どもー、こんちゃー。



今日は朝から雪で登校が大変でした。帰りは止んでいましたが、寒いこと寒いこと。



3月に入って2度目の雪です。そろそろ春の陽気になってきてほしいものですねぇ。


今日から午後7時まで授業な日が続くのですが、自主的に勉強しないと試験受かりませんね。



昼休みから3時間ほどぶっ続けで寝てみましたが、その間にやっていた授業内容がプリント2枚と教科書2ページというハイパーローペース。起きた後20分で追いつきました。一体私が寝てる間に何をやっていたのであろう・・・


それ以前に3時間も寝るなって話ですよね、今夜は早寝します。



さて!本日は待ちに待ったHMM ダークホーンのレビューとなります。写真一杯撮ったのでどうぞご堪能あれ。


DSCF5633.jpg


まずは前回話に上がっていた給弾ベルト。パーツにかみ合わさる部分はバッチリコーティングしてあるので恐らくプラスチックが溶けることは無い!と思いたい。


DSCF5635.jpg


そしてデカールを1時間半ほどかけて全身にペタペタと貼った後はいよいよトップコート

実はスプレー缶使うのが初めてだったりします。


やり方はググったのですが面倒だったのでベランダに新聞紙敷いて、その上にパーツ並べてバーッと吹きかけてしまいました。


是非ともこの初つや消し加工を皆様に見てもらおうと、弟にカメラを持たせて動画なんぞ撮影したのですが、そのあまりのつまらなさにやめました。だって2分間ただスプレーかけてるだけなんだもん・・・


DSCF5637.jpg


つや消し後

5時間くらいほったらかしで乾燥させたのでバッチリです。スプレー缶の使い方が悪かったのか、1缶をほぼ使いきる形になりましたが目に見えて仕上がりが違うので大満足!

これが俗に言う「お手軽仕上げ」という奴か・・・


たしかにスプレー吹いただけで質感が変わるのでかなりかっこよくなりますね。

今まで作ったのと並べると雲泥の差というレベルで。



DSCF5638.jpg


そしてせっかくつや消し加工したのだからと、頑張って撮影ブースも作ることにしました。


この時のために貯めておいたアマゾンダンボールを使用します。


DSCF5639.jpg


やっつけ仕事すぎますが完成。

A4用紙を貼り付けただけですが、床とかで撮影するよりは周囲の光の反射率が上がって綺麗に撮れるはず・・・?



DSCF5640.jpg

で、実際に撮ってみるといいんだけど、カメラの性能もありますがやっぱりなんか暗い。光源が欲しい。


これでもベッドの上、光源直下、部屋の電気から2m下くらいですからね。


そういえば家を引っ越して2年半、部屋の蛍光灯を一度も変えたことがありません。そうそう切れるもんでもないけど、やっぱり暗くなってきてるのかな・・・・?


よくCMでやってる超明るくて新聞が読みやすいとかいう奴を買ってこようかしら。



DSCF5641.jpg


とりえあず続けて撮影。暗いのは我慢我慢。


ベルトにもスプレー吹きかけてみました。これで他の部分と接触しても多少は大丈夫なはず。接触される側のプラスチックにもスプレーの塗膜があるはずですからね。


DSCF5642.jpg


しかし暗いな。写真の彩度上げた方がいいかもしれませんね。


DSCF5642b.jpg


ということで思いっきり上げてみました。多少見やすくなったね。でも1枚1枚彩度調整が面倒極まりないので、やっぱり蛍光灯交換しよう。

あと一眼レフが欲しい!



DSCF5643.jpg


さてさて、ダークホーン本体

パッと見分かるでしょうか、このつや消しによる「なんちゃってプロ感」を。これで塗装を極めればパッケージ見本にも引けをとらない作品が出来上がるでしょう。


そして武器と合体させてー

DSCF5646.jpg


ダークホーン完成!!!

この先、あまりにも暗すぎる写真は彩度調整したのでいくらか見やすいはずです。


この重厚感、圧倒的物量、やはりダークホーンを買ってよかったなぁと思える瞬間であります。

今回はあちこちに塗装して結構手間隙かけたと思うので自分でも納得のいく出来ですね。


DSCF5647.jpg


顔もカッコイイ!思えば顔製作の初っ端から「塗料の色がねぇ!」とか言ってヨドバシに買いに走ったりしてましたねぇ。

買って来たダークグレイだかメタルグレイだかは、結果的に私の求めていた色そのものだったので良かったです。


つや消し効果もあって素晴らしい出来!自画自賛!つや消し凄い!



DSCF5648.jpg

ただ何も考えずに吹いたのでキャノピーまでスモッグ仕様になってしまいました。これはこれでカッコイイけど、共和国ゾイドにやる時はちゃんとマスキングしないと泣きを見そうです。

コクピットスモッグとかかっこわるい。


DSCF5649.jpg

正面から。

どこまでも低重心で重々しい体です。今まで作ってきたゾイドだとジェノブレイカーもなかなかの重厚感がありましたが、やはりダークホーンの方がどっしりしてますね。



DSCF5650.jpg


武装が左右非対称なので反対側からも。

水性デカールで相変わらず失敗&つや消しスプレーで1箇所ぶっ飛んでいったのを除けばいい見栄えだと思います。


どこが失敗してるかって、一番手前側の黒い3連装キャノンの白いラインです。



さてさて、ここからはせっかく武器満載のダークホーンなんですから各部武装を紹介しながら写真をはっつけていきましょう。

DSCF5651.jpg

まずは痺れるかっこよさの顔から

物理攻撃に使用するバイトファングとクラッシャーホーン。頬の横に付いているのは大型サーチライトだそうです。

お凸あたりにはセンサーユニット、そしてダークホーンの象徴とも言える4本の角、全転校3Dレーダーアンテナは連装突撃ビーム砲にもなります。


DSCF5653.jpg


さて、胴体に移りまして各足の付け根部分にはマルチランチャーが搭載。

脇腹の部分には展開式の4連マルチミサイルランチャーがあります。そのちょっと上あたりにはTEZ20mmビームガンが両脇に1門ずつ搭載。


DSCF5654.jpg


お尻の方、苦労した尻尾が映っております。

尻尾のガンナーコックピット、尻尾の先端は引きずっても問題ないようにソリのようなスパイクプレートが装着されています。
AEZ20mmビームガン搭載で後ろからの敵襲にもバッチリ対応!


DSCF5652.jpg


背部、ウェポンプラットホームに乗る大量の武装、その中でも一番高い位置にあるのが複合センサーユニット。

綿棒に立てて頑張って緑を重ね塗ったパーツは地対地ミサイルポッドです。


DSCF5660.jpg


そしてメイン武器となる、対ゾイド3連装リニアキャノン、ハイブリッドバルカン、80mm地対空2連装ビーム砲、収束ビーム砲、高圧濃硫酸噴射砲などがぜーんぶ纏めて背中に乗ってます。重い!!!


その他レーダー類も完備おり、まさに歩く要塞の名が相応しい最強のゾイドと呼べるでしょう。


DSCF5655.jpg


その他の視点から数枚


DSCF5657.jpg


DSCF5662.jpg


最後にブレードライガーと比較

全高では武装入れるとダークホーンのが大きいですが、やはりゾイド単体で見ると背がちっちゃいですね。



しかしブレードライガーと並んでもこの存在感、凄まじいですね。


しかし今まで作ったゾイドがノーつや消しなせいで並べると妙に安っぽく見えてしまう。


だがこれも私の技術力の進歩の過程ということで並べておきましょう。


DSCF5664.jpg

尚、ダークホーンは本棚1段占領することによって飾られました。


キュアドールが見えなくなってしまっているので移動させておかねば。


また棚が賑やかになりました。やりくりし続けて飾ってますが、3月末のフィギュア猛ラッシュとこれからのゾイド作成にはちょっと耐えられそうにありません。






DSCF5659.jpg


さて、HMMダークホーン

組みやすさとしては可も無く不可も無く。敢えて言えば胴体の接続がとても難しかったくらいでしょうか。どこか折れるかと思うくらい力入れました。

ピン削れよって話ですよね、わかります。


パチ組み派の方々が組むとかなーり物足りないというか、味気ない感じになってしまうと思います。今回は全身隈なく塗装箇所がありましたからね。


相変わらずのパーツ数で苦労しましたが、やはり完成した時の達成感というものは凄まじいものがありますね。

1日中眺めてても飽きないです。


加えて、今回はつや消しスプレー初使用という経験も出来たので、私のプラモデル作成レベルもなかなか上がったと思います。

いいキットでした。



今日のところは以上でございます


コメント返信

>じーぷ

メカニック最近また頑張り始めたわ

ペットがあと1週間ちょっとで切れるとか心折れそうだけど頑張る


















クリックよろしくー


明日は学校終わってそのままバイトだからなかなか辛い


20時からなんて入れなければ良かったよ。でも少しでも働かないと3月末からのアマゾンラッシュと、就活の電車賃に耐えられませんからね。


苦労が続きます


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日は朝テレビ見終えた後も二度寝しておりません!偉い!!



たぶん夕方頃に撃沈するでしょう。



朝のテレビ感想は明日の深夜3時頃を目標に更新するのでお楽しみに。



で、今日の記事は昨日に引き続きプラモデル製作日記です。昨日はあんまり作れなかったけど、ついさっきまで午前中一杯を使って気合入れて作ってきました。もう完成の一歩手前まで来ているので、次回で完成記事が書けるかな!?




では早速

DSCF5616.jpg


本体を作り終えていたので今回は武器からです。と言っても既に武器は1つ作ってありますが。


全身武器だらけで、本体にも多数の銃器が付いていたダークホーンですがやはりメインは背中に背負った武器群。


ディティールが細かいので墨入れも大変です。


DSCF5618.jpg


80mm地対空2連装ビーム砲完成


黄色がうまく出ない。前からだけど、マーカーだと馴染まないからこんど塗料を買ってこようそうしよう。

しかし色によって塗りやすかったり、ムラが出やすかったりするのはやはり塗料の原料が原因なんでしょうかね。


色によって元になる材料も違うわけだし。


DSCF5619.jpg

さてここからはダークホーンの主武装とも言えるハイブリッドバルカンの作成です。


6つの砲身を回して連続で弾を射出するすごーい武器です。要はガトリングがンです。


DSCF5620.jpg


この砲身の墨入れが面倒でねぇ。なんせ6本もありますから。同じことを6回やります。


途中で心が折れてネット見に行ったりしてたけど、なんとか墨入れも完了しまずは砲身部分を製作。


DSCF5621.jpg


おぉ、かっこいい!


DSCF5622.jpg


その後動力部か何かと思われる部分も製作

DSCF5623.jpg

弾倉部分っぽいところとドッキングして完成

うーん、やはりガトリングがンはかっこいい。男のロマンだね。


続けてまだまだ作ります


DSCF5624.jpg

塗ります塗ります


塗るところが多すぎます。


部分塗装でもこれだけ塗るとなると面倒ですね。


ダークホーンは素組みしたら本体は真っ黒、背中は灰色で面白みがないですねぇ。


DSCF5627.jpg

塗るパーツ片っ端から着色です。

相変わらず黄色が酷い。ところどころ、1パーツ丸ごと真っ黒に塗るパーツもあってびっくりです。ライトニングサイクスの時も思ったけど、その形成色のランナーがあるんだから数パーツくらいそっちに回してくれたって・・・


愚痴っても仕方ないので塗ります塗ります



DSCF5629.jpg


ほいほい、地対地ミサイルポッド完成

逆光で暗くて見にくいですね。私の撮った写真全て暗めなので、照明が欲しいですねぇ。高いけど買ってこようかねぇ撮影用に。


DSCF5630.jpg


続けて収束ビーム砲完成。一体いくつ銃つけりゃ気が済むんだダークホーン、だがそこに痺れる憧れるゥ!


DSCF5628.jpg


複合センサーユニットも完成!


これで索敵はバッチリだ!


DSCF5632.jpg


そんなわけで背中に乗せる全装備が揃いました。

あとは組み合わせて乗っけるだけですね。



この後シールを各所に貼って、日が出てるうちにベランダあたりにでつや消しスプレーを吹いてみたいですねぇ。


どのくらいで乾くのかしら?


スプレーが乾いたらバラバラのパーツを組み合わせて完成です。積んでる期間が長かったけど、ジェノブレイカーよりは組みやすかったし結構な速度で組めた気がするぞ!!




そして忘れてはいけない最後のパーツ給弾ベルト

DSCF5631.jpg


実は最後にこいつと、このベルトを繋ぐパーツを繋げ合わせるのですが、このベルトがプラスチックを溶かすことはHMMを作っている人たちの間では最早常識。


シールドライガーMk-2から始まり、セイバーだかシュバルツだかグレートだか忘れたけとタイガーなどにも付いているこのベルト。

ゴムで出来ていて、ゾイドのポージングに合わせられるようになっているのですが、プラスチックと接触させると化学反応なのかなんなのか、プラスチックが溶け出します。


私は実際にこのベルトを使うのは今回が初めてなので実体験はないのですが、某所でも散々騒がれていたことなのでここは注意しなくては。






要はプラスチックにゴムが接触しなければいいのです。そんなわけで接触部分をタミヤセメントでコーティングしてみました。これなら多少はマシになるでしょうかね?

たっぷり塗ったので部屋中にシンナー臭が充満して、寝不足も相まって目が痛いです。換気は大切!



とりあえずこの曲者給弾ベルトをなんとかして、あれこれやって完成。長かったな。



だが今月末にはリノスナも来るし油断は出来ません。どんどん作りますよ、強化月刊ですからね!!






では今日はここらへんで。


コメント返信

>じゅん

完成に更に近づいたぜ!
束は本当に箒の姉なのかと思ってしまう性格だな。アレでISを生み出した人間なんだからよくわからん。

俺は早くNGPに触ってみたいね。背面トラックパッドがどうにも気になるよ。





















クリックよろしくー


それにしても目が痛い


へあぁ、目がぁあああああ、目がぁああぁあぁああああぁぁぁ・・・!



さて、完成させよう


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



昨夜は日付が変わる前に寝てしまい、今朝ちゃんと起きたものの昼寝もしてしまい、我ながらよく寝るなぁと思う今日この頃。


寝すぎは体によくありませんね。



昨日1日休みでしたが、早く寝ちゃったせいもあってか何もしてない感が凄まじいです。昨日何やってたっけ・・・?



なんだか本当に何もしてない気がしますが、一応プラモデルを作ってた写真は撮ってあるので今日もプラモ記事です。というかネタがないです。


DSCF5607.jpg

さて、足からです。


毎回毎回作ってはいるんですがスローペース


そして今月は1つの物事に集中と称して「プラモ強化月刊」などと釘打っておきながら、どうしても作業の合間に他のことをやってしまうんですよね。


たとえばここまで墨入れしたらちょっと休憩、と。その「ちょっと休憩」がどれだけ長いことか。


それが私がプラモデル作る遅さの原因なのかもしれませんなぁ


DSCF5608.jpg


なにはともあれ後ろ足パーツ全部切り出して並べてみたり


このパーツを全て組み合わせるとコンパクトな1パーツに纏まってしまうあたり、プラモデルというのは実によく設計されています。


この足の部分が一番墨入れ多くて面倒極まりない


DSCF5609.jpg


そんなわけで前脚よりもガッチリと重厚感のある後ろ足が完成!!


手抜きには定評のある私なので、もちろん普段目につくことのない足裏モールドの墨入れは施しておりません。


気合が足りんなぁ


なにはともあれ、この足を作るだけで半日経過していた気が・・・


どんだけかかるんだよっていう

DSCF5610.jpg


前回作ってあった足上層部と、今回作った下層部、そしてキャップをはめこみ後ろ足が完成しました。


途中から墨入れペン2号のインクの出が悪くなり、キャップ溝はそのまんまになっております。

ていうか、暗い色なので墨入れしても、そのままでも、影のつき方によっちゃ見た目変わらないので妥協です。




しかし大きい写真でパーツ1つ1つを見ると粗が目立ちますね・・・



DSCF5615.jpg


さてさて、この時点でゾイドとしての本体は全て完成!!

今回は4足さんでしたが、手足が猫科タイプと違っていたのでなかなか楽しめながら作れました。


やはり恐竜タイプは違うな!



この後各所にシール貼って、最後につや消しスプレーを吹こうかと。つや消しスプレーの存在をすっかり忘れていて、ジェノブレイカーから使う予定だったものが未だにつかっておらず。ライトニングサイクスはボディがガンメタルでしたのでその輝きを尊重しようと思って使いませんでしたが、シールが片っ端から取れてしまった現状を見ると吹いておいた方がよかったかもしれません。


水性デカールは上から吹き付けておかないと剥がれますね



ライガーゼロの時はパールアーマーだからなぁ。パールアーマーにはシール貼らず、素体にだけ吹きかけておこうかな?


ノーマルアーマーにはシール貼って吹いておこうかしら。ていうかメッキキャップとメッキ爪買ってきて、ついでに素体ももう1個かってパール仕様とノーマル仕様をどっちも飾りたい!!!

お金と時間と気力が足りませんけど、後々買ってしまうかもしれない。




さて、ここからは追加武装製作です。

DSCF5613.jpg


これで完成したんじゃただの突進馬鹿です。背中に乗せた大量の重火器があるからこその「動く要塞」ですからね。


しかしこの対ゾイド3連装リニアキャノン、センサー部分の色塗りを派手に失敗したな。

緑塗って置いておいたら塗料が流れ出して悲惨なことになってました。次からは注意せねば。



そしてここからはかなり色塗りが多くなってきています。

DSCF5614.jpg


これもただの灰色だったのを頑張って着色


ガンメタで塗装した部分、本当は茶色だったっぽいけど持ってないのでダークホーンの本体色にあわせました。


そういえば茶色って持ってなかったなぁ未だに。使わなさそうで結構使う色だったりするんですよね。

今度ヨドバシで買ってこよう。




で、今日はここまで


あとは背中のユニットだけなんだかこれがどうにも大きくて

色塗りも大変っぽいですしね。


今日明日で完成・・・するかな?


ディスガイア4に浮気したりしそうなので厳しいかもです。














さて、お話も変わり3月。だいぶ予定も立て込んできました。ほとんど面接ですので緊張というか、精神不安定というか。

いざ面接やっちゃえば楽しいんですが、するまでがやっぱり緊張続きで常に頭の片隅にある問題なのでなんとも。



そんな中、4月半ばには基本情報リベンジマッチも待っておりなかなか大変。来週から学校も7時までやるようになり、1ヶ月前からは9時になります。


その期間を本気でやればなんとかなるでしょうが、身が入るかなー




こう、シャキッとなる何かを探さないとね。3日寝なくても平気な粉とかじゃなくて、精神的な何かを。




では今日はここらへんで失礼



コメント返信

>じーぷ

タイトルに気付いてないパターン

流石に5出たら乗り換えですよねじーぷさん


>じゅん

たまには鈴ちゃんのことも思い出してあげてください・・・
俺の中ではラウラ≧シャル>鈴>セシリア>箒ですかね。他のキャラ含めず。来週の箒のお姉さんに期待がかかる。

タッチパネル系は俺も自分の皮脂で画面汚れるのが気になるんだよなぁ
時代は常に進んでいるから、乗り遅れないうちにチェックだぞ!





















クリックよろしくー


休みの日遊んでばかりもいられませんな


面接対策しつつ、勉強も織り交ぜなくては。でも自室ほどやる気が出ない場所もないですしねぇ。


困ったもんだ




んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日はまた更新するのが若干遅くなってしまいました。最近すぐに眠くなるので早く更新して寝なければ!



昨日は学校にて面接対策という名の雑談。グループに分かれていたのですが、担当の先生によってかなり内容に偏りがありまして。

ビシバシと本番さながらの練習をするところもあれば、私のグループのようにのんべんだらりとやってるところもあって、これでいいのだろうかと思うところも。

mensetutaisaku.png


なにはともあれ、午前中で終了し今日はさっさと帰ろうと思ってたところに友達のカラオケ攻撃。仕方ないので行くも、運がいいのか悪いのか、同学校の生徒がそのまま流れてきていたようで埋まっておりました。


でも結局歩きながら喋ったりしてたから帰ってきたのは14時半くらいか・・・?

その後なんやかんやとやっていた気もするんだが、確か4時になる前に就寝していた気が・・・


結局8時まで寝てましたね。何をやっていたんだ私は。そんなわけでもったいない時間の使い方をしましたが、今日から予定通りプラモデル製作を再開です。


DSCF5594.jpg


ひっさびさのダークホーン製作、再開は前脚からとなりました。

既に頭から尻尾までと前脚が半分作りかけの状態。本気を出せば今週中に完成も狙える!?


そんなわけで実はあまり気合が入ってなかったりもするんですが、まったりと作り始めました。


DSCF5597.jpg


こうして作ってみるとダークホーンの足というのはその巨体を支えるために、なんとも単純かつ重厚な構造をしていますね。

足も短いし、作りやすくて好感の持てる素敵な足です。


DSCF5600.jpg


ほい前脚完成。ほとんど出来上がっていたのですぐですね。

少々ピンボケしてますが、キャップをはめることによってアクセントが生まれゾイドっぽくなりました。

やはりゾイドはキャップが命です。

DSCF5601.jpg


続いて後ろ足に取り掛かります。


2ヶ月ほどほったらかしにして、バリバリに固まっていた筆の封印を解除。

塗料も分離していたので綿棒でよく混ぜ混ぜして久々の塗装です。相変わらず薄め液無しの原液ぶっぱです。


DSCF5602.jpg


そして緑色も使ってみました。この蛍光緑といいますか、明るい緑色というのはなかなか塗りにくいものですね。

ガンダムマーカーの同じ色でもそうでしたが、やはり色が薄いので下地の色を覆い隠すにはかなり苦労します。


やはりこういう時は一度白で下地を作ったほうがいいんですかねぇ?


ともあれ、目立たない部分なので適当に塗って終了


DSCF5603.jpg


塗料が乾くまでに必要なパーツも適当に作り上げます。

やはり1つの足のパーツ数が少ないです。


DSCF5604.jpg


で、今日はここまでで終了。みじかっ!


明日は残念ながらバイトなので作ってる暇はないかなー。あれ、明後日も会社説明会+バイトだなぁおかしいなぁ。

次作るのは金曜日あたりになるんじゃないでしょうか。次で足を完成させて、ダークホーンの凶悪な武器ユニットの製作にとりかかりたいですね!



あとはそうそう、昨日から3月になったのでハトプリカレンダーをめくりました。


DSCF5591.jpg


いやはやかっこいいです。

携帯サイトの方も配信待ちうけが3,4月仕様になり、新しいクイズも設置されたので是非見に行ってみてください。


しかしこのカレンダーを設置してもう2ヶ月か。早いですねぇ。


時の流れの早さを余計感じます。

では今日はこんなところで。





コメント返信

>じーぷ

こっちも雪だったり霙だったり雨だったり忙しかったでござる

そして今日も寒いという

















クリックよろしく


最近寝ても寝ても眠いです。1日6時間、いやせめて7時間睡眠で済む体になりたいですね。


ほっとくと平気で10時間寝ますからね



んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日は午前5時に目覚めて「俺もやれば出来る子っ!」とか思いつつ二度寝して9時に起きました。
やっぱり駄目な子です。


それはさておき、今朝は昨日にも増して喉が痛いです。青っ洟も出ますし、完全に風邪をひいたようですね。


バイトが金曜からなのでそれまでに少しは症状を緩和させておきたいものです



さて、昨日のお話でも。と言っても昨日も1日何してたんだかわからないどうしようもない1日で、もはや完全にニート状態になってしまったようです。



pairetuwe.jpg


昨日の夜にはパイレーツオブカリビアン ワールドエンドも見まして無事借りてきた3作品を見きることができました。

3作目は話が少々難解な面もありますが、やはり冒険に満ち溢れていてワクワクしましたね。



これで心置きなく4作目を楽しむことが出来そうです。3作目を見たのがだいぶ昔なので覚えてなかったのですが、3作目の最後でしっかり4作目へのフラグも立てていたんですね。


ジャックが次に目指すのは生命の泉。4作目のサブタイトルも生命の泉。バルボッサたちもまだ不死身の肉体を諦めてないみたいですし、この泉を巡ってどんな闘いが繰り広げられるのか非常に楽しみですね




トレーラーも日本語字幕版が来ていたので前回見た方ももう1度どうぞ


やっぱりウィルターナー君は出ないんでしょうかね?フライングダッチマンでのお仕事があるからかな。エリザベスは出るのに。


なにはともあれ楽しみです。



んで今日はダークホーン製作日記になります。日曜日あたりからチマチマ作ってたのがちょうどいい量になったのでね。

DSCF5464.jpg


前回記事にした時は胴体部分の途中、ゾイドコアあたりで止まってましたね。まずは胴体周りからです。


こいつは脇腹の部分につく装甲兼4連マルチミサイルランチャーです。ここは弾頭の部分を赤色に塗ろうかどうか迷ったんですが、迷った挙句面倒だということで塗ってません。

塗ったら結構いいカンジになったと思うのですがね


DSCF5465.jpg


これはちょうど胴体真ん中、背中の部分に乗る装甲です。でっかいファンが2つついてるあたり冷却ユニットですかね。側面についてる排気口の塗装がすごいはみ出してるのはご愛嬌です。



DSCF5466.jpg


こいつらを全部合体させて本体胴体部分完成!


ちょうど体の真ん中です。でっかいですねー。


ここからお尻の方に製作を進めていきます。まずは各部に乗せるコックピットから。



DSCF5467.jpg


ダークホーンにはパイロットが3人乗ります。頭部、背部、そして尻尾の先端です。

トミー版のレッドホーンなんかは背部や尻尾のパイロットはむき出しで銃座に座っていたのですが、コトブキヤ版はしっかり保護されているようで良かったです。


こちらもとりはずすと後部にブースターらしきものがついていることから緊急脱出が可能なタイプと思われます。

帝国軍はパイロットにいろいろと配慮してますなぁ



DSCF5468.jpg


そしてお尻部分を作ります。これはウェポンプラットフォームと呼ばれる武器を搭載する甲板ですね。


さっきのコックピットも乗せて、そこから背中の武器を操るんでしょう。

既にマルチランチャー2門とビームガン2門が備え付けられています。この部分を見ると「動く要塞」という名がますます顕著になってくる構造です。


そしてここから尻尾部分に取り掛かります。


DSCF5469.jpg


まず真っ黒だったパーツに色を塗りまくります。

ダークホーンは色塗らないと本当に真っ黒になってしまいますね。皆熱排気ファンの部分とかなんですけど、ここを灰色に塗っただけでもかなりかっこよくなるので皆さんも作る時は最低限ここらへん塗っておくと見栄えが断然違います。


尻尾も沢山塗るところがあって非常に楽しいですね。


DSCF5471.jpg


そして重厚な尻尾の内部フレームを組み立てます。


いままで作ったゾイドの尻尾ではジェノブレイカーが一番たくましい尻尾でしたが、ダークホーンも負けず劣らずの力強さをもった尻尾です。


やはり恐竜タイプのゾイドの尻尾は作り甲斐がありますね!



DSCF5472.jpg


そこへ外部装甲を取り付けるとあら素敵!これだけで何分も眺めてしまいました。

やはり自分で色を入れるといいですねぇ。なんかこう頑張った感が凄まじいです。何せ色を入れないと真っ黒だった尻尾なわけですから、こうして色がつくことによって感動すら覚えます。


DSCF5473.jpg


そして尻尾も武装だらけなダークホーン

しっかり銃座がつきます。ちゃんとコックピットもつけて、尻尾の下部には板も付けます。

トミー版よりはかなり環境改善されてそうですが、それでもこの部分に乗るのはちょっと遠慮願いたいですね・・・


しかし3人のパイロットによって四方八方に向けられた銃器を操り歩くダークホーンは本当に脅威ですねぇ。改めてその強さが窺えるものとなっています。



DSCF5474.jpg


そして出来上がった尻尾をお尻部分に合体させ、さらに尻周りに装甲を付けてあげることで胴体後部の完成です!


いやぁいいですねぇ惚れ惚れしちゃうお尻です。



そして胸部、胴体、お尻と今まで作ってきたながーい胴体部分を全て合体させることによりダークホーンの本体が完成します。


DSCF5476.jpg

でけぇ!


塊ですね。HMMなので多少は関節部分が動きますが、堅牢な作りとなっているため共和国のスピードタイプのゾイドのように腰がグニャグニャと曲がったりはいたしません。



ここまでで胴体が完成したのでお次は足です。


まずは前脚

DSCF5477.jpg


こちらも外部装甲がほとんど真っ黒なので各部ファン部分に塗装していきます。本当に塗装箇所が多いですねダークホーンは。ファン部分とかも色分けパーツ分割してたらパーツ数がジェノブレイカーに匹敵するレベルで増えていそうですね。


DSCF5478.jpg


昨日はここで終了

短い前足です。


あとは後ろ足を作り、背部の武器ユニットを作れば完成!頑張りますよー!






では今日はこの辺で。昨日より1時間早く更新出来たよ!

コメント返信



>じーぷ

メカニックがきたら本気出す

どのくらい本気かというと嗜む程度に本気です


>じゅん

アクメ氷は今までどおりじゃないかな?

魔法使いは全て大魔法が死んでるから通常狩りに幅が出て面白そうだぞ


















クリックよろしくー

はて、今日は何をしようかねえ


プラモデルの方は順調とは言いがたいものの進んでるし、ゲームも茸だけならやっている。しかし本を読んでいない。


今日は読書をしようかな



んじゃ、さいなら~