どもー、こんちゃー。



今日は日中とっても暑くなりました。全国各地でも今年初の真夏日を迎えたところがたくさんあったようですね。

そんな日中、一番暑い時間帯だったらしい午後3時頃に私は外でGROMのオイル交換をおこなっておりました。



GROM オイル交換

今回のオイル交換セットです。

Raiderのオイル交換を自分でやった際にいろいろと道具が揃ったので、GROMのオイル交換がより快適なものへとなりました。


今回のオイルはRaiderの前回の残りのカストロールパワー1です。GROMはHONDA G1指定なので、大抵のオイルは高級オイル扱いになります。やったぜ!!


GROM 走行距離

GROMの現在の走行距離。

買ってから3年半で6,734kmです。Raider来てから長距離ツーリングはそっちばかりになってしまったのでイマイチ距離が伸びませんねぇ。オイル交換も1年と1ヶ月ぶり、距離にして約1,300kmぶりです。峠で回し気味にしたり、短距離運転が多いので相応に劣化してるでしょうが、それにしたって乗ってないなぁ。今年はGROM多めに乗ろうかしら。


GROM オイル交換

ってことで交換

オイル受け皿があると写真撮る余裕すらあります。いつも通りチョコレート風です。GROMも散々リコールしたので、納車当初にあったエンジンオイル入り口に乳化したオイルがベットリついてるというような事はなくなりました。これってリコールのせいじゃなくて単純に今日が暑かったからでしょうか。

ともあれ、GROMはこれでエンジンオイル交換したし、12月に1年点検受けたばっかり+ブレーキフルード交換済なのでしばらく大掛かりなメンテナンスは必要なさそうですね。気になるといえばチェーンが伸び気味ですが、もうちょい調整効きそうなので引っ張ってみようと思います。ノンシールチェーンって5,000kmくらいで寿命とは聞きますが、実際どんなもんなんでしょう。



GROM オイル交換

ちなみに今回のオイル交換でオイルジョッキを使いましたが、GROMのエンジンオイル容量は900mlです。この大雑把なオイルジョッキだとアテになりません。結局、最終的に少し継ぎ足してオイルレベルゲージで確認してオイル交換終了。


今回のオイル交換は全て家にあるものでやったので無料でした。作業時間のんびり30分。


あと、国から税金を納めろという手紙が届いたので本日納めてまいりました。

GROM:2,400円
Raider:6,000円

うーん、やっぱ高いよなぁ。去年だか一昨年だかに金額を爆上げされたので不満です。四輪に比べたらそりゃ安いですが、そもそも比べるようなもんでもないと思います。とりあえずこれで、また1年元気に走れるでしょう。


そろそろRaiderの本格的なメンテナンスの準備もしなくちゃなぁ。




以上













クリックよろしくー

【夏休み276日目】

ギアがスコスコ

んじゃ、さいなら~
テーマ:メンテナンス&ケア
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



昨日に引き続きバイクネタです。


さて、我が家にXV1900CU Raiderが来てからもうすぐ2年が経とうとしています。月日が過ぎ去るのは早いもので、2年も経過すると油脂類の劣化やゴムパーツの劣化が起こります。新車ならまだしも中古車ですから尚更顕著です。というわけで2年点検と称して交換が必要なパーツなんかをピックアップ、確認をここ数日で行っておりました。


XV1900CU フロントタイヤ
XV1900CU 後輪

まずタイヤ

フロント、リア共に溝はまだ残っています。若干細かなヒビ割れが発生してますが、今すぐどうこうっていうレベルではないですね。


タイヤ 製造年月日

ただし、タイヤの製造年月日が2013年の13週目、つまり3月頭くらいでしょうか。なんと丸4年経過しているのです。私のレイダーは初年度登録が2011年のため1度は交換されているようですが、それ以降は一度も交換されていないようですね。

レイダーは選ぶほどタイヤの種類も無いわけですが、純正ではメッツラー製のタイヤを履いております。

本日ネット上であれこれ調べていたわけですが、一時的なのか恒久的なものなのか不明ですが国内ではフロントタイヤの同型のものが売っておりません。個人的に、メッツラーのタイヤはパターンも気に入ってるしマラソンというロングライフのタイプみたいなので次もメッツラーでいいやって思ってたんですが、これは困りました。リアタイヤはまだ普通に販売されているんですけどね。

ミシュランからフロントの同程度のものが出ていたのでこれでいいやって思えば、リアはサイズが無く。

フロントとリアで別メーカーのタイヤを履くのは如何なものかと思いますし、ここら辺ちょっと困った感じです。今年の10月には車検ですから、少なくともそれまでには交換しておかないと流石に車検通るかどうか怪しいところですよね。


XV1900CU フロントブレーキパッド

お次はブレーキパッド

納車整備の時には交換されていなかったので、恐らく新車からそのまんまではないかと思われます。こちらはフロントですが、溝が確認できますね。一応、取扱説明書の規定値よりも厚みがあったのでセーフなんですが、純正のパッドってどんだけ長持ちするんでしょうかねぇ。既に2万kmを走っているので、やっぱり1度は交換しているのかな・・・?

私のレイダーは恐らく過去に2オーナー以上渡り歩いているようなので、1オーナー目から2オーナー目になる時にパッドとかタイヤとか替えたのかな~って勝手に想像しております。

XV1900CU リアブレーキキャリパ

そして問題のリア

まずマフラーが超邪魔。キャリパは地面側に付いているので、車体の下に頭を突っ込んで確認です。



XV1900CU リアブレーキパッド

どこから見りゃいいのか分からずマニュアルを読んだらこの小さい穴から確認せよとのこと。ちなみにリアのパッドは溝がないタイプのため、溝の目視による残り厚みの確認ができません。そしてダストまみれのためどこからパッドでどこから基部なのかサッパリ不明。

XV1900CU リアブレーキパッド

・・・たぶん残ってる?

私は、というよりクルーザータイプのバイクはフロントよりもリアブレーキを多様する乗り方になります。そのため、フロントよりは減りが早いはずなんですが、こればっかりはキャリパを外してみないと分からないかもしれません。

一応、前後ともディスクに妙な傷などは無く、極端にディスクが薄くなっているということもないためパッド自体はまだ残っているのだと思います。しかし、私の手元に来てから既に1万km近く走っているため真っ当なブレーキパッドであればそろそろ寿命が近づいてきていると考えて差し支えはないと思います。パッドはデイトナのゴールデンパッドで互換性があるものがあったので問題ありませんが、フロントはダブルディスクのため2倍です。お金がかかりますね。



XV1900CU フロントブレーキマスタシリンダー
XV1900CU リアブレーキマスタシリンダー

最後にブレーキ、クラッチフルードです。

窓から覗いた感じ、バッチリ2年経過した色をしていますね。琥珀色とまではいきませんが、薄く黄色みがかっています。新品のフルードは無色透明だそうなので交換しないといけませんねぇ。



あと気になる部分といえば、プラグとエアクリとミッションオイル。

プラグは恐らくノーマルプラグでしょうから、距離的にも交換時期かと思われます。次に入れるならイリジウムですかねぇ。エアクリに関しては交換距離まではまだまだあるのですが、新車登録から6年が経過しているので確認は必要かもしれません。あと、ミッションオイルは納車整備時に交換されていたので距離的には問題ないのですが、経過年数的にはそろそろ交換が必要みたいです。ミッションオイルの交換はマフラー外さないと厳しいみたいなので面倒極まりないですね。というかレイダーさん、ミッションオイル交換まであるとか本当にメンテナンス性に関しては完全に無視された最高のバイクだと思います。

ただのプラグ交換にしてもガソリンタンク外して、エアクリボックス外して、やっとプラグに辿り付くくらいですからね。


この辺、もろもろバイク屋さんに頼むとかなりいい金額になりそうです。車検まであと半年、少しずつ交換していってあげようと思います。とりあえず簡単そうなところから、まずはフルード交換かなぁ。


大型バイクを所持して2年、ようやっと大型バイクの”維持費”をヒシヒシと感じ始める初夏でした。














クリックよろしくー

【夏休み267日目】

メッツラーフロント復活してくれー!

んじゃ、さいなら~
テーマ:メンテナンス&ケア
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


今日は先週のキャンプで使用したレイダーのリアボックスを紹介したいと思います。


そもそもリアボックスを付けようと思い始めていたのは去年の11月あたり。テントがデカすぎて他のキャンプ道具がバッグに入らないという致命的な欠陥を抱えてしまった私は、どうにかして積載を増やせないかと考えていました。最初に思いつくのは安価で大容量と名高いキャンパー御用達のホムセン箱積載でした。


しかしいざホムセン箱を積載するとなると、それ相応の強度のリアキャリアが必要。

ちなみにレイダーの販売されているリアキャリアは見た目重視のお洒落がものが多く、需要が無いので1つ1つがやたら高いです。

金無し属の私はXV1900CU Raiderのリアキャリアを自作する計画なんてものを打ち立て、ホームセンターで金属ステーやらなにやらを漁ったのも記憶に新しいです。結局、自作リアキャリア計画は頓挫したのですがそれでもやっぱり積載性能をアップしたい。というか、アップさせないと富士山キャンプで積載量が足りない。そこで思い出したのがコイツ。


IMG_20150628_093554.jpg

レイダーを購入した時にオマケでついてきたバックレスト+なんちゃってリアキャリア。今まで死蔵していたのですが、よくよく考えてみりゃこのバックレストはリアフェンダーのサイドバッグサポートの太いボルト4本で支えるかなり頑丈な作りです。これって使えるんじゃない?ってことで、まずは必要ない背もたれを取っ払いナットを買ってきてリアキャリアだけ固定してみることにしました。。




XV1900CU Raider レイダー リアキャリア

バラバラにします。


XV1900CU Raider レイダー リアキャリア

そしてこうじゃ!!

いい感じじゃないですか?付属のボルトだとちょっと長すぎる気がしますが、別に短いものに買いなおす程でもありません。


XV1900CU Raider レイダー リアキャリア

ちなみにリアシートとは面一なので巨大な何かをリアシートに乗せる際には便利そうですね。

私は今回最初から付属していたリアキャリアを流用しましたが、バックレストベースさえあればあとは好きな大きさの金属ステーを噛ませるだけで好きな大きさのリアキャリアが作れてしまうと思うのです。そもそも見た目の美しさ最優先のレイダーで、わざわざリアキャリアを付けて積載性を上げるなんて人は稀でしょうが、一番面倒なバイク本体への取り付けベースが公式で売ってるんだから便利なもんです。穴は開いてる。径も充分ある。じゃああとは好きな金属を噛ませてくれ。面倒なら鉄板に穴2つあけてボルトどめでもいける気がします。


ちなみに私の使っているベースはワイズギア純正のQ5K-YSK-071-E01クイックリリースバックレストベースという商品です。たぶんヤフオクあたりに転がってます。定価45,000円とかいうアホみたいな価格ですが、その分アホみたいに頑丈な作りです。






さて、何かを乗せる台座が出来ました。


正直、リアキャリアとしてはお飾りレベルの面積で、ここにホムセン箱を乗せることなど不可能。このリアキャリアに更にベニヤ板などをボルト固定して面積を広げ、改めてそこへホムセン箱を積載するような形になるでしょうか。ここでホムセン箱を乗せるためにかかる費用をザッと計算してみたのですが、結構かかることが判明。そりゃ天下のGIVI箱に比べたらめっちゃ安く済みますが、それでも箱の加工や金具一式などで手間も金もかかります。そこで思いついたのがGROMのリアボックスを移植できないか?というアイディア。


IMG_1538.jpg

私のGROMちゃんにはその車体とはつりあわない50Lのリアボックスが搭載されています。具体的にはフルフェイスヘルメット2つ入る大きさです。長年愛用しており、6,000km走ってもガタもきておらず防水も完璧な最高のリアボックス。これを何とか移植したい。

そしたらね、ありましたよ。




ボックスの台座だけ売ってました。キジマ最高だぜ!!一生ついていくぜ!!!

ボックス単品だと1万円もするし、使用頻度を考えても買うわけにはいかないと思っていたのですが、そんなユーザーの要望を読み取ったかのように台座だけ販売してくれていました。いやぁ、キジマ素晴らしい企業だ。ボックスの作りもいいしほんとに最高だ。


キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

早速お取り寄せ。

GROMのリアキャリアにガッチリ固定されているベースを剥がすのはあまりにもダルかったので、レイダーのリアキャリアを当てがって大体の設置位置を検討。穴が合わなきゃプラ相手なんだから穴開ければいいやの精神で購入。

自作リアキャリア パーツ
自作リアキャリア パーツ

ついでに補強用のボルトやらナットやらステーやら。

写真が2枚に分かれているのは、あとからホームセンターで買い足したから。計画性が無い。


キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

ってわけで仮合わせ。

こんな具合に設置したい。リアボックスは丸みを帯びているため、ベース部分から膨らむように各部が張り出しているので、気持ち的にはもっと前よりに設置したいところなんだけれども前すぎるとキャンピングシートバッグ2と干渉するのでここら辺で固定。

ここから台座の固定に入るわけですが、ベース付属の留め具4つではとても留めることができない。そもそもキジマのベースは丸いパイプタイプのリアキャリアに設置することを想定されているため、ただの板っきれには何をどう頑張っても固定には限度があるのです。そこでホームセンターで買ってきたステーが大活躍。


キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

ついでにダイソーで売ってた滑り止めも各所に挟み込みます。

この滑り止めは風呂用品コーナーにあった気がします。薄いシートで、はさみで好きな形に切り取ることが出来るので大変便利。金属同士で噛みあわせるよりかは、間にこういったものを挟めばリアキャリア自体に傷が付かないし滑り止めにもなるし一石二鳥です。


キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01
キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

ってことで、最終的にこれだけコテコテに固定することになりました。

黒い金具がベース付属のものですが、それを補強する形で金属ステーをいくつか使用しました。万が一キャリアからベースが脱落しそうになった時でもベースの穴になってる部分にボルトが引っかかるような配置です。ワッシャもスプリングワッシャを使用して振動による緩み対策は万全。

あと怖いのはボルトが折れてリアキャリアごともげる事を心配していたのですが、設計職の友人に聞いたら余裕とのこと。ボルトが折れることより板が割れる心配をした方がいいくらいとのことでした。つまり心配御無用ってことです。




キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

ってことで無事にベースがくっつきました。

手持ちの道具を最大限活用した結果、4,000円ちょっとで積載性能大幅アップ!!


レイダーはキャンプにおける砂利道や不整地にはおよそ向いてないバイクですが、キャンプの積載に関してはピカイチの性能を誇る優秀なバイクだと思います。


キジマ トップケース ベース&ネジセット  908-009-01

今回の富士山キャンプでもご覧の積載力で大型テントを運びつつも快適なツーリングをすることができました。

一応、バイクの積載制限である後方へ30cm以内の飛び出しという点についてはセーフなので法的にも問題はございません。こうして横から見ると非常に華奢でポッキリ折れてしまいそうなのですが、一応今回のキャンプツーリング約700kmの走行では問題は発生したなかったのでそれなりの耐久力はあると思われます。

キャンピングシートバッグも写真だとかなり前にせり出していますが、そもそも身長不足により普段からレイダーは前寄りに座って運転しているのでちょうどいい背もたれが出来た感じでした。


恐らくキャンプ道具やボックスなど全て込みでもリアシートに成人1人乗せるよりは軽いはずなのでバイクの操作性には問題があるようには思えませんでした。上り坂なども、そもそもレイダーはパワーが有り余っているので問題なし。こういう時1900ccの恩恵が受けられますね!



ってことで今回はレイダーにリアボックスを付けてみたという記録でした。ベースはクリックリリース機能付きでいつでも付け外しが可能なので、用途によってリアボックスだけ付けて出かけるのもいいかもしれませんね。そしてレイダーにはまだタンクが残ってます。つまりタンクバッグを買えばまだまだ積載性が・・・・フフフ。




以上















クリックよろしくー

【夏休み267日目】

積載とは無限の可能性なり

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


連日続いたキャンツー日記も今日で最後。


3泊4日だったわけですが、4日目を単一記事にするにはちょっと薄かったので3日目と合体です!


西湖 湖畔キャンプ場

さて、3日目の朝

この日も快眠、8時くらいに起きたのですが外に出るとくろけし君が焚き火をしておりました。寒いもんね!


そして9時半頃。キャンプ場に響く四気筒サウンド。黒いCB1300が現れました。キャンプ3日目にしてゴリアテ君の合流です。頑張って金曜日の休みをもぎ取ったようですね。そんなわけでこの日からは3人で行動です!



朝一で向かったのは富士山有料道路スバルラインです。

富士山北側から山頂へかけて伸びる道路で、行った当時は5合目まで、4月末からは8合目まで登ることが出来るようになっています。この道路は1本道なので登ったら帰りは同じルートを下ってくるわけですが、二輪車でも往復で1,640円となかなかいい価格です。でも富士山を登るという体験はなかなか出来るものじゃありませんから、近くにきたら是非とも登ることをオススメいたします。

富士山 スバルライン

途中の駐車場にて。

この日はあいにくの天気で曇り空。晴れていれば富士山を拝むこともできたのでしょうが、この日はスッポリ雲に覆われており山頂を見ることはできませんでした。しかし、登っていくにつれてどんどん雲が低くなっていき標高の高さというものを感じることができました。これは普通の峠道を走っていてもそうそう体験できることではないですねぇ。

そして登ること数十分

富士山 スバルライン 5合目

この日昇ることができる一番高いところ、富士山5合目に到着いたしました!!

5合目はここから登山道もあったり、大量の外国人観光客がいたりと要所になっているのか巨大なロッジのような建物がありました。中ではお土産はもちろん食事もとれるようになっていてびっくりです。ちなみにこの日の麓の気温は15度くらいでしたが、5合目の気温は2度でした。登ってると段々寒くなってきて5合目に着く頃には冬装備じゃないと耐えられない寒さでした。この時、山頂はマイナス8度だったらしく、標高によって気温がこうも違うもんなんだと実感です。


富士山 スバルライン 5合目

看板があったから記念撮影もしたよ!

5合目で2,305mもあるんですねぇ。富士山自体の標高が3,776mらしいので、あと1,300mも登れば頂上なわけですが、きっと恐ろしく長いんでしょうなぁ。ちなみに5合目の時点で森林限界に近い標高だったようで、木は生えているものの麓に比べると1本1本が細く小柄でした。少し見上げるとすぐに山の地肌が見える状態だったので、山の高いところというのがいかに厳しい環境か伺えます。


富士山 スバルライン 5合目 富士山メロンパン

富士山を見上げても雲しか見えないので、とりあえずここでしか食べられないという謳い文句につられて富士山メロンパンを購入。260円也。富士山の形をしてるだけかと思いきや、てっぺんの粉砂糖とココアパウダーがいい感じに混ざり合って非常に美味しかったです。


というわけでメロンパンも食べたので下山。


有料道路の割りには少し路面が荒れていましたが、ゆる~く登り降りすることができて走っていて楽しい道路でしたね。

基本的に富士山周辺の道路は緩いカーブが多いので、レイダーのようなバイクでもかなり楽しめるようになっています。ここら辺の峠で毎日走る練習したいくらいですね!


で、麓に下りたらさっさと飯を食べます。



今回行った飯屋は55ステーキというステーキ屋さん

ここに来て高級肉屋です。そんなわけで早速注文。

55ステーキ

・・・すげぇ、コレがホンモノの肉ってやつだっ・・・!!


ここまでうまいお肉は久しぶりに食べた気がします。私はあんまり生焼けの肉っていうは好みじゃないんですが、このステーキは生肉特有の臭さとかネッチョリ感が無くてとてもサッパリ頂くことができました。いやぁ、ほんと美味しかったなぁ。

店に着いた時は砂利駐車場で戦慄しましたが、肉がうまかったので結果いいお店という判断を下しました。もっと肉食いに行ってあげて駐車場をアスファルトにしよう!!というわけで富士山北側で肉が食べたくなったら55ステーキがオススメです!


この後は早めに夜の支度をしようということでキャンプ場へ。


トップバリュ

今回のキャンツーにおいて我々の整地となったトップバリュ

なんと3泊4日のキャンプにおいて、4日間訪れています。どんだけ大好きだ。


このトップバリュが内包されているフォレストモールというショッピングモールがあるのですが、ホームセンターもあるので薪も買えるし、ダイソーがあるからちょっとした小物の調達も可能。ついでに土産屋もあります。キャンパーにとってはまさに聖地。夕飯作るのが面倒ならモスバーガーもありますよ?来ない理由がありません。


ここで毎日食料やお酒なんかを買い込んでいたので、トップバリュのレジのおばちゃんに顔を覚えられてしまいました。また行くよトップバリュ!!


焚き火

そいでもって夜は本格的に焚き火をしつつ酒飲みです。

1日目はアホみたいな強風で焚き火不可能。2日目もそこそこの風と寒さから断念。ってことで3日目にして初焚き火です。今回は井桁パワーで空気を取り込みガンガン燃やしました。それにしてもAmazonで2,000円くらいで買ったパチものの焚き火台ですがよく使用に耐えてくれています。半年以上前に購入し、既に7回くらい使っていますが網に穴も開かずに大したもんです。


こんな具合に3日目は終了。



サービスエリア 談合坂

4日目。全力帰宅。

実のところ3日目の時点で天気予報は雨だったのですが、気合で曇りにしてました。

4日目も怪しかったのですが、何とかなるだろうと思いキャンプ場を撤収後に沼津港に向かうことに。そして向かっている最中に雨が降り始めました。3人寄れば雨が降る。私、くろけし君、ゴリアテ君の3人が集まると確実に雨が降るのです。

今回のキャンプでも一体誰が雨男なのか、どういったシナジーにより雨が降るのか等談義しましたが、最終的に3人集まると雨になるのは間違いないという結論に至りました。


というわけで大荷物+疲れも溜まってるので今回は潔く撤退です。オール高速道路で帰宅しました。


途中小雨っぽかったり、曇ったり、晴れ間が覗いたりしたのですが、最後の最後、私の住む町だけが土砂降りで濡鼠になっての帰宅となったので、雨男は私だったのかもしれませんが楽しいキャンプでした。



初めての3泊4日のキャンプでしたが、テントがデカいおかげもあって居住空間に対するストレスとかは無くてよかったかなぁ。富士山もたくさん見ることが出来たし、楽しい道路もたくさん走ることが出来て、旅してるって感じがしてとてもいい思い出になりました。しばらくキャンプはいいかな~と思いつつ、次はどこへ行って何をしようかなんて考えてるあたりやっぱりキャンプが好きみたいです。ツーリングも好きですよ?だからキャンツーです。



というわけで以上、キャンツー日記でした。





コメント返信
>ウミさん
最初2日はほんとに晴れてよかったです!

















クリックよろしくー

【夏休み264日目】

富士山キャンプはいいものだ

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


本日も真面目にキャンプツーリング日記を更新しますよ。ネタがストックされてる状態ってのは書くだけなので非常に楽でいいですね。


さて、前回ふもとっぱらキャンプ場にたどり着いた我々ですが到着時点で既に日暮れ。さっさと設営を開始です。



ふもとっぱら テント

ふもとっぱらでのテント設営が非常に厄介なものとなりました。

というのも、この日は物凄く風が強い日でして設営がとんでもなく大変でした。ブルーシートは吹き飛ぶし、テントは建ててるそばから崩壊しそうになるし、建ておわった後も風が強くてテントが揺れてちょっと怖かったですねぇ。

今回持っていったテントはノースイーグルのビッグフロントですが、ワンポールテントは基本的に風には強い部類のテントと言われています。今回は風が強かったため、初めてガイロープまで張って設営したわけですがそれでも吹っ飛びそうで怖かったですねぇ。怖かったですが、今回のキャンプでこの程度の風なら耐えられるという目安も出来たので経験としては良かったのではないかと思います。


さて、この日は強風の中ิテント内で食事を作りそのまま眠りに着きました。4月とはいえ冷え込みましたが、それでも12月のキャンプの時よりは遥かにマシな気温だったので朝まで快眠!!

そして午前5時に目覚めて外に出ると日の出が始まっていました。


富士山 御来光 ふもとっぱら


うおぉおおお凄い!富士山の向こう側から日が昇ってきています!!

寒かったですが素晴らしい光景で、ここから1時間半くらいずっと眺めていました。もちろんバイクの配置は昨晩のうちに完璧は位置へと停車済み。テントも離して設営したため、ばっちりバイクと御来光の写真が撮れました!


富士山 御来光 ふもとっぱら バイク

美しい・・・・!素敵すぎるっ・・・!!

大自然の中にバイク。富士山からの日の出をバックにバイク。これ以上贅沢な写真があるでしょうか?

これまで様々なバイク主体の写真を撮ってきましたが、これほど美しい写真は過去に撮れたことがありません。コンビニの駐車場で撮った写真とは格が違いますね。


ぶっちゃけこの写真を撮った時点でこのキャンプツーリングは達成されたも同然です。これがやりたくてふもとっぱらに来たわけですから、天候に恵まれて本当にラッキーでしたね。


ふもとっぱら バイク

日が高くなってきてから別角度でもう1枚。

やはり美しい。

このふもとっぱらキャンプ場はバイクの写真を撮るには最高のロケーションです。別に日の出じゃなくたって富士山はあるし、広大な敷地には芝生が敷き詰められていてそれだけでバイクの良さが引き立ちます。自分のバイクを最高にグッドな見た目で保存したいのならば是非このふもとっぱらキャンプ場へ足を運ぶべきでしょう!


この後はふもとっぱらを後にして富士山周辺観光へ繰り出します。


富士山 サンクス 薪

まず向かったのはサンクス。

ファミリーマートに吸収され、全国各地のサークルKサンクスは次々とファミマへ看板が変わる中生き残ってる貴重なサンクス。そしてこのサンクス、コンビニなのに外で薪売ってました。富士山周辺はやたらとキャンプ場が多いですから用意してあるんでしょうねぇ。量に対して価格もリーズナブルで、これなら近所でキャンプする際に急に薪が必要になっても24時間調達可能です。素晴らしいですねコンビニ薪。


まかの牧場

続いて向かったのはまかいの牧場



なんだか名前からしてヤバそうな牧場なんですが、行ってみたら家族連ればかりで幼稚園が団体て来るようなファミリー牧場でした。バイク野郎2人で来るところじゃなかったか・・・

ちなみにこの牧場、漢字で書くと魔界の牧場ではなく馬飼野牧場でした。魔界じゃなかったかー。


まかいの牧場 ファームデリ きりかぶメープルパンのフレンチトースト 

とりあえず来たからには何か食べたいと思い、牧場内にあるファーム・デリという今年の春オープンしたばかりのシャレオツなカフェに入店。一番人気メニューのきりかぶメープルパンのフレンチトーストというこれまたシャレた名前のトーストを注文。ドリンクセットで1,000円と強気なお値段でしたが、味は最高でした。きりかぶメープルパンとやらは隣の売店でも焼きたてが売っていたので自宅でも楽しめそうですね。

カフェ内は出来たばかりというだけあってとても綺麗でした。

桜富士

それと駐車場からは桜富士を拝むことが出来ました。ラッキー!

ちょっと電線が邪魔ですが、この時期ならではの美しい光景です。富士山周辺は場所にもよりましたがまだ桜は散っておらず、葉っぱも出始めで桜+富士山という組み合わせを見れる最後のタイミングといった具合でした。これまたラッキーだったなぁ。


美味しいフレンチトーストを食べてお腹を満たした後は近所の観光地へ移動です。


白糸の滝

白糸の滝です。

滝にはあまりいい思い出が無いのですが、ここは駐車場がバイク1台200円と超リーズナブル。少し歩きますが、ガッツリ滝が見れます。白糸の滝は高さこそないものの、わりと近くまで寄って見ることができるので迫力がありましたね。白糸という名前の通り細い滝ないくつも集まっていて、今まで見てきた滝とは違うタイプで綺麗でした。夏は涼しそうなスポットですね。

ちなみに、白糸の滝という名称の滝は全国にいくつかあるようで、静岡県の白糸の滝は世界文化遺産に登録されているそうです。




その後、水ヶ塚駐車場へ向けて出発。

Googleの自動ルートだと通った道が出なかったので、今回初めてMy Mapなるものを使ってブログに貼り付けてみたけど便利だねぇコレ!

道中は国道72号線から469号線に抜け、富士サファリパークをかすめながら富士山スカイラインを通るという豪勢な道のり。ちなみに富士山スカイラインは有料道路です。


道中は富士山もチラチラ見ることが出来ますが、道自体がかなり楽しかったですね。レイダーのようなカーブがあんまり得意じゃないバイクでも気持ちよく走り抜けることができる緩いカーブと、アップダウンのが織り交ぜられた飽きのこない道路でした。


水ケ塚公園 バイク

そして到着、水ヶ塚駐車場。

本当にただの駐車場ですが、一応公園が併設されています。既に天気がくもりっぽく空もガスってましたが、それでもより近くに富士山を拝むことが出来る貴重なスポットでした。平日のためか、駐車場に停まっている車は皆無だったためこのような豪勢な使い方をしてバイクを撮るという行為ができましたが、休日とかは厳しそうですねぇ。


その後は富士山東側へ向かって山を下ります。



駐車場から麓までの道がとんでもなく荒れており、カーブの途中にデカい穴があったり、いたるところに”わだち”や補修跡のある道路で、二輪で走るには危険な道路でした。間違ってもこの道で攻めようなんて考えてはいけません。前輪が穴などに取られて吹っ飛んでしまいます。ここは本当に荒れていたので慎重に慎重に降りていきました。

そこからは東側をグルッと一回りしつつ富士山南側へ。

西湖湖畔キャンプ場 バイク

たどり着いたのは西湖湖畔キャンプ場です。

ここは富士山こそ見えませんが、一泊1,000円で水場もトイレも非常に綺麗かつ湖畔の芝生+砂利サイトでバイク乗り入れ可能というリーズナブルなキャンプ場。静岡県のキャンプ場は富士山が見えてなんぼというイメージがありますが、キャンプ場単体として考えた時にこれほど好条件のキャンプ場も珍しいです。テントサイトまでは緩い下り坂+砂利道というトラウマを思い出させる道のりでしたが、砂利はわりと細かく踏み固められているタイプだったのでレイダーでも危なげなく行き来することができました。


結局1日かけて富士山をグルッと1周してきたわけですが、富士山は本当にどの方向から眺めても綺麗でしたね。


今まで富士山なんぞ新幹線で大阪に行くときにチラッと見たくらいで、こうして近くまで来て自分の目で、自分の意思で見ようと思って見るとその美しさ、壮大さに思わずうっとりしてしまいました。本当に富士山キャンプツーリング来て良かったなぁ。


さて、キャンプは2日目の夜になったわけですが昨晩は風呂に入ってません。4月とはいえ全く入らないのは流石にアレなので近所の温泉を探しました。




少し離れたところですが、富士眺望の湯ゆらりという温泉が道の駅なるさわの奥にあります。キャンプ場からの直線距離は短いのですが、間に山を挟んでいて迂回する必要があるため10分くらいかかりました。

この温泉、公式サイトを見てもらえれば分かるのですが、とにかく温泉の種類が多いです。源泉の種類じゃなくて、風呂の形態の種類なわけですが、貸切風呂なんかもあって施設としてはかなり大型。

そして驚きの大人1人1,300円。たっけぇ!!

こんなに高額な温泉は初めて来ましたよ・・・・


しかしライダーには朗報が。なんとこの温泉、ヘルメット割なるものがありカウンターでヘルメットを渡すと300円引きの1,000円になるのです。1,000円なら過去にも入ったことがあるので少し抵抗感が薄れます。そして浴場に行くと、高級温泉の真価を味わうことになるのでした。

まずカウンターでおもむろにタオルが渡されます。それも2枚。フェイスタオルとバスタオル。すげぇよタオル貸し出しかよ!

そして浴場に入り洗い場に行くと設置されているシャンプー&コンディショナーがまさかの資生堂TSUBAKIでした。マジかよ、ここ男湯だぞ。普通、温泉のシャンプーといえばノーブランドの洗うと頭ギシギシになるものが多いのですが、TSUBAKIは凄い。香りがすごい。なんか髪もサラフワ。

この時点でテンション最高潮だったわけですが、中にあった温泉の数も豊富で、ついでに露天風呂からは富士山まで眺められちゃうんです!!もう最高の温泉ですね!!

高いだけあるわーという感想でした。近くに寄ったりキャンプした際は少し高いと感じてもこの温泉をオススメします。設備充実で値段なりのサービスを受けることができますよ。尚、平日の夜にも関わらず駐車場が結構混んでいたため休日はかなり混むんじゃないかと思われます。



そんなわけで御来光から高級温泉まで、富士山と共に楽しんだキャンプツーリング2日目でした。


続く












クリックよろしくー

【夏休み263日目】

温泉最高である

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク