どもー、こんちゃー。



今日は朝早く家を出て、東京の端っこ奥多摩にツーリングをしに行ってきました!


前々から1度は行ってみようと思っていたのですが、今回念願叶ったというところですかね。



そもそも奥多摩とはどこにあるのか?

東京都が横たわっているとして、地図上で左端の方にあります。山梨県との県境が近いですね。つまり東京のようで東京ではない場所です。大都会東京とは縁遠い場所ですね。

奥多摩 セブン バイク

とりあえず定期コンビニでバイク撮る奴

今回はくろけし君、ゴリアテ君と共に奥多摩をめぐります。くろけし君にとってはホームグラウンド、奥多摩なら任せておけ!ってことだったので今回のツーリングプランは全てお任せいたしました。毎度思いますが、彼はツーリングプラン立てるのめちゃくちゃ上手いですね。素晴らしい才能だと思うのでこれからも宜しくお願いします。

いつもくろけし君には片道3時間かけてこっちに来てもらってますが、今回は逆パターンだったわけです。ぶっちゃけ奥多摩着いた時点でなかなかの疲労感だったのでくろけし君は毎度よくやるなぁ、バイク馬鹿だなぁって思います。


奥多摩 バイク

そんなわけで奥多摩を走っていくわけですが、日曜日で天気も良いこともあり駐車場には我々以外にも大量のバイク、車、あと自転車に乗ってる人達がいました。バイクに乗ってる方々を見るとやはりユーザーの年齢層は高いんだなという事を実感させます。もうちょっと若者いてもいいのにね。

奥多摩の峠道は基本的に奥多摩湖の周りに張り巡らされる形で配置されており、奥多摩湖を眺めながらだんだんと標高が上がっていき景色が良くなってくるという塩梅です。本当に東京都なのかと疑ってしまうような見事な自然を拝むことができます。

奥多摩 麦山浮橋

道中、ダム湖にかかっている麦山浮橋という橋に降りられる場所があったので降りてみました。

上から眺める湖もいいですが、湖から見上げる山々もなかなかのもんです。

奥多摩 麦山浮橋

ちなみにこの橋は高いところからも見えるので、自分達がどのくらい走ってきたのかが分かります。

奥多摩はコンパクトにまとまっている割には峠道は個人的には結構面白いというか、頑張る必要があるというか、Raiderでは速くは走れませんでしたが気持ちよく走ることができました。

奥多摩 バイク

バイクの停車写真ばっかでもアレなんで一応走ってるところでも。

GoProで走ってるところはバッチリ取れたので、あとで気合入れて編集しようと思います。気合入れないと腰が重いんで・・・


お昼は都民の森という場所で適当に済ませて、そこでUターン。下りの道を楽しみつつ、帰りは温泉に寄って帰りました。


奥多摩 もえぎの湯

もえぎの湯というところなのですが、この温泉がなかなか刺激的でして・・・皮膚の薄い指先や顔なんかがチクチク痛みます。帰宅して風呂に入りなおしたんですが、それでもまだピリピリしますねぇ。ちょっと肌が弱い人には向いてないかもしれません。あと東京価格なのかけっこう割高な感じでした。


そんなわけでかなりザックリまとめた今回の奥多摩ツーリング。


Riaderで峠道を走ることに慣れていないのでかなりローペースでしたが、それでも気持ちよく走ることができたので大満足な1日でした。峠道もたまにはいいもんです。しかし峠道を走るとスーパースポーツ欲しくなるよなぁ・・・


また奥多摩には行きたいですね!


以上












クリックよろしくー

【夏休み220日目】

いやぁ、全身バキバキ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日は久しぶりにバイクでツーリングに繰り出してきました。

昨今は残業規制が厳しくなってきたというのに絶賛デスマーチ中のゴリアテ君が久しぶりに休みを取れたということで、今回は茨城県鹿嶋市に行ってきましたよ。



特に鹿嶋にした理由は無いんですが、ここはあの「鹿島アントラーズ」のホーム地でもあります。鹿島スタジアムもありました。市名は「鹿市」なのにサッカーチームが「鹿アントラーズ」なのは誤差なんですかね?

さて、目的地は地図に載っている「とっぷ・さんて大洋」という温泉です。宿泊もできる海沿いのスパリゾード的な場所です。

ここの温泉は入浴料が850円と少々お高めの設定だったんですが、今までに入ったことのない独特な温泉でした。

とっぷ・さんて大洋

画像は公式ホームページのもののため分かりにくいですが、温泉が黒いのです。ええ、そりゃもう黒かったです。湯船に10cmも手を沈めたら手先が見えなくなるほどの黒さでした。タオルで体を拭いたらタオルが茶色く染まります。海洋性のミネラル分を多く含む塩化物強塩泉だそうで、肌が潤うそうなんです。ちょうど肌がカッサカサだった私には最高に良い温泉で、浸かっていると本当に潤いを実感するくらいにツヤッツヤになる温泉でした。

そういやなんで黒いのかは書いてないですね。海洋性の温泉ってのは黒いもんなんでしょうか。

いやぁ、しかしこの黒い温泉は癖になりますね。ちょっとリピーターになりたくなりました。だってお肌が潤うんですもの。もし近くを通るよって方は、海沿いで行きやすいですしツーリングついでに入るといいかもしれませんね。




あとはラーメンも食べてきました。

鹿嶋スタジアム周辺にはラーメン屋が軒を連ねているようで、たくさんの中から今回は「王道・背脂煮干中華そば潤」というお店に行きました。温泉で潤って、ラーメンでも潤うとは・・・!!ちなみに駐車場は非常に狭いのでバイクで行く場合はちょっと注意が必要かもしれません。

このお店は芸人の有吉とマツコDXが何かの番組で絶賛したらしいラーメンがあるということで、今回はそれを注文してみました。



鹿嶋 潤 岩のりラーメン

じゃーん!

岩のりラーメンです。

写真の通り岩のりがこれでもかってくらい乗っていました。麺は太麺で岩のりがスープでふやけると絡みやすくて美味しかったです。スープもこってり感があるのかなと思ってたのですが、かなりさっぱりしたお味でお腹に優しく、ほのかに柚子の風味が利いてて見た目の割りにとってもお上品なラーメンでした。見た目のインパクトもかなりありましたが、味にも驚かされていいラーメン屋さんでしたね。


ツーリング XV1900CU CB1300SB エストレヤ

というわけで簡単日帰りツーリングとなりました。こいつらいつもコンビニの駐車場でバイクの写真撮ってんな。

約1ヶ月ぶりのレイダーでしたがやはりバイクはいいものです。働いていようが働いていまいがバイクの楽しさは変わりません。久しぶりにゴリアテ君とも会ったので道中はしょうもない会話が弾みましたが、やはりこうしてバイクに乗ってツーリングに出かけるとバイクの話題になることがあります。

そうすると、今乗っているバイクには大変満足しているのですが、やはり違うバイクにも乗ってみたいという欲が湧いてきちゃうよね~って話になります。オフ車も欲しいし、スーパースポーツにも乗りたいし、クラシックも愛でたい。バイクは寂しがりやなので、すぐに仲間が増えちゃうんですよねぇ。・・・・複数台持ちしたいなぁ。



そんなわけでバイクはいいもんだと再認識できたツーリング日記でした。














クリックよろしくー

【夏休み212日目】

バイクたのしいよバイク

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


さて、体調不良で死んでた日に実は大洗へツーリングしに行っていたので今回はそのレポートを書いていこうと思います。毎度お馴染み、最高にちょうどいいツーリング先である大洗ですが今回の目的はココスです。現在絶賛コラボキャンペーン展開中のココスですが、大洗店のみ豪華なラッピングと特別メニューがあるんだとか!これは行かねば!


XV1900CU Ninja250 エストレヤ

そんなわけで今回のメンバーは私、くろけし、yasuの3名です。申し訳程度のバイク要素。バイクで行ってきたという証拠写真。ツーリング日記って大体そうなりますよね。

そうそう、前日にオイル交換をしていたおかげでレイダーの調子はすこぶる良かったです。シフトチェンジも心なしかスムーズに感じました。オイルはお漏らしせずに済んだので、オイル交換は上手に出来ましたってことで。

三色丼

そんなわけでまずは腹ごしらえ。

日曜日の大洗ともなればどこも混雑しているので、大洗を通り越して隣のひたちなか市の市場で三色丼を味わってきました。まさかコレが後に災厄を引き起こすことになるとは知らず、大量に乗ってたわさびを醤油で溶いて「わさびが鼻を突き抜ける~っ」なんて言いながら食べてました。美味しかったです!

その後大洗へ移動。まずは目的地のココスへ。

ガルパン ココス 旗

ココス大洗店はこんなのぼり旗が大量に駐車場を囲んでいたのですぐに分かりました。



場所は少し内陸側になっており、キャンプ場のすぐ近くでした。店舗自体は小さく、駐車場も30台かそこらしか停められそうにないので土日のお昼時はすごい混雑しそうですね。

私が行った時は既に午後3時近くでしたが、それでも駐車場は8割方埋まっていました。


ガルパン ココス 大洗店

さてさて、ここからはお店のラッピングを紹介。

この6週間のキャンペーンのためだけに外側にいろいろとラッピングしたそうで、私含めるオタク共は寄り付くでしょうが一般客はやたら入りずらい外装になってしまいました。ここだけ一昔前の秋葉原みたいです。

ガルパン ココス 大洗店
ガルパン ココス 大洗店
ガルパン ココス 大洗店

入り口に続く窓にはこんな風にラッピングが施されており、店内の窓は全てカーテンが下りていて薄暗い雰囲気でした。

ガルパン ココス 大洗店

また、入り口とその脇には壁一面にⅣ号戦車と会長が。

店の外側だけでもなかなかのもんで見る価値もあるかと思います。

さてさて、大洗店は外装だけではありません。メニューも大洗店限定のものがあります。


ガルパン ココス 大洗店 戦車ケーキ

それがこの戦車ケーキ。980円税別ってたけぇなオイ!600円くらいかと思ったぞ!!

まぁなんだか見た目重視の手間ばかりかかりそうなケーキですから仕方ないんでしょうね。大洗店だけですし。



店内は9割以上男性客、眼鏡率が異様に高いという凄い空間。そして店内もいたるところがラッピングされており、ちょっとやりすぎじゃねぇの?と思う程でした。

ガルパン ココス 大洗店

ドリンクバー周りにも専用のポップまで釣り下がっている始末。

ガルパン ココス 大洗店 戦車ケーキ

そしてやってきました戦車ケーキ。

3人で食べましたが、それなりのボリュームがあります。味は普通でした。やっぱこれって見た目を楽しむ食べ物です。そんなこんなで見て楽しんだココス大洗店。しばらくは土日混みそうですね。

ガルパン ココス 大洗店

ちなみに大洗店のパネルはみぽりんでした。




お腹も満足したので、あとはお土産を買って帰るだけです。まずは曲がり松商店街へ行き、大洗のタオル屋こと山戸呉服店に向かいます。普段使いしているタオルが消耗してきたので新しいタオルを買い足しました。

大洗 タオル 山戸呉服店

なんと貰えるものがオリジナルポストカードに変わっていました。まさかの描き下ろしという豪華っぷり。やったぜ!!
ちなみにポストカード裏面にはこんな文字が入ってました。

            タオル
㈲山戸呉服店

・・・なるほど、呉服と書いてタオルと読むわけですね。流石大洗のタオル屋。山戸さんのガルパンタオル、飾っておくだけではもったいない程の素晴らしい使い心地なので興味のある方は是非とも買いに行くことをオススメいたします。

大洗まいわい市場

最後はまいわい市場のガルパンギャラリーに寄って今回の大洗ツーリングは終了。

アクリルキーホルダーダブりました。残念。そして何だかまた店内改装するみたいです。お休み期間がそう長くもないのでちょっとした模様替えかな?

また春頃にでも行けたらと思います。






さて、ここからは体調不良のターン。

帰り際になって昼に食った三色丼のわさびが効いてきたのか、それとも何か当たったのか分かりませんが逆流性食道炎ぽい症状が出て無事死亡。動けなくなったため薬買ってきてもらったり待ってもらったり大変ご迷惑をおかけいたしました。某高速PAのベンチで横たわって唸ってたのは私です。バイクで出かけるからには体調管理にも気を配らないとなぁと痛感したツーリングとなりました。とりあえず胃腸薬は必ず持ち歩くようにします。


そんなわけで一波乱ありましたが、ガルパンを堪能できたツーリングでした。


以上

コメント返信
>ウミさん
今ではすっかり回復して元気になりました~















クリックよろしくー

【夏休み180日目】

ガルパンはいいなぁ

んじゃ、さいなら~
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


今日もお昼まで布団でゴロゴロしてました。ちょっと昼夜逆転気味なんですが、いい加減直したいところであります。


さてさて、今日は友人のyas君がやっと仕事納めだということでくろけし君も交えて2016年ラストツーリングに行くことになりました!

ツーリング

と言っても出かけた時間が3時過ぎだったので近所の道の駅までだったんですが、寒くても空は晴れ渡っており良いツーリング日和となりました。

今年もいろんなところにバイクで行ったなぁ。来年もたくさんバイク乗ろうと思います。



そんな走り収めだったのですが・・・





家出て1分で立ちゴケして見事にクラッチレバーが曲がり、これでやっと今年の厄も落ちたかなといった具合です。

左にコケたのは初めてでしたが、我らが神「エンジンガード」様のおかげでレバー以外はスリ傷付いたぐらいですみました。エンジンとタンクは無事でぇえええす!!


レバーどうすっかなぁ・・・

新しいのと交換でもいっかなぁなんて思うのですが、とりあえず反対方向へ曲げてどうにかならないか試してみようと思います。別にこれでも操作に支障はないんですが、見た目があんまりにもあんまりなんで。


そんなわけで無事とはいきませんでしたが、今年も怪我だけはせずにバイクに乗り切ることができました。来年も安全運転でバイクに乗ろうと思います。


以上













クリックよろしくー

【夏休み148日目】

レバー曲げ職人

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日も1日いい天気でした。私は1日アニメ見たり忙しかったですが元気です。

さて今日は昨日に引き続き箱根ツーリング日記です。


結局1日目は箱根神社を後にした後夕飯を食べたりお酒を買いに行ったりでうろちょろしてたらすっかり真っ暗。漆黒に包まれた冬の山道を走るという無茶をしながら宿泊先へと向かったのでした。

B&B パンシオン箱根

今回宿泊したのはB&Bパンシオン箱根というホテル。

宿泊料が非常に安く、2人で泊まって1人あたり3,750円で朝食にパンが食べ放題です。また、箱根と言えば温泉ですが一応ここにも深夜1時まで入浴できる天然温泉の大浴場が着いているので疲れも取れていいホテルでした。もちろん料金が安いのでアメニティが無かったり、各客室にトイレがついていなかったりと不便な点はありますが、別にボロ宿というわけでもなく清潔で必要最低限揃っている、素泊まりにはちょうどいい宿でした。

箱根の山々を走りに行くという方にはオススメです。


そして翌日。


大涌谷

大涌谷に行きました。

大涌谷は「黒たまご」なるものが有名な観光地で、火山性地震による地滑りによって発生した谷なんだそうです。いたるところで火山なのか何なのか、蒸気が吹き出ており、駐車場に駐輪した際にガスの噴出に関する注意書きまで渡されるほどです。大涌谷全体が非常に硫黄臭いのですが、谷に近づくとより濃厚な臭いになるので硫黄の臭いが苦手な人には厳しい場所ですね。

この「くろたまご館」は名前の通り黒たまごの販売他、様々なお土産を販売しているお店でした。

黒たまごという題材、そして富士山という恵まれた観光資源により饅頭やらなにやら大量にお土産が用意されており観光客で賑わっておりました。

大涌谷

たにはこんな具合に煙が上がっており、大自然を感じることができます。

ロープウェイも運行しており、谷の間を渡るようなルートのようなので眺めはいいんじゃないかなぁと。我々はあくまでも走りにきただけなので遠慮しておきました。それにしてもここは本当に観光客が多かったですね。箱根神社でも多少見ましたが、特に外国人観光客の人気は高いようでたくさんいました。

それと、この大涌谷からはちょうどいい具合に富士山を拝むことができます。


大涌谷 富士山

山頂が雲に覆われてしまっているんですが、今回の箱根旅行で我々が確認できた富士山の中ではこれが一番綺麗な富士山でした。

やはり富士山の近くまで行ったら富士山をバックにバイクの写真を撮りたくなるのがライダーの性というモノ。駐車場から頑張って撮影してみましたよ。しかし、こういった美しい自然の景色を見て最近つくづく思うのは、やはり写真で見るのと実際に自分の目で見るのとでは迫力が違うということです。実際にその場所に行って自分の目で見たほうが何倍も美しく、そしてそこに有るという実感が湧きます。これだからツーリングは楽しいのです。


大満足な景色を見れた大涌谷を下山して向かうのは仙石原


仙石原

道路の両側を埋め尽くす大量のススキ畑。

山の上から一気に駆け下りて山に囲まれた低地を突き進むのは非常に気持ちの良いものです。標高の高いところからこの原っぱを眺めるのもそれは美しい景色でしょうが、その原っぱの中を進むというのもなかなかに楽しかったですね。


そして今度はそのまま山を登って登って辿り着いた先は「箱根スカイライン」です。ここも有料道路なわけですが、1日目に走った「ターンパイク」とはまた違った印象の道路で、こちらの方がカーブはキツい感じはするのですが、走っている場所が崖っぷちなのでかなり景色がいいです。景色に見惚れていると確実にガードレールとお友達になれる絶景でしたね。


道中にはいくつか立ち寄れるスポットが用意されているのですが西は富士山、東は芦ノ湖とどちらを見にいっても美しい景色が広がっており、道路は走っていると楽しくてワクワクするような素敵な場所。

箱根スカイライン 富士山

中でも「三国峠」というスポットは神奈川の海から富士山まで見渡せる最高のスポットでした。

残念ながら、大涌谷を出た後どんどん富士山に雲が被っていってしまい、お昼前には御覧の通り。写真の雲の塊の中に富士山があるのです。うーん、天気ばっかりはどうしようもないのですが周りが晴れていただけに残念でしたねぇ。


この写真はかなり視点高めで撮りましたが、柵のそばまで行けば富士山はもちろんの事、その裾野に広がる平野や、少し左を見れば海や街が見渡せるので箱根に来たら絶対に立ち寄っておくべきスポットと言えるでしょうね。本当にいい場所です。



そんなわけで箱根の道と景色を堪能した2日間。


最後はそのまま1号線を辿り高速道路に乗って帰宅となりました。


とにかく坂、そして山。湖と富士山、恵まれた自然の絶景。バイクに乗っている者ならば1度は訪れてみたい場所と言えるでしょう。観光地としてどうなんだと問われると、どうなんだろう?と疑問で返したくなりますが、走りにくる分には間違いなく気持ちの良い場所でした。

箱根スカイライン

そんなわけで1泊2日の箱根ツーリングでした。

往復500kmくらい走ったかなー?いい加減オイル交換しないとです。あとレイダーの謎異音も復活したのは山を頑張って走ったせいなのか、それともやっぱり寒くなったからなのか?

なんにせよ、キャンツーではない久しぶりの純粋に走りを楽しむツーリングができて良かったです。





コメント返信
>ウミさん
箱根は景色が良かったです。
プリキュアは感想こそ書かなくなりましたが今でも見てますよ!














クリックよろしくー

【夏休み137日目】
【残り貯金額2兆2145億メル】

箱根は坂だー

んじゃ、さいなら~
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク