どもー、こんちゃー。



休日が過ぎ去っていきます。寂しいですねぇ。



さて、今年が始まって早いもので20日ほど経過しているのですが、冬アニメをいくつか見ています。その中でも現在一番のお気に入りなのが「ゆるキャン△」です!女子高生がゆるゆるキャンプする物語のようなのですが、キャンツーをする人間としてはとりあえず見るだけ見ておこうと思って見てみたのです。そしたら、何だか想像以上に面白かった!!




yurukyann2.png



『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2015年7月号[3]より連載中。テレビアニメ化もされている。

山梨県周辺を舞台に[4]、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と[5]、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く[6][5]。表題に含まれる白三角記号「△」は、タイトルロゴではテントを表している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E2%96%B3



最初、タイトルを見た時に「ゆるきゃんさんかっけー」って読んでしまい、ゆるキャンという人がカッコイイアニメなのかと思いましたが、どうやらテントの事だったみでいす。

漫画原作のアニメで、私も1度くらいは本屋で見かけた事がある気がします。



まぁ、女の子がゆるっとキャンプするだけだろうという軽い気持ちで見始めたのですが、原作のおかげなのか、アニメの演出力なのか分かりませんが想像以上にちゃんとキャンプしてました!!





これは放送前のティザームービーですが、冒頭の数十秒だけでうおー!キャンプしてるじゃん!ってなります。

登場するキャンプ道具の数々が見覚えのあるもの、もしくは自宅にあるものなのでなかなか盛り上がりますよね!そして、設営シーンがやたらリアルだったり、背景が綺麗だったりと、なかなか取材が徹底されてるアニメだとも思いました。舞台が富士山周辺ということで、あそこら辺はキャンプ場も多いので面白そうですよね。


そんな感じで毎週ゆるゆる見ていたのですが、なんと第2話で凄い見覚えのあるキャンプ場が登場。



ふもとっぱらじゃねぇか!!





富士山 御来光 ふもとっぱら バイク


まさか富士山キャンツーで行った先がアニメになって出てくるとは思いませんでした。ここ有名ですからねぇ。


私が行った時も春先だったので、アニメ同様にキャンプしている人がまばらでとてもいい景色だったことを覚えています。また行きたいなぁ。

あと、劇中でリンちゃんが仰ってましたが冬キャンプはやはりいいものです。アニメ見ながら「分かるわーすげぇ良く分かるわー」って感じに頷いてました。虫がいないっていうのはいいよね。



ただ、ゆるキャンを見て早速キャンプ道具を揃えてキャンプに行こうとしている方々には1つご忠告を。冬キャンプはマジで寒いので準備を怠らないようにしましょう。ほんと、寒いです。私が寒がりなのもありますが、マジで寒いです。夜テントで寝るのはぽかぽかで余裕なんですが、日の出前後にテントから出て朝食準備や撤収準備してると耐え難い寒さですね。



しかし、わたしもゆるキャンを見て久しぶりにキャンプに行きたくなりました。

これは今年度中に1回くらいは行っておきたいですねぇ。





yurukyan.jpg

というわけで「ゆるキャン△」、キャンプをしている方はもちろん、興味はあるけどやったことがないという方にもオススメのアニメです。これぞキャンプの醍醐味という部分を既に放送されているたった3話で詰め込んできています。特にリンちゃんの台詞にはいちいち同意しまくってしまうあたり、原作者のあfろ先生もキャンプ大好きなんだなぁって思いました。


アニメが素晴らしいので、あとで原作の漫画も買いに行こうと思います!




以上














クリックよろしくー

キャンプしよう!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今週も寒いです。

気付けば今年も残すところ2週間ちょいとなったわけですが、皆様はいかがお過ごしでしょうか。私はここにきて仕事内容が一時的に変化しているので、その影響で久しぶりにストレスがかかる環境です。

会社に行きたくないなんて思ったのは久しぶりだなぁ。



それはさておき、年末になって冬アニメの情報が出てきました。相変わらず今期のアニメは何も見てないんですが、来期になったら配信とかで一気に見ると思います。波に乗れないのが惜しいところですが、一気に見るのが楽なんです。ライブ感が無いといえばそうなんですけども。


そんな中、来期アニメの中でこれだけは確実に毎週見ると言えるアニメ筆頭の「オーバーロード2」の新しいキービジュアルとPVが発表されていたのでご紹介しましょう。



ol2kv.jpg


まずは新キービジュアル


すごい、きっと真ん中のトカゲが主人公で壮大な冒険を繰り広げるファンタジーアニメが始まるに違いない!!

正直、原作既読組としては原作4巻をどのようにアニメで表現するのか楽しみで仕方がありません。2期最大の見所と言ってもいいかもしれませんね。手腕が問われる部分です。

非常に面白く仕上がっていた4巻なのですが、果たして「オーバーロード」のアニメとして1期に続き視聴者を引き込むことが出来るのか、構成が気になりますねぇ。








そして、そんな素敵なトカゲファンタジー冒頭のPVも上がっています。

完全にトカゲアニメだこれ。




ちなみに、少し期待していた「実は2クールなんじゃね?」って部分はブルーレイの発売予定情報で見事に潰えたので、予定通り原作6巻の王国編下までやって終わりでしょう。原作でもかなり面白かった部分ですから、アニメとしてどのように映像表現されるのか今から楽しみです!!

あと20日待てば放送、これでとりあえず年明けは生きていく楽しみが出来そうです。




以上!












クリックよろしくー

早く見たい

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


グラブルの古戦場が始まっているせいで何かと忙しい1週間になっております。


今日はインターバルですが、明日からの本選に向けての肉集めだったり、キャラのレベリングだったり、戦果の処理だったりと大忙しです。




そんな中、暗雲立ち込める古戦場の最中嬉しいニュースが!!











アニメ「オーバーロード2」の公式サイトが更新され、ティザーPVも解禁となり、先行カットが公開されました!

2期は恐らく原作6巻まで進むのではないかと予想していましたが、PVを見る限りは予想通りといったところでしょうか。



TwitterのPV抜き出し画像4枚のうち、主人公陣営が1人も映ってないのにこれだけリツイートされているのには笑ってしまいました。PVも公開から1日経たずに数十万再生されているようで、期待の高さが反映されているようですね。心なしか、アニメの質も1期より高い気がします。きっと予算いっぱい取れたんですね!



さて、このアニメ2期公式ティザーPVですが、原作既読組の私でも気になる点がいくつもあります。


WS006219.jpg
WS006221.jpg
WS006225.jpg

とりあえず気になる人物3人です。


4巻~6巻となると、読んだのも2年近く前になりますからだいぶ話が頭から飛んでいます。それでも「こんな奴いたっけ???」ってなるのがこの3人。本当に思い出せんなぁ・・・


おそらく原作の中に出てくる”幕間”でしか登場しないような人物だと思うのですが、それでも3人目の剣をすごいぶん投げてる人はマジで誰だっけなぁ・・・?ってことで気になったんで色々と調べたらどうやら劇場版に出てきたお方のようです。書籍版にはちょっとくらい記載あったかなぁ?書籍では登場はするもののビジュアルが描かれていないキャラクターも多く登場するので、改めてこうしてアニメになるとさっぱり誰だか分からなくなりますね。



うーん、何度も見返してみるとドラマCDに出てきたやつもいるっぽいですし、何だかかなり楽しめそうな予感がします!


アニメが始まる前に該当部分の原作を全部読み直してみるのも楽しいかもしれませんね!!



あと2ヶ月ちょいで始まるオーバーロード2、楽しみです!















クリックよろしくー

早く来年になれ!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


三連休初日ということで気合を入れて遊びに取り組んでいたのですが、夜に布団で漫画を読んでいたらそのまま寝てしまってちょっと損した気分です。


さて、今日は朝っぱらから映画館に行ってプリキュアの映画を見てきましたよ!



eigakirapuri.jpg


「映画キラキラ☆プリキュアアラモード パリッと!想い出のミルフィーユ!」

先週から公開が始まっており、一週間遅れで見てきたわけですね。

実のところ、キラキラプリキュアはテレビ放映の視聴が全く追いついておらず見にいくかどうか悩んでいました。でも、映画の話の内容がキュアパルフェことシエルの過去に繋がる話だということだったので、せっかくだからやはり劇場で見なければと思い立ち映画館へ足を運んだわけです。一応、キュアパルフェが仲間になるところまでは見ていますからね!



今回の映画の内容は、例年のプリキュア映画に比べると少し新しい試みが盛り込まれていて、話の内容や温度なんかも違って見えて新鮮でした。内容自体はやっぱりテレビ版が追いついてなくとも、キュアパルフェが仲間になるところまで見てけば全く問題ありませんでしたね。たぶん新しい必殺技のネタバレがあったくらいで、他には本筋に関わる重要な部分は無かったと思います。




今回の映画の舞台はパリということで、ハートキャッチプリキュアの時もおフランスでバトルしてましたね。どうやら、フランスという国はプリキュアの舞台として恵まれているみたいです。

劇中では、やっぱり劇場クオリティでいつも以上にぐりぐり動き回って戦っていたので大変満足度が高かったです!しかも、緩急の付け方が上手くてカッコイイプリキュアと可愛いプリキュアのどちらも見れてお得感がありましたね!また、作品の風味なのか、今回の劇場版が特別にそうなのかは分かりませんが、いつも以上にギャグを入れ込んでいたと思います。かなり面白かったし、分かりやすかったので小さい子も楽しめたんじゃないかと。また、ネタバレは書けないので伏せますが個人的に嬉しい演出もあったりして、映画全編に渡って楽しめました!





映画 キラキラプリキュアアラモード パリッと!思い出のミルフィーユ!

帰りはしっかりパンフレットを買って帰宅。

いやぁ、キラキラプリキュア面白いですね。やっぱり働き出すとプリキュアは楽しい。なんということでしょう。


まだ映画を見にいってない人にはオススメできる内容になっておりますので、この3連休に是非!




以上













クリックよろしくー

よーしプリキュア見よう

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



どうもここ数日眠いのでブログ更新をサボったりゲームにログインしなかったりと調整しています。

たまには休憩も必要なのです。


しかし、何だかボーッとしたり普段やっていることが手に付かなかったのはひとえに「メイドインアビス」を見てしまったからだと思っております。






メイドインアビス

「メイドインアビス」


今年の7月~9月まで放送されていた、いわゆる2017年夏アニメに該当する作品です。ここ最近の私は期が終わってから録画していたものや配信されているものを一気に見るという視聴スタイルなので、放送中はまったく情報を入れてませんでした。しかし、やっぱり放送前から気になっていたタイトルだけあって見る前は非常にワクワクしていましたね。

見始めはグラブル周回のお供にと思って見ていたのですが、最終的にはのめりこんでしまい全てを放り出して見ておりました。





メイドインアビスは漫画原作の作品です。主人公達はアビスと呼ばれる大きな穴に挑み、穴の謎に触れたり、穴に住む危険な生物と戦ったりしながら、穴の底を目指して進んでいく冒険ファンタジーな物語が広がっています。キャラクターも可愛らしく、世界観も非常に独特で今までに見たことのないような大変興味をそそる世界が広がっています。

私がこの作品をしったのは何年前だったでしょうか、本屋で漫画を探していた時に目にしたのが最初でしたね。その時、その可愛らしい表紙に心惹かれて本を手に取るところまではいったのですが、結局買わずに帰ってしまいました。いま思い返してみると、あの時本を取らずにアニメから入ったのは正解だったのかもしれません。そう思わせるだけの魅力がこのアニメには詰まっていました。アニメを見た上で原作の漫画に手を出すというのが正解と言える作品の1つかもしれません。




メイドインアビス


さてさて、ここからはこの作品がいかに素晴らしく、私の心を鷲掴みにしたのかを語っていきましょう。



物語

まずは作品の主軸とも言える物語そものについて。これは原作の素晴らしさが光るところなんですが、アニメ化されたのは原作漫画のうちの半分くらいです。アニメ1クール分という、長いようで短い限られた期間の中でどれだけ視聴者を取り込めるかがアニメにおいては鍵だと思うのですが、冒頭と終盤ではかなり物語性に差があるというか、違う味付けになっているというか、とにかく飽きの来ない展開になっています。

冒頭部分の「これから物語が始まるぞ」という、見ている我々をワクワクさせてくれる雰囲気は大変良いもので物語に引き込む説得力と魅力があります。舞台であるアビスの謎や、アビスにまつわる歴史や人の営みなど、細かい部分で注釈が入るのでどんどん世界に引き込まれていきます。

そして中盤、終盤にかけて深まる謎と解明される謎、主人公達を襲う苦難や冒険の数々は序盤とは違う刺激的な楽しさになっており、より一層世界を深く知ることが出来ます。物語において視聴者、読者というのは主人公達と共に世界の謎へ迫れる唯一の存在です。そのため、主人公と共に物語の世界をもっと知りたい、探りたいと思わせてくれる作品は大変貴重です。更には、主人公達と探検してワクワク感に満ち溢れてとにかく面白い、早く続きを見せてくれと思わせてくれる作品は更に貴重です。メイドインアビスは私にとって、そんな一握りの大変貴重な作品でした。

この世界観、舞台設定、最高にワクワクします!




映像

そして私が今回メイドインアビスを知ったのはアニメです。つまり動画なわけで、漫画の静止画とは違った見せ方が出来るコンテンツです。動画である点やフルカラーである点を最大限に活かした絵作り、そして原作を超えんばかりの原作再現がこのアニメには散りばめられているように感じました。

アニメ製作には原作者のつくしあきひと先生も深く関わってらっしゃるようですが、アニメ全体からスタッフの拘りみたいなものがヒシヒシと感じられるアニメは見ていて非常に面白いです。このメイドインアビスも随所からその拘りを感じ取ることが出来て、原作の壮大な世界観を余すことなく映像に落とし込んでいるのではないかと思わせる素敵な絵で満ちています。動き回るキャラクター達はもちろん可愛らしいのですが、背景やキャラクター以外の描写もとても綺麗でより物語への没入感を高めてくれるのです。面白い話に素敵な絵が加わるとこれほどまでに素晴らしいものになるのかと思わせてくれます。




音楽

そして漫画では決して成し得ない、いわば上位互換とも呼べる部分が映像に付随する音楽です。これがあってやっとアニメになるわけですが、メイドインアビスはとにかくBGMが素晴らしいです。私は普段アニメを見るうえで、あまりBGMは意識していません。ノリが良かったり、特徴的なBGMやメインテーマなんかは耳に残ることもありますが、それでも「いい音楽だな」止まりです。ところがメイドインアビスのBGMは思わずスタッフロールを凝視してしまう程に素晴らしいものです。なんというか、世界観とこれほどマッチした曲があるものなのかと感じさせてくれる、そんなBGMでした。

様々なシーンがありましたが、BGMが付くことによってそのシーンの面白さや感動が何倍にもなっているのです。これがアニメです。これがアニメに求められるものなのです。


原作無視のアニメオリジナルで叩かれるアニメはしょっちゅう見ますし、逆に原作完全再現で面白みの欠片もないアニメもあります。

そんな中、このメイドインアビスは「アニメで原作を再現する意味」を教えてくれるようなアニメです。アニメでしか出来ないことをして、原作漫画の良さをさらに引き立てています。これぞメディアミックス。




とにもかくにも、このアニメ化されたメイドインアビスを見て私はとてつもない衝撃を受けたのでした。





メイドインアビス

というわけで、いろいろと小難しくこねくりまわしてきましたが早い話がメイドインアビスは私に合うのです。
アニメを見ていると、なんというか節々に原作者つくしあきひと先生の性癖みたいなものを感じます。だから、先生とベストマッチする人にはこの作品はベストマッチするんじゃないかなって思いました。


あとは、漫画家としては珍しく顔出しインタビュー記事なんてのもあったので読んでみましたが、いろいろと面白い考えをお持ちの方のようで、ますます作品が好きになってしまいました。個人的にはインタビュー中の「ワクワクする自殺」というワードがかなりハマってるので、私も悔いが残らぬように精一杯生きなきゃなぁ!って思わせてくれる、人生の先輩的な一面もあったりで、この作品との出会いは非常に重要なものになりました。




まとめると、キャラは可愛いし、世界観は素敵だし、物語は面白いしで私には最高に合う作品です。



これはもう、いろいろと買うしかないっ・・・!



アニメを見終えてから2日、なんだか心にぽっかりと穴が空いたような気分なので今日から2周目に入ろうと思います。




以上
















クリックよろしくー

んなぁ・・・

んじゃ、さいなら~