どもー、こんちゃー。



趣味がプラモデル製作のシロマンです。



そう、私ってプラモデル作るのが趣味なんですよ。だって、学生の頃はたくさん作ってたし、就職してからもたくさんプラモデル買ってますからね。何なら、就職してからは造形の祭典ワンフェスに欠かさず参加してガレージキットまで買ってます。もうね、めっちゃ趣味なんですよ。


でもね、気付いてしまったんです。



就職してから家でプラモデルを作っていない。



いや、厳密にはプラモデルそのものは何度か作りました。でも完全な趣味のプラモ製作は止まっている。何故こうなってしまったのか、今となっては分かりませんが大いに反省する必要があります。おまえ、だってそれプラモ製作趣味だって言ってたじゃねーか、オイふざけんな!


ちなみに、このブログには「プラモデル製作日記」なるカテゴリがありましてね。最後の更新が2012年3月19日です。就職したのが2012年の4月なので、本当に就職直前までは趣味としてのプラモデル製作をした上でブログに記事にする余力があったんですね。

それがどうでしょう、気付けば6年も経過してしまいました。膨大な時間があったニート期間もプラモデル1度も作りませんでしたね・・・。でも、先日のワンフェスでやっと重い腰を上げたのです。作るのです!!!



フレームアームズ・ガール 轟雷

というわけで、今回はコトブキヤが誇るフレームアームズ・ガールシリーズから、その記念すべき第1弾である轟雷を作ろうと思います!

たぶん2年前に買ったやつです。積み期間2年はかなり短いですね。



で、今回作るにあたり、いろいろと考えるのをやめました。

あとで塗装するかも・・・

あとで加工するかも・・・

もっとうまい仕上げ方があるかも・・・


そんな事を言ってたのでは前に進めません。ここはサクッとパチ組みでやってやろうじゃありませんか!!



フレームアームズ・ガール 轟雷

というわけで作っていきます。

HMMシリーズのゾイドが大好きで作っていましたが、まさか6年ぶりに作るプラモデルがメカ娘になるとは思ってもいませんでしたよ。髪の毛のランナーがいきなりスライド入っててゾクゾクきますね。




フレームアームズ・ガール 轟雷

可愛いお顔が出来ました!

FA:Gシリーズはたくさん買って、たくさん積んでるのですが作るのは初めてです。作るうえで1つ気付いたことがあったんですが、このFA:Gシリーズ特有のものっぽくてですね。完成した時の稼動部になる箇所が全てABS製だったのです。

プラモデルっていうのは大半がPS樹脂で構成されているもんです。塗料の食いつきが良いとか、そんな理由だったと思います。一方で、ABS樹脂は塗装するとシンナーでばっこんばっこん割れるんだとか。でも、ABS樹脂はPS樹脂よりも粘りがあって稼動部にはもってこいな素材です。全部PS樹脂とポリキャップだと動かした時に割れやすいですからね。

ゾイドを作ってるときはそんな事は無かったんですが、FA:Gをどんなユーザ層に向けて作ったのかが窺えるランナー構成となっておりました。ここら辺、作ってて面白いよなぁ。




フレームアームズ・ガール 轟雷

サクサク組んでいきます。

多少勘合がキツいとこもあったりしますが、スナップフィットで良く出来てますねぇ。


サイズ感的には1/144スケールのガンプラよりちょっと大きいと思います。あと、パーツ点数を極力抑えているように感じました。これも、動かして遊ぶための強度をなるべく確保したかったんでしょうかねぇ。


しかし、FA:Gは塗装例をたくさん見かけますが、皆さんはABS樹脂にどうやって塗装してるんでしょうね。何も考えずに塗っていいものなのか、はたまたABS用のプライマーでも噛ませてるのか。ここら辺はあとでちょっと調べる必要がありそうですね。まぁ、触ってりゃどうせ剥げるんだからと割り切れば、結構適当に塗装しても良さそうです。





フレームアームズ・ガール 轟雷

見てください。魅惑の太ももです。

なんというか、プラモデルを組み立てていってこんなパーツが出現するとはすごい時代になったものだと思います。だってプラモデルって基本的に無機物が多いからカクカクしてるじゃないですか。それがどうでしょう、ももからお尻へのラインといい、ニーソへの食い込み表現といい、プラスチックであることを忘れてしまいそうなほれぼれする造形です。すごいぞFA:G!!



というわけで、すげーすげー言いながら2時間半ほどのろのろ組み立ててとりあえず形になりました。




フレームアームズ・ガール 轟雷

じゃじゃーん!

FA:G 轟雷とりあえず完成です。まだ武装を作ってないですが、ひとまずの形として見たかったものに辿り着けました。お店のディスプレイとかワンフェスの展示とかで散々見てきましたが、自分の手で組み立てて完成させると愛着が湧くもんですね。わりとヤバそうな径のジョイントが多かったですが、ABS樹脂のおかげでわりとラフに扱っても耐えてくれますし、動かしてて楽しいのはなるほどと思う部分でした。これはハマりそうですね。



さて、続きは武器を作ったり、オプションパーツのニーソを作ったりしつつ、この先どのように舵を切っていくか考えてみようと思います。プラモデル、楽しいなぁ。



以上













クリックよろしくー

6年越しの積み崩し

んじゃ、さいなら~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
どもー、こんちゃー。



今日は昼間起きたりもしてたんですが、ほぼ1日中寝てました。


13時間睡眠?



そして今日は月曜日。ちょうど2週間後、4月2日月曜日から社会人になってしまいます。嗚呼、なんと恐ろしいことかっ・・・!!



このニートライフを送れるのも残り僅かと考えると涙が止まりません。退職、解雇、倒産等のイベントがなければ二度と訪れることの無いこの素晴らしきニートライフを1日1日噛み締めて過ごしていこう。

そう決意して昨晩寝たんですが、早速1日潰しましたね。これもニートライフならではということで。



寝てる時に夢で物凄い地震の夢を見たのですが、これ正夢じゃなきゃいいんですがね。でも夢では地平線見えてたし、世界が傾いてたりしたので、あるとしたら地震どころの騒ぎじゃないでしょうなぁ。巨大隕石落下とかじゃないでしょうか。







さて、そんなわけで今日で完成させようと考えていたガンスナイパーは完成の兆しが見えないのですが、もう1歩というところ。

とりあえず今まで出来た部分を

001_20120319220513.jpg


今回からは最終部分である背中のワイルドウィーゼルユニットを作っていきます。これはレーダー的なアレですね。


金と銀は瓶の中で溶剤とすぐに分離してしまうため、塗ってる最中もしょっちゅうかき混ぜないと顔料の部分が沈殿してしまうんですよね。

そんなわけで何度かに分けて重ね塗り。はみ出した部分はナイフで削り。そんな感じで適当に。塗りムラは出来る限りでないように塗ってますが、なかなか難しいものですね。


002_20120319220510.jpg


そしてやっぱり似たような銃を複数背負ってるためにパーツが多い。いや、分割数は少ないんだけど多い。


このまんま組み立てたら、とてつもなく地味なユニットになることは間違いないでしょう。黒と銀だけってねぇ・・・



003_20120319220507.jpg


つーわけで銀で塗るとこ塗っていきます。やっぱり塗りムラが酷い。

右側に4つ転がってるのは支えにあたる金属フレーム部分なのですが、ここは可動で伸縮できる部分なのでここは成型色で欲しかったですね。まぁ飾っておけば可動なんてほぼしないんですが、撮影の時にポロリといきそうで。



005_20120319220504.jpg

そんで銃も塗っていきます。こいつは確かビーム兵器?同じ型で4門あります。

もうムラムラですね


007_20120319220501.jpg


あとはレーダーとユニット基部を接続。接続部のシリンダーも塗装して雰囲気出します。


008_20120319220458.jpg

んでこれがさっき言ってた金属フレーム部分。


ここが全部黒か、銀が入ってくるかで、正面から見たときの印象は結構変わると思います。



009_20120319221631.jpg


そんなわけでユニット本体完成です。


こいつに武器をゴテゴテ乗せていくわけですね。

キャップ磨きもこれにて終了です。いやー指が痛くなった。


011_20120319221627.jpg


続いて先ほどの銀がムラムラの銃に金を乗せていきます。金が乗ることでまたパーッと印象が変わりますね。


金も結構なムラが出てしまいまして。

ここら辺はガンダムマーカーの方が隠ぺい力に関しては強いかもですなー。あやつらドバッと覆い隠しますからね。



012_20120319221624.jpg


こちらもせっせと色塗って組んでいきます。ガトリング式のビーム兵器だったっけな?


塗装見本で煤がついてないのは全部ビームなんじゃねーかと勝手に思い込んでますが、ビームでも煤はつきそうなので本当のところよくわかりません。

説明書に全部載ってるんですけどね。


んー、しかしこうやってみると合わせ目って目立ちますね。合わせ目消しまではちょっと労力まわせないかなー。遠目にはわかんないって!


013_20120319221621.jpg


あとはどこぞのセンサー部分

面倒だから緑色流し込んだら隙間から内部に流れ込んでいったらしく、全然緑が乗りません。


こいつはあとで何度か重ねないとですね。はみ出したところはやすります。

こういったセンサー部分が無数にあるので、緑大活躍ですね。


014_20120319221618.jpg


そして面倒な部分がきました。マスキング必須の部分。

定規でおおまかに厚さを決めてシャーッとテープカット


あとはひたすら巻き巻き


016_20120319221614.jpg


出来たー!

まだ塗ってませんが。


筆一発塗りでやってやろうかとも考えたんですが、どう考えても歪むので諦めてマスキングテープ巻きました。


実はこれ完成しておらず、さらに上にも細いの巻かなきゃならんのですよね。昨日はここで終わってます。


あー今日は晴れててつや消し日和だったのになんで寝てたんだー!


完成したパーツは片っ端からつや消し吹いておきたいですね。

今回デカールはついてきてますが、どうにもリノスナ見本には1枚もはっつけてないので自分も今回はいいかなーとか思ったり。


今回は砲塔の煤汚れにチャレンジというわけで、もうすぐその工程に入れそうです。頑張ります。




では今日はこの辺で

コメント返信

>タマ兄さん

ウルフルンさんお茶目だからな


>ミュウ

敵はシリーズによって愉快度が結構違うからなー

スマイルは日常パートメインでいって面白おかしくな感じになるんじゃないかと。

ただ、たまにはガチ戦闘パートも欲しい!OPはあと2週は映画仕様じゃないかな。
















クリックよろしくー


そうそう、更新時間のことについてだが、このまま日付変更前の夜更新でいこうかと。

寝る時間的に考えても日付変更直後更新はキツいものがあると思われ。寝過ごしたら残念ということで。


このまま安定できるといいなー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日も1日あっという間です。



最近は日が過ぎていくのが恐ろしく早く感じますね。気付けばプリキュアの映画も明日公開です。


今日は夕方に座席予約してまいりました。もちろん一番後ろの席ですとも。




あと今日は学校の友人ゴリアテ君が家に遊びに来たりとかで、二年ぶりに塊魂やったり、2人で地球防衛軍3やったり。


地球防衛軍は早く4が出てほしいですねー。次回作はオンライン要素もあるようなので楽しみで仕方ありません。

どんな仕上がりになっていることやら・・・





そんなこんながありつつも、ゾイド制作は順調に進んでおります。昨夜も頑張りって進めました。


004_20120316183833.jpg

さてまずは躓いていた調色から。写真がどうにもわかりにくいですが、納得のいく色を作ることが出来ました。


やはり配合表の通りの色を入れるとそれらしい色になりますねー。紫重要だ!


今後もこんな風にいろんな色を買い足していくんでしょうなぁ。


005_20120316183830.jpg
007_20120316183826.jpg

この色を心待ちにしていたパーツたちに一気に塗っていきます。

頭の耳というかアンテナというか、ピョコッと生えてる部分と、足の一部分に色を乗せていきます。



012_20120316183823.jpg


その後は同じ青系統だからとそのまま白をドバドバ追加して別の箇所の色塗りです。


この色を作るのになかなか時間がかかってしまいましてね。白をひたすら追加していったもんですから随分と塗料が減ってしまいました。

一発でビシッと作れないと無駄に塗料を消費することになってしまいますね。ヨドバシで一瓶110円なのでそこまで痛手でもないですが掃除が面倒です。


そして昨夜は変な時間に寝てて夕飯を食べ損ねていたのでここでブレイクターイム


015_20120316183820.jpg

納豆丼です。賞味期限1週間切れた納豆は美味でした。




さて、気を取り直して


018_20120316183814.jpg

色塗り待ちだった肩パーツも完成したことにより、やっと残りの部位の組み立てに入ることが出来ました。



いい感じに仕上がっております。


やはりミサイルの弾頭を赤色にしたのは正解でしたかねぇ。普段は隠れていて見えませんが、カパッと開けた時の存在感は抜群かと思われます。


020_20120316184645.jpg


続いて足パーツを作っていきます。


シリンダー部分もしっかり塗装して、足の中央の青い部位も塗ったおかげで見栄えがグンと増しました。


021_20120316184638.jpg


付け根まで2本作って脚完成!


ガンスナイパーんはこの2本の足で全体重を支えているわけですが、少し細くて心もとないですね。


さらに背中にあんだけ重武装を乗せてるとなると、過重量で足が駄目になってしまうのでは・・・と思ってしまいますが、どうやらそこは「ぼくのプテラス~」で御馴染み、ジミーのプテラスからパーツを拝借してきたようで大丈夫!という設定だそうです。


022_20120316184635.jpg


付根の部分のミサイルポッドの御覧の通り


024_20120316184632.jpg


そして足です。脚じゃなくて足ですね。ここら辺は元のキットよりもより凶悪に見える爪となっております。


単に爪ってだけでなく、爪の上にカバーのようにアーマーがかぶせてあってより頑丈そうに見えます。


ここは手前2本の爪の薄水色の部分は調色によって作った塗料で塗装した部分ですが、奥の成型色パーツと遜色ない見栄えに仕上がって大変満足しております。


026_20120316184629.jpg


そして耳も装着

やっぱり耳がつくことでシルエットとしてガンスナイパーっぽさが増しますね。


ちなみにアニメでは怒り耳状態になったりしてましたが、ちょっと緩めてやればあれも再現出来そうです。


029_20120316184622.jpg

そんなわけで二本足完成でございます。


これで頭、首、胴、尻尾、前脚、後脚と全ての体のパーツが揃いました。


こいつに加えて


031_20120316185401.jpg


背中のブースター兼ミサイルポッドをつけてやればノーマルガンスナイパーの完成でございます。


うーむ、結構な道のりであった。


一応ここで止まってしまっても、ノーマルガンスナとしては飾っておけるんですよね。でも私が買ったのはリノスナです。


ここからが本番、背中の武装を作っていきます。


035.jpg


現状完成したのはこんな具合です。つや消しはまだ吹いてません。明日は雨だっていうし、日曜日に晴れてくれたら一気にやってしまおうかと。


背中のユニットはこの土日に本気出して完成させられるといいのですが。


そろそろ買った粘土でのジオラマ作りに着手したいところですしね。



というわけで今日はここらへんで




コメント返信

>タマ兄さん

同じく自分もそうなりそうだなぁ・・・

専門はフリーダムを越えて崩壊してたのである意味楽しかった



>ミュウ

やる気スイッチ入れるのじゃ

















クリックよろしくー


さて今日もCiv5やるぞー!


最近時間がマッハに過ぎ去っていくのはこいつのせいなんじゃないかと思います。



んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



本日は夜は出かけてしまうので今のうちに更新ということで。




相変わらず怠惰な生活を送っております。


そしてPC組み立ての際にガンスナイパーを片付けてしまったので、そちらも腰が重い感じで。いやいや完成させなきゃです。



というわけで本日はプラモ制作日記になります。写真だけは撮ってあったんですよね。




でもその前に1つ



WS003490.jpg

でん!

Steamでまたお買い物。先週末は2K Gamesのセールがありまして、ボダランとかは持ってるのでスルー、Bioshockもやったのでスルーで、最終日にCivilization5が75%OFFに。

普段こういうゲームは全くやらないんですが、友人が面白いとのことで、日本語解説動画なんかも見つつ購入してしまいました。


一部では廃人ゲーとも呼ばれているようなので私も頑張って遊んでみようと思います。


にしても家にいながら一瞬でお安くゲームが買えてしまうとはいい時代になったもんです。





さて、話を本題に戻しましょう、リノスナ制作続きです。




002_20120312131457.jpg


黒く塗る必要があるパーツを片っ端から切り出して一気に塗装です。


背中のブースター兼ミサイルポッドの部分ははみ出した部分を紙やすりで削ったんですが、今思えばマスキングしときゃ良かったなぁと後悔。若干汚くなってしまいました。

これも勉強のうちということで次回作へ繋げられればと


004_20120312131450.jpg

一方、尻尾までは出来ていたので頭から全て繋げ合わせてみました。


やはり小型ゾイドだけあって小柄です。頭から尻尾まで入れても四足歩行ゾイドより短いですね。同じ二足歩行のジェノブレイカーとは圧倒的な大きさの違いがあります。


003_20120312131453.jpg


そしてここで問題が


調色していたのですがどうにも思った色にならずに。というのも赤と青を混ぜたら一般的には紫になるはずなんですが、どうにもエナメル塗料だと茶色から黒っぽい色にしかならない。

どうやらエナメル塗料で鮮やかな紫色を作り出すことは難しいらしく、素直にパープルを買って来た次第であります。


要は紫がありゃ作れたんですよね。塗料代を惜しむなってことです。これもまた教訓。



007_20120312131444.jpg


しかし黄色と赤を混ぜたらしっかりオレンジになってくれました。やっぱ色の濃さとかによるんですかね。寒色と暖色混ぜたのがいけなかったのかなー?


008_20120312131441.jpg


耳の先端部分塗装です。ちょっと濃かったけどまぁいっか。


009_20120312132228.jpg

ついでに腕につける銃のセンサー部分も塗装。更についでに金色も塗装。


これで単色だった銃に3色の色が乗り、随分とそれらしくなってきました。つや消しで纏め上げればいい具合になりそうですねぇ。

005_20120312131447.jpg


そしてお次はミサイルポッドです。


ガンスナイパーの装甲の各所に内蔵されたこのミサイル。塗装見本では黒いまんまなんですが、個人的にミサイルの先端は赤色と決まっているので今回は赤にすることにします。


010_20120312132225.jpg


こんな感じに。


黒に対して赤をそのまま塗るっていうのはどうにも隠ぺい力の問題で重ね塗りが必要になるので結構時間がかかりました。

大体4度塗りくらいでいい感じに発色してくれたので満足です。


普段は装甲に隠れて見えませんが、フルバースト時にはしっかり赤が目立ってくれることでしょう。




現状はこんなところで。


ボディのほうはほぼ完成しています。あとは腕と足の一部分に青色系統の色を乗せて組み上げるだけ。


残るは背中の銃器部分ですが、大きさ的にこちらが本体なんじゃないか・・・なんて思うこともしばしば


こちらは更に色分けがされておらず、ほぼ単色になっています。

細かい塗装部分も多く難易度というか、精神的に辛い部分ですなー。




でも今回はタミヤウェザリングマスターによってかっこよく仕上げるつもりなのでモチベーションは上々です!!




なんとか今週中には完成させられればいいと思います。




では今日はこの辺で



>じーぷ

トイレで寝ればいいんじゃね



>ゴリアテ

俺も買ったからやるぜえええ




















クリックよろしくー


さてさてオールスターズオールが始まるお



んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。





どうにも最近更新時間が安定しませんが、それだけ怠惰な生活を送っている証拠ですね。




今日もちゃんと昼に起きたハズなんだけどなぁ・・・



御飯食べてアニメ見てたら眠くなったので寝てたら夕方になってしまいました。寝たい時に寝れる幸せをいまのうちに噛み締めておこうと思いまして。

これからは昼間寝るなんてことは滅多に無いことになってしまうでしょうからねぇ。平日の昼間寝てたら首飛ぶし、休日の昼間寝てたら後悔の念で死ぬ。つまりそういうことです。



今日は何かしら別ネタでいこうと思っていたのですが、どうにも寝てばっかなので今日もプラモデル記事となります。



明日はきっとMH感想記事になりますね。今夜見終わります。ついにここまで来たかぁ。



では早速


003_20120306171506.jpg

胴体部まで作ってからの続きでしたね。


フレームをつけて完成です。シリンダーとか塗った部分がワンポイントになってていいですね。


しかし黒色塗ってて思うのは、こいつツヤあり黒なのでやたらとテカってるんですよね。


どうせあとでつや消しトップコートするからいいんですけど、制作途中の見栄えがよく分からなくなるので今度はつや消し黒も買っておこうかしら・・・


007_20120306171503.jpg

そして尻尾達

ここもなかなか細かい奴らが集まっています。


私が苦手とする円状に塗る部分もありますしねぇ。


008_20120306171459.jpg

てなわけでアーマーほっといて中身だけ連結


ガンスナイパーの尻尾はまっすぐにすることによって名前の通りスナイパーライフルになります。


尻尾から発射するので当然後向きになるわけですが、この時パイロットの座席は反転してうつ伏せになり、的を直接狙えるようになるそうです。


なお、リノン仕様においては「数撃ちゃ当たる」を地でいってるのでこの機能はオミットされているとか何とか。



013_20120306171620.jpg


尻尾完成!ちょっとハミ出てる部分もありますが。


こうして見ると海老みたいですね。寿司に乗ってる状態の海老です。


この小ささでも尻尾をうねらせることが出来るのは流石HMMといったところでしょうか。



009_20120306171456.jpg

次にキャップの墨入れ第2弾。

サイドの溝にひたすら流し込んでいきます。こいつにも今回はエナメルブラック使いました。筆でべちょああって塗ってくわけですが、手が酷いことになりましたね。


010_20120306171453.jpg


そして流し続けること数十分


精神が擦り切れました。


キャップにひたすら墨入れし続ける仕事とかあったら自給2000円だろうとお断りしたい・・・



しかしこのキャップ、見ての通りすごい汚い仕上がりです。しかしそこは秘策があります。


溝の部分にだけ黒が残ればいいのです。この溝というのがポイントですね。凹んでるんです。つまり上からやすりかければ、凹んでるとこだけ残る!!


011_20120306171449.jpg

というわけで実践したのがこちら。見比べてみると一目瞭然!綺麗になりましたねぇ。



ただこの作業、小さいキャップを紙やすりでひたすらやするので指が痛くなります。あと爪も削れていきます。

やすりに関する知識はあんま無いのですが、一応1000番でやってますねぇ。いい感じです。


ここで電動リューターが欲しくなります。


いや、この際先端が回るならなんでもいいです。その回る軸にキャップつけてまわせば、紙やすり当てるだけで削れる素敵!状態です。

yasuri.jpg

高校にはこんな回転するやすりもありましたねぇ。


旋盤の刃を磨いでました。もっとマイルドなやつに付け替えれば使えそうです。一体おいくら万円なのか・・・



なにはともあれ、頼る道具がないので地道に手作業です



015_20120306171616.jpg


あとは腕とかも完成させました。ここら辺はパーツ少ないだけあって楽。


ただし二の腕にあたる部分は塗装箇所多いので放置です。


017_20120306171613.jpg


そしてついに登場し始めた単色の銃達


こいつらを頑張って塗り分けてこそリノン仕様が映えるというものです。頑張っていきましょう。





とりあえず青塗料が無いのでこれから買いにでかけましょうかね。昼間行こうと思ってたらすっかり夜ですが。



では今日はここら辺で



コメント返信

>ゴリアテ

自分も普通の二輪免許くらいは欲しいなぁ

貯金頑張れ
















クリックよろしくー


最近やたら早く過ぎ去る時間


毎日を大切いに生きませんとな


んじゃ、さいなら~