どもー、こんちゃー。



本日10月19日土曜日は全国的に映画スタプリの公開日となっております。プリキュアの映画を観に行くなら初日が一番!そんなわけで早速いってまいりました!


eiga sutapuri

「映画 スター☆トゥインクルプリキュア 星のうたに想いをこめて」


スター☆トゥインクルプリキュア、毎週楽しく見ております。

今年は特に、キュアミルキーこと羽衣ララちゃんがお気に入りで仕事で疲れ切った精神を癒してくれる貴重な存在です。そんなスタプリですが、初夏に公開されたキービジュアルがコチラ。





何だか、今までのプリキュアとは一風変わった雰囲気を持っていて、大変興味をそそられたのを覚えております。

そして、同時に監督がタナカリオンさんであることも発表されて、劇場版キュアモフルンが好きで好きでたまらない私はこの時点で期待が高まっており、公開日を心待ちにしておりました。









そして本日、劇場に足を運んでまいりました。


感想、一言で「最高!」と言い表すのがもっともふさわしいと思える内容に仕上がっておりました。

余韻に浸りつつ、帰り道にガシガシ感想を書き殴りたいと思いいろいろと思いを巡らせてきました。

そして書き切るには、ネタバレを含んでしまう感想になってしまいそうなので公開初日ではありますがここから先はご注意ください。もっとも、ブログの訪問人数的に問題はなさそうです。SNS全盛の時代、Twitter上にでも書かない限りはネタバレはセーフということでひとつ、よろしくお願いします。




さて、まずはじめにこの映画全編を通して感じたことが1つ。
それはこの映画の主人公がララであるということです。どこにもそんなこと書いてませんが、そんな風に感じました。もちろん、主役としてはひかるがいてこそのスタプリなのですが、この映画に限って言えばひかるは一歩引いてるような、ララの心理描写が多くその筋に沿って物語が進行しているように感じました。冒頭のシーンからラストシーンまで、ララにスポットライトが当たった「宇宙の物語」でしたね。


最初の方、今回の映画のマスコットでもあるユーマと共に世界中を旅するシーンがありました。

ひかる、ララ、フワ、ユーマの4人で楽しく旅する姿は美しく幻想的で、このシーンだけ切り取って見てみるとタナカリオン監督の言う通り、「いつものプリキュア映画とはちょっと違った印象」を感じる部分の一端だったように思います。プリキュアの映画っていうよりは、何か猛烈にアニメーションしているって感じがしてすごく良かったですね。フラミンゴが飛び立つシーンがすごく印象に残ってます。



そしてサブタイトルにもある「ながれぼしのうた」のシーン。

ひかるとララ、ユーマが歌うんですが今回途上するユーマの声は声であって声じゃない、音楽のような音色を奏でているんですよね。これがラストシーンの歌に繋がって音楽と共に流れてきた時は、自然なメロディでありつつも一緒に歌っていて本当に感動的でした。まさかユーマの声1つ取って、ここまで繋がってくるとは思ってもいなかったので本当にこの演出には感心させられます。





物語は進み、お待ちかねのプリキュアバトルシーン!

今回登場する敵役は全て劇場版オリジナルであり普段闘っているノットレイダーとは全く毛色の違うキャラクターが揃いました。

基本スペックでいけば、ノットレイダーよりも上なんじゃないかと思わせる戦いっぷりで序盤はプリキュア達の技が効かずに苦戦を強いられました。プリキュアの技というのは物理攻撃以外は基本的に浄化の技ですから、ノットレイダー関係ないなら確かに効かないもんなのかもなぁと思いつつ、でもプリキュアかなり不利っぽくない?とドキドキしながら見守っておりました。

そんな折、ピンチのプリキュアを救ったのがこれまた劇場オリジナルの12星座ドレスです!

劇場オリジナルってパンフレットに書いてあったからそうなのかなって思ってますが、今後テレビ放映版に出てくるかどうかは分かりません。とにかく、この12星座ドレスの力がものすごいのです!パンフレットに載ってるのであとでよーく見返すことが出来るのですが、12星座の力を身に着けて姿を変化させ、星座の特性をより強く引き出して攻撃に応用しているその姿はめっちゃ強いことはもちろん、こんな作画カロリー高そうなドレスをこんなに動かしてしまっていいんですか!?ってくらい動いてくれて、これが見たくて映画館にプリキュア見に来てるんだよ~~~!!!って悶えてしまうくらいカッコいいバトルシーンになってました。


12星座ドレスは物語終盤のバトルシーンまで活躍しており、なんと12星座全部登場します。設定的に12星座×5人で60種類あるんでしょうが、今回はとりあえず12種類ということで各々がいろんな星座ドレスを身にまとってましたね。特にキュアコスモは1人で4星座に変身し、まさにレインボー星人と言わんばかりにカラフルに変わっていく姿はとても面白かったです。この12星座ドレス、劇場だけにとどめておくのは非常にもったいないですがこれをテレビ版に持ってくるとスタッフの方々がかなり大変そうなので映画だけで楽しんでおきましょう。

でも本当に、今回はこの12星座ドレスを軸にしたバトルシーンが見もので、見ていて凄く楽しかったです。










そしてラストシーン、今回の映画の主題歌でもあり現在テレビ放映版のエンディングにもなっている「twinkle stars」はそこまで映画を観てきた人にとって本当に感動的な歌詞で、映画を締めくくるにふさわしい素敵な歌でした。

歌まで含めて、すべてが映画スタプリになっている本当によくまとまっている作品でしたね。




冒頭シーンで少し印象が違うと思いましたが、見終えてみればこの映画全体を通して高い独自性があり、確かにいつものプリキュアの映画とは少し違った、大人な印象を受ける作品だったように思います。最高だったと言いましたが、美しく儚い物語であり、宇宙をテーマに進んできたスタプリの物語と繋がって、いろいろと考えさせられた内容でした。

本当に面白かったです!









映画スタートゥインクルプリキュア 劇場グッズ


そして大きなお友達は、たぶん大きなお友達に向けてるであろうグッズだけ買って帰ってきました。

価格設定とかが明らかに小さなお友達向けではないものばかりですから、きっと間違っていません。私のオススメはポストカードセットです。これ、映画のキービジュアルも入った4枚のメタリックなポストカードが入っているんですがめっちゃいいです。質感とか、飾っておきたくなる仕様とか、良いです。

毎年恒例ブラインド缶バッジは1つダブってしまいましたが、ララが出たので大満足。




本当に良い映画でした。





最近、更新頻度落ち気味で走り書きになったので文章がだいぶおかしいですが、いまこの瞬間の気持ちが書き表せてればいいなぁと思います。


以上
















クリックよろしくー

最高!

んじゃ、さいなら~
テーマ:アニメ・感想
ジャンル:アニメ・コミック
どもー、こんちゃー。


この終末は映画館に通っています。

昨日は仕事帰りに、マーベルの最新作「キャプテンマーベル」を観てきて、今日は毎年恒例春のオールスターズ「プリキュアミラクルユニバース」を観てきました!!




プリキュアミラクルユニバース パンフレット

今年のプリキュアである「スタートゥインクルプリキュア」がメインの春映画ということで、スタプリは放送開始から毎週楽しく視聴しているので、こちらの映画も観に行くのが楽しみだったのです!

今回は宇宙がテーマのスタプリと、その宇宙の片隅でミラクルライトを作っている星が舞台となっており、全体的にスタプリ色が散りばめられた映画になっております。ミラクルライトはプリキュアの映画のたびに新しいものが出てきますが、今回の映画はそのミラクルライトに焦点を当てたものというわけですね。ミラクルライト、大きいお友達の私はプレミアム版を買うしかないのであんまり馴染みがないのが残念ですが、いつも心のミラクルライトで応援しています。




さて、今回も感想というほどではないですがふわっと書き残しておこうかと。ネタバレはありません。

今回メインで登場するプリキュアはスタートゥインクルプリキュアを含めた直近3年間の作品ですので、キラキラプリキュアアラモードまで出番があります。近年は安定してきましたが、キャラクターが絞られているおかげでそれぞれのキャラクターを描く時間が伸びるので、キャラクターファンには何とも嬉しい内容となっていますね。

私は今回出演しているプリキュアだとマシェリとミルキーが好きなので、劇中ずっと追いかけてましたがそれだけで映画館に見に来て良かったと思える内容でした。いくつかおしいところを持っていった感じでとってもかわいかったです。それと、なんだかんだと劇場版ですので私の大好きな戦闘シーンも普段より気合の入った仕上がりでしたね。そして、今年のミラクルライトは去年にも増して綺麗で、劇場最後列で見るミラクルライトの光はなんとも美しい光景でした。これを見るためだけに公開初日に来たと言っても過言ではありません。あと、これはたまたまかもしれませんが例年に比べるとライトの数が多かったように思えます。スタプリ、子供たちには人気があるのかな?




IMG_20190316_141736.jpg

そして、これまた近年お馴染みの劇場グッズ。


とりあえずランダムな缶バッジを5つ買ったら、見事にキュアアンジュがかぶりました。15種類もあって5個で被るのはちょっと運が無かったでしょうか。うーん、ミルキーとマシェリが欲しかったが仕方あるまいて。




というわけで、毎年恒例プリキュア観てきた日記でした~















クリックよろしくー

明日はスタプリだ!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


日曜日なのにお仕事な1日でしたが、今日は朝出かける前にしっかりとHUGっと!プリキュアの最終回を見て、存分に余韻に浸ってから会社に行ったので実に心穏やかな1日となりました。

若干の疲労感を引きずりつつも、寝る前にハグプリの総まとめ的感想を書いておこうと思い今に至るわけです。





hugpuri.jpg

「HUGっと!プリキュア」以下ハグプリは、プリキュアシリーズ15作品目でありシリーズ15周年という節目の年でもあるので、いろんなものを背負った作品となりました。

プリキュアは作品ごとにテーマがありますが、15作品目にして遂に「子育て」がテーマになりましたね。過去にも似たようなことをしていたプリキュアはありましたが、はっきりと明言して最初から最後までそれを主軸にお話を進めていたのはハグプリが初めてだったのではないかと思います。


そして、子育てをメインテーマにしつつ主人公達の夢、そして挫折と葛藤、未来への希望と絶望を描いた実に深い作品だったと思います。



こういう勧善懲悪モノアニメでは夢だったり希望だったりを語りがちですが、ハグプリはこれらに対する負の面も敵味方問わずしっかりと描いていて子供ばかりでなく、私のような大きなお友達だったりだとか、親世代に訴えかけるような内容の話が多かったように思います。敵組織も現代のブラック企業を描いたかのような設定だったり、敵は妙にバブルっぽかったりと、いろんなところからいろんなものが滲み出ていましたね。


こういった、作品を通して伝えたいことがハグプリはとても大きく、多く、そして伝わりやすかったということがハグプリが実に面白いと感じる一因だったと思います。とにかく、アニメを見ていると様々なことが伝わってきて考えさせられることが多かったです。








そして、プリキュアシリーズとしては忘れてはならないのがそのものズバリプリキュア要素です。

かわいい
かっこいい


これが両立してこそのプリキュアです。


最終的に5人となったプリキュアはどの子も魅力的で可愛らしく、プリキュアとして戦う姿は凛々しくかっこよかったです。やっぱりこれは外せない要素ですよね。カッチョイイ戦闘シーン大好き人間としては、たまに作画リソース大盤振る舞いしてくれる戦闘シーンは実に燃えるものがあり、見ている甲斐があると強く感じてしまう部分でもあります。






そして今年のプリキュアは15年の集大成とでも言うべき内容。

初代とのコラボはもちろん、秋の映画公開前にはテレビ版オールスターズを2話もぶっ続けて放送する前代未聞の試みなんかもあって、実に挑戦的な作品でもあったと思います。過去にハピネスチャージプリキュアの冒頭で歴代プリキュアが挨拶をするという試みがあり、アレはアレで非常に楽しめた記憶があります。ハグプリはそれを更に1段階ステップアップさせたような、プリキュアシリーズを追ってきた人や、昔見ていた人がちょっぴり楽しめるスパイスが散りばめられた素敵な作品に仕上がったのではないでしょうか。


また、個人的にはキャラデザが一緒なのも関係あるかもしれませんがどこかプリキュア5を彷彿とさせるような部分が多かったように思えます。主人公達がそれぞれの夢へ向かうところとか、敵がブラック企業だったりだとか、そんなところがふわっと似ていたからかもしれません。



あとは、久しぶりに「このシリーズではこの子が好き!」という子が出てきました。

私はハグプリでえみるが随分とお気に入りになってしまったようで、気付けば毎週どんな活躍をしてくれるのかと楽しみにしていました。人のために頑張る健気なところとか、結構大人っぽいところとか、そんなところが大変魅力的に感じましたね。なんだか最近こういうキャラに弱い気がします。






こうして、作品を通じた深いテーマであったり、プリキュアシリーズとしての面白さであったり、毎週楽しみになってしまうキャラクターであったり、そういったものが合わさって合わさって、この1年間本当にプリキュアを楽しむことが出来ました。


1年半ほど前、プリキュアは私の前から去っていきましたが、再び私のピンチに駆けつけてくれたような気がしましたね。


「なんでもできる!なんでもなれる!」


この言葉を毎週聞いてきましたが、ちょうどハグプリが始まったタイミングで今の仕事が始まったこともあり、非常に勇気付けられました。まさに心の支えで、はなのエールは沈む気持ちを吹き飛ばし、1年間走ってこれたと思います。この応援、本当によく効いてくれたと思います。



1年間応援ありがとう!




作品自体は最終回を迎えて終わってしまいましたが、1つの物語としていろいろな余地を残してくれてもいるので最終回の考察なんかでもまだまだ楽しめそうですね。本当にいい作品でした。


ハグプリのエールが無くなってしまったら来週からどうすればいいんだろうと思いますが、来週からは新しいプリキュア「スタートゥインクルプリキュア」が始まります。次は一体どんな物語が始まるのか、楽しみにしましょう。



以上、ハグプリが1年間面白かった日記でした。












クリックよろしくー

本当に面白かったなー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



本日は仕事を早々に切り上げて、今日から公開の映画を観てきました!!



precure allstarsmemoriese


映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ







タイトルがとっても長い。



今年はプリキュア15周年記念ということで、ハグプリ本編にはキュアブラック&キュアホワイトが出演したり、先週はTV版オールスターズをやったりとお祭り騒ぎの状態。そして、毎年秋に公開されるその年のプリキュアの映画までオールスターズ仕様になった大変盛り上がる1年となっております。

オールスターズと書いてありますが、その前のタイトル通りこの映画は間違いなくハグプリとふたりはプリキュアがメインの映画になるので、一体どんな映画なのかとワクワクしながら劇場へ足を運んだ次第です。





映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ パンフレット
映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ クリアファイル
映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ 缶バッジ

早速ですが、先に収穫物などを。

毎度かかさずパンフレットは買っていますが、クリアファイルもついつい買っちゃう商品です。あとは、全14種ランダムアソートの缶バッジが売っていたので5つほど購入してみました。絵柄はハグプリ&ふたプリの7人の変身前と変身後の姿となっております。

プリティストアのトゥインクル缶バッジを思い出しますね。



映画 HUGっと!プリキュア・ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ 缶バッジ

というわけで開けてみたらこんな感じでした。被り無しとは嬉しい。

ハグプリではえみるが一番好きなので当たって良かったです!描き下ろしらしいので、あとでもうちょっと買い足そうかしら・・・




さて、ここからは映画の感想です。ネタバレを含みます。まだ観てない方はここら辺で戻ってください。










まず、上映時間はいつも通り1時間ちょっとなのですがいつにも増して満足度の高い作品となっておりました。1時間の濃密さでいえば間違いなく近年でははぶっちぎりで1番です。本編開始直後から終了までどのシーンも見逃せず、大変楽しい映画に仕上がっておりました。


今回の映画は「映画HUGっと!プリキュア ふたりはプリキュア オールスターズメモリーズ」というタイトル通り、メイン2タイトルのプリキュア+オールスターズという形を取っており、上映時間のほとんどは2タイトルのプリキュアが占めています。そのため、オールスターズ側をメインに観に行くとちょっと拍子抜けかもしれません。しかし、オールスターズ側が単なるオマケかと言えばそうではなく、各作品にちゃんと魅せ場が与えられていたので、バランスの取れた配分だったと思います。

元々、ハグっと!プリキュアがメインであるはずの秋映画をオールスターズ仕様にしてしまうのは、ハグプリファンにとってはどうなのかと思うところもあったりしましたが、今回の映画は間違いなくハグプリの映画だと、映画を見終えたからこそ言えますね。



一方、ふたりはプリキュア成分を気にしてらっしゃる方も多いと思いますが、こちらもタイトルになるだけあって多分に含まれています。そりゃもう、開幕からガッツリふたりはプリキュアです。ハグプリ本編で絡んだだけあって、劇中でも一緒に行動してますし、戦闘でも一緒にメインで戦ってくれたのは嬉しかったですね。わたしのような、プリキュアの戦闘シーンが大好きな方はいますぐ劇場に足を運んでみるのをオススメします。きっと最高に満足できる内容となっているでしょう。


また、オールスターズプリキュアについては終盤の最高に盛り上がるシーンでバッチリ活躍してくれたのでとても満足しております。BGMも専用のものがかかり、全作品の思い出を振り返りながら楽しむことができました。喋ってくれるシーンはほんの少しでしたが、みんな声も付いててまさに15周年豪華仕様!って感じでしたね。





ストーリーについては、プリキュアらしい王道ストーリーでスッキリと楽しむことができました。今回の敵であるミデンはデザインもキャラも声も面白い奴でしたね。フワフワと動き回るシーンはなんとも不思議な感じがして、絵として見ていて楽しめる敵でした。振り返ってみると、出現シーンやら目のデザインやらがなるほどそういうことかとなります。

あとは、15周年記念作品ということで大人も子供も楽しめる内容を目指して作られた映画のように思えますが、若干大人にサービス寄せすぎなのではと思うシーンもちらほらあったりして、大人の私は大変楽しめたのですがメイン視聴層の子供達は若干置いてけぼりになっちゃうんじゃないかなって思いました。うーん、これは難しいところですが子供達にはハグプリ部分だけ楽しんでもらえればいいかもしれません。割り切りも大切です。



あとは映像が大変素晴らしいことになっていて、観てる間ずっとニコニコ笑顔でした。

まず、作画が謎。謎というのは、なんかとにかく凄い。ちょっとスタッフが誰かまでは確認出来なかったんですが、初っ端からやたらと細やかで綺麗な作画が延々続くのでビックリしました。先にCGで動かして、上から線でなぞってるのかな?って思うくらいでしたね。私のような大人が欲しいシーン、見せ方、シチュエーション等が詰まっていて作品愛が溢れているのを感じます。

そして後半のCGシーンは東映アニメーションが過去に積み上げてきた技術を総動員しているような内容になっており、過去のCG作品を見てきた者としては技術的な進歩を随所に感じられる映像作品となっておりました。



総じて、どこをつまんでも美味しい、全編最高に楽しいプリキュア映画となっておりました。いやぁ、本当に楽しかったです。



この映画が劇場で観られるのは今だけです。まだ公開初日なので、観てない人も1度見た人もどんどん劇場に足を運びましょう。私ももう1回見たいです。





というわけで以上、秋のオールスターズメモリーズ感想でした。














クリックよろしくー

素晴らしい時間だった

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日は春分の日ということで、1日ゆったりすることができました。


春分の日という割に全国的に雪が降っていたりと、まだまだ寒い3月下旬。もう少しの間スタッドレスタイヤを履いておく必要がありそうです。



さて、そんな本日は朝から「プリキュアスーパースターズ」を観に行ってまいりました!!




pss.jpg


去年ドリームスターズを観に行った時は見にいく時期が遅すぎたのか、まさかの劇場貸し切り状態したが本日は公開から1週間経過していないこともありほぼ満席となっておりました。久しぶりに劇場いっぱいのミラクルライトの光が見れたので良かったです!



さてさて、今回も適当に感想を書いていきましょう。



まず、観終わって思い浮かんだ感想が「久しぶりにプリキュアの年度末映画を見た気がする」でした。

オールスターズDX、ニューステージの後はいろんな展開をしてきたオールスターズシリーズ。特に近年は様々な試みが実施されていて、去年からは登場するプリキュア数を絞って70分という上映時間の制約の中で最大限面白くする努力が見受けられます。そんなオールスターズシリーズの最新作であるスーパースターズですが、何故このような感想が出たかといえばプリキュアオールスターズにおける王道展開が散りばめられていたからだと思います。

良くも悪くも、今回のオールスターズは実にオールスターズらしい映画になっていて、話の展開や面白さ、起承転結が実に素直で70分という枠の中に気持ちいいくらいに収まっているのです。これほどまでに素直なプリキュアオールスターズは本当に久しぶりに見たなぁという感じがしました。なんというか、本当に初期のDXあたりを思い起こさせるような面白さというのが詰まっていたように思えます。




今回登場するプリキュアは最新作HUGっと!プリキュアの他、キラキラプリキュアアラモード、魔法使いプリキュアの合計3組が出演しました。まほプリ大好きな私としては、久しぶりにまほプリ組みが見れて嬉しい限りです!やはり登場人数が少ないおかげもあって、それぞれのキャラクターに焦点が当たってくれるのでわちゃわちゃしていなくて楽しめるのはいいポイントですね。



あとは大好きなバトルシーン。

こっちは文句なしの劇場版でした。最終決戦あたりは、アニメーターの方々絶対楽しそうだよなぁって感じの仕上がりになっており観ていてとても面白かったです。実にプリキュアらしい戦闘でとても見応えがありました!

そういえば、バトルシーン以外でもなかなか魅せる構図というか、迫力あるシーンが山盛りだった気がしますね。



そんなわけで、今作は何だか久しぶりにプリキュアに浸れるような素晴らしい出来になっておりました。まだまだ上映中ですから、観に行ってない人は今週末にでも行きましょう!




以上














クリックよろしくー

プリキュアおもしろい!

んじゃ、さいなら~