どもー、こんちゃー。


昨日は半日以上寝てたので今日は頑張って朝起きました。でもお昼寝したよ。


さて、今日はバイクの話題。定期的にこのバイク欲しい、あのバイク欲しいなんて記事にしてますが今日はヤマハのバイクです。


Yamaha T7


Yamaha T7 Concept

引用:cycleworld.com
引用:個人的バイクまとめブログ


ヤマハが去年コンセプトモデルとして発表した「T7」が公式ホームページも出来て、2018年には発売されるんじゃないかって噂があるようです。私、このニュースで初めてT7を知ったのですがオフロードに興味津々の今だととっても気になるバイクです。



T7のTはテネレのT

テネレとはヤマハがパリダカに出場するために作ったマシンに付けられた名前だそうで、テネレとは元々砂漠の地名なんだとか。ダカールラリーのバイクというのは独特の見た目をしていて好き嫌いの分かれる部類です。私もどちらかと言えばそんなに好きなタイプではないんですが、オフロードに興味を持ってからは「なるほどこれも機能美だな」と思うようになりました。



T7の7は排気量700ccくらいの7

まぁ7っていうくらいだから700cc前後なのでしょう。ヤマハの現行700ccだとMT-07とかがすぐに思い浮かびますが、どうやらエンジンはMT-07のものを使っているんだそうです。




Yamaha T7

日本国内のラインアップですとオフロード車というのは低排気量帯はもちろん充実していますし、大排気量のビッグオフなんて呼ばれるあたりもけっこうありますよね。でもT7のようなミドルクラスのオフ車っていうのはパッとあんまり思いつきません。そこらへんの排気量は海外メーカーのものが結構多いですよね。

最近だとスズキのV-strom650とか出てきましたけど、アレはオフロードもオンロードもいけるデュアルパーパスタイプですからちょっと違うのかなぁって思います。


T7はスリムでいかにもオフローダーって感じがしますが、日本の狭い林道なんかに持ち込むとやっぱり軽さが大正義で馬力もセローレベルで充分という話はよく聞きますが、日本国内でこういったバイクに乗ってる方々はどこら辺を走っているんでしょうね?Youtubeでオフロード動画は散々見ましたが、砂漠を爆走している動画とかはあんまり見たことがないのでやっぱり日本国内だと厳しいのかなー。


Yamaha T7

どちらかというと、こんな風に荒野を猛スピードで駆け抜けるのが正解なバイクなのでしょう。テネレって名前が付くくらいですしね。

日本にはフラット林道やらフラット砂利道なんてものがありますが、そこをこいつで全速力で走ったらさぞ気持ちの良いことでしょう。しかし狭さ的に命がいくつあっても足りない気もしますね。ああ、でもカッコイイよなぁT7。なんというか、凄い頼もしい見た目をしているんですよね。無敵感があります。



Yamaha T7

そんでやっぱり一番気になったのがヘッドライト

見てくださいよ、このキモかわいい見た目。エヴァ2号機みたいじゃないですか。このヘッドライトは何でも特許を取った特別製みたいで、ただ単に4つ並べてあるわけじゃないみたいですね。スクリーン越しだとどうなんでしょうね。法律的にアリなのかな?こういったタイプは見かけたことがありませんからね。


なにはともあれ、オフロードが呼んでいる気がします。


2018年かぁ。新型セローも発表くらいはされていると思いますし、2018年は個人的オフロード元年になる可能性が高まってきましたね!



以上、定期気になるバイク日記でした。











クリックよろしくー

【夏休み322日目】

森が呼んでる

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は久しぶりにレイダーでツーリングに行ってきました。


朝7時半集合だったんですが、読み間違えて7時だと勘違いした私は1人セブンイレブンの駐車場へ。おにぎりとコーヒー買ってたら今日の参加者が集まりました。


XV1900CU Ninja250 CB1300SB

まぁいつもの面子ですが、私とゴリアテ君とくろけし君の3人で、今日は福島県いわき市を目指して走りました。特に目的も無ければ行きたいところもなく、ただひたすらに走るためだけのツーリングです。行きは下道でとことこツーリング!


道中森の中を抜ける軽い峠道なんかを楽しみつつどんどん北上。


私はいつもツーリングの時一番後ろを走るのですが、少しでもカーブがあるとすぐに前の2台が見えなくなります。いやぁ2人とも速いなぁ。


そんで気付けばいわき市も近づいてきたのでここで目的地設定。湯本ってのが近かったんで温泉街に行ってみました。



さはこの湯

「さはこの湯」という温泉が近くにあったので行ってみたら外観がえらいオシャレ!!

入浴料金も230円と超リーズナブルでこじんまりとした素敵な温泉でした。湯の温度は高めなので私は5分かそこら浸かってるのがやっとでしたが、いい温泉ですねぇ。



その後お昼ごはんを食べるために海沿いへ。いわき市の沿岸部は工場が多くていかにも沿岸部って感じで素敵な雰囲気ですね。


いわき・ら・らみゅう

「いわき・ら・ら・ミュウ」という大型の複合施設に到着です。

向かいには来年夏オープン予定のイオンモールも建設中でした。東日本大震災の際には海沿いは津波に飲まれてしまったようで、そこを復興していろいろと建てたみたいでしたのでどの建物も新しくて綺麗でしたね。

ららミュウ内部にはどのようにして復興したかという展示スペースも設けられていたので興味深かったですね。



うにいくら丼

そして施設内の海鮮丼屋でうにいくら丼をいただきます。

施設内には他にも魚市場やお土産屋さんもあり、遊覧船の発着場もあるため観光+食事+お土産がこの1箇所で完結してしまうのは強いなぁと思いました。


XV1900CU

すぐそばには海や対岸にある水族館も見えるため晴れていればとてもいい景色です。

対岸の水族館が全面ガラス張りの綺麗な建物で気になってしまったので、そちらも観に行くことにしました。




アクアマリンふくしま フェネック

「アクアマリンふくしま」という水族館で、こちらも新築された水族館のようです。

水族館にバイクに乗った男3人で入場とかなかなかレアですよ。もちろんメッシュジャケットは着たままです。水族館と言いつつもいきなりフェネックに会えるコーナーがあったので見てきましたが、寝てて顔が見えませんでした。



アクアマリンふくしま フェネック

顔がどうしても見たかったのでそばに貼ってあった写真で我慢します。

けものフレンズに登場して一躍話題となった動物のフェネックですが、耳がデカいですねぇ。サイズは犬のチワワ程度でしたが、とにかく耳が大きかったです。犬と狐の中間みたいな見た目ですね。



アクアマリンふくしま
アクアマリンふくしま

水族館はこんな具合。

展示パネル多めでしたが、ジャングルコーナーやらシーラカンスコーナーやらがあって面白かったです。大きなトドが3匹いたのですが、こやつらは豪快に泳ぎまわって鳴き声をあげてファンサービスが素晴らしかったですね。あんまりにも動き回るので写真が撮れませんでした。


というわけで、特に目的もなくいわき市に行っていわき市を満喫してきた1日となりました。いやぁ、引き篭もりの身に往復300kmツーリングはこたえましたね。


本格的な梅雨入り前にツーリングに行けて良かったです!


以上














クリックよろしくー

【夏休み310日目】

うおーん寝るぞ

んじゃ、さいなら~
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。

今朝早く起きる必要があったので昨夜は早めに布団に入ったのですが、昼間寝すぎ&妄想が捗りすぎて気付いたら布団の中で2時間半経過してました。妄想のディティールにこだわりだしたら超楽しかったよ。今度絵に書き起こそう。



さて、今日は久しぶりにRaiderに乗ってご近所ツーリングなんぞしてましたが、やっぱりバイクはいいものです。




最近はどうにも走る度にモトブログしなきゃ(使命感)みたいになってたので今日はカメラも置いていきました。1人でのんびり知らない道を走るなんていつ以来でしょうか。たまにはこういうのもいいもんですね。

このバイクを購入してからそろそろ丸2年経過するので、ブレーキフルードはそろそろ交換しなきゃです。ものは試しと、フロントブレーキを思いっきり握ってみたら2段階でグニッってするのでエア噛んでるかもしれませんねぇ。2年も経つと日常メンテナンス範囲から外れた少し手間のかかるメンテナンスが出てくるので厄介でもあり、こういったところで愛着が湧いたりもします。そして浮気性の私は2年も経つと、いろんなバイクに目移りしてしまうのです。


ってことで、ここ最近のバイク気になる最前線をお届けしようと思います。


CBR250RR レーシングレッド 日本仕様

まずは何といってもCBR250RRでしょう!

Twitterでフォローさせていただいている方も既に納車されて走ってる方がいるみたいで、なんともかっこよいバイクです。実は欲しい欲しい言ってた割に現物すら見たことが無いので、80万円という値段にビビってばかりなのですが、実物を見ると納得のグッドプライスという意見が多いので早く走ってる野良CBR250RRに出会わないかな~って期待しております。

既に2017年度の生産分は予約で埋まっているようで、新車で買うなら2018年モデルになりそうですが、2017年モデルのレッドを超えるカッコイイグラフィックカラーが現れるのかな?って思ってます。2017年のヴィクトリーレッドは心を打ちぬかれるカッコよさなので1年後に2017年モデルの中古車を探してるかもしれません。



ヤマハ セロー

次に気になるのはセロー250

なんだか現在販売されているもので生産終了で規制対応型のモデルチェンジしたものを開発中だという話です。現行セローを滑り込みで買うか、新型セローを待つか!どちらを選ぶか悩ましいところです。

そもそもなんでセローかって、オフロードに興味が出ちゃったからなんですけどね。やっぱ250オフ車は一家に一台だよなぁ!!なんちゃってオフロードならGROMで突撃できないこともないので、とりあえず現在は物欲をグッと堪えております。CBR250RRは現状入手困難なので諦めが付くのですが、現行セロー250はお店にいけばすぐに買えちゃうのが怖いところですよねぇ・・・



そんでそんで、最近気になってるのがコレ

vstrom250

SUZUKI Vstrom250

ここにきて、まさかのスズキ車。いままでスズキ車に興味が湧くことなんてなかったんですが、このVstrom250は丸目なところが気に入りました。今年になってホンダのCRF250ラリーやカワサキのヴェルシス250といったい、いわゆるデュアルパーパスといった車種を各社250ccクラスへ投入してきたわけですが、その中で一番気に入ったのはスズキのVstrom250でした。

こういう形のバイクって、オフ車同様あんまり興味がなかったんですがオフ車に興味が出てからいろいろと調べてみるとどうにも私のバイクの用途に一番合致している気がするのです。というのも、ハーフカウルとスクリーンでオンロードの性能はよく、高い車高とタイヤによってオフロードもそこそここなすという、オンオフいいとこ取りのバイクなのです。悪く言うと器用貧乏とも言いますが、キャンプツーリングするには最高のバイクだと思います。

こういった車種はフルパニア前提。積載量も凄まじいです。キャンプツーリングするならばこれ以上に頼もしいバイクはないでしょう。



いやぁ、ほんとにいろんなバイクに興味が湧いてきて大変です。


そしてピックアップしたバイクが偶然にも全て250ccというのは偶然ではないのです。1900ccを誇るRaider、125ccのGROM。この2台を乗ってみてたどり着いた答えは「中間排気量が日本では一番扱いやすい」ということです。250というと中間排気量というよりは小排気量に分類されると思いますが、やっぱRaiderは重くてデカいです。それがたまらなくイイんですが、どうにも手に余るかなーって最近は思います。GROMはちっちゃすぎておもちゃです。最高に楽しいおもちゃなんですが、高速乗れないのがネックです。あとキャンプ道具を積むと座席が狭い。

ってことで間を取った排気量がいいのかなーって。


250だと少し力不足な気もしますが、最近は魅力的な250クラスのバイクがご覧のようにたくさん出ているので選択肢は多いですよね。


あと、やっぱり今の2台体制は少しアンバランスです。例えば、Raiderと250cc、600ccとGROM、このくらいの組み合わせが恐らくバランスがいいのです。3台持ちは・・・今の私の使い方だと体が足りませんねぇ。



いろんなバイクが欲しくて、いろんなバイクに興味が湧く昨今。今日もバイク選びが楽しくていい1日です。



以上













クリックよろしくー

【夏休み296日目】

車庫も欲しいなぁ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日は日中とっても暑くなりました。全国各地でも今年初の真夏日を迎えたところがたくさんあったようですね。

そんな日中、一番暑い時間帯だったらしい午後3時頃に私は外でGROMのオイル交換をおこなっておりました。



GROM オイル交換

今回のオイル交換セットです。

Raiderのオイル交換を自分でやった際にいろいろと道具が揃ったので、GROMのオイル交換がより快適なものへとなりました。


今回のオイルはRaiderの前回の残りのカストロールパワー1です。GROMはHONDA G1指定なので、大抵のオイルは高級オイル扱いになります。やったぜ!!


GROM 走行距離

GROMの現在の走行距離。

買ってから3年半で6,734kmです。Raider来てから長距離ツーリングはそっちばかりになってしまったのでイマイチ距離が伸びませんねぇ。オイル交換も1年と1ヶ月ぶり、距離にして約1,300kmぶりです。峠で回し気味にしたり、短距離運転が多いので相応に劣化してるでしょうが、それにしたって乗ってないなぁ。今年はGROM多めに乗ろうかしら。


GROM オイル交換

ってことで交換

オイル受け皿があると写真撮る余裕すらあります。いつも通りチョコレート風です。GROMも散々リコールしたので、納車当初にあったエンジンオイル入り口に乳化したオイルがベットリついてるというような事はなくなりました。これってリコールのせいじゃなくて単純に今日が暑かったからでしょうか。

ともあれ、GROMはこれでエンジンオイル交換したし、12月に1年点検受けたばっかり+ブレーキフルード交換済なのでしばらく大掛かりなメンテナンスは必要なさそうですね。気になるといえばチェーンが伸び気味ですが、もうちょい調整効きそうなので引っ張ってみようと思います。ノンシールチェーンって5,000kmくらいで寿命とは聞きますが、実際どんなもんなんでしょう。



GROM オイル交換

ちなみに今回のオイル交換でオイルジョッキを使いましたが、GROMのエンジンオイル容量は900mlです。この大雑把なオイルジョッキだとアテになりません。結局、最終的に少し継ぎ足してオイルレベルゲージで確認してオイル交換終了。


今回のオイル交換は全て家にあるものでやったので無料でした。作業時間のんびり30分。


あと、国から税金を納めろという手紙が届いたので本日納めてまいりました。

GROM:2,400円
Raider:6,000円

うーん、やっぱ高いよなぁ。去年だか一昨年だかに金額を爆上げされたので不満です。四輪に比べたらそりゃ安いですが、そもそも比べるようなもんでもないと思います。とりあえずこれで、また1年元気に走れるでしょう。


そろそろRaiderの本格的なメンテナンスの準備もしなくちゃなぁ。




以上













クリックよろしくー

【夏休み276日目】

ギアがスコスコ

んじゃ、さいなら~
テーマ:メンテナンス&ケア
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



昨日に引き続きバイクネタです。


さて、我が家にXV1900CU Raiderが来てからもうすぐ2年が経とうとしています。月日が過ぎ去るのは早いもので、2年も経過すると油脂類の劣化やゴムパーツの劣化が起こります。新車ならまだしも中古車ですから尚更顕著です。というわけで2年点検と称して交換が必要なパーツなんかをピックアップ、確認をここ数日で行っておりました。


XV1900CU フロントタイヤ
XV1900CU 後輪

まずタイヤ

フロント、リア共に溝はまだ残っています。若干細かなヒビ割れが発生してますが、今すぐどうこうっていうレベルではないですね。


タイヤ 製造年月日

ただし、タイヤの製造年月日が2013年の13週目、つまり3月頭くらいでしょうか。なんと丸4年経過しているのです。私のレイダーは初年度登録が2011年のため1度は交換されているようですが、それ以降は一度も交換されていないようですね。

レイダーは選ぶほどタイヤの種類も無いわけですが、純正ではメッツラー製のタイヤを履いております。

本日ネット上であれこれ調べていたわけですが、一時的なのか恒久的なものなのか不明ですが国内ではフロントタイヤの同型のものが売っておりません。個人的に、メッツラーのタイヤはパターンも気に入ってるしマラソンというロングライフのタイプみたいなので次もメッツラーでいいやって思ってたんですが、これは困りました。リアタイヤはまだ普通に販売されているんですけどね。

ミシュランからフロントの同程度のものが出ていたのでこれでいいやって思えば、リアはサイズが無く。

フロントとリアで別メーカーのタイヤを履くのは如何なものかと思いますし、ここら辺ちょっと困った感じです。今年の10月には車検ですから、少なくともそれまでには交換しておかないと流石に車検通るかどうか怪しいところですよね。


XV1900CU フロントブレーキパッド

お次はブレーキパッド

納車整備の時には交換されていなかったので、恐らく新車からそのまんまではないかと思われます。こちらはフロントですが、溝が確認できますね。一応、取扱説明書の規定値よりも厚みがあったのでセーフなんですが、純正のパッドってどんだけ長持ちするんでしょうかねぇ。既に2万kmを走っているので、やっぱり1度は交換しているのかな・・・?

私のレイダーは恐らく過去に2オーナー以上渡り歩いているようなので、1オーナー目から2オーナー目になる時にパッドとかタイヤとか替えたのかな~って勝手に想像しております。

XV1900CU リアブレーキキャリパ

そして問題のリア

まずマフラーが超邪魔。キャリパは地面側に付いているので、車体の下に頭を突っ込んで確認です。



XV1900CU リアブレーキパッド

どこから見りゃいいのか分からずマニュアルを読んだらこの小さい穴から確認せよとのこと。ちなみにリアのパッドは溝がないタイプのため、溝の目視による残り厚みの確認ができません。そしてダストまみれのためどこからパッドでどこから基部なのかサッパリ不明。

XV1900CU リアブレーキパッド

・・・たぶん残ってる?

私は、というよりクルーザータイプのバイクはフロントよりもリアブレーキを多様する乗り方になります。そのため、フロントよりは減りが早いはずなんですが、こればっかりはキャリパを外してみないと分からないかもしれません。

一応、前後ともディスクに妙な傷などは無く、極端にディスクが薄くなっているということもないためパッド自体はまだ残っているのだと思います。しかし、私の手元に来てから既に1万km近く走っているため真っ当なブレーキパッドであればそろそろ寿命が近づいてきていると考えて差し支えはないと思います。パッドはデイトナのゴールデンパッドで互換性があるものがあったので問題ありませんが、フロントはダブルディスクのため2倍です。お金がかかりますね。



XV1900CU フロントブレーキマスタシリンダー
XV1900CU リアブレーキマスタシリンダー

最後にブレーキ、クラッチフルードです。

窓から覗いた感じ、バッチリ2年経過した色をしていますね。琥珀色とまではいきませんが、薄く黄色みがかっています。新品のフルードは無色透明だそうなので交換しないといけませんねぇ。



あと気になる部分といえば、プラグとエアクリとミッションオイル。

プラグは恐らくノーマルプラグでしょうから、距離的にも交換時期かと思われます。次に入れるならイリジウムですかねぇ。エアクリに関しては交換距離まではまだまだあるのですが、新車登録から6年が経過しているので確認は必要かもしれません。あと、ミッションオイルは納車整備時に交換されていたので距離的には問題ないのですが、経過年数的にはそろそろ交換が必要みたいです。ミッションオイルの交換はマフラー外さないと厳しいみたいなので面倒極まりないですね。というかレイダーさん、ミッションオイル交換まであるとか本当にメンテナンス性に関しては完全に無視された最高のバイクだと思います。

ただのプラグ交換にしてもガソリンタンク外して、エアクリボックス外して、やっとプラグに辿り付くくらいですからね。


この辺、もろもろバイク屋さんに頼むとかなりいい金額になりそうです。車検まであと半年、少しずつ交換していってあげようと思います。とりあえず簡単そうなところから、まずはフルード交換かなぁ。


大型バイクを所持して2年、ようやっと大型バイクの”維持費”をヒシヒシと感じ始める初夏でした。














クリックよろしくー

【夏休み267日目】

メッツラーフロント復活してくれー!

んじゃ、さいなら~
テーマ:メンテナンス&ケア
ジャンル:車・バイク