どもー、こんちゃー。



待ちに待った3連休!

何だか久しぶりに休みを謳歌できる、そんな予感のする3連休初日。今週は仕事もひと段落しつつ既に次の仕事が走り始めているので、来週からまたぼちぼち忙しくなりそうです。でも、FF14では来週からノーマルレイドもスタートするので楽しみが盛りだくさんというわけでやれる事はどんどんやっていこうの精神で今日はGROMのホイールベアリング交換です!



GROM ホイールベアリング 交換

さて、今回のホイールベアリング交換にあたり前回の記事で必要なパーツをリストアップしておりました。

それらをモノタロウや近所のホームセンターで買いそろえて準備完了。


今回、ベアリングの引き抜きはコンクリート用のアンカーボルトを使用した方法で抜くのでアンカーボルト2本と叩き用の適当なボルト、あと我が家にはハンマーが無かったのでこちらも用意しました。



GROM ホイールベアリング 型番

ちなみに、今回使用するベアリングですが両面シールタイプのものを購入しました。純正は片面シールタイプで、正直どっちがいいか分からないんですが両面閉じてるならグリスが密封されてる感があっていいじゃない!ってことで安易に両面シールタイプを選択したわけです。抵抗とかその他諸々あるのかもしれませんが、こういうところはあんまり弄る機会もないのでノーメンテでいけるようにしておきたいですからね。

上記画像では6301LLUという型番ですが、これが片面シールだと末尾がLUになるそうです。豆知識。






GROM ホイールベアリング 交換

さて、まずはフロントのジャッキアップをしていかねばなりません。


ZX-6Rのチェーン清掃用に買って3回くらいしか使ってないリア用メンテナンススタンドを使います。GROMのスイングアームにはメンテナンス用のフックをかけることが出来ないので、新たに角材スイングアーム用のパーツを追加購入いたしました。J-TRIPブランド価格で2,500円ですが、中華スタンドが1個買えそうなお値段ですね。モノはしっかりしてるので安心です。




GROM フロント ジャッキアップ


バイクが直立したところで、エンジンあたりにパンタグラフジャッキを差し込んでリフトアップしていきます。このジャッキは我が家のシエンタ号に積載されていたトヨタ純正のよくあるジャッキで、正直床設置面積も小さいしどうなんだろうと思ってたのですがGROM相手だとかなり余裕があったようです。あと、ジャッキを当てる位置に関しては正直これで正解なのかどうか分かりません。一応、バイクのメンテナンスに詳しい職場の人に聞いたところ「クランクケースには当てるな」と言われたので、エンジン本体に当ててます。もちろん、宛て木は挟んでありますし、エンジンマウント部の直下になるようにやってみたんですが全国のGROM乗りの皆さんいかがでしょうか。

まぁ、私は既に作業が終わってしまっているので今更間違ってたとしても後戻り出来ないんですが、不安な方は是非ともフロントメンテナンススタンドを買って作業してください。




GROM フロント ジャッキアップ


というわけで、自宅の青空駐車場でフロントタイヤがはずれました!!

これ、前回は会社の天井クレーンで吊ってたのですが自宅でフロントはずせるとちょっと感動しますね。自宅でこういうメンテナンスがしたかったんですよ。やっぱバイク弄りやら車弄りは落ち着いた環境でやりたいものですからね。あとは屋根と壁があれば言うことなしです。




GROM ホイールベアリング 交換

さて、ここからはベアリングを交換していきます。

まず、ダストシールをはずします。これは再利用もできそうですが私は新品を用意したので破損を気にせずガンガンはずしていきます。この車体だけなのか、はたまたバイク全体がそういうものなのかは分かりませんがブレーキディスクが付いてる側はダストシールもベアリングもかなり固かったです。ダストシールは固着してると言っていいレベルでしたので、556でやわらかくしてはずしてあげました。たぶん、ブレーキダストとかが発生する側だからこんな風になってるんでしょう。ということは、ダブルディスクだったらだいぶ辛いことになりそうですね・・・


ちなみに、反対側は簡単に取れました。




GROM ホイールベアリング 交換 アンカーボルト


さて、シールがはずれたらあとはベアリングだけです。

コンクリート用のアンカーボルトを差し込んだら頭を叩いて内部で展開。反対側の穴からボルトなどの叩き棒でぶっ叩いて抜くという、文字にすると単純ですが実際にやるとしんどい作業でした。とにかく、ブレーキ側はかなり固くて途中で諦めそうになりましたが何とか両側とも外すことに成功!




GROM ホイールベアリング 交換 アンカーボルト


どっちがブレーキディスク側だったかは言わずとも分かるような感じの結果になりました。

結構力こそパワーな感じで作業を進めたので、ホイールの軸内部や入り口なんかが結構削れたりえぐれたりしてしまいました。使う分には支障ないでしょうが、こういうところがやっぱり素人仕事ですね。


問題のベアリングですが、どうもブレーキディスク側のベアリングがダメになっていたみたいでゴロゴロと抵抗のある感じになっていました。でも、指で回せるくらいには軽かったのでボールが砕けたとかそういったところまではいってなかったのかなぁ。何はともあれ、無事にはずすことが出来て良かったです!




あと、会社で聞いていたワンポイントアドバイスの「抜けなかったらホイールにお湯をかけろ」が大変役に立ったのでここにも記しておこうと思います。




GROM ホイールベアリング 交換

で、今度は新品のベアリングを圧入していきます。


やり方はいろいろありますが、私はもっとも単純な叩き入れでいくことにしました。そして、この叩き入れのために作業中にホームセンターに走るハメになりました。



GROM ホイールベアリング 交換

買ってきたのはソケットです。


何に使うかって、こいつを使ってベアリングを叩くんです。やっぱり、叩くならベアリングの外周なわけで、ちょうどいいサイズのソケットがあればそれを使えばよかったのですが我が家には21mmまでしか無かったのです・・・。本当は用意しておこうと思っていたのですが、すっかり忘れていて作業中に買いに行くハメになりました。無駄にTONEブランドでこいつだけで1,000円くらいしたよう。

実は、買いに行く前に悪あがきでいろんなもので叩いてみたのですが絶望的な入らなさだったので諦めて買いにいった次第です。これがあると無いとじゃ全然違ったので、用途は全く違いますが買ってよかったです。


ちなみにこの圧入作業、進行方向右側からやるのがいいみたいです。実際、ホイールも左右非対称で右側のベアリング受けはストッパーが付いていて、反対側からのベアリングは内部のディスタンスカラーの遊び調整がある程度効くような構造になっていました。圧入の際、ディスタンスカラーは固定しない方がいいとか固定した方がいいとかいろいろな意見がありますが、私は元々入っていた具合を再現して入れたつもりです。ちょっと入れすぎたかもしれませんが、それはご愛嬌ということで。




GROM ホイールベアリング 交換


というわけで、GROMのフロントホイールベアリングの交換完了です!!


いやぁ疲れた。でもタイヤ交換より楽だったなぁ。


作業時間はジャッキアップの試行錯誤や買出しなんかも入れると3時間くらいかかっちゃいましたね。ベアリングがどれだけ簡単に抜けるかで作業時間も変わってきそうです。今回、買ってあったアンカーボルト2つを使い切っちゃったので後輪はまた次回。



以上、DIYメンテナンス日記でした。













クリックよろしくー

メンテ楽しい!

んじゃ、さいなら~
テーマ:整備
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



ここ最近仕事が超忙しいのと、FF14 漆黒のヴィランズで遊ぶのが忙しすぎてすっかり更新頻度が落ちてしまっております。前者はいかんともしがたく、後者もいかんともしがたいので仕方がない部分が多いですがもう少し仕事量はお手柔らかに願いたいものですね・・・。

さて、本日の記事はGROMメンテの備忘録。


前輪のホイールベアリングが(おそらく)破損しました。




原因は不明。大雨の中会社から帰宅した後におかしくなったので、そこで一気に水が入って錆が発生し、破損に繋がった可能性があります。じゃあ、その前にダストシールとか破損してた可能性が高いわけですが思い当たる節が1つあります。実は、ブログ内で記事にはしていなかったのですがGROMの前後輪のタイヤ交換を自分でやっています。その際、コツやネットだけの情報では限界があり結構力まかせだった部分も多かったと反省しております。仮に、ダストシールを傷つけた可能性があるとすればそのタイヤ交換の時でしょうねぇ。困ったものです。


ちなみに、前輪交換は会社の天井クレーンで釣ったのですがこのベアリングの状態でもう1度会社まで行くのは怖いので、今回は車載パンタジャッキ+後輪メンテスタンドでちょっとだけ浮かせて前輪を外す計画です。で、ベアリングの交換方法なんですがこの動画を参考にすることにしました。





自分のやりたい作業を検索すると、解説付き動画が出てくるなんて便利な時代になりました。作業の正確性、内容の信憑性なんかは一旦置いといて、作業のとっかかりや参考になればよいかなと考えております。

で、今回は前輪のベアリングがおかしくなってしまったわけですが後輪も同様にタイヤ交換しており、走行距離も経過年数も同じなので一緒に交換することに決定。




GROM ベアリング パーツ


早速、モノタロウで各種新品パーツを注文いたしました。

ダストシールも新品を注文したので、これで足回りは一旦リフレッシュされるかなと思います。半年前に後輪を交換した時、リアアクスルシャフトに若干錆が浮いていたので、今回の交換で様子を見てみて錆が酷くなっているようであればシャフトも新品を買ってもいいかもしれませんね。


ちなみにパーツに関してですが・・・

前輪
ダストシール:91252KGH901 2個
ベアリング:NTN 6301LLU 2個

後輪
ハブベアリング:NTN 6203LLU 1個
ダストシール:91251KGH902 1個
ベアリング:NTN 6301LLU 2個
ダストシール:90753051003 1個



こんな感じになります。

こうやって書き出してて気付いたんですが、リアのベアリング2個注文し忘れてますね。馬鹿ですね。送料500円余計にかかっちゃうよう・・・




WS008406.jpg

って思って追加注文したらセーフでした。モノタロウは神



それはそれとして、前輪後輪のベアリングの種類は一緒で、ハブベアリングだけ種類が違うようです。また、後輪のダストシールはハブ側に1個、反対側に1個とそれぞれ種類が違うようなので注意。尚、この番号が合ってるかどうかはまだ作業前なので不明です。まぁ高いものでもないので失敗したらその時はもう1回頑張ってみましょう!

というわけで、パーツ代だけで全部で3500円くらい。

前後輪交換+パーツ代をバイク屋さんに頼むと結構なお値段になりそうです。ZX-6Rだったら私もバイク屋さんに頼んでしまいそうですが、GROMはDIYおもちゃバイクなので趣味として交換にチャレンジです。





あとは、交換に必要な道具の準備。

ベアリングを抜くにはM12のコンクリートアンカーボルトを打ち込んで、反対側からボルトなどの叩き棒で抜く手法があるみたいです。もちろん、そんな乱暴な方法じゃなくて専用工具もあるんですが、引き抜くだけならこれでもいいかなと思います。あとでホームセンターに買いにいくつもりです。

あとは、叩き用のハンマーを用意してやればオッケーですね。


新品のベアリングを圧入する時はどうしようかなって思ってたんですが、とりあえずスペーサーを噛ましてハンマーで叩きいれようかと思います。職業柄、ハンマーで叩き入れる作業は慣れているのでまぁ何とかなるでしょう。動画に出てきた自作圧入器具を作るのもいいかもしれないので、ホームセンターで考えてみます。



そんなわけで、前輪の調子が悪くなったGROMちゃん。


タイヤ交換に続き、足回りのメンテナンスとなります。ワクワク3割、不安3割、面倒4割ってところで、最近は何事も面倒をぶっ飛ばしてなるべく手を動かすようにしています。今回のこれも、まぁそういうイベントだと思って楽しく交換作業していこうと思います。

全パーツが手元に届いて、交換作業をしたらその2の記事を書こうと思います。



にしても、ブログに備忘録的に書いといて良かったです。注文忘れに気付けたので!




以上













クリックよろしくー

実はチェーン交換も控えている

んじゃ、さいなら~
テーマ:整備
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


この土日は久しぶりに充実した過ごし方だったように思えます。2日間とも昼寝が必要なくらい体力も使ったし、いい感じなんじゃないでしょうか。


さて、昨日は車のヘッドライトを磨いていたのでその事について備忘録的に残せればいいなと思い記事にすることにしました。


最近、ふとしたときに車のヘッドライトがめっちゃ黄ばんでることに気付きました。10年以上乗ってる車で、ヘッドライトに関してはノーメンテだったので仕方がありませんが、それにしたって黄ばんでいます。青空駐車で紫外線に晒され続けたのも原因ですね。この黄ばみ、どうやら外側だけであれば簡単に直るらしいので実際にやってみることにしました。






参考にさせてもらったのはこちらの動画。カーライフナビゲーターabetomoさんの動画にはいつもお世話になっております。




というわけで、早速ヘッドライトを綺麗にするやつを購入。



スマートシャイン ヘッドライト 黄ばみ取り


購入したのは動画にも出てきたCCI製スマートシャイン ヘッドライトコートという商品です。1,200円ちょっととお買い得。使いきり商品ですが、この値段なら気軽に手を出せます。









ヘッドライト 黄ばみ取り

箱の中身はこんな感じ。

2000番の耐水ペーパー2枚、6000番1枚、ペーパーやすりを押し当てるスポンジ1個、ヘッドライトをコートするガーゼ2個、ヘッドライトコート用の2液、説明書って具合です。

中身自体は動画を見て知っていたのですが、2000番から始まるというのがどうにもしっくり来なかったので個人的に1000番と1500番も用意してみました。単に黄ばんでいるだけならいいんですが、うちの車のヘッドライトは何だかやたらと傷付いていたのでそれらの傷が少しでも消えればなという思いで粗めの番手からやっていきます。





ヘッドライト 黄ばみ取り


さて、いきなり施工中の画像ですが何と黄ばんでいる状態のビフォー画像を撮り忘れました。ブログで記事にしようと思ってたのにアホなのかと。そんなわけで、この画像はちょうど1000番を入れ終わったあたりです。当然ながら紙やすりで古いコートごと削り取っていってるので水分が抜けると真っ白けになります。水研ぎ中は綺麗に見えるんですけどね。


説明書にも書いてありますが、黄色い汚れた水、または白っぽい水が出なくなるまで研ぎ続ける必要があります。これはやってみると分かりやすいですね。1000番に一番時間をかけてゆっくり丁寧に研ぎ上げましたが、結果から言えば400か600番あたりから始めたほうが正解だったかもしれません。というのも、実際触ってみると想像以上に深い傷が多く、とても1000番だけでは落としきれるようなものではなかったのです。まぁ始めちゃったのならしゃーないってことで、今回はこのまま進めます。





ヘッドライト 黄ばみ取り


付属の6000番まで通し終えたらいよいよコート剤の出番です。6000番を通した段階でパッと見はかなり綺麗になっているんですが、ここでさらにもう1段階綺麗にしてやりましょう!この2液を瓶のほうで混ぜて、注射器で適量を取りガーゼに染み込ませるというなかなか安価ながらも考えられた商品構成ですね。

あとはガーゼで混合液と説明書通りに塗布してやって自然乾燥させれば完成です。






ヘッドライト 黄ばみ取り


じゃじゃーん!!!


写真で見るとめっちゃ綺麗じゃないですか?実際、遠目に見れば見違える仕上がりになっています。ただ、やはり今回は研ぎ始める番手が浅かったせいか近くで見ると深い傷がところどころに残っていてもうちょっと頑張ればよかったかなーと思わせてしまう出来栄えになりました。コート剤自体の性能は大したもんで、ちゃんと固まっててあたかも2液ウレタンで塗装されたかのような仕上がりです。1200円のキット内容と素人施工でこの仕上がりならば満点でしょう。

あと、面倒くさがってマスキングせずに全作業をしましたがうっかりしてボディに耐水ペーパーが入ると傷になるのでご注意を。







炎天下や風がある環境での使用禁止、そもそも屋内施工推奨の商品なので外でやるなって話しですがそれなりに上手くできた気がします。商品の謳い文句は1年間の耐久力らしいので、これだけで1年持つなら安いものでしょう。ただ、やすりがけに慣れてないと力加減が分からなかったりすると思うので施工難度はそこそこかなって思います。擬似的にも塗装ですので、やっぱり下地処理が9割ですからね。私もまだまだ下手なので腕を上げたいところです。


というわけで、ヘッドライトが綺麗になったので次はボディを綺麗にしてやろうかななんて思い始めました。


車欲しい反動がとりあえず自宅の親の車に向かっているので概ね満足されているようで良かったです。




以上





コメント返信

>タマ兄さん
出始めは不安要素もあるけど楽しみだねー
メモリは個人的にはまだ下がると予想。価格が横ばいになり始めたら買う予定。
GPUは期待しつつも、E3で皮ジャンが何かぶつけてきそうなので2社とも頑張っていただきたい。













クリックよろしくー

そろそろブログに車カテゴリを作らねば

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日はとてもいい天気でしたね。

私は貯まりに貯まった残業時間を労働基準法の枠内に収めるため、本日はお休みでしたのでプレミアムフライデー気分で1日過ごしておりました!



まずは朝から車のタイヤ交換。6年も使っていたスタッドレスを買い替えです。ちょっと痛い出費ですが、全く雪が降らない地域でもないので仕方ありません。混んでるかと思いきや、お店について20分でタイヤ交換完了するというスピード作業っぷりには驚かされました。

思っていた以上にスピーディに終わったので、そのままの勢いで自宅でバイクのオイル交換をすることに。



GROM オイル交換

まずはGROMちゃん

これから週1通勤号に戻るのでしっかりメンテナンスしてやらねばなりませんが、とにもかくにもオイル交換からでしょう。



ちなみに、最後にオイル交換をしたのは1年半前とかなり期間が空いてしまいました。しかし、その間走行した距離はたった1,000kmちょっと。ほんとにご近所しか走りまわってない証拠ですね。もうちょと乗ってやらんとかわいそうかなぁ。

ついでに先日更新した自賠責保険のステッカーも貼り変えてこれで準備はバッチリです。タイヤ交換はもうちょっと道具が届かないと出来ないからもうちょっと先なのだ。






ZX-6R オイル交換


続いてZX-6Rくん

先日の大洗ツーリングの時に、やたらとシフトチェンジに引っかかりがあるような気がしたので交換です。オイル交換自体はこちらも約11ヶ月振りという長期スパン。走行距離は1,500km程でした。あんまり乗ってないな!!

ZX-6Rは1回乗ると距離が伸びるのですが、頻度で考えたらGROMの方が多いかもしれません。


ともあれ、2台ともサクッとオイル交換完了です。





入れたオイルはもちろんカストロールパワー1です。4Lで2,200円くらいという激安オイルなわりに、GROMにとっては高級、ZX-6Rにとっては普通という便利なオイル。いつでも1ポチで家に届いて超便利なのでもうずっとコレです。



空気圧チェックと日常点検もして、2台で1時間半ちょっとの作業時間で済んだので良かったです。




そんなわけで、プレミアムな午前中に車とバイクのメンテ日記でした。


















クリックよろしくー

あと2連休~

んじゃ、さいなら~
テーマ:メンテナンス&ケア
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


今日は土曜日でバイクに乗りたい気分だったんですが、生憎の雨で家に引き篭もってました。1日中寝てたよ!


先週福島へツーリングに行って、翌日にバイクのメンテナンスをしていたのですが今日は書くことも無かったので1週間寝かせたネタを引っ張ってきたというわけです。





IMG_20171009_160125.jpg

というわけで、少し前にチェーンメンテナンスの準備をしようなんて事を記事にしていましたが、納車されてから700kmくらい走って結構汚れも貯まったはずなので今回はZX-6Rのチェーン清掃をおこなうことにしました。

用意したのは画像に写っている品々です。





スプレー缶が3つありますが、それぞれチェーンクリーナー、パーツクリーナー、チェーンルブとなっております。クリーナーはどちらもAZ製のもので、Amazonでお一人様1回限りで98円という激安価格で販売されていたので買ってみました。チェーンルブはワコーズ製です。





ワコーズにはチェーンの潤滑剤としてチェーンガードという商品があります。

チェーンガードは粘度が高く飛び散りにくいのでメンテナンス間隔が長期間になります。しかし油に色が付いてるので、塗ると白くなります。ふき取ればある程度は綺麗になりますけども。対してチェーンルブは粘度が低いのですが透明で、潤滑性が非常に高いんだとか。悩んだ末、とりあえず今回はチェーンルブを選択することにしました。白くならないし!






IMG_20171009_160442.jpg

早速チェーン清掃をおこないます。

GROMの超汚いチェーンに比べると清掃の必要性を感じさせない見た目だったんですが、清掃してみると結構汚いです。新聞紙でタイヤやスタンド、地面をカバーして汚れた油が飛び散るのを防ぎましょう。


チェーンクリーナーとパーツクリーナー、どちらも脱脂効果がありぶっちゃけパーツクリーナーだけでいいんじゃないか?なんて考えていたんですが、使ってみるとよく分かりました。チェーンクリーナーはパーツクリーナーに比べて粘性があり、揮発性も抑え目になっていて、より長い時間チェーンに留まり汚れや油を分解する作用を持っているようです。チェーンクリーナーを吹きかけた後にブラシでゴシゴシ擦ってやるとあっという間に汚れが浮いて真っ黒になります。

汚れが浮いたらパーツクリーナーをかけて汚れを洗い流します。シールチェーンのシール部分に対するパーツクリーナーの攻撃性なんかがネット上ではよく言われている部分ですが、パーツクリーナーを吹いたくらいでシールがどうにかなっちゃうようには思えないのでガンガン吹きかけていきます。ZX-6Rの純正チェーンは単品注文するとえらい高いみたいですが、チェーン交換はまだまだ先ですからね。こまめに清掃と注油をしてやった方が精神衛生上も良いと思われます。





さて、そんなわけでメンテスタンドを使い楽々チェーンメンテを行い、最後にチェーンルブを吹きかけて余分な油をふき取ってピカピカになったわけですが、この後1度もバイクに乗れてません。最後にメンテスタンドひっかけたまま後輪を回転させてみたらえらいスムーズになってたのでチェーンルブの効果は出てると思うのですが、実際に乗ってみないことには違いは分かりませんからね。しかし来週1週間も雨模様・・・


雨期間はバイクをピカピカに保つことを考えたり、シートバッグ探したりに注力しようと思います。




とりあえずチェーンもピカピカになっていい気分なので、早く秋晴れの中走りたいですね!


以上













クリックよろしくー

晴れろ!

んじゃ、さいなら~