どもー、こんちゃー。



本日から4日間のゴールデンウィーク休暇に入りました。すくねぇ・・・


しかし、初日は在宅勤務。どうせ家におるやろ?ってことで仕事を渡されてしまいました。テレワークとは厳密には定義が違うのでしょうか、特に会社と通信したりとかは無くひたすら家で作業ってだけだったのでVtuberのアーカイブを垂れ流しつつ、片手間でグラブルやったりとなかなかに快適な仕事環境となりました。やっぱこのくらいが仕事しやすいです。


それはそれとして、どうにも真面目に5日間働いてしまったため参勤交代とはなんだったのか・・・?という状態なんですが、久しぶりの残業過多でストレスが胃に来てしまい若干逆流性胃腸炎気味。1日経っても治らないので胃薬飲みましたが、どうにも胃から食堂にかけてムカムカしてしまってよくないですね。やはり労働は悪です。


そんな不健康体、平日は疲れ切っていて出来なかったのですが休日くらい遊んでやろうってことでリングフィットアドベンチャーをやりました!!



リングフィットアドベンチャー

画像が買ったときの使いまわしですいません。これしかないんです。


最後に遊んだのが1週間前ということですっかり体がなまってしまいました。こういうのは毎日やるのがいいんですが、仕事がある日はどんなに早くても遊べるのが夜の10時とかなので流石にやる気が削がれます。既に交代勤務という概念は消失しているので、会社には素直に通常勤務に戻してほしいですねぇ。このコロナ騒動、建前もちゃんと守らないと意味がないので守れないなら背水の陣で挑むべきです。



ともあれ、1週間ぶりに運動して気持ちはリフレッシュしましたが胃のむかつきは治まらず。消化にいいもの食べてしっかり寝ましょう。


30歳が目前に迫ってきて、今年に入ってから体の節々が弛んできたと自覚しております。痩せ型の体系なので今まで気にしてもいなかったのですが、気付けばお腹周り、顎周りがなんとなく弛んできた・・・贅肉がついてきたような感じです。今までのシャープさがなくなって角が取れたという表現がいいかもしれませんね。これはいかんということで、日々の運動不足解消、健康体維持、強い肉体を作るためにもリングフィットアドベンチャーはなるべく継続して遊んでいこうと思います。

普段から極度の猫背でもあるので、そこら辺も運動で改善できたらいいなぁとか思っていたり。



リングフィットアドベンチャーはよく出来ていて、運動しすぎにならないように休憩を勧めてくれたりアドバイスをくれます。運動のしすぎで体調を崩したのが今年の2月末、同じことにならないように適度な運動を心がけてフィットネスしていきます!



というわけで仕事は全部終わらせたので残り3日、ゲームしたり運動したり楽しんでまいります。


以上!













クリックよろしくー

今夜はぽんぽこ24を見るぞー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


10日ぶりくらいの更新です。

日曜日に気合入れて記事を書いてたのですが、何だか筆が乗らずにボツになりました。気が向いたら続きを書きます。


そんなわけで、今日は普通の日記なんですが平日の昼間から更新しているのにはワケがありまして・・・



sankinkoutai.jpg

参勤交代が始まりました。もとい、三勤交代です。


これはつまりどういうことかというと、3日出勤して3日休むという大変厳しい勤務形態になったということなのです。私の会社は通常、5日出勤2日休みで1週間をループさせているのですが、この場合は6日ループで半分働き半分休むという感じですね。

なんでこんな事になっているかというと、昨今流行のテレワークを導入したためです。とは言いつつも、私の働いている会社は工場です。ほぼ全部門でテレワーク不可能な仕事があるので、社内の人員を複数に分けた上で3日交代で出勤させることにより、極力人との接触を減らすのが目的だそうです。また、万が一コロナ感染者が発生した場合でも完全に分離しているため、残っている人員で会社を回すことができるという狙いもあります。会社としては当然のリスク回避策と言える内容ですね。


ところがどっこい、我々労働者にとっては一概に良い策とも言えないのです。


まず、1日あたりの勤務時間が8時間から11時間に伸びます。しかし、3日間休みがあるため残業している風に見えて実は残業じゃない。普段から超過残業にて仕事を処理している部門としては、これに加えて働く必要が出てくるのです。また、休日は出勤禁止命令が出ているため出勤日の3日間ですべての仕事をこなさなくてはなりません。すると、1日の労働時間は11時間どころでは済まなくなります。

するとどうなるかというと、1日あたりの労働時間が伸びることにより健康を脅かされるリスクが格段に跳ね上がるのです。当然、長時間労働により免疫力は下がりますからコロナじゃなくても風邪をひいたりすることが増えてきます。こんな状態ならば、通常勤務の方がむしろ健康的なのではないか?というのが持論です。





とりあえずやってみよう!理論により、私は本日から休みに入り、休み明けから地獄の3連勤が始まります。ここら辺、どうなるか分かりませんがこの勤務形態は緊急事態宣言明けまで続くと明言されています。土日も関係なく、ゴールデンウィークも関係なく、ひらすら3日働いて3日休むを繰り返していくわけですが、おそらく緊急事態宣言は延長される見通しなので5月いっぱいくらいはこんな感じかもしれませんねぇ・・・

まったくどうして、世の中はテレワークでIT革命だなんだと言われておりますが、現場仕事にも導入すると地獄が待っていることが分かりました。困ったものだ。

試しに、1か月間でどれくらい働かなければならないか計算してみましょうか。


通常勤務
1ヶ月の労働日数22日間×8時間=176時間+1ヶ月の残業60時間=236時間労働
1ヶ月の休日8日間

まず、これが私の平均的な1ヶ月の労働時間です。
残念ながら納期調整とかそういった頭の良いことはおこなわれていないので、この236時間をもって仕事が完了する基準とします。あと休みの日数は参考値です。





参勤交代
1ヶ月の労働日数15日×11時間=165時間
236時間-165時間=71時間/労働日数15日=1日の追加残業時間4.7時間
仕事を完了させるために必要な1日あたりの労働時間:15.7時間






aimaimi.jpg



計算すると想像していたよりも辛かったです。

1日16時間労働+休憩1時間ですから、6時出勤23時退勤くらいのペースで3日間過ごさなけらばいけないようです。もうやだよう・・・


こんだけ働くと、たとえ3日間の休みを与えられていても心身の疲労回復に最低でも丸1日取られるのでやっぱり損しかしない勤務体系です。流石にここまでして会社に貢献するほどお賃金貰ってないので、そこそこのところでやめておきます。幸いにして、4月から新しい業務を出来るはずが結局ズルズルと前期の業務が続いてたところにこれですからモチベもだだ下がりです。私は休日を楽しむぞ!!


そんなわけで、不定期更新だったブログはますます不定期になりそうで、世は混迷を極めてきたといったところで本日のお仕事愚痴日記は終了いたします。













クリックよろしくー

あああ働きたくない

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



いよいよ今年度も終わりに近づいてきました。

2019年度、あっという間でしたがこの1年は忙しくも薄かったなと感じております。どのくらい忙しかったかというと、残業代で稼ぎまくって私の年収は順調に右肩上がりになるくらいに忙しかったですね。基本給上がってないのが悲しいところです。


さて、今日はそんな仕事のお話日記になります。



この2019年度を振り返ると、2018年度の仕事から地続きで仕事量が1.5倍になり、めっちゃ忙しいんだけどやってる事は大して変わり映えがしないため「薄かった」という印象だけが残りました。2018年度の満足感や達成感、そして成長率と比較すると目も当てられないレベルです。残ったのは疲労感と多少の貯金くらいなものです。

この状態で2020年度の仕事量は更に2倍になる予定。つまり1.5倍の2倍なので2018年度比3倍の仕事量です。


頑張るのもつれぇところだなぁと思っていた矢先、なんと4月から私の業務内容がガラリと変わることが判明いたしました。仕事自体は変わりませんので、担当業務替えってことになります。希望を出したら秒で通ってしまったので驚いているのですが、仕事内容としては1つ上流工程に移りました。これで私の野望に更に一歩、二歩と近づくことができて大変うれしいのですがやることも盛りだくさんでかなり大変です。

2020年度は2年前同様、挑戦の年になることは間違いないでしょう。





そしてタイトルの最後の休暇というのは今週末のことです。

思いっきり遊んでリフレッシュしてやろうと思っています。



そして、来週からは元々地獄のようなスケジュールが半年先まで続いていたのですが、完全に業務替えになったことで忙しさが未知数となってしまいました。たぶん、忙しいことに変わりはないし、業務新人として覚えることもかなりあると思います。めちゃくちゃ大変だろうし、挫けそうな時も必ず来るでしょう。でも、これ以上に面白いことなんてそうそうありません。やってて面白い仕事ってのはそう巡り合えるもんじゃないですからね。私もいよいよこの業界とはズブズブで付き合っていかねばならないようです。

進めば進むほど戻れなくなる、あまりにも険しい道中、待っているものは何なんでしょう。


こういうのは最高にワクワクしますね。


どんどこ面白い仕事を開拓していきます。願わくば、それが我が人生の糧になるように。



そんなわけで、勤め人初めて9年目に突入ですが相変わらず業務内容がコロコロ変わります。今回は希望した上での変更なので尚更楽しみですが、こういう働き方は結構性に合ってるのかもしれません。飽きっぽいですからね!


というわけで、来週からは奈落の底を目指して出発です。果たして底はあるのでしょうか。


以上、定期お仕事報告日記でした。















クリックよろしくー

終末は楽しむぞー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日は祝日、本来なら朝から仕事に行くところだったのですが何だか昨夜から喉の調子が悪く、朝起きたらめっちゃ喉が腫れていたため本日はお休みとなりました。

そんなわけで久しぶりに風邪っぴきです。


そんなに風邪になるタイプじゃなかったので、そうなってくると怪しいのはやっぱりワンフェスですよね。参加してからちょうど2週間、そろそろ症状が出始める頃なんじゃないでしょうか。ともあれ、実際そうだったとして自らの免疫力で治すしかないので今日は気合入れて休養しとりました。





たまたま家にあった銀のベンザブロックを飲んで、栄養のあるものを食べ、よく休む。

精神的健康状態も高くするため、Youtubeで好きな動画を見たりして過ごしていたのですが、ベンザブロックの作用によって猛烈な眠気に我慢できずに、結局寝たり起きたりな1日となりました。


現在は普段廊下で稼働している加湿器を室内に引き込んで、ついでにFF14でPC排熱で部屋の温度高め+高湿度の状態を保っています。また、15分に1回は水分を取って喉を潤し、先ほどリポDをキメて確実に快方へ向かっている感じがします。今日ももう少しゲームを遊んでいたい気分でしたが、こういう時は早く寝るに限るのでそろそろ寝てしっかりと体を休めようと思います!






というわけで半分風邪で結果的に3連休になったこの週末、風邪をさっさと治して元気にいきたいもんですね。


以上、風邪日記でした。














クリックよろしくー

寝るぞー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



ワンフェス明けの本日、たっぷり10時間睡眠をとりつつ全身筋肉痛に苛まされております。ああ、行ってきたんだなぁという実感に包まれつつ本日は有給を取得し優雅な休息を送っております。


さて、今日は特に更新するつもりも無かったんですが1日グラブルを流しながら風呂に入ってたらふと思いついたことがあったので殴り書きしていこうと思います。こういうの大切!


今日のお題は「人類はみんな渾身型」という説についての解説と、渾身維持のために何をすればいいのかをまとめていこうと思います。


渾身

グラブルには渾身というスキルがあります。

これはHPが高ければ高いほど攻撃力が上がるという効果を持っています。つまり、HPが最大のとき効果量が最大になり、ダメージを受けてHPが下がってくると効果が薄まってきます。



私は仕事や趣味など、日々の生活を送る中で行動回数に着目し、どれだけ体力を伸ばすかに苦心していました。理想は、HPが減った状態でも動けるようする、もしくはHPそのものを増やすといった考え方です。半分背水の陣狙いですね。


しかしどうでしょう、考えてみるとHPが高ければ高いほど攻撃力が増す、つまり元気な時ほど高パフォーマンスというのは当たり前の話で、つまり人類みんな渾身型なのでは?と風呂に浸かりながら気付いてしまったのです。そうだったのか、背水の陣なんていらなかったんだ・・・!



というわけで、どう考えても渾身型の我々人類がこの先生きのこるためにはどうしたらいいか、考えていきます。





・体力そのものを増やす

これはいい、実にいい。

今までも実践しようとして失敗し続けてきたことで苦戦しています。しかし、体力を伸ばすこと自体は限りなく正解に近いです。
何故ならば割合ダメージを受けない限り、体力が伸びれば伸びるほど渾身維持が用意になってくるからです。また、体力に関しては最近になって筋力=体力なのでは説を提唱しているところなのでそろそろ実践に移そうかと考えています。



・防御力を上げる

この考え方にはなかなか辿り着きませんでした。
日々、主に仕事からダメージを受けるわけですが防御力を上げればやはり1回あたりのダメージが減り渾身維持が容易になります。
ダメージというのは精神的ダメージであったり、肉体的ダメージであったり。肉体的ダメージに対する防御力を上げるというのは現実世界で考えると結構無茶なこと言ってるなぁって感じがしますが、精神的ダメージに対する防御力なら訓練によって鍛えられます。幸い、精神ダメージには事欠かない会社なので現状そこそこの防御力はありそうです。しかし、環境型精神持続ダメージに対する耐性はまだまだ低く、この部分は非常に長い鍛錬が必要になりそうです。ここは鍛えるより、回避に徹したほうが利口かもしれません。



・複数のHP回復手段を用意する

HPが減り、渾身による攻撃力アップが薄れてきた。

そうなったら当然の手段としてHPを回復させます。ここで器用に背水型へ切り替えられるほど出来た人間ではないので、素直にHPを回復させましょう。これに関しては明確な答えが出ています。

・十分な睡眠をとる
・栄養バランスの良い食事をとる

たったこれだけです。これで人間の体力はモリモリ回復するように出来ています。

ただ、前述した環境型精神持続ダメージが肉体へ及ぼす影響は近年計り知れないものになっており、このスリップダメージもしくはデバフに近いものを回復させるためには長期休養が必要になります。




渾身維持への道は並大抵の努力では到達できません。

世の火力高めな人たちはうまいこと渾身維持をして生活しているのでしょう。または、背水全開状態で戦っています。ただ、後者の場合早くに亡くなっている方も多く見受けられます。まずは強い人がどんな生活を送っているのか、そのあたりを覗きつつ、真似できるところから真似していこうと思います。



以上、休日の思いつき日記でした。















クリックよろしくー

まずは体力かなぁ

んじゃ、さいなら~