どもー、こんちゃー。



先週土日更新をすっぽかしたので、珍しく平日更新です。筆が乗ったというか、キーボードの調子がいいというか、そんな感じのアレです。あとは、今週想定していたデスマーチが想像していたよりも少しだけマシだったというのも心理的余裕を生むきっかけになったのではないでしょうか。

ともあれ、最近やっていることといえばアズールレーンですので、前回の記事からその後どうなったか書いていきましょうか。



アズールレーン 

先月末より始まったホロライブ×アズールレーンコラボをきっかけにアズールレーンの新米指揮官に就任したわけですが、このゲームはわりとTime to Winな感じでグラブルを最初からやっているような感覚で遊んでおります。こういうゲームって、最初のどんどん成長していくのが面白いところもあるので大好きです。

戦闘に関してはぼオートで回してまして、たまに手動操作にしたりもしますがAI操作の方が上手なんじゃないかと思っております。


コラボキャラクターに関してはその後入手出来ておらず、むしろ初回でコラボキャラの中でも一推しであったあやめちゃんを引けてモチベーションを保てたのは僥倖であったと思います。



アズールレーン ブリンツ・オイゲン

なお、現在何かしらのキャンペーン中らしく私でも聞いたことがあるような有名キャラクターが確定入手できます。

このブリンツ・オイゲンさんと、エンタープライズさんという素敵に強いお二方が手に入るので私のような初心者も助かっちゃいます。システム的な面については指揮官レベルの上昇につれて開放されていく感じで、デイリーミッションにもそれらの操作が含まれるので毎日こなしていると自然と覚える感じですね。


あれから数日間、キャラクターのレベルを上げ、装備を強化し、艦隊を強くしていってようやくホロライブコラボ海域に挑むことが出来るようになりました。


アズールレーン ホロライブ コラボ

コラボストーリーは原作と呼べば良いのか分かりませんが、ホロライブ所属のVtuber達が過去の配信で繰り広げた内容が反映されており、何とも不思議な感じがします。アズールレーンの中から見ると完全にアニメか何かのストーリーのようなのですが、ホロライブ側から見ればそれは過去偶然起こった出来事や歴史みたいなもので、なかなか興味深いコラボですよね。

ホロライブは最近見始めて過去の切り抜きなんかで関係性なんかはぼや~っと把握している程度ですが、それでも楽しめる内容になっております。逆に、アズールレーン側からホロライブに興味を持って動画を漁っていくのはなかなか難易度高いかもしれませんね。





アズールレーン 大神ミオ 友好度

そして、デイリーガチャで残りのコラボキャラを狙いつつ大神ミオちゃんの友好度集めも頑張っております。グラブルみたいに火力にモノを言わせて秒で終わらせるようなことは出来ず、コツコツ地道に集める必要があるんですね。友好度を1000貯めると無事に正式加入するそうですが、結構頑張っててまだ半分です。先は長いなぁ。


今行けるギリギリの海域で1戦16とかしかもらえないので世知辛いのです。


アズールレーン ホロライブ コラボ

他にも同時並行で多数のイベントが開催されており、こちらはポイント累積によってシオンちゃんがもらえるようですね。


SSRときのそらちゃんはポイント交換もできるようですので、ガチャ運のすべてをフブキちゃんとあくあちゃんに注ぐのです。頑張るぞ!!



アズールレーン 編成

そんなわけで現在こんな具合に育ってきた私の第一艦隊。

攻略wikiなんかも覗きつつ、仕事の合間を縫って最高効率でイベントを駆け抜けるべく頑張っております!



イベント終了までにホロライブキャラ集め頑張るぞー!













クリックよろしくー

もう寝る時間だ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



嵐の前の静けさということで、今週は残業調整しつつ週末を迎えることが出来ました。

この週末の土日は久しぶりに休むことが出来るのですが、土日で会社の同僚の方々とコテージ泊と洒落込んでくる予定なので実質出勤です。本当にありがとうございました。


さて、そんな中今週木曜日から私の大好きなホロライブが、アズールレーンとコラボを果たしなんとゲーム内に登場するんだとか。これは遊ばないわけにはいきません。というわけで早速タブレットにアズールレーンをインストールしてみました。



ホロライブ アズールレーン

ちゃんとコラボの扉絵になっております。

コラボ期間は2週間ほどしかないのでサクサク進めていきたいのですが、なにせアズールレーンはほぼ初心者。昔艦これをやってましたが、似てるようでちょっと違うけど少し似てるゲームです。そも、アズールレーンは実は1回だけ触ったことがあります。エルドリッジのフィギュアの出来があまりにも良かったので思わずキャラを知らずに買いそうになったことがあったのですが、その時ちょっと触ってみたんですよね。当時はグラブルにお熱だったこともありすぐにやめてしまったので、実質今回が初プレイです。



ホロライブのコラボキャラクターは建造で出現するようで、これがいわゆるガチャに該当するのですが艦これとも普通のソシャゲとも違った感じです。とりあえず、ホロライブキャラが欲しかったので初期素材をぶっこんでみました。



ホロライブ アズールレーン 大神ミオ

ちなみに、ミオちゃんに関してはイベントのコラボSRということで確定入手でいます。グラブルのように、親密度を最大にすると正式加入する形をとっており、大変分かりやすいです。コラボイベントはしっかりとストーリーも用意されているようで、昨日から始めたぺーぺーの私はとりあえず初期マップをぐるぐるしたりしてレベリングやら、コンテンツの開放やらをおこなっている最中です。

戦闘画面ではこれまた艦これと違い、ある程度自分で操作しながら敵を倒す横スクロールシューティングのようなゲーム画面になるのですが完全オートモードも存在しているのでめんどくさがり屋な私でも安心して遊ぶことが出来ます!そういえばグラブルもフルオート実装されたけどやってないな・・・




ホロライブ アズールレーン 夏色まつり
ホロライブ アズールレーン 百鬼あやめ

そして建造でとりあえずまつりちゃんあやめちゃんをゲットいたしました。二人ともレアリティはSRですが、キャラクター的にはあやめちゃんが一番欲しかったので大変満足しております。かわ余!





ホロライブ アズールレーン 百鬼あやめ

さっそく秘書艦にしてみました!

あとこのアズールレーンというゲーム、オプション設定から追加ボイスをダウンロードしないと漏れなくキャラクターがしゃべりません。最初にホロライブキャラを入手したとき、まったくしゃべらなかったのでこんなもんかーって思っていたのですがボイスをダウンロードしたらすっごい喋りはじめました。めっちゃ重要ポイントです。


ホロライブキャラクターは描き下ろしでかわいくかっこよく世界観に馴染ませてありますし、何なら水着スキンも同時販売中です。今回のコラボで登場するコラボキャラは以下の7名。

ときのそら(SSR正規空母)
白上フブキ(SSR駆逐艦)
湊あくあ(SSR潜水艦)
夏色まつり(SR駆逐艦)
百鬼あやめ(SR重巡洋艦)
紫咲シオン(SR軽空母)
大神ミオ(SR正規空母)



ファンとしては是非とも全員手に入れておきたいところではありますが、果たしてコラボ終了までにどこまで進むことが出来るのか。


ちょこちょこ進めていきたいと思います!!


以上


コメント返信
>がふー
うさぎ鍋はやめるぺこ















クリックよろしくー

久しぶりの休日だー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


1日寝てたせいで書くことが無いです。


最近は午前3時くらいまでネットの海をさまよってます。ニートって夜いろいろ考えちゃって鬱病が加速するらしいですね。わたしゃ鬱病じゃないので余裕です!
でももうちょっと健康的な生活を送ろうと思います。


さて、X-LEGEND GAMESからリリースされたSeventhDarkというネトゲを少し遊びました。


本日からオープンβテスト始まってますが、その前の先行テストです。既にアンインストールしましたが・・・

SEVENTH DARK

ちょっと期待したのですが、なんか思ってたのと違うっていうか、端的に表現すれば「ペラい」です。

このゲームは視点固定のハクスラ風味なゲームで、職業と武器の組み合わせによって割りと自由なスキル回しができたりするゲームです。ノンターゲティング方式で、公式いわく「ドラマチックアクションRPG」という謎ジャンルなのですが、スキルエフェクトとかも初っ端から結構気合入ってました。

どんどこストーリー進めていけばレベルが上がるタイプのゲームなんですが、なんだかなぁと。噂には聞いてましたが、X-LEGENDのゲームは全て量産型MMOと呼ばれており、なるほど確かに量産っぽいなぁと感じてしまいました。

SEVENTH DARK

キャラはカワイイのにもったいないなぁと思います。

そんなわけで少しでも期待した私が駄目だったのかぁということで浮気終了。


ここからが本命、既に死産と呼ばれているToSちゃんが来週水曜日から始まります。国際サーバーに潜入プレイとかしてないのでクローズドで触ったっきりなんですが、そろそろヤバイと思って1週間くらい前からちょこちょこ情報集めはしております。

ToS ロゴ

あんまりいい噂を聞かないこのゲームですが、実際にやりこんでみれば自分に合ってるのか否か、真意の程は確かめることができます。

まだやりたい職業とかも決めてないので、そこら辺も踏まえて残り1週間で始める準備をしないとなぁ。

結局はMMO難民はこれじゃないあれじゃないと放浪し続ける運命にあるのかもしれませんが、駄目なら駄目でメイポでもFF14でも戻る場所はありますからね。

なんだかんだ最初は人もいるでしょうし、しばらくは楽しもうと思います。


そんなわけで今日のところは以上













クリックよろしくー

【夏休み17日目】
【残り貯金額1兆9978億メル】

お勉強お勉強

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



木曜日も終わり今週も残すところあと1日。明日は特に冷え込むそうなので朝はしっかり防寒して出かけましょう。



昨日今日と1日城プロ・・・お城プロジェクトを遊んでおります。もちろんFF14もやっておりますよ?


これが艦これを始めたばかりのときみたいになかなか面白い。言うなれば艦これ面白いおもしろさになっております。


前回紹介した記事では触りだけでしたが、今回はガッツリ遊んできました。



WS004233.jpg

まずゲームはこんな具合にタワーディフェンスもどき。

艦これで言う秘書艦にあたる城娘は敵が侵攻する一番奥にいて、この城娘が落とされるとゲームは負けになります。

また、城娘は一定数攻撃するとスキルを使えるんですが、それが範囲攻撃や味方支援など様々。で、このスキルの関係上、一番奥に配置される城、つまり秘書城は全体支援系に限られてきてしまうわけですよ。だってその城にたどり着く前に敵を殲滅しておかないと、スキル1つじゃ敵は倒しきれませんからね。

そうなってくるとちょっと残念な気もしますが、愛さえあればそんなもの関係ないのでしょう。


WS004241.jpg

あと艦これで言う中破画像みたいなのもありました。HPが0になるとこうなります。

メインのお城がこうして落とされると撤退戦になるわけですが、その際「しんがり」を勤める城娘を1人選択し、その城娘の頑張り次第で捕虜にとられたり、全員無事に帰還したり。

幸いまだ捕虜を取られたことはないですが、捕虜になった城娘は一定時間内に身代金を振り込まないと消滅するそうです。いわゆる轟沈ですね。艦これよかかなり優しいシステムなんじゃないかと。だって金で取り戻せるんですから。


WS004228.jpg

課金項目にはしっかりお金もあります。つまりリアルマネーで取り戻せるってことだぜ!!

それにしたってゲーム開始記念パックは高いよなぁ。この金額があればFF14を3ヶ月遊んでお釣りがきます。



戦闘システムは多少ゲーム性がありますが、これも一定レベルになると見てるだけというか、最初の配置さえ終われば早送りで飛ばして要所でスキル使うだけのゲームになりそうです。むしろ、見てるだけで済む艦これの方がお手軽という考え方もできます。

ここら辺は賛否両論でしょうか。

WS004227.jpg

ちなみにゲームシステム自体はまんま艦これのシステムの移植モノです。

ですが最新版だけあってレスポンスも早いですし、そこまでストレスのたまるような仕上がりにはなってないと思います。


WS004237.jpg

築城ドックや修繕ドック・・・この場合ドックではないんですが、これらは最初は2つだけ開放されており、全4つの開放には艦これと同等の課金額が必要のようです。

修繕時間もレベルが上がるに連れて長くなるのまで一緒ですねぇ。

WS004246.jpg

築城は艦これみたいに細かく指定できるものではなく、1~10の段階を選択して資材を投入します。

まだレシピみたいなものはあるんだか無いんだかわかりませんが、私もいろいろと試してみました。


WS004240.jpg
WS004248.jpg

とりあえずレアである「銀背景」の城娘は2種類ゲット。

鳥取城と七尾城です。七尾城はすでにダブってしまうという嬉しいんだか悲しいんだかな。

この2人はオール8資材投入で出てきました。

首里城ちゃん欲しいよぉ・・・・



そんなわけで城プロは何だかんだ楽しんでおります。


このままゆる~く遊んでいきますね。















クリックよろしくー


おッシャー明日で最後だー


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


火曜日です。FF14のリセット日なので頑張ってます。


今日は11月11日でポッキーの日らしいです。最近ポッキー食べてないなぁ。



さて、今日は巷で話題の「お城これくしょん」こと「御城プロジェクト~CASTLE DEFENSE~」のサービスがいつの間にか開始していたので遊んできました。正確には触ってきました。

まだチュートリアルも終わってないよ!


WS004224.jpg

この御城プロジェクト、略して城プロはあの艦これのDMMゲームスの新作であり、船の代わりにお城が女の子になったユニークなゲームです。

今回は事前登録していた人から順に始められるようですので、いつの間にか事前登録していた私も今日早速遊ぶことが出来ました。



そんなわけで早速始めてみたんですが、なにせ火曜日。FF14に注力していたら最初の説明聞いただけで終わってしまったので明日からちょこちょこ遊んでみることにします。とりあえず最初に選べる城娘たちを紹介。


WS004213.jpg
WS004214.jpg
WS004218.jpg
WS004217.jpg
WS004216.jpg
WS004215.jpg

6人です。

艦これの時もそうでしたが、名前の読めないお城ばかりで困ります。

この紹介画面では声も聞けないので容姿だけで選択したんですが、どうやら変身前と変身後の2つの姿があるみたいですね。艦これの中破みたいなもんでしょうか。


WS004212.jpg

そしてプレイヤーは「殿」となってお城を守ることになるそうです。提督と殿はどっちが偉いのだろうか。


戦闘はタワーディフェンスもどきっぽいもので、艦これよかまだゲーム性はあるのかもしれません。

ただこの先やってみないことにはなんとも言えない感じですねぇ。

WS004223.jpg

ホーム画面はこんな具合

殿さんじゃなくて殿様って呼んでほしいんですが、チュートリアル案内出たまま3時間くらい放置されてました。


一体どんなゲームなのだろうか。艦これのような大ヒットはあるのだろうか。


非常に気になるところです。艦これも半年くらいダラダラ続けてそのまま自然消滅しましたからねぇ。このお城プロジェクトはもって2週間とかじゃないですかね!ブームがきたら舞い戻ります。

というわけで今日はこの辺で終わりにしておきましょう。


城プロ続報に乞うご期待













クリックよろしくー

光の戦士からお殿様への転職はあるのだろうか


んじゃ、さいなら~