうは置いといて、新鋭のイラストレーターと原型師のタッグ作品が手に入るというのは実に面白く、また毎度その造形に見惚れてしまっているため今回も購入することになりました。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬
海洋堂 ワンダちゃん 2017冬
海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

とりあえずグルッとひとまわり。

今回はイラストレーターが加茂川氏、原型師が石長櫻子氏という組み合わせ。冬開催だから冬っぽい格好なのかどうかは不明ですが、冬っぽい装備なのにすげぇ寒そうという、年末年始にスクフェスで配られたUR曜ちゃんを思い出す出で立ちです。

そんなわけで今回のフィギュアのここがいいなぁと思ったポイントを何点か撮ってみました。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

まずなんといっても腹周り。素晴らしい胴体だ素晴らしい!

立体化する際にイラストからアレンジを加えて腰に捻りを加えたそうですが、そのせいで原型作業は地獄を見る羽目になったのだとか。ただ、その地獄のおかげで非常に素晴らしい捻りを拝むことができました。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

そして背中のデカいリュックと腰の隙間。これが腰の細さをうかがわせると共にリュックの重みを感じさせますね。あと右手と左手でリュックの紐の握り方が違うのもなるほどぉって思ったり。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

フィギュアの命であるお顔に関してはこの角度が一番それっぽいというか、元のイラストっぽいというか、アンニュイな感じになりました。そういえばワンダちゃん買う時に並んだ列の最後尾に、このワンダちゃんのコスプレしたスタッフの方がいらっしゃいました。とっても寒そうでした。やっぱ寒いわこの格好。

海洋堂 ワンダちゃん 2017冬 比較

歴代ワンダちゃんと並べるとこんな感じになりました。今回のワンダちゃんは今まででベースが一番でかいです。初代ちっちゃいなぁ。あと置く場所がないです。最近フィギュアを置く場所が~って度々書いてますが、冗談ではなくマジで置き場が無いのですよ。困ったなぁ。


海洋堂 ワンダちゃん 2017冬

そんなわけで今回のワンダちゃんも造形物としてじっくり眺めていろいろと面白い作品に仕上がっておりました。きっと既に第4弾も進んでいるでしょうから楽しみにしておきましょう。

以上













クリックよろしくー

【夏休み200日目】

フィギュアはいいものだ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



ワンフェスに行ってきました。

昨日はネタが無さすぎて更新をサボったのですが、今日は今日でくたくたに疲れているのでとりあえず簡単にまとめて明日頑張ります。

ワンフェス 2017冬

そんなわけでワンダーフェスティバル2017Winterですが、天気も良く、雪も積もることなく素晴らしい1日となりました。

私は今回ダイレクトパスの抽選は落選したため潔く当日始発便で乗り付けました。7時30分には待機列に並べたのですが5ホールと6ホールの間という何とも中途半端な部分で停止。しかし今回から1-5ホールと5-8ホールの分岐を入り口より遥か手前で行うようになったため、今回は開場10分で中に入ることができました。運営もいろいろ考えているんですねぇ。

そんなわけでいろいろ買って、いろいろ見てきたわけですがその辺は明日以降にしておきます。とりあえず主催の海洋堂の土産物だけ。

ワンフェス 2017冬 ワンダちゃん

今回のワンダちゃん。これで3回目です。なんか今回は数を絞ったのか11時前には売り切れてましたね。

そしてワンフェス参加10回目にして始めて海洋堂宮脇専務に生で御目にかかることができました。ワンダちゃん販売所の視察にきていたようですね。テレビとかで見たまんまの人でした。

ワンフェス 2017冬 伝説のワンフェス2014冬

そして、今回宮脇専務の思いつきで商品化した「伝説のワンフェス2014冬」もしっかり購入。あの時はダイパス組でしたが、通常待機列はどんな地獄だったのでしょうか。電車止まりまくるし、一般ディーラー来れなくなる人続出だし、二度と体験したくないですね。

ワンフェス 2017冬 伝説のワンフェス2014冬

一応白一色じゃなくてグレーだかブルーだかの下地で雪っぽさを表現しているそうです。1,000円です。お祭り価格ですね。元々ガチャガチャ商品らしいですから300円が妥当な値段でしょう。

ワンフェス 2017冬 ワンダちゃん人形焼

そして海洋堂の作戦にはまんまと踊らされてやることにして、ワンダちゃん人形焼も箱で買ってやりましたよ!!

もともとワンダちゃんのフィギュアをワンフェスのお土産にってことでNext doorプロジェクトとして始まったんですが、6,800円のPVCフィギュアは土産としては高額すぎるという意見を汲んで、箱でも1,500円と気持ちリーズナブルな商品を用意したそうです。


ワンフェス 2017冬 ワンダちゃん人形焼

中身はワンダちゃんの顔の人形焼であんことカスタード味が各4つ入ってました。1つ187.5円です。やっぱたけぇな。

食ってないので美味しいのか不明ですが、一応ワンダちゃんの顔も原型製作から焼き型作りをしたとかしてないとかで、造形イベントのお土産としては不正解ってことはないんでしょう。しかしこの人形焼は今回売れたのだろうか・・・?屋台にはあまり人がいないように見えましたがさてはて。



というわけでしっかりと主催の海洋堂にお布施しつつ、丸1日ワンフェスを楽しんでまいりました。

あとは風呂入って寝よう














クリックよろしくー

【夏休み199日目】

ねむーい!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は凄い天気が良くて昼間はとても暖かかったですね。ワンフェス当日も天気は大丈夫そうなのでこんな小春日和だと嬉しいのですが。

昼間にワンフェス準備のため靴に入れるホッカイロを買ったのですが、帰宅後にワンフェスで使ってるリュックを漁ったら去年のが出てきました。ワンフェス以外で使う機会ないんだよなぁ。ちなみにせっかく買ったSORELのカリブーはあまりにも歩きにくいので今回はパスです。


ガルパン ココス クリアファイル

あとはココスでご飯を食べてきました。これで5枚目。残り1週で全種コンプリートです。


今週からなのか、大洗店限定だった戦車ケーキが全国の一部店舗でも販売が開始されましたね。今日適当に行った店もたまたま戦車ケーキ販売対象店舗だったようですが、流石に1人でコンボセット+ケーキは荷が思いのでやめておきました。

ガルパン ココス 大洗店 戦車ケーキ

このケーキ1つだけ食べにいくならちょうどいいボリューム感かもしれませんね。

ココス行ったりワンフェス準備したり昼寝したりで気付いたらこんな時間ですが、最近は昼夜逆転ここに極まるといった具合なのでこのままワンフェス当日までに1周させてうまい具合に合わせるつもりです。

冬なので防寒対策と、あとは少量の水と食べ物。今回は当日入りなので開場10分後くらいの入場になりそうですが、その時間で残ってそうなものを買いに行って今回は展示物をゆっくり眺めようと思います。久しぶりにガッツリ歩くわけだしなぁ。


そんなわけで今日はこの辺で。


コメント返信
>ウミさん
昨日からカレー続きです













クリックよろしくー

【夏休み197日目】

何買おうかなー

んじゃ、さいなら~