どもー、こんちゃー。


今週も非常に忙しい1週間となりました。

火曜日にはFF14パッチ5.2「追憶の凶星」のアップデートと共に、グラブルでは風属性有利古戦場がスタート。

仕事の方は納期が重なったり、余計な仕事が舞い込んだりで非常に過密スケジュールでした。


もちろん、昨今のコロナウィルス流行に対して常に高免疫状態を維持したいと考えているので、残業はそこそこに、睡眠もしっかり、栄養のあるものを食べることを普段以上に心がけております。毎日リポビタンDを飲むのはちょっとどうかと思いますが、取引先のお年を召した社長たちは皆これを飲み続けて会社を経営してきた猛者達です。つまりリポDはお墨付きということなのでジャンジャン飲みましょう。








さて!

パッチ5.2「追憶の凶星」で追加されたメインシナリオを一通り遊んでまいりました。

漆黒のストーリーはこれまでの伏線が回収されていく気持ちよさや、謎であった部分の解明、キャラクターの掘り下げなどが多くあり、休止しつつも新生時代から遊んでる者のとっては大変面白い話に仕上がっております。そのため、いつも以上にメジャーアップデートで追加されるメインシナリオは楽しみにしているのですが今回も大変興味深い内容に仕上がっておりました。


流石にまだ6.0の片鱗みたいなものは見えませんが、それでも着実にひとつの物語が終わりに向かっていってることを感じさせる内容でしたね。新たなキャラクターの登場や、相変わらず面白い主人公=光の戦士の会話選択肢。今回はメインジョブ学者である私にはクスッとくるような内容の選択肢もあり、遊び心に溢れているなと感じました。個人的に、漆黒からの選択肢はよりいっそう光の戦士に人間味を持たせてくれているようで良い改善点だと思いました。


新たなインスタンスダンジョンである「アニドラスアナムネーシス」はBGMの雰囲気も良く、導入部はまるでアトラクションのような面白さがあります。エキルレIDのひとつとなりましたが、ちょうどいい難易度のように感じたのはフェイスを使ったからでしょうか。ともあれ、今回でエキルレからアーモロートはおさらばとなります。目に焼き付いた終末都市もこれで見る機会が減ると思うと少し名残惜しいですね。





そのほか、エデン共鳴編ルビーウェポン破壊作戦も楽しんでまいりました!



エデンに関しては、ノーマルからなかなか難しいギミックも多く初日はかなりわちゃわちゃと楽しめたと思います。個人的には2層が難しかったですかね。3層はめっちゃ面白かったです。4層は変身シーンに見とれて石化しました。

ルビーウェポンについてはもう言うことなしで、前半も後半もBGMが良すぎて最高です。内容もかなり面白いものになっており、新生時代からガッツリ遊んでいた人にとってはある種懐かしさを感じさせるボスに仕上がっていると思います。また、極ルビーウェポンについては公式アナウンスで極ハーデスより難しいとの話もあり、実際結構な難易度のようです。私は攻略はしたいと思いつつも、早期攻略は正直してる暇がないので少しずつ装備を整えながら遊んでみたいと思っております。極ハーデスくらいの難易度は楽しみながら遊べたので、それよりもう少し手応えがあるというのなら挑み甲斐もあるというものです。




そんなわけで主要な戦闘系追加コンテンツとシナリオを楽しんだFF14


あとは追加クロニクルクエストだったり、その他コンテンツをちまちまとつまみ食いしていこうと思います。いやぁ、やっぱ面白い!



以上


コメント返信
>バル
FF14もいいぞ!

















クリックよろしくー

よっしゃー今宵もゲームじゃ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


昨日はFF14のメジャーアップデートでしたので、定時帰宅を決めてがっつり遊んでやりましたよ~。


普段あんまりログイン出来なかったりするもんで、ここぞという時にがっつり遊べるように前々から調整しておえりました。こういう遊び方、メリハリがあって良いと思います!仕事の息抜きにもなりますし、なんなら1つの目標地点としてモチベーションの維持にも繋がりますので私にとっては重要なライフワークといえるでしょう。



FF14 パッチ5.1 白き誓約、黒き密約


さて、漆黒のヴィランズ初となる今回メジャーアップデート「パッチ5.1 白き誓約、黒き密約」ですがなんといっても目玉は24人レイドの実装でしょう。

漆黒のヴィランズではニーアオートマタとのコラボダンジョンである「ヨルハダークアポカリプス」の実装が以前から予告されていましたが、今回ようやっと実装となりました。ニーアファンはもちろんのこと、ニーア未プレイの人でも楽しめるように作ってあるということで今回も初見でワイワイ遊んでまいりました!


レイドの難易度的には4.X終盤のオーボンヌの阿鼻叫喚具合を鑑みて少し緩和されてるようですね。普通でした。


肝心のストーリーの方ですが、私はニーアオートマタを未プレイのため何が何だか・・・って感じで、原作を遊んだことのある人たちはワイワイといった具合に。私にとってはFF14以外未プレイなので、作中に出てくるモンスターやBGMにピンとこないのはいつもの事なので、まさにいつも通りのレイドといった感じでした。ステージの作り込みは大したもので、廃墟の感じを通じてニーアの世界観はこんななんだっていうのがよく伝わりました。ニーア、やってみようかなぁ。







そしてもちろん、今回のメインシナリオも大変面白いものに仕上がっております!

漆黒のヴィランズは今までのFF14の集大成という具合に、ストーリーが大変面白いものに仕上がっていて個人的にも大満足の出来だったのですが、5.1からはその続きになり、6.0へと繋がっていく物語が紡ぎ始められます。今後、どのような展開になっていくのか、まだまだ波乱の展開が続きそうですね。5.0部分で回収しきれなかった部分とか、わりと静かなスタートでしたがいつも通り雲行きが怪しくなってきたので5.2が今から大変楽しみです!





そしてメインストーリーと同じく楽しみにしていた極ハーデス討滅戦の実装。

みんなでワイワイやる難易度にはちょうどよく仕上がっているようで、初見であれこれ考えながら攻略するのはかなり面白いですね。幸いにして、11月前半だけは奇跡的に仕事が忙しくないので、その間に仲間と共に攻略していきたいと思っています。報酬の武器やマウントを狙いたいというよりは、みんなでワイワイ攻略して楽しんで、あわよくばクリアして達成感を味わいたいって程度ですからいかにして時間を作ってみんなと遊べるかがカギになってくるコンテンツです。こういうの、どんなに忙しくてもメジャーアップデートなんかの節目くらいにはちゃんと顔出して参加したいもんですよね。

仕事との折り合い、ゲームとの上手い付き合い方、それぞれバランスを取りながら楽しいエオルゼアライフを送っていきたいと思っております。



というわけで平日真ん中FF14日記でした!
















クリックよろしくー

よーし今週もあと2日だー!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。



昨日の18時からアーリーアクセスが開始されたFF XIV 漆黒のヴィランズ


viranzu.png

MMORPGというジャンルとしては異例の新生後運営6年にして過去最高のアクティブプレイヤー数を記録中のFF14。今回の「漆黒のヴィランズ」3つ目の拡張パッケージということで、FF14のメインストーリーの核心に触れていく物語になるそうです。

私はこの拡張パッケージを遊ぶために6月お仕事をちょー頑張りました。そりゃもう、ちょー頑張りです。おかげでこの週末を無事に獲得したので、今までお仕事頑張った分たくさん遊ぶつもりです!!








昨日の夜はとりあえず普通に寝ておきました。

この3日間くらい、かなり短時間睡眠で仕事に全力だったためここで1度しっかり寝て土日を全力で遊ぶための準備が必要だったというわけです。そのため、ブログ更新も全力で遊ぶ前の軽いウォーミングアップ的な役割も兼ねています。あと、6月は忙しすぎてロクに更新していなかったので生存報告も兼ねて。









とりあえず、6時間ほど遊んでみた感想を適当に。

まず、今回の拡張パッケージは過去最高に予算があると思いました。その理由はイベントシーンにあって、こんなシーンでも声が付いてる!というのが多々あったからです。

新生の頃はここで声付かないんだ・・・っていうシーンが多かったんですが、今回の漆黒は出来る限りカットシーンで声が付くようになっているように思います。暁の血盟や主要NPCだけでなく、そのクエスト限りであると思われるNPCなんかにも声が付いていて、よりRPG感が増して世界にのめり込めるようになったように感じました。


そして、ゲームのグラフィックスや質感などそれこそサービス開始当初から変わっていないので、最近のゲームに比べるとどうしても見劣りする部分というのはあります。それでも、フィールドの作り方だったり、イベントシーンの演出方法なんかは新たなものが取り入れられており、MMORPGとして、また単純に最新のゲームとしても進化を続けているFF14の姿を見て取ることができました。


今回の拡張、メインストーリーも含めてかなりボリュームがありそうですのでじっくり遊んでいきたいと思います!






そんなわけで、漆黒のヴィランズを最高に楽しんでいる報告日記でした!















クリックよろしくー

漆黒はいいぞ!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。



お仕事多忙につき週1更新ペースになっております。

この忙しい中、何とか仕事を詰めて詰めて来週末から始まるFF14漆黒のヴィランズアーリーアクセスだけは遊べるように調整中であります。仕事が終わろうと終わるまいと休む宣言はしているので大丈夫だとは思うのですが、この忙しさいつまで続くんだろうか・・・・



さて、そんな中タイトル通りFF XIV 『劇場版 FFXIV 光のお父さん』を観てきました!!






ドラマ版を見てFF14に復帰した身としては、劇場版も見にいかねばなるまい!と思っていました。

公開日の金曜日はちょっと忙しかったので、土曜日に行きましたが映画は最初の週末の初動が肝心って原作者であるマイディーさんもブログでおっしゃられていたのでしっかりと初週週末に行ってきましたよ!



今作、実写パートを演じる俳優陣はドラマ版と総入れ替えとなっており、内容としてはリメイクになっています。同じ原作から映画として作品を作った場合の光のお父さんの物語となっており、ブログ版ともテレビドラマ版とも違うストーリーラインになっていました。もちろん、大筋の話は一緒ですが映画という形のエンターテイメントに落とし込んだ気持ちの良い仕上がりになっており、見にいって素直に面白かったと言える作品になっています。

私は、お父さん役としてドラマ版の大杉漣さんほどハマる俳優の方は他にいないと思っておりましたが、残念ながら亡くなられてしまいました。インタビューなんかを読む限り、最初の頃はキャストの続投という方向性もあったようですが今回このような形での映画化となったわけですね。そんなわけで、新たなお父さん役として吉田鋼太郎さんが抜擢されました。

正直、映画を見るまではどんなもんなんだろうなという不安の方が勝っていたのですが、吉田鋼太郎さんの演技は大変素晴らしいもので、視聴者を劇中の世界へ引きずりこむような魅力とお父さんという役の違和感の無さに驚かされました。こればっかりは実際に映画を見てみないと発見できなかった部分なので、見にいって本当に良かったです。



そしてこの映画で忘れちゃいけないのがエオルゼアパートです。

マイディーさんをはじめとしたFC:じょびネッツアの面々が出演しており、この映画の肝になるシーンが多く含まれている欠かせない部分です。今回はドラマ版以前と比べ各々の知名度も格段に上がってしまったことから、スクエニ全面協力のもと撮影用サーバーで撮影していたようですが、ドラマ版に比べて格段に演技が上手くなっていました。同じゲームをしているとは思えない多彩な感情表現で、FF14はここまで出来たのかと思い知らされる内容でした。私もゲーム中ではわりとエモートを使う方でしたが、やはり極まってくると凄いものになるんですね。

映画を見ている最中は、エオルゼアパートになる度に「このシーンは一体どうやって撮っているのだろう・・・」なんて思ってしまうことが多々あり、ゲームを遊んでいる人間からすると技術的な面で大変興味のあるシーンが盛りだくさんでした。




そんなわけで、大変面白かった劇場版光のお父さん。

ゲームを全くやらない母も一緒に連れてったのですが、テレビドラマ版に引き続いてすごく面白かったとのことで、普段ゲームをやらない人間にもこのヒューマンドラマの面白さは伝わったのではないかと思います。マイディーさんが普段から仰っているネトゲの地位向上という点についても少しは貢献できたのではないでしょうか。あと、これを見せておけば来週末の漆黒アーリーで部屋に引き篭もっててもとやかく言われにくくなるという狙いもありましたが。

そういえば、事前に泣ける泣けるというので覚悟していったのですが私が一番泣けると思ったシーンは、何故かエンドクレジットのスペシャルサンクスFC:じょびネッツアの文字を見たときでした。なんでだろうな。




劇場版光のお父さん パンフレット


劇場では、唯一のグッズであるパンフレットを購入。

こちらはインタビューがビッシリでしたが大変面白い内容でしたので劇場に足を運んだ方は記念に是非とも。





週間ファミ通 漆黒のヴィランズ

そして関連する話になりますが、今週号のファミ通もついでに買ってきました。こちらは、漆黒のヴィランズアーリーアクセス直前特集ということで吉田プロデューサーのインタビューなんかが載ってます。そして、映画公開週記念ということでマイディーさん、きりんちゃん、あるちゃんのお三方のインタビューとマイディーさんのコラムなんかも載っていました。

あと、表紙がめっちゃカッコイイので光の戦士の方々は購入することをオススメします。表紙がかっこよすぎて初めてファミ通買ったくらいですからね。描き下ろしだそうです。




そんなわけで、忙しい合間を縫って着実にFF14熱を盛り上げていっている今週。待ちに待ったアーリーアクセスまであと1週間です。来週は楽しむぞ!!













クリックよろしくー

あと1週間!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。


この土日はFF14ファンフェスティバル2019in東京が開催ということで、ほぼ1日中ストリーミング放送を見て過ごしました。


fanfesu2019.jpg

最近グラブルの方をガッツリ遊んでいるため、ほとんどログインしていないんですがこういうイベント事だけはついつい見ちゃうんですよね。

パッチ5.0漆黒のヴィランズ
に向けて最後の新ジョブ、および新種族が発表されて、会場も大いに盛り上がっていたと思います。新種族はヴィエラ、ロスガルとそれぞれ男女専用種族が実装されますねぇ。これがFF14最後の種族追加になるそうなので、私はサービス終了まで幻想薬を使うことはなさそうです。

新ジョブはタンクのガンブレイカーと遠隔物理DPSの踊り子ということで、個人的にはヒーラーが欲しかったんですが今回は残念ながら追加がありませんでした。新ヒーラー、パッチ5.0の途中で出してくれると嬉しいなぁ。6.0までお預けとなると流石に遠いですからね。







大型拡張アップデートまで残り3ヶ月ということで、フルバージョンのトレーラーもついに公開となりました。

いやぁ、こうして見てみると実に感慨深く、これからがワクワクしてくるストーリー展開を思わせます。





「世界に夜の闇を取り戻す闘いが始まる」という最高に心躍るフレーズがついた漆黒のヴィランズ。残り3ヶ月、ぼちぼちFF14の配分を上げていって大型アップデートに備えていこうと思います!



そしてこれから冒険を始めてみようかな?って思ってる皆さん。今がチャンスです。あと3ヶ月もあれば余裕で最新コンテンツに追いつけるので、FF14をはじめましょう!



以上














クリックよろしくー

いやー楽しみだ

んじゃ、さいなら~