どもー、こんちゃー。


今日から新年度です!


私は初日から朝礼をすっぽかしたりしましたが元気にやっております。ただ、土日はバイクに乗っていたこともあり体力が戻りきってない感があるので、初日から回復重視で今週を攻めていこうと思います。


さて!



IMG_20180401_094701.jpg

昨日はZX-6Rに乗って大笹牧場に行ってまいりました。メンバーはいつも通りです。

実は、こんなに峠を攻めそうなバイクに乗っているにも関わらず峠と呼べそうな場所に行くのは今回が初めてです。だって峠って怖いじゃん・・・!


ただ、カーブを曲がる楽しみみたいなものは以前より味わえるだろうと思い、今回は少しワクワクしながら牧場目指してレッツ登山です。




WS006889.jpg

途中、最後続のくろけし君がカメラで撮影してくれていたので映像として見てみたんですがそんなに倒してませんねぇ。

前方が詰まってて速度が出てないっていうのもありますが、そんなにガチガチに攻める峠でも無いのでこんなところでしょうかねぇ。タイヤの端まで使ってみたいという気持ちはありつつも、これ以上頑張るならサーキットに遊びに行ったほうがはるかに健全かつ安全な気がしますね。

とりあえずゆるっと峠道を楽しんで牧場到着。



IMG_20180401_102559.jpg

この日は晴れていて気温もちょうど良く、絶好のツーリング日和でしたね。


高原地帯っていうのは天気が変わりやすく、場合によっては霧による視界不良でロクに走れないこともありますし、なにより高度が上がって冷えることが多々あります。でもこの日は終始快晴、麓から頂上までちょうどいい気温で走りやすかったですね~。素晴らしかったですよ!



IMG_20180401_112938.jpg


帰り道に噂の秘湯に寄ってこの日のツーリングは終了!



朝早く出発して、午後すぐに解散の往復200km未満ツーリングというのは実に快適で満足感も高いのでいいですね。ただ、どうにも体力が追いついてないせいか毎度ツーリングから帰ってくるとすぐ寝てしまうのは何とかしたいです。せっかくの休日がもったいないじゃないですか。


だんだんバイクに乗るには適した日が増えてきました。

これが夏になるとまた乗りにくくなっちゃうので、その前にたっぷりツーリングを楽しもうと思います。



以上!














クリックよろしくー

次はどこへ行こうか

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


週の後半から体力が底を尽きておりなかなかブログを更新できませんでした。グラブルも出来ませんでした><


3月も今日で終わり、明日から4月になってしまいます。早いもんですね~。




素晴らしい天気のこの土日、今朝は軽くグラブったあとZX-6Rちゃんを磨くことにしました!!

いつも通りバリアスコートで汚れを落としていくわけですが、2週間車庫の中に置いといたとはいえかなり花粉が付着しておりました。穴あき車庫じゃ駄目だったか。





ZX-6R エキパイ

そして納車から半年が経過したので、そろそろエキパイを磨くことに。アンダーカウルをはずしてみたのですが、ご覧の通りうっすら茶色に錆びています。地面の水分やゴミを受けやすい部分ですし、熱も持ちますからそりゃあ錆びますよね。


今回エキパイを磨こうと思ったのは、単純に錆びていたのもありますが死蔵していたメタコンを使うためでもあります。あんまり磨くところ無かったんで全然減らないんですよね。





ZX-6R エキパイ

というわけで、試しに手前の1本を軽く擦ってみると・・・・これはイケるぞっ!!

薄茶色の表面の錆は軽く擦っただけで簡単に取れます。深い点錆はなかなか取れませんが、それでも薄くなるのでガンガン磨いていくことにしました。



ZX-6R エキパイ

ちなみにエンジン根元はかなり大きな茶色い錆が目立っておりまして、サイドカウルも外すの面倒なので下とこの隙間から頑張って磨いてあげて・・・




ZX-6R エキパイ

とりあえずパッと見いい感じになるまでは錆が取れたかと思います。

今回メタコンだけで磨いたのですが、こういう大きな錆はペーパーやすりの少し粗目のもので一気に落としてあげたほうが良かったかもしれませんねぇ。次回磨くときにはそうしてみようと思います。メタコンはどちらかといえば仕上げの方ですからね。



ZX-6R エキパイ

そんなわけで、1時間ほどメタコンで磨き続けてそれなりの輝きを取り戻しました!

さすがに鏡面仕上げのようにはいきませんが、みすぼらしい色をしていたエキパイが輝きを取り戻せたと思います。満足!






ZX-6R エキパイ 磨く

まぁ、フルカウル車なのでぶっちゃけエキパイ全然見えないんですけどね!

ちらりと見えるエキパイが綺麗だとなんか素敵じゃないですか。これがバイクのチラリズムです。



ZX-6R


そして気付けば午前中が終了。


バリアスコート、メタコン、シェイクワックス
のフルコースでZX-6Rちゃんピカピカになりました!!



ZX-6R

今回もヌルッとするまで頑張りましたよ!


Raiderさんは元の塗装が最高級なこともあって簡単にヌルテカに出来たのですが、ZX-6Rちゃんはなかなかここまで輝かせるのが難しいですね。もっと磨きテクを上げていこうと思います。


というわけで、今回もワコーズの力を借りてバイクをピカピカにすることが出来ました。ありがとうワコーズ!




バイクも気分も晴れやかになった土曜日午前中でした。


















クリックよろしくー

午後はちょろっと乗ってこようかな

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は久しぶりにまともなツーリングに行ってまいりました。


まともなっていうのは、なんかこういい感じに適度な距離へ走りに行くことです。今年になって初めてなんじゃないかな?




ZX-6R Tiger800

旅のお供はTiger800のゴリアテ君

行き先は大洗



うちからだと最高にちょうどいいツーリング先の1つです。



走ること自体久しぶりでしたし、寒い時期はまともに走ってなかったのもあって行きはいつも通り楽しくお喋りしながら走りました。大洗には何度も何度も行ってますが、その度にルートを変えて新発見の道を探しています。

今日も高速道路の下を通って交わる河川敷沿いの道という素敵な道路を見つけて楽しく走ることが出来ました。



で、行き先はいつものところ。



ほりぞえ食堂

ほりぞえ食堂です。

2時間半かけてまったり走って到着ですよ!



今日は晴天でしたし、走ると気温と装備の具合がベストマッチでちょうど良い体感温度。最高に気持ちいい1日でした。



IMG_20180303_123055.jpg

ちなみに今回は特大鰤かま定食を注文

やはりここの定食はどれも美味しいですね!!



で、食ったら即帰宅。高速道路を使って1時間です。いやぁ、これが最高に楽なんですよね。ほんといいですね、大洗。





ほりぞえ食堂はひたちなか市なんですけどね。




そう、大洗に行こうと言ってほりぞえ食堂でご飯を食べ、大洗町を綺麗に迂回して帰宅してまいました。行き先を大洗と言っておきながら、大洗に一切寄らずに帰る素敵なツーリング。うん、また今度寄ろう。


というわけで、ほりぞえ食堂まで昼食を食べに行くだけという贅沢ツーリングなのでした。




また行こう!













クリックよろしくー

明日もいい天気~

んじゃ、さいなら~
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



さてさて、納車されてから半年が経とうとしているZX-6R。


つい2ヶ月ほど前にやっとスマホホルダーを取り付けるというやる気の無さを見せているところですが、納車されてから今まで一切手を付けてこなかったパーツに遂に着手いたしました。


それがUSB給電装置、通称「USB電源」です。


ナビを他人任せにし、1人の時は遠くに行かず、そもそも寒いからあんまり乗らなかった結果半年間もUSB電源無しで過ごしたZX-6Rさん。GROM号ですら買って速攻取り付けた昨今のバイクの神器の1つだというのに、まったくやる気が出なかったのです。取り付け自体は簡単なんですけどね・・・


というわけで気合を入れて取り付けてまいります。



ZX-6R USB電源

今回取り付ける電源はコレです。Raiderにくっつけてた奴をそのまんま取り外したデイトナの電源ですね。





USB1口、シガーソケット1口になっています。

これにギボシ端子セットを噛ませてミニ平型ヒューズを使ってヒューズから電源を取る方式を採用しました。ヒューズかませてあれば何かあってもヒューズが飛ぶだけで済むだろうというガバガバ思想のもと、今回はブレーキ/メーターヒューズの7.5Aの部分から電源を取ることにしました。



ZX-6R USB電源

ZX-6Rのヒューズボックスはハンドル左のカバーを開けると現れます。ボルト3つで留まってる無垢の成形品のカバーです。

他にもヒューズがあるみたいですが、それは座席下とかにあるのかな~。サービスマニュアルなんて持ってないので分かりませんが、最近のバイクですからもしかしたらアクセサリー電源端子の1つや2つあるかもしれませんね。でもヒューズボックスから取るのがお手軽なんでこっちにしちゃいます。





ZX-6R USB電源


さて、いきなりメインシートはずしまで終わりました。

外し方はヘルメットロック付けた時の記事を参照しようと思ってたら、そもそも記事になってなかったし写真撮り忘れてたのでどうしたもんかと。「ZX-6R カウル 外し方」でググってくれるとそれっぽい記事が沢山出てきますので参考にしてください。

文字だけで説明すると・・・


1.ハンドル脇のパネルをはずす(ヒューズボックスを隠してたパネル)
2・タンクに沿って付いてるカウルを外す。ハンドル側はスライド式の爪が仕込まれているので注意。
3.メインシートをはずす。



1度やると覚えて簡単なんですけどねぇ。

サイドパネルはボルト3つで留まってるだけですが、ハンドルが干渉するのでうまいことハンドルを曲げながら取ってやります。
サイドカウルは4箇所くらいマジックテープで付いてるだけなので力任せに引っぺがします。あとは、シート下とタンク中腹の2箇所がピン留めなので、ここはまっすぐ引き抜くイメージだと簡単に抜けます。シート下がうしろのカウルと噛み合ってるのでちょっと注意が必要ですね。一番ハンドル側はスライド式の爪になってるのでスライドしてあげれば取れます。
そして最後にシートですが、左右からボルト2つで留まってます。長めの六角レンチではずしましょう。結構奥で留まっているので、ボルトを落とさないように注意です。



そんなわけでメインシートを外すまでが大変なZX-6R。バッテリーへのアクセスもなかなか時間がかかります。ちなみに、メインシートをはずす都合左右のカウルを剥がす必要があるので頑張ってください。超めんどうだよぉ・・・




ZX-6R USB電源
ZX-6R USB電源

というわけで、むき出しになればあとは付けるだけ。マイナス端子にマイナス、ヒューズは差し替え。簡単です。

あとは配線して閉じるだけなんですが、この時点で通電確認をしましょう!

全部終わってから電源が取れてなかったとか、逆に常時通電になっちゃったとかだと悲惨です。ZX-6Rはこのヒューズを使えば電源ONで通電、OFFでしっかり電力カットされてることが確認できました。やったね!!




ZX-6R USB電源

配線はこんな感じです。

フレームに沿って適当に這わせてますが、他の配線やちょうどいい穴なんかに、線を結束バンドで軽く留めてあげてます。多少なりとも固定した方がいいでしょうからね。

うまい具合に隙間を這えるので、上からカウルを被せても浮きも無くてとても簡単です!



ZX-6R USB電源

そしてせっかく右側のカウルも開いたのだからと、USB電源は右側を這わせてみました。

ちなみに、今回シガーソケットは必要なくて切断しようかと思ったのですがあれば何かと便利なのでリアシート下に仕込んでみました。




ZX-6R USB電源

こんな感じです。

リアシートは鍵1つで簡単にアクセスできますから、例えば将来電熱ジャケットを買った時なんかはここからシガソケ給電が出来るというわけです。もっとも、スーパースポーツのバッテリーでそんな事して大丈夫なのかという疑問は残りますが。

しかし、書類、ETC、シガソケで埋まってしまうシート下というのも悲しいな・・・




ZX-6R USB電源

そしてメインのUSB電源!!


まさかの結束バンド2本巻き。あまりにもダサいので、あとで黒色太目の結束バンドに取り替えようと思いますがとりあえず付きました。考え無しにつけたらハンドルが若干干渉するので、あとで位置を考えようかと思いますが、とりあえずハンドル付近から電源が取れるようになったのでこれでスマホホルダーにスマホナビセット出来るというものです。

長距離ツーリングの準備はバッチリですね!!







今回の作業にかかった時間は1時間。

部品は流用なのでヒューズ電源代のみ。お手軽でした。




あ、ちなみにヒューズボックスから電源取るともれなく蓋が閉まらなくなります。蓋を削るなどの加工が必要になってくると思いますが、私はサイドパネルを上から被せたら強制的に閉まったのでこれで良しとします。まぁ、雨は大丈夫なんじゃないかな~?若干心配ではあるので、あとでビニールテープでも巻いといてやろうかと思います。


というわけで、ZX-6RへのUSB給電装置取り付け完了です。お疲れ様でした!!














クリックよろしくー

これでどこへでも行ける!

んじゃ、さいなら~
テーマ:カスタム
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


今日もしっかり朝起きて、日中活動して、健康的な1日です!!


とりあえず、昨日立てた目標に沿って活動すれば必ず幸福な6連休になるはず・・・そう思い、今日は朝からバイクを弄ってました。



ZX-6R オイル交換


ZX-6Rの初めてのオイル交換です!


宣言通りやってやりますとも。



準備するものはいつも通りのオイル交換セットです。



今回は初回1,000km交換になりますね。中古で買ってから、自分が乗り出して1,000kmなので交換する意味あるのか分かりませんが、オイル交換っていうのは気分でやるものです。最近ちょっとシフトチェンジが渋いなぁなんて思っていたのでいい機会ですね。



ZX-6R オイル交換 オイルキャップ

早速ZX-6Rのオイルキャップをはずしてみたらビックリ。

GROMやRaiderに付いてたレベルゲージの棒が付いてないじゃないですか!!


どうやら、こういうタイプは側面の窓からオイル量を測定するみたいです。窓の方が見やすくていいですね。





ZX-6R オイル交換 ドレンボルト


ZX-6Rのオイルドレンボルトは車体中央、アンダーカウルの切れ目に配置されています。
最初はアンダーカウルをはずしたほうが作業しやすいかもと思ったんですが、思いのほかスペースがあったのでそのまま作業することにしました。ただ、ボルトを緩めるときに勢いあまってレンチがカウルに当たってしまわないようにだけ注意が必要ですね。


そして感動すべきポイントとして、ZX-6Rはドレンボルトが1つです。


くぅ~感動だ!!


Raiderみたいに3つもボルトが付いてないって素晴らしいメンテナンス性じゃないですか。ボルトを緩めるために眼鏡レンチにサンダーかける必要も無いのです。さすがスポーツ車です。






ZX-6R オイル交換

ドバ~


オイルはチョコレートっぽい濁り方をしていたので交換して良かったです。窓から覗いたときはまだ透明感があったんですが、底のほうに沈殿物でも貯まってたんでしょうか。

なにはともあれ、これでシフトチェンジが多少はマシになるはずです。




オイルを抜いている間に新しいオイルの準備をしましょう。



ZX-6R オイル交換 オイル量

ZX-6Rはオイルフィルターを交換しない場合、2.8Lのオイルを交換します。少なくていいですね!

3Lジョッキでかなり適当ですがこんなもんでしょう。

ちなみに、今回使用するオイルはいつも使っているコレ






安くていいですよね。お気に入りです。


確か、Raiderのオイル交換の時に使った残りなので開封してから1年くらい経過しています。でも缶は密閉されてたし、そこまで酸化しないだろうと気にせず注入。今回少し足りなかったので追加購入したのですが、オイルの色がちょっと違う気もしましたが誤差みたいなもんです。

肝心なのはオイルではなく、「オイルを交換した」という事実だけです。





ZX-6R オイル交換 オイルレベルゲージ

最後にオイルレベルゲージを確認して終わり!


のんびりやって40分くらいで終わったのでお手軽ですね。


今年の汚れは今年のうちに!オイル交換完了です!











続いて、スマホホルダーの取り付けもおこないます。

スマホホルダー自体は持っているので、厳密にはクランプバーの取り付けですね。



デイトナ クランプバー ZX-6R



ZX-6R界隈では有名なデイトナのタンクマウントなタイプのクランプバーを買いました。

ハンドルマウントでも良かったんですが、結局のところ安定性という面でこの商品以上のものも無く、スタイルが崩れるのであまり付けたくはなかったものの便利さには勝てず・・・といった具合で諦めて取り付けです。




ZX-6R クランプバー タンクマウント

設置する箇所はここ

ハンドルとタンクの間にある、たぶんタンクを固定してるボルト2本を使います。


クランプバーにはボルトが付属してきますが径が違うため使用できません。そんなに厚みも無いので、ZX-6Rに付いてたボルトで締めなおしましょう。




ZX-6R クランプバー タンクマウント スマホホルダー

ってことでサクッと完成です。


ZX-6Rはスマホホルダーをどこに設置しようが、視線を落とさなければナビは見えないです。

そう考えるとRaiderの取り付け位置は神ポジションとでも呼ぶべき位置でしたね。




ちなみにこのクランプバー、ハンドルをフルロックした時に干渉しそうでしない、まさに専用設計品というくらいのピッタリ具合です。ZX-6Rのためにあるような商品。




ZX-6R クランプバー タンクマウント

非常に分かりにくい画像ですが、画像ではハンドルを左いっぱいに切ってます。上がハンドル、下がクランプバー。

隙間はほぼ無いですが、接触はしていません。素晴らしいクリアランス!!




もちろん右側も・・・




ZX-6R クランプバー タンクマウント

当たってんじゃねーか!!


ちょっとセンター出しが甘かったみたいです。というか、製品自体の工作精度も影響してくるくらいにギリギリな隙間なのでなんとも言えませんね。ちなみに、右に何度も切ってたらハンドル側が削れて無事にフルロック出来るようになりました。よっしゃ、これでええやろ!!


削れたっていうか、凹んだ程度で普段目に付く場所でもないのであとで油性ペンで塗っておこうと思います。大丈夫、分からない。




というわけで、無事にオイル交換もして、スマホホルダーも取り付けて、ツーリングの準備はバッチリオッケー!


電源出しが面倒で、というかよく考えたらシート下のボルトを外すのに長い六角レンチを持ってなくて出来ないので、電源出しは見送りとなりました。最悪、モバイルバッテリー括り付ければいけるっしょ!



いやぁ、これで目標のうちの1つは達成です。やりましたねぇ、素晴らしい充実感ですよ。この調子でどんどん休みを盛り上げていこうと思います!



以上













クリックよろしくー

しかし今日乗ってないのである

んじゃ、さいなら~