どもー、こんちゃー。


3月も最初の週が終わり週末に入りました。そういえば今日はひな祭りですね。我が家は男ばかりなのでひな祭りは存在感が薄いですね。

そして気付けば任天堂の次世代ゲーム機「Nintendo Switch」も本日発売となりました。イカが出たら買います。

しかし全国の自作erにとっては3月3日はひな祭りでもなければ、Nintendo Switchの発売日でもない。

AMD RYZEN

AMD RYZEN 7シリーズの発売日なのです!!

待ちに待ったAMDの反撃!最強のCPU!!


事前にベンチマークスコアのリークはありましたが、まさかのまさかリークどおりのとてつもない性能を引っさげてAMDが帰ってきました。



「Ryzen 7 1800X」レビュー。「買える値段」の8コアCPUはゲーマーに何をもたらすのか? - 4Gamer.net

ASCII.jp:インテル超え確実!? Ryzen 7最速ベンチその実力とは? (1/2)

【レビュー】AMD「Ryzen 7 1800X」はIntelの牙城を崩せるか? ~各種ベンチマークを実施 - PC Watch

RYZEN 7 1800X徹底検証 - ついに登場した新世代CPUは「AMD反撃の狼煙」となるか (1) RYZEN 7に続いてRYZEN 5やRYZEN 3も2017年に投入予定 | マイナビニュース



0時になった途端に各社一斉にレビュー記事を掲載し、情報解禁&販売解禁がなされたAMD RYZENシリーズが一体どのようなCPUなのかをこれでもかってくらいに書いてくれています。そして昨夜は東京や大阪では深夜販売もあったらしく、秋葉原では行列が出来る程だったようで、ここ最近では珍しいくらいに自作界隈も盛り上がりを見せております。

AMD RYZEN

私はというと、大阪のPCワンズさんが生放送での店頭販売&販売解禁後すぐに開封とベンチを回すという様子を1時間ほど見ておりました。このショップさんは定期的に生放送やっているようですが、私は今回見るのが初めて。しかしショップ店員さん深夜にも関わらず非常に楽しそうに組んでサクッとベンチ回して、ちょっとしたお祭り騒ぎなのは見ていて非常に楽しかったですね。



やはり新しいCPUというものは興奮するものです。

ここで今回発売したAMD RYZENをザックリとまとめてみましょうか。


AMD RYZEN 7 1800X 定格3.6GHz 6万5千円前後
AMD RYZEN 7 1700X 定格3.4GHz 5万円前後
AMD RYZEN 7 1700  定格3.0GHz 4万2千円前後
全て8コア16スレッド


今回出たのはこの3種類で、大体レビューサイトで大騒ぎになっているのは最上位機種の1800Xです。そこら辺、ベンチスコアだの何だのはレビューサイト様に丸投げでお任せするとして私が今後どうするかを書いていこうと思います。

まず、型番にある7という数字はIntelのCore i○シリーズに相当する数字らしく、今後RYZEN 5、3がリリース予定となっております。つまり今回発売した3種類は現行のIntel core i7に位置するわけです。各レビューサイトを覗き見ると、Intelの最上位と張り合う形でかなりいい戦いをしているようですが、私からすればIntelに比べてどうだとかそんなことはどうでもいいのです。自作してこの方、AMDのCPUしか積んだことがないわけで、つまり過去のAMDのCPUより優秀であれば問題ないわけです。


AMDというメーカーはとにかく安い。

だから大好きです。Intelに比べて安い。性能もちょっと良かった時代もありましたが、とにかく安かったです。コストパフォーマンスに優れると言い換えても良いでしょう。では今回のRYZEN 7シリーズはどうなのか?レビューサイトを覗いてみると、そもそもRYZENが勝負を挑んでいるIntelのCPUは高額。とても手が出ません。それに肉薄するスコアをこの価格で出している、つまり現時点でかなりコストパフォーマンスに優れるCPUという判断が各所でなされています。

メモリ周りやシングルスレッド性能差で、ゲームベンチではIntelに比べて大きくスコアを落としている部分もあるようですが、逆にゲーム以外のエンコードなんかはとっても速いんだとか。

私はPCゲームも遊びますし、最近はエンコードもします。

そして何度も言うようですが、比較対象はIntelのCPUではなく私が今使っているCPU、Phonemに比べてどれだけ良くなったか。そりゃあ5年前のCPUと比べたら超良くなっているはずです。乗せ変えたらどんなゲームのパフォーマンスも向上します。そこから導き出される答えは「未来において購入が確定している」です。


素晴らしい・・・!いやぁ、RYZEN素晴らしい。

ブルドーザーさんはそもそも私の電源容量では扱いきれないためスルーしていたのですが、それを乗り越えて待った甲斐があったというものです。


さらにはIntelを殴る形になったため、Intelは今後反撃せざるを得ません。

それが現行機の価格改定なのか、今後のロードマップの変更なのか、どうなるかは分かりませんが必ず殴り返してくるはずです。するとAMDもまた殴り返す必要があります。CPU業界が活性化し、進化が加速するのです。これほどユーザーにとって嬉しい事はないでしょう。

私含めるAMD信者は今回の件で大喜び。一方Intel信者の方々もAMDがIntelを殴ることによってIntel側からもたらされる様々な恩恵に預かることができるため大喜び。エンドユーザーにとっては今回のRYZENというCPUの登場はいい事しかないのです。掲示板でのIntel VS AMDのCPU煽りあい罵り合いなんぞ久しぶりに見ました。懐かしい気持ちになってしまいます。


果てには早朝に「RYZEN」というワードがTwitterのトレンド入りを果たすほどに熱く湧き上がっている自作界隈。これは今後数年が盛り上がってきそうでワクワクもんです!!


今後上がってくる個人レビューを吟味しつつ買うタイミングを見計らって突撃しようと思います。



以上













クリックよろしくー

【夏休み211日目】

RYZENすばらしい

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は素敵な素敵なバレンタインデーですが、スクフェスの凛ちゃんからバレンタインメッセージをいただいたのみとなりました。アルフォート食べて我慢しよう。


さて、今日はPCパーツのお話です。

ここのところメインPCの中身は全然弄ってないんですが、ようやくAMDが新しいCPU「RYZEN」の発売に漕ぎつけようとしています。私のメインPCの現在のCPUは「PhenomⅡ X6 1100T Black Edition BOX」です。導入してから既に4年半の月日が経過しており、最近は動画のエンコードなどもする機会が増えたためそろそろ新しいCPUが欲しいなと思っていたところでした。

AMD RYZEN

AMDerの私としては、是非とも次のCPUもAMD製のものがいいと思っていたのでちょうどいいタイミングです。

ところがAMD RYZENが発表されてから待てど暮らせど情報が出てこない。ちょっとガード固すぎるんじゃないの?って思い始めたところで、ようやっと海外で型番や価格のリークがありました。


AMD RYZEN 価格 リーク

引用:http://wccftech.com/amd-ryzen-full-lineup-pricing-clock-speeds-leaked/

これによれば最上位モデルの1800Xで499ドル、日本円にして約55,000円程のようですね。IntelのCPUの性能は最近情報集めてないのでめっきり分からないのですが、これまたリークしたベンチマークスコアによると現世代と同等の性能があるとかないとか。

最上位で499ドルっていうと随分安いなぁという印象があります。

やはり価格で勝負のAMDということでしょうか。

現状、ベンチマークでもやるじゃんAMD!みたいな雰囲気ですが、実際に出回ってみないと分からないことや、ベンチマークだけでは見えない部分もあるでしょうからもろもろのレビューなんかが出揃ってから手を出してみようかなぁなんて思っています。マザーボードも価格そこそこのものが揃う・・・ようなリークがあるので期待は高まる一方ですが。


気分的な問題ですが、現状6コアですからやっぱり次は8コアがいいなぁなんて思ってしまいます。すると1700、1700X、1800Xの上位3種類のうちのどれかになるわけですが、価格と性能のバランスが良さそうな1700は人気が出そうな気がします。初めて自作PCを作ってから早いもので10年。ずーっとCPUだけはAMD一筋で来ましたから、このRYZENには期待・・・したいですねぇ。ただ、現状のリークされているベンチマークスコアから2割3割落っこちたところで価格あたりの性能という面で見れば充分すぎる程ですから、性能がどうであれ買うのは間違いないんですけどね。この後長く使っていくことを考えれば最上位の1800Xで組んでも後悔することはないと思います。

問題は金銭的な面ですが、10万も出せばCPU、M/B、メモリと揃うので特に気にしていないです。ああそうだ、Windows10を買った方がいいかもしれませんね。


そんなわけでようやっと姿形が見え始めたAMD RYZEN。発売が楽しみです。













クリックよろしくー

【夏休み194日目】

早く来い来い発売日

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


昨日は夜からスポッチャなんぞに遊びに行っておりましてすっかり更新をすっぽかしてしまいました。


専門学校のときの友人と遊んだんですが、本当に卒業式以来会ってなかったりした人もいたのでなかなか話が盛り上がって楽しかったですね。


で、昨日なんですがグラフィックボードが届きまして、今日パソコンに組み込んだので今日はその話を書こうかと思います。


IMG_20150103_125246.jpg

今回購入したのはコチラ

GIGABYTE製のGV-N970WF3OC-4GDになります。

アマゾンで約41,000円で購入いたしました。お高い!


中身は最近話題のGTX970になります。実はGIGABYTEの製品を買うのはこれが初めてで、一体どんなもんなのかなーといったところもありますが、数あるGTX970カードの中でこのGIGABYTEのカードを選んだ理由は以下の通り。

・ASUSとかに比べると安い
・3連ファンでよく冷える(という書き込みをみた)


やっぱりグラボは冷えてなんぼだと思うので、ファンも3つ付いてるし良く冷えるんじゃないかなーって思いまして。


ヒートパイプが2本しか出てないのがちょいと懸念材料でしたが、まぁ買って使ってみなきゃ分からんということで購入に踏み切りました。

IMG_20150103_125407.jpg

中身は至ってシンプル

カードが1枚と、ドライバディスク1枚、説明書1枚、あとは4ピンコネクタから6ピン、8ピンに変換するコネクタが2つ付属してました。

私は8ピン変換コネクタを持ってたかどうか覚えてませんが、少なくとも探す手間が省けたので良かったです。

このGIGABYTEのGV-N970WF3OC-4GDは8ピン6ピンの外部電源を使用しており、これらのおかげでオーバークロックもサクサクできるとか何とか。でもGTX980&970シリーズはワットパフォーマンスが非常に宜しいのでちょっとやそっと上げても問題ないみたいです。

GTX970自体、かなり余裕のあるカードなので、少しくらい盛ってみたい気もしますね。


そういえば私の電源は約8年モノの600W電源ですが、電源容量的には今回のGTX980&970シリーズの消費電力が劇的に下がったおかげで電源ごと買い換えずに済みました。


IMG_20150103_125939.jpg

で、今まで使ってたMSI製のHD6870と比較。ファンが1個ぶっ壊れてましたが、今日まで何の問題もなく元気に動いていました。

MSIのHD6870もかなり長いカードでしたが、今回買ったギガのGTX970はそれを上回る長さの312mm。私のPCケースのHAF-Xはカード長340mmまで対応のフルタワーなので問題なかったです。

ただこの長さのカードですと、ミドルタワーとかだとちょっとキツいかもしれないので、ここら辺はケースを選ぶでしょうねぇ。


ただ、今までグラフィックボードへ風を送るダクトパーツを付けていたんですが、流石にこの長さになると取り付けることができず、ファンは針金でケース内に吊るすことになりました。

IMG_20150103_130021.jpg

んでカード単体はこんな感じ。

ヒートパイプが2本なせいか、大きさの割には随分軽いカードでした。

基盤からヒートシンクがはみ出しており、とってもよく冷えそうです。というわけで早速取り付け。


が、ここでMSIのカードの時からあった問題が顕著化

IMG_20150103_132612.jpg

なんかズレてんだよなぁ・・・・


これがマザーボードの問題なのか、ケースの工作制度の問題なのか。


HAF-Xは値段の割に作りは雑な部分があるので、もしかしたら最初っからマザーボードを取り付ける穴の位置がズレていた可能性がありますね。

これ本来もう少し下なハズです。普段はHDMIでつなげてるんですが、ギリギリ繋げられる厚みだったので何とか事なきを得ました。



ちなみに出力ポートは

Dual Link DVI-I
DVI-D
HDMI
DisplayPort x3


となっております。

DVI-DとDisplayPortの2つは排他利用ですが、最大4モニタをサポートしてくれるようです。最近のグラボは凄いですなー!



で、早速使っていきます。

とりあえずドライバは適当に最新バージョン入れて、付属されてたGIGABYTE GURU 2とかいうソフトも入れてみます。


WS004349.jpg

ギガの付属ソフトはお手軽オーバークロックソフトみたいですね。

ワンクリックであれこれできるようです。

ただ、やはりモニタリングはMSI AfterBurnerの方が優れているので引き続きこっちも使うことに。


とりあえずFF14のキャラ編のベンチを回すことに。ただ、私のモニタの解像度は1680×1050という点、CPUがAMD PhenomⅡX6 1100Tという点、マザーボードのスロットがPCI2.0という点、などなど足を引っ張るものしかないという状況です。

それらを加味した上でのスコアがこちら


WS004348.jpg

今までのMSI HD6870カードと比べると御覧のスコア差です。

品質を最高設定に引き上げた上で、スコアが約5000伸び、FPSが約2倍になるというスペック上昇具合です。

ただ、しっかりと他のパーツも良いものにすればフルHDでもスコアは13000とかいくようです。



流石に3年半ぶりくらいに買い換えると違いを感じるものですね。その後FF14も最高品質に設定してプレイしてみましたが、FPSが今まで40FPSくらいだったのが60FPSに張り付いてくれるようになりました。

FF14プレイ中は

温度がいっても55度
メモリ使用も1GB程度
ファン回転数は大体1500RPM

こんな感じです。

今まで使ってたHD6870はメモリ1GBだったのでほぼ100%使用でしたが、今は4GBなのでかなり余裕があります。

ファンも1500RPMで3連なのでよく冷えてますねぇ。今までは70度近くでしたから。


尚、GTX970で報告があがっているコイル鳴きや、そもそも3連で1500RPMというファンの音についてですが、私は普段ヘッドフォンをしており、パソコン本体は木製の机の向こう側という配置なので全く気になりません。

スピーカーで音聞いててPC本体がモニタの隣にあるよって環境の人はもしかしたら気になるかもしれませんが、そもそもが静穏に全く興味のない爆音PC使いなのでそこら辺はやっぱり人それぞれなんじゃないかなーと思います。



そんなわけで久しぶりに購入したグラフィックボード、GTX970。


非常に快適です。


しかしこのカードの真のパワーを体感するにはやはりFF14程度じゃ生ぬるいですね。久しぶりにグラフィックバリバリのゲームでもやってみようかしら!


そんなわけで以上、GTX970の簡単な感想でした!












クリックよろしくー


正月休みもあと1日か。寂しいなぁ。


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



昨日はいつもの面子で同窓会っぽい飲み会なんぞやっておりました。ついでに仕事納めでもありました!


厳戒丸、ミュウと共にサイゼリアで5時間喋ってるだけという非常に楽しい時間を過ごさせていただきましてね。

IMG_20141228_185317.jpg

ワインにガムシロップ入れてストローで飲むという怪しい集団になっておりました。



そして翌日である今日から私は正月休みに入ります。夏より短い7連休!


今年もあっという間でしたねぇ。そんな中年末に届いたSSD

こいつを遂にパソコンに組み込む時がやってきたのです。そう、やるなら今しかないっ!!

IMG_20141229_104130.jpg


ということで久々にPC開けて2.5インチベイがついてることに安心しつつ組み付けていきます。

IMG_20141229_104512.jpg


こいつが今回の主役、crucial製のCT512MX100SSD1です。薄くて小さいこの物体が超速の512GBストレージとは、いい時代になったもんですねぇ。

そんで、裏配線がかなりごちゃごちゃしてるので電源ケーブルとIDEケーブル引っ張ってくるのがやたら苦労しました。


ベイの組み付けはPCケースの特色もあって簡単なんですが、結局裏配線の美しさは人間性出るっていうかねぇ・・・


そんなわけでわっしょいわっしょいやってやっとこさ取り付け完了。ファンクションキー猛連打でBIOSを立ち上げ、そこからブートディスク選んでWindowsのインストール開始です。

IMG_20141229_111956.jpg


さて、ここからはインストール作業をただひたすら待つだけなのですが、インストールそのものが2年ぶりくらいだったので果たしてHDDに比べて早いのかどうかがイマイチわからず。

初回のSP1パッチ含めたWindows Updateなんかは1時間半くらい待ってました。


しかしこの最初のインストール作業周辺。ここにきてSSDの真価が遺憾なく発揮されました。


ドライバのインストール作業などに入るとどうしても要求回数が増えてくる再起動。これが超早い。30秒で行って戻ってこれるのです。ここは流石のSSDというべきところでしょう。


私は今までHDDを使っていて、長時間席を離れる場合、つまり会社に行く時なんかは常にスリープ状態にしてて、帰ってきたらボタン1つで復帰という感じだったんですが、こんだけ早いと普通に電源切れますねぇ。

スタートアップにも片っ端から必要なもの突っ込んでも問題なさそうな速度です。



そしてほぼ1日かけて環境の再構築を行い、現在やっとまともにPCが使える状況になったというわけです。

FF14ももちろんSSDにぶち込んでやりました!これでどのくらいローディング速度が向上しているのか今からワクワクです!!

Cドライブもがっつり容量増えて万々歳のSSD。これから性能を存分に味わっていきたいと思います。それではまた明日!













クリックよろしくー

やはりPCパーツというものはワクワクしますなぁ


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


メリークリスマスです。12月25日はクリスマス。


子供の頃からワクワクドキドキ素敵な日だったんですが、どうにも今年はクリスマスって感じがしないんですよねぇ。

去年は煩悩サンタがゲームくれたりしましたが、1年経ってもクリアしてません。ごめんね煩悩サンタさん!


そんなわけで今年は自分で自分にクリスマスプレゼントを買うことにしました。まったく意識してなかったんですが、週の始めに注文したもんだからタイミングよく本日到着。


IMG_20141225_222108.jpg


この糞忙しい時期にAmazonさんはクリスマスに間に合うように届けてくれました。メール便で。

まさかメール便で送られてくるとは思ってませんでしたよ。


IMG_20141225_222126.jpg

SSDが!


そう、唐突にSSDを買ったんですよ。買ったのはいいんですが、まさかメール便とは。そりゃHDDじゃないから多少雑な扱いでも大丈夫なんでしょうが一応「精密機器」に分類されてもいい代物じゃないんですかねぇ。

これ2万3千円もするのになぁ、メール便なぁ。

クリスマスに間に合わせるには仕方が無かったんだということにしておきましょう。




買ったのはcrucial製のCT512MX100SSD1です。MX100シリーズの512GBタイプですね。



SSDが世に出回り始めて早いものでもう何年でしょうか。ずっとHDDで頑張ってきたんですが、最近どうにも限界を感じ始めており、ようやっと私もSSDを導入する決意を固めました。

限界っていうのはWindowsアップデートにCドライブの容量が耐えられなくなってきており、パーティション切り直すのもハイパー面倒なのでいっそのことSSDにしてしまうという魂胆です。ついでにブラウザやらゲームやらもぶち込んでサクサク快適動作にしてやるぜー!ってことで。

このMX100ですが、Amazonのストレージランキングでも年間1位を受賞しており、価格.comの評価もなかなか。つまり安くて無難なSSDというわけです。初SSDにはもってこいですね。

GB単価は45円程。半額程で256GBもあったんですが、FF14とかその他ゲームインストール予定なのでなるべく大容量なのが欲しかったんですよ。

少なくとも今めっちゃ遊んでハマッてるFF14のロード時間が短縮されることは間違いないので、それだけでも買う価値はあるでしょう。

IMG_20141225_222228.jpg

そして開けて気付いた2.5インチ

そりゃそうだよなぁSSDだもんなぁ・・・


2,5インチベイはあったっけ無かったっけ。どうだったかなぁ。たぶん大丈夫だと思うんですがねぇ。

ともあれこれで私のPCも少しスペックアップできたでしょうか。

グラフィックボードとモニタは今年度中には新調したいですね。特にモニタ。モニタ新調するためにはグラボが必要なんですけれども。


さてこのSSDですが、今週は日曜日まで仕事でまさに師走といった具合なのでインストールやらお引越しやらは来週の月曜日になりそうですね。きっとWindowsのインストールも爆速なんだろうなぁ!!


楽しみです。



というわけで以上、クリスマスプレゼント日記でした。


コメント返信

>ゴリアテ

おお、よくぞ戻った

再びエオルゼアの地で冒険を共にしよう















クリックよろしくー

今夜も冷える

んじゃ、さいなら~