どもー、こんちゃー。


土日が過ぎるのはあっという間です。もっと休みが欲しい!!


そんなわけで、最近工作部屋作りにお熱なわけですがいろいろと実地調査もせねばならんというわけで今日はエアブラシを使った模型作りをしてみました。




HGBD モモカプル

今回作るキットはこちら!

現在絶賛放送中のガンダムビルドダイバーズからモモカプルでございます。

なんとも愛らしい姿のガンプラですね。


実はこのガンプラ、買う時からメタリック塗装をしてみたくて一緒に塗料も買って準備していたのです。メタリック塗料は今まで扱ったことが無かったので・・・




IMG_20180708_132846.jpg



1.所持しているエアブラシのハンドピースのノズル径でメタリック塗料は吹けるのか
2・工作部屋でエアブラシによるラッカー塗装をするとどんな問題が発生するのか



上記2点を調べるべく、今日は気合を入れてエアブラシ稼動させました。







HGBD モモカプル


さて、いきなり買ってきた塗料をそのまま吹くのもアレなのでタグの部分だけ切り取ってテストです。

そのまま吹くと実に綺麗なメタリックブルーに仕上がります。下地の色を変えたり、調色したりして理想の色を追い求めます。どうにもこのメタリックブルーはかなり青いようで、どうやらかなり白色で薄めないとモモカプルの水色にはならないようです。

白下地にそのまま吹いてもまだ濃いのでどうしたもんかなーと思っていたんですが、成形色に薄くパールホワイトを吹くとそれっぽくなるという意外な方法を発見いたしました。うーん、でも調整が難しそう。それなら白:青を9:1くらいで混ぜてみようかしら・・・



ちょっとメインの色の部分は保留です。



HGBD モモカプル

で、とりあえずパールホワイトの素晴らしさが分かったので2パーツしかない白色の部分にパールホワイトをドバドバかけてやりました。その名の通り、まるで真珠のような輝きが出てきます。


メタリック塗装は色のついたメタリック色を使う以外にも、下地をシルバーにしてその上からクリアカラーの好きな色を塗るという方法もあるみたいでなかなか奥深いですね。



あと、モモカプルで気になったところをちょこちょこ修正。



HGBD モモカプル 肉抜き

指と足が黄色なので、ここはメタリックイエローにしてやろうと企んでいるのですがガッツリ肉抜きが施されています。

足裏はあまり見る機会がないのでいいっちゃいいんですが、指先は目立つので埋めることにしました。



タミヤ エポキシパテ

3~4年前に買ったエポキシパテですが、カチカチに硬化しているかと思いきや余裕で使えました。

今回はこいつに頼ることにしましょう。





HGBD モモカプル 肉抜き

えらいベタベタして盛りにくかったですが、とりあえず埋まりました。

足裏が殺風景になってしまったのでコトブキヤのモールドパーツを埋め込みました。あとは適当に筋彫りでもしようかな?


そんなにガッツリヒケないだろうと思って薄めに盛りましたが、さてはて。完全硬化後にペーパーで形を整えて塗装してしまう予定です。こっちはそのまんまメタリックイエローでもいいかなぁ。いや、もっと明るい色にしたい・・・




そんなわけで今日はパテ盛ったり、調色に手間取ってたりでモモカプルの影も形も出来てきませんでした。行き当たりばったりで作ってるので、グレーの部分は間接も多いし無塗装でもいいかなって思ってるんですがどうしましょうか。

とりあえず、メインの水色がいい感じにメタリックにならないか、もうちょっと頑張ってみようと思います。


やっぱメタリックカラーって素敵だからね!!





あとは、やっぱりラッカー塗装は臭い

これはちょっと問題です。窓に取り付ける換気扇の購入を考えてみます。いろいろ調べなきゃ!

以上














クリックよろしくー

いつ完成するかな~

んじゃ、さいなら~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用