どもー、こんちゃー。



先週土日更新をすっぽかしたので、珍しく平日更新です。筆が乗ったというか、キーボードの調子がいいというか、そんな感じのアレです。あとは、今週想定していたデスマーチが想像していたよりも少しだけマシだったというのも心理的余裕を生むきっかけになったのではないでしょうか。

ともあれ、最近やっていることといえばアズールレーンですので、前回の記事からその後どうなったか書いていきましょうか。



アズールレーン 

先月末より始まったホロライブ×アズールレーンコラボをきっかけにアズールレーンの新米指揮官に就任したわけですが、このゲームはわりとTime to Winな感じでグラブルを最初からやっているような感覚で遊んでおります。こういうゲームって、最初のどんどん成長していくのが面白いところもあるので大好きです。

戦闘に関してはぼオートで回してまして、たまに手動操作にしたりもしますがAI操作の方が上手なんじゃないかと思っております。


コラボキャラクターに関してはその後入手出来ておらず、むしろ初回でコラボキャラの中でも一推しであったあやめちゃんを引けてモチベーションを保てたのは僥倖であったと思います。



アズールレーン ブリンツ・オイゲン

なお、現在何かしらのキャンペーン中らしく私でも聞いたことがあるような有名キャラクターが確定入手できます。

このブリンツ・オイゲンさんと、エンタープライズさんという素敵に強いお二方が手に入るので私のような初心者も助かっちゃいます。システム的な面については指揮官レベルの上昇につれて開放されていく感じで、デイリーミッションにもそれらの操作が含まれるので毎日こなしていると自然と覚える感じですね。


あれから数日間、キャラクターのレベルを上げ、装備を強化し、艦隊を強くしていってようやくホロライブコラボ海域に挑むことが出来るようになりました。


アズールレーン ホロライブ コラボ

コラボストーリーは原作と呼べば良いのか分かりませんが、ホロライブ所属のVtuber達が過去の配信で繰り広げた内容が反映されており、何とも不思議な感じがします。アズールレーンの中から見ると完全にアニメか何かのストーリーのようなのですが、ホロライブ側から見ればそれは過去偶然起こった出来事や歴史みたいなもので、なかなか興味深いコラボですよね。

ホロライブは最近見始めて過去の切り抜きなんかで関係性なんかはぼや~っと把握している程度ですが、それでも楽しめる内容になっております。逆に、アズールレーン側からホロライブに興味を持って動画を漁っていくのはなかなか難易度高いかもしれませんね。





アズールレーン 大神ミオ 友好度

そして、デイリーガチャで残りのコラボキャラを狙いつつ大神ミオちゃんの友好度集めも頑張っております。グラブルみたいに火力にモノを言わせて秒で終わらせるようなことは出来ず、コツコツ地道に集める必要があるんですね。友好度を1000貯めると無事に正式加入するそうですが、結構頑張っててまだ半分です。先は長いなぁ。


今行けるギリギリの海域で1戦16とかしかもらえないので世知辛いのです。


アズールレーン ホロライブ コラボ

他にも同時並行で多数のイベントが開催されており、こちらはポイント累積によってシオンちゃんがもらえるようですね。


SSRときのそらちゃんはポイント交換もできるようですので、ガチャ運のすべてをフブキちゃんとあくあちゃんに注ぐのです。頑張るぞ!!



アズールレーン 編成

そんなわけで現在こんな具合に育ってきた私の第一艦隊。

攻略wikiなんかも覗きつつ、仕事の合間を縫って最高効率でイベントを駆け抜けるべく頑張っております!



イベント終了までにホロライブキャラ集め頑張るぞー!













クリックよろしくー

もう寝る時間だ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



嵐の前の静けさということで、今週は残業調整しつつ週末を迎えることが出来ました。

この週末の土日は久しぶりに休むことが出来るのですが、土日で会社の同僚の方々とコテージ泊と洒落込んでくる予定なので実質出勤です。本当にありがとうございました。


さて、そんな中今週木曜日から私の大好きなホロライブが、アズールレーンとコラボを果たしなんとゲーム内に登場するんだとか。これは遊ばないわけにはいきません。というわけで早速タブレットにアズールレーンをインストールしてみました。



ホロライブ アズールレーン

ちゃんとコラボの扉絵になっております。

コラボ期間は2週間ほどしかないのでサクサク進めていきたいのですが、なにせアズールレーンはほぼ初心者。昔艦これをやってましたが、似てるようでちょっと違うけど少し似てるゲームです。そも、アズールレーンは実は1回だけ触ったことがあります。エルドリッジのフィギュアの出来があまりにも良かったので思わずキャラを知らずに買いそうになったことがあったのですが、その時ちょっと触ってみたんですよね。当時はグラブルにお熱だったこともありすぐにやめてしまったので、実質今回が初プレイです。



ホロライブのコラボキャラクターは建造で出現するようで、これがいわゆるガチャに該当するのですが艦これとも普通のソシャゲとも違った感じです。とりあえず、ホロライブキャラが欲しかったので初期素材をぶっこんでみました。



ホロライブ アズールレーン 大神ミオ

ちなみに、ミオちゃんに関してはイベントのコラボSRということで確定入手でいます。グラブルのように、親密度を最大にすると正式加入する形をとっており、大変分かりやすいです。コラボイベントはしっかりとストーリーも用意されているようで、昨日から始めたぺーぺーの私はとりあえず初期マップをぐるぐるしたりしてレベリングやら、コンテンツの開放やらをおこなっている最中です。

戦闘画面ではこれまた艦これと違い、ある程度自分で操作しながら敵を倒す横スクロールシューティングのようなゲーム画面になるのですが完全オートモードも存在しているのでめんどくさがり屋な私でも安心して遊ぶことが出来ます!そういえばグラブルもフルオート実装されたけどやってないな・・・




ホロライブ アズールレーン 夏色まつり
ホロライブ アズールレーン 百鬼あやめ

そして建造でとりあえずまつりちゃんあやめちゃんをゲットいたしました。二人ともレアリティはSRですが、キャラクター的にはあやめちゃんが一番欲しかったので大変満足しております。かわ余!





ホロライブ アズールレーン 百鬼あやめ

さっそく秘書艦にしてみました!

あとこのアズールレーンというゲーム、オプション設定から追加ボイスをダウンロードしないと漏れなくキャラクターがしゃべりません。最初にホロライブキャラを入手したとき、まったくしゃべらなかったのでこんなもんかーって思っていたのですがボイスをダウンロードしたらすっごい喋りはじめました。めっちゃ重要ポイントです。


ホロライブキャラクターは描き下ろしでかわいくかっこよく世界観に馴染ませてありますし、何なら水着スキンも同時販売中です。今回のコラボで登場するコラボキャラは以下の7名。

ときのそら(SSR正規空母)
白上フブキ(SSR駆逐艦)
湊あくあ(SSR潜水艦)
夏色まつり(SR駆逐艦)
百鬼あやめ(SR重巡洋艦)
紫咲シオン(SR軽空母)
大神ミオ(SR正規空母)



ファンとしては是非とも全員手に入れておきたいところではありますが、果たしてコラボ終了までにどこまで進むことが出来るのか。


ちょこちょこ進めていきたいと思います!!


以上


コメント返信
>がふー
うさぎ鍋はやめるぺこ















クリックよろしくー

久しぶりの休日だー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


昨日はFF14のメジャーアップデートでしたので、定時帰宅を決めてがっつり遊んでやりましたよ~。


普段あんまりログイン出来なかったりするもんで、ここぞという時にがっつり遊べるように前々から調整しておえりました。こういう遊び方、メリハリがあって良いと思います!仕事の息抜きにもなりますし、なんなら1つの目標地点としてモチベーションの維持にも繋がりますので私にとっては重要なライフワークといえるでしょう。



FF14 パッチ5.1 白き誓約、黒き密約


さて、漆黒のヴィランズ初となる今回メジャーアップデート「パッチ5.1 白き誓約、黒き密約」ですがなんといっても目玉は24人レイドの実装でしょう。

漆黒のヴィランズではニーアオートマタとのコラボダンジョンである「ヨルハダークアポカリプス」の実装が以前から予告されていましたが、今回ようやっと実装となりました。ニーアファンはもちろんのこと、ニーア未プレイの人でも楽しめるように作ってあるということで今回も初見でワイワイ遊んでまいりました!


レイドの難易度的には4.X終盤のオーボンヌの阿鼻叫喚具合を鑑みて少し緩和されてるようですね。普通でした。


肝心のストーリーの方ですが、私はニーアオートマタを未プレイのため何が何だか・・・って感じで、原作を遊んだことのある人たちはワイワイといった具合に。私にとってはFF14以外未プレイなので、作中に出てくるモンスターやBGMにピンとこないのはいつもの事なので、まさにいつも通りのレイドといった感じでした。ステージの作り込みは大したもので、廃墟の感じを通じてニーアの世界観はこんななんだっていうのがよく伝わりました。ニーア、やってみようかなぁ。







そしてもちろん、今回のメインシナリオも大変面白いものに仕上がっております!

漆黒のヴィランズは今までのFF14の集大成という具合に、ストーリーが大変面白いものに仕上がっていて個人的にも大満足の出来だったのですが、5.1からはその続きになり、6.0へと繋がっていく物語が紡ぎ始められます。今後、どのような展開になっていくのか、まだまだ波乱の展開が続きそうですね。5.0部分で回収しきれなかった部分とか、わりと静かなスタートでしたがいつも通り雲行きが怪しくなってきたので5.2が今から大変楽しみです!





そしてメインストーリーと同じく楽しみにしていた極ハーデス討滅戦の実装。

みんなでワイワイやる難易度にはちょうどよく仕上がっているようで、初見であれこれ考えながら攻略するのはかなり面白いですね。幸いにして、11月前半だけは奇跡的に仕事が忙しくないので、その間に仲間と共に攻略していきたいと思っています。報酬の武器やマウントを狙いたいというよりは、みんなでワイワイ攻略して楽しんで、あわよくばクリアして達成感を味わいたいって程度ですからいかにして時間を作ってみんなと遊べるかがカギになってくるコンテンツです。こういうの、どんなに忙しくてもメジャーアップデートなんかの節目くらいにはちゃんと顔出して参加したいもんですよね。

仕事との折り合い、ゲームとの上手い付き合い方、それぞれバランスを取りながら楽しいエオルゼアライフを送っていきたいと思っております。



というわけで平日真ん中FF14日記でした!
















クリックよろしくー

よーし今週もあと2日だー!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。



昨日の18時からアーリーアクセスが開始されたFF XIV 漆黒のヴィランズ


viranzu.png

MMORPGというジャンルとしては異例の新生後運営6年にして過去最高のアクティブプレイヤー数を記録中のFF14。今回の「漆黒のヴィランズ」3つ目の拡張パッケージということで、FF14のメインストーリーの核心に触れていく物語になるそうです。

私はこの拡張パッケージを遊ぶために6月お仕事をちょー頑張りました。そりゃもう、ちょー頑張りです。おかげでこの週末を無事に獲得したので、今までお仕事頑張った分たくさん遊ぶつもりです!!








昨日の夜はとりあえず普通に寝ておきました。

この3日間くらい、かなり短時間睡眠で仕事に全力だったためここで1度しっかり寝て土日を全力で遊ぶための準備が必要だったというわけです。そのため、ブログ更新も全力で遊ぶ前の軽いウォーミングアップ的な役割も兼ねています。あと、6月は忙しすぎてロクに更新していなかったので生存報告も兼ねて。









とりあえず、6時間ほど遊んでみた感想を適当に。

まず、今回の拡張パッケージは過去最高に予算があると思いました。その理由はイベントシーンにあって、こんなシーンでも声が付いてる!というのが多々あったからです。

新生の頃はここで声付かないんだ・・・っていうシーンが多かったんですが、今回の漆黒は出来る限りカットシーンで声が付くようになっているように思います。暁の血盟や主要NPCだけでなく、そのクエスト限りであると思われるNPCなんかにも声が付いていて、よりRPG感が増して世界にのめり込めるようになったように感じました。


そして、ゲームのグラフィックスや質感などそれこそサービス開始当初から変わっていないので、最近のゲームに比べるとどうしても見劣りする部分というのはあります。それでも、フィールドの作り方だったり、イベントシーンの演出方法なんかは新たなものが取り入れられており、MMORPGとして、また単純に最新のゲームとしても進化を続けているFF14の姿を見て取ることができました。


今回の拡張、メインストーリーも含めてかなりボリュームがありそうですのでじっくり遊んでいきたいと思います!






そんなわけで、漆黒のヴィランズを最高に楽しんでいる報告日記でした!















クリックよろしくー

漆黒はいいぞ!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。



お仕事多忙につき週1更新ペースになっております。

この忙しい中、何とか仕事を詰めて詰めて来週末から始まるFF14漆黒のヴィランズアーリーアクセスだけは遊べるように調整中であります。仕事が終わろうと終わるまいと休む宣言はしているので大丈夫だとは思うのですが、この忙しさいつまで続くんだろうか・・・・



さて、そんな中タイトル通りFF XIV 『劇場版 FFXIV 光のお父さん』を観てきました!!






ドラマ版を見てFF14に復帰した身としては、劇場版も見にいかねばなるまい!と思っていました。

公開日の金曜日はちょっと忙しかったので、土曜日に行きましたが映画は最初の週末の初動が肝心って原作者であるマイディーさんもブログでおっしゃられていたのでしっかりと初週週末に行ってきましたよ!



今作、実写パートを演じる俳優陣はドラマ版と総入れ替えとなっており、内容としてはリメイクになっています。同じ原作から映画として作品を作った場合の光のお父さんの物語となっており、ブログ版ともテレビドラマ版とも違うストーリーラインになっていました。もちろん、大筋の話は一緒ですが映画という形のエンターテイメントに落とし込んだ気持ちの良い仕上がりになっており、見にいって素直に面白かったと言える作品になっています。

私は、お父さん役としてドラマ版の大杉漣さんほどハマる俳優の方は他にいないと思っておりましたが、残念ながら亡くなられてしまいました。インタビューなんかを読む限り、最初の頃はキャストの続投という方向性もあったようですが今回このような形での映画化となったわけですね。そんなわけで、新たなお父さん役として吉田鋼太郎さんが抜擢されました。

正直、映画を見るまではどんなもんなんだろうなという不安の方が勝っていたのですが、吉田鋼太郎さんの演技は大変素晴らしいもので、視聴者を劇中の世界へ引きずりこむような魅力とお父さんという役の違和感の無さに驚かされました。こればっかりは実際に映画を見てみないと発見できなかった部分なので、見にいって本当に良かったです。



そしてこの映画で忘れちゃいけないのがエオルゼアパートです。

マイディーさんをはじめとしたFC:じょびネッツアの面々が出演しており、この映画の肝になるシーンが多く含まれている欠かせない部分です。今回はドラマ版以前と比べ各々の知名度も格段に上がってしまったことから、スクエニ全面協力のもと撮影用サーバーで撮影していたようですが、ドラマ版に比べて格段に演技が上手くなっていました。同じゲームをしているとは思えない多彩な感情表現で、FF14はここまで出来たのかと思い知らされる内容でした。私もゲーム中ではわりとエモートを使う方でしたが、やはり極まってくると凄いものになるんですね。

映画を見ている最中は、エオルゼアパートになる度に「このシーンは一体どうやって撮っているのだろう・・・」なんて思ってしまうことが多々あり、ゲームを遊んでいる人間からすると技術的な面で大変興味のあるシーンが盛りだくさんでした。




そんなわけで、大変面白かった劇場版光のお父さん。

ゲームを全くやらない母も一緒に連れてったのですが、テレビドラマ版に引き続いてすごく面白かったとのことで、普段ゲームをやらない人間にもこのヒューマンドラマの面白さは伝わったのではないかと思います。マイディーさんが普段から仰っているネトゲの地位向上という点についても少しは貢献できたのではないでしょうか。あと、これを見せておけば来週末の漆黒アーリーで部屋に引き篭もっててもとやかく言われにくくなるという狙いもありましたが。

そういえば、事前に泣ける泣けるというので覚悟していったのですが私が一番泣けると思ったシーンは、何故かエンドクレジットのスペシャルサンクスFC:じょびネッツアの文字を見たときでした。なんでだろうな。




劇場版光のお父さん パンフレット


劇場では、唯一のグッズであるパンフレットを購入。

こちらはインタビューがビッシリでしたが大変面白い内容でしたので劇場に足を運んだ方は記念に是非とも。





週間ファミ通 漆黒のヴィランズ

そして関連する話になりますが、今週号のファミ通もついでに買ってきました。こちらは、漆黒のヴィランズアーリーアクセス直前特集ということで吉田プロデューサーのインタビューなんかが載ってます。そして、映画公開週記念ということでマイディーさん、きりんちゃん、あるちゃんのお三方のインタビューとマイディーさんのコラムなんかも載っていました。

あと、表紙がめっちゃカッコイイので光の戦士の方々は購入することをオススメします。表紙がかっこよすぎて初めてファミ通買ったくらいですからね。描き下ろしだそうです。




そんなわけで、忙しい合間を縫って着実にFF14熱を盛り上げていっている今週。待ちに待ったアーリーアクセスまであと1週間です。来週は楽しむぞ!!













クリックよろしくー

あと1週間!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム