どもー、こんちゃー。


昨日は睡眠時間を削ってグラブってたせいで、今朝はすっかり起きるのが遅くなってしまいました。ゲームに熱中しているときというのは恐ろしいものです。

さて、今日は昨年末コケて曲げたRaiderのクラッチレバーをいい加減交換しようと思い頑張ってみました。


XV1900CU クラッチレバー

さて、これが今回私が手に入れたクラッチレバーです。

純正品はYSPかヤマハと公式に提携しているバイク屋さんから注文する必要があります。税込4,126円+送料です。しかしたかがレバー1本でこの値段は何とかならんものか・・・・これが大型バイクの”維持費”というやつなのか、なんて思いながらネットを探していたら見つけました米国製。お値段ほぼ半額の2,246円+送料です。安いぞ!

アフィでも何でもないのでURL貼っておきますが・・・

【USA在庫あり】 0613-0485 Parts Unlimited クラッチレバー 06年-09年 XV1900 ポリッシュ

米国在庫ということで発送までに10日ほどかかりましたが、レバーが根元からポッキリ折れてて急ぎってわけでもないので安くて助かりました。更に送料は定形外250円とリーズナブル。懐が厳しい私にとってはとても優しいお店です。


ってわけで早速交換です。

マイナスドライバーが必要なんですが、なんと家に1本も無かったのでダイソーまで買いに走りましたよ。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

油圧クラッチレバーは根元のマイナス頭のネジを緩めると簡単にはずれます。


XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

裏側にネジを留めてるナットがあるので先に外しておきましょう。



しかし、油圧クラッチっていうくらいだからレバーを外した途端に油がドバドバ噴出するんじゃないかと思っていたのですがそんなアホな構造にはなっていませんでした。いやぁ良かった。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

2つ並べてみました。

やっぱ曲がってんなぁ。

しかし、こうして見ると根元にいけばいく程極太になるデザインのおかげで曲がる程度で済んだんでしょうかね。ポッキリいかずに済んで良かったですよ。あとは新品と見比べてみると、やはり今まで使っていたレバーはくすんで見えますね。恐らくアルミでしょうから表面が曇っちゃうんですよねぇ。こればっかりは何とも。しかし新品は結構ピカピカしてるので、こんな事ならブレーキレバーも一緒に交換してしまえば良かったかもしれません。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

さて、外したネジとナットですがネジは汚いので拭いておきます。あとでグリスアップもします。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換


はずしたクラッチレバーですが、根元に丸い金属のパーツが付いてます。これは使いまわすので引き抜きます。指で押せば簡単にはずれますよ。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

このちんまいのがそうです。穴が開いてます。

この穴にバイク側から出ている棒がはまってクラッチレバーを握ると油圧の力で動力が伝わるようになっているのです。素敵な仕組みですね。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

適当にグリスアップします。

そうそう、新品のレバーにも可動部にグリスを塗っておいた方が良いでしょう。どこに塗ればいいのかって、今までついてたレバーの油で黒く汚れてる部分が該当箇所なので、よく見ながら塗ってください。

グリスって何なんでしょうか。バイク屋でなくとも売ってる気がしますが、要はやたら粘度の高い油なんじゃないかと思ってます。私は母がキッチンの換気扇のメンテナンス用に持ってたものを借りました。オイルで有名なエーゼット製ですから間違いないでしょう。

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

さて、これがクラッチレバーが付いていた部分ですが変な棒が出てますね。

これが先程の小部品の穴に刺さる棒です。こいつがら組み合わさることにより、クラッチレバーを握った時にこの棒がうまい具合に押し込まれて油圧が伝わる仕組みのようですね。よく出来てます。

あとは外した時の手順と逆に組めば出来上がり!

XV1900CU 油圧クラッチレバー 交換

いやぁ新品ですよレバーだけ。

油圧クラッチのレバー交換ははずして付けるだけ。超簡単。10分で終わりました。世の中ワイヤークラッチ車の方が多いみたいですが、ワイヤークラッチレバーの交換の方が面倒だと聞きました。今度GROMを弄ってみようかな。

そんなわけで油圧クラッチレバー交換でした。




あと動画も作りました。編集に3時間かかりました。クラッチレバー交換する方が早いな。

貴重な立ちゴケシーンもあるのでどうぞご覧ください。













クリックよろしくー

【夏休み218日目】

レバー新しくなったしどっか行きたいなぁ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今朝は素晴らしく早起き。昨夜の晩酌が効いたのかグッスリ眠れました。

そんなわけで今日は朝から晩までレイダーのために頑張った1日だったのでどうぞお付き合いください。



XV1900CU Raider を自分でオイル交換してみたよ

何日か前にこんな記事を書いたのは記憶に新しいですが、遂にレイダーさんのメンテを自分でやる時がやってきました。バイク屋さんにお願いした場合、今回はフィルター交換もあるのでコミコミ15,000円くらいはいくだろうと予想しており、少しでも節約しようって魂胆です。

そんなわけで、まずはオイル交換のために集めた道具を紹介しよう。

AZ オイルジョッキ 3L

オイルジョッキ


こいつがないと始まらない。3Lタイプなのでざっくり500mlずつくらい計量することができるぞ!

デイトナ オイルフィルター 

オイルフィルター

今回はオイルフィルターも交換しますが、純正がAmazonで見当たらなかったのでデイトナ製の互換品を購入。
プレスト公式のパーツ検索を駆使して調べた結果レイダーのオイルフィルターは「3FV-13440-10」という品番であることが判明。それを元にデイトナ公式 オイルフィルタ適合表を調べた結果「67923」という品番であることが判明。

そんなわけでサクッと購入です。


デイトナ オイルフィルターレンチ カップレンチ

オイルフィルターレンチ

通称カップレンチ
カートリッジ型のオイルフィルターの付けはずしには無くてはならない存在のようです。

じょうご

じょうご

持ってて良かったじょうご。オイル注ぎ口に直接注いでもいいんだけど、少しブレただけで注ぎ口周りのいろんな機器がオイルまみれになる未来を未然防止するためのものです。

オイル受皿

オイル受皿

世の中には油を吸い取る綿を入れた箱が売っているらしい。その不思議な箱に油を吸収させて燃えるゴミへ出せるんだそうだが、私は会社で廃油処理可能なので今回は皿で受けてそのままペール缶に保管することにした。どこの会社かはさておき、廃油はいろいろと有効活用できるそうである。

ASH 17mm 片口めがねレンチ

17mmめがねレンチ

メンテナンス性最悪なレイダーさんのドレンボルトをこじ開けるための必殺アイテム


カストロール オイル

いいオイル

ヤマルーブプレミアムシンセティックの半額だが、きっといいオイルに違いない。4Lしか入ってないので2缶買うはめになった。


IMG_20170128_094204.jpg

ドレンワッシャーだったもの

サイズ間違えた



以上、頼もしいオイル交換の仲間たちでした。これでいつでもオイル交換可能だぜ!ってことで今日はいい天気だったので朝っぱらから頑張ってみました。


XV1900CU ドレンボルト 位置

まず、レイダーのドレンボルトですが超面倒な事に3箇所もあります。


あと、3箇所のうち2箇所は狭くて狭くてレンチが入りません。買っためがねレンチも入らないもんだから、グラインダーで肉薄の特製レンチに仕上げてやりました。いっちょまえにトルク指定されてますが、トルクレンチ入らねぇだろと。

XV1900CU ドレンボルト
XV1900CU ドレンボルト
XV1900CU ドレンボルト

場所はそれぞれこんな具合です。

みんな頭は共通で17mmで外せます。尚、カメラを潜り込ませて撮影したわけですが、作業中これらのドレンボルトはほぼ視認不可能です。ジャッキで上げたりすれば少しはやりやすくなるかもしれません。私はそんなもの持ってないので手探りで頑張りました。

17mm めがねレンチ
17mm ラチェットレンチ

①のリアサスの脇のドレンボルトは妙に奥まっててラチェットレンチに17mmソケットつけてやっと回せたぐらいです。共通の工具ではずさせないあたりメンテナンス性皆無ですね。②と③は特製レンチで外しましたが、ぶっちゃけスパナでもいいんじゃないかと思います。よっぽど粗悪なスパナじゃなきゃしっかり掴むでしょうから、ボルトの頭なめちゃうってこともないでしょう。しかし、もしボルトの頭がなめて外せなくなった場合、②と③はメインフレームの脇にあるため二度と外せなくなると思います。エンジン下ろせば外れるのかな?気をつけましょう。


あと、オイル抜く前に暖機運転しましょう。説明書は油温が60度って書いてありますが不明なので5分くらいアイドリング状態でいいと思います。温まることによってオイルの粘度が下がり、オイルが抜けやすくなるのです。そして、シート下にあるオイル注ぎ口のキャップも外しておきましょう。上から空気が入ればさらに抜けやすくなると思います。


ドレンボルト

こちらが①のボルト。少し長い。

ドレンボルト

これは②と③のボルト。短い。このボルトがギリギリ出てくる分の隙間しかないのでラチェットなんぞ入らない。悔しい。


廃油 バイク

そんなわけでオイル抜きました。3箇所あるのは伊達じゃないらしく、しっかり3箇所から別々に出てきましたよ。チョコレートみたいなデロデロの油ですが、記録を見たら3,350km、11ヶ月振りの交換のようです。愛が無い。

コンクリートにオイル垂れると染みになるので新聞紙敷いて作業しました。1箇所開放して、大体廃油が出たらボルトで仮塞ぎしておきます。オイルフィルター交換後、改めてボルトを外してみれば最後のオイルがドロっと出てくるのでそれを拭いてから本締めという流れにすればオイル出待ちしない分作業時間短縮になります。私はサイズミスったので使いまわしましたが、ドレンワッシャーは交換するのが望ましいです。

XV1900CU オイルフィルター

フィルターなんか長いですねぇ。本当に互換品なのか疑っちゃいましたよ。

レイダーはまぁ何とか入りましたが、モノによっちゃ長いと入らないとかあるんじゃないでしょうか。一応ねじ径やOリングの径は一緒だったので問題なくはめることができました。Oリングが接触してから3/4回転っていうけど結構固かったなぁ。絶対規定トルクよかトルクかけてたと思います。

ドレンボルト3箇所の本締めはトルクレンチ持ってないのでノリと勢いでエイッって締めました。捻じ切れてはないし、それなりに締めたから漏れることもないとは思うけど、ここら辺が素人作業の怖いところでもあるんですよねぇ。今度走った後、ボルト緩んでないかのチェックくらいはしないとです。


さて、下を塞いだらあとは新しいオイルを入れるだけ。

レイダーさんはエンジンの循環方式がドライサンプ方式です。難しいのでよく分かりませんが、ポンプを使ってオイルを循環させているそうです。だからまず、最初に2.5Lだけオイルを入れます。これを守らないとオイルが溢れてダビダビになってしまいます。

2.5L入れたらエンジンを始動させて数回吹かしますって説明書に書いてありましたが、普通にアイドリングしてました。たぶんいけるでしょう。

これでオイルがエンジン内に循環したので、残り2.4Lを入れます。

レイダーのエンジンオイル必要量は以下の通りです。

オイルフィルター交換しない時:4.1L
オイルフィルター交換する時:4.9L


最後にオイルレベルゲージでオイルが規定値内になっている事を確認して作業終了です。お疲れ様でした。



そんなわけでバッチリオイル交換完了です。


作業時間はざっくり3時間かかりました。

動画撮ったり、写真撮ったりしながらだったので普通にやれば2時間~2時間半で終わるんじゃないかな?



最後に、動画にもまとめたので貼っておきます。作業のおおまかな流れは動画の方が分かりやすいかもしれません。



今日はレイダーのオイル交換して、動画作って、ブログまとめてと一通りやりましたが、レイダーのオイル交換情報なんぞあまりにもニッチすぎて誰が見に来るんだと作り終えてから思いました。日本に何台あって、そのうちの何人のオーナーが自分でオイル換えようと思うでしょう。こんな面倒な事は絶対にバイク屋さんに任せたほうが楽チンです。


以上、レイダーオイル交換日記でした。


あと最後に買ったもののリンク貼っておくんで価格の参考にしてください。















クリックよろしくー

【夏休み177日目】

これで明日のツーリングもバッチリ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


うまいところで昼夜逆転直してやろうと思い、今日は寝たり起きたりを繰り返して23時手前の現在いい具合の眠気に襲われてきています。これはこのまま寝ればスッキリ逆転解消!?でも今から紅茶を飲むのでたぶん眠くなくなります。


さて今日も特にネタはないのでバイクのメンテナンスの事を書きます。

私は普段、バイクのメンテナンスは日常点検と外装を綺麗に保つことくらいしかしていません。GROMに限ってオイル交換とチェーンへの注油をするくらいで、バイクを買った時だけ超頑張って電源取りしたりしているくらいです。Raiderは面倒極まりないバイクなのでバイク屋さんにオイル交換から何からお任せしています。

その理由は単純明快

時間をかけて自分でメンテナンスするより、金を払ってメンテナンスしてもらった方確実性があり、時間あたりのコストパフォーマンスが高いから。


働いている身であればもっとも。たとえ趣味といえど、バイクに乗ることが趣味だったわけですからこれで正解でした。

しかし今は働かざる身。金が無い代わりに時間が余ってます。そしてもとより私は機械が大好き。工業高校の機械系に行くくらいは好きです。そんなわけで自分でメンテナンスしてみようと思いました。全ては金と自己満足のために!

XV1900CU Raider レイダー

対象はRaiderです。

GROMちゃんはメンテナンス性最強のバイクのためこっちでヤバそうなことをやってみようと思います。先月ブレーキフルード交換したばっかりなのでしばらく弄るところないんですが、ここは追々何か弄っていこうかな。盆栽バイクですし。

じゃあRiader何やるのって、まず手始めにオイル交換します。ハイパー面倒です。今回はオイルフィルターも交換しなきゃならんので最強に面倒です。

近所のバイクセブンでやってもらうと部材代と工賃で15,000円超えてきそうな予感がするのです。大体オイル代なんですけどね。


カストロール

まずオイルはヤマルーブの高級価格からカストロールのお手ごろ価格にランクダウンさせます。高級オイルを短いスパンで交換するのが最強なんですが、そんなお金はありません。ならば安いオイルでも短期間で交換させるのがベスト。高級オイルを入れっぱなしの現状に比べれば遥かにマシです。

フィルターはネット上でヤマハ純正のものがあまり見当たらなかったのでデイトナの適合品を使います。これも純正の2/3くらいの価格で地味に効いてくる部分です。しかしフィルター交換のために1,000円くらいするカップレンチを買うのは癪だなぁと思いつつ、一生モンってことで我慢です。あとはオイルジョッキとか地味なものも買うとそこそこのお値段。

それでもバイク屋に頼むより遥かに安いですし、自分でやってみると分かる事もあると思います。



さて、レイダーのオイル交換は超面倒と書きますが、具体的にどう面倒なのかってまず車高が低い時点で下抜き作業がしにくくて面倒です。ジャッキ持ってないし、メンテスタンドも持ってません。となると、駐車場に敷いてる厚み3cmくらいのコンクリート板にうまいこと上げられると少し楽かもしれません。それで立ちゴケしたら目も当てられませんが。

次にドレンボルトが3箇所あるのが面倒です。なんで3箇所もあるねん!!GROM見習えや!!1箇所やぞ!!!

そしてオイルの必要量はオイルフィルター交換時5.1Lです。ふざけんなよ4L缶1つじゃ足りないから2つ買わなきゃじゃん!!

ついでにRaiderさんはドライサンプ方式なためオイル入れなおすのも多少手間がかかります。


こんな具合に、たかがオイル交換にどれだけ手間かけさせるんじゃって感じのバイクになっておりますので自分でやるには少々覚悟が必要です。しかし逆に考えてみれば、たかがオイル交換でバイクがぶっ壊れることもそうそうない事ですから、、まずはオイル交換から手を出してみようということなのです。これが例えば、いきなりタイヤ交換しますとかいう話になると設備も何もかも足りないし、何より危険です。素人作業でブレーキや駆動部に関わるところを弄るにはまだまだ経験値が足りないのです。そのための生贄がGROMちゃんなわけですが・・・


Raiderのメンテミスって不動車にしたら100万円以上の損害ですが、GROMなら30万で済みます。GROMちゃん頑張ってもらうぞ。


そしてRaiderは今年の5月で私の手元に来て2年なので、その時にはいろいろと交換したいですね。あとで技術書でも買ってみようかな。あとはサービスマニュアルが手に入れば最高なんですけども。プラグ交換は燃料タンクを外さずに出来るんだろうか?


そんなわけで私の自己満足な技術習得に付き合ってもらうべく、まずはオイルを買うのです。


さて、どうなるか。












クリックよろしくー

【夏休み174日目】

オイルるんるん

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今年もバイクに乗るのが厳しい季節になってまいりました。

そして今日は夜から雨。明日も雨。明後日にはバイクに乗りたい。ならば今日しかない!!



そんなわけで今日はレイダーにデイトナの巻きグリップヒーターを設置しておりました。

デイトナ 巻きグリップヒーター


これです、コレ

実は去年買って使ってたのですが、過去の記事を振り返るとロクに記事にもしてなかったので今回記事にしてみようというわけです。

これはシガソケ12V電源から電気取って動くグリップヒーターで、ハンドルのグリップ部分に発熱体をまきつけるタイプの非常にリーズナブルかつ取り付けが簡単なグリップヒーターです。もちろん名高いホンダ純正グリップヒーターのような内蔵型と比べると性能は劣りますし、配線もごちゃごちゃと散らかりますが、何よりお手軽です。


そんなわけで去年導入したのですが、やっぱりなんというか、微妙。


走ると熱量が不足するんですよね。もしやレイダーの供給電力が足りないのでは?と思って今日はわざわざ車のシガソケに挿して実験までしたのですが、別にレイダーと発熱温度は変わらず。つまりこれがこの巻きグリップヒーターの性能というわけです。素手で触ると最大発熱時でそんなに熱くない湯呑くらいになります。表現が微妙ですね・・・



デイトナ 巻きグリップヒーター

そんなわけで巻き巻きしていくわけですが、ちょうど指先に内蔵電熱線が当たるように位置調整しながら巻きます。

カウルも何も無いので、そりゃ寒風が直撃したら湯呑レベルなんぞすぐに冷めちゃうんです。去年も使ってる最中「これちゃんと動いてんのか?壊れたのか?」って思うくらいに走ってると微妙な感じでしたが「無いより多少マシ」レベルで恩恵は受けていたので今年もめげずに巻きつけます。

しかしこの巻きグリップヒーターは配線がごちゃごちゃしてて、せっかくスッキリしているレイダーのハンドル周りがゴチャってしまったのが去年の反省点。今年はそのあたりも考えて結束バンドやら両面テープやらで綺麗にまとめてみました。


デイトナ 巻きグリップヒーター

まずスイッチ。

ONとOFFしかない優れものです。

GoProの中華周辺キットを買った時に3Mの両面テープが腐るほど付属してたのでスイッチに貼り付け。スイッチも無駄に配線が長いので去年はハンドルの真ん中あたりでブラブラしてたのですが、今年はスイッチを貼り付けてやります!!


デイトナ 巻きグリップヒーター

ということでハンドル右側にちょうどいい窪みがあったので設置しました。なかなかスタイリッシュにまとまりましたよ!


去年はスイッチがONなんだかOFFなんだか、走行中にスイッチが風圧でどっか潜り込んじゃって確認すらできないなんていう事になってたのですが今年はもう大丈夫です。この先の配線もバッチリ結束バンドでハンドルにマウントさせたので問題なし!


デイトナ 巻きグリップヒーター

最終的にハンドル基部の脇にうまいことまとめようとしたのですが・・・まぁ去年よか大分マシになりました。去年のとっちらかった配線写真は見当たらなかったのですが、少なくとも運転席から見える分には綺麗にまとまってます。

この赤い配線もあとで黒いビニールテープで巻くか、黒く塗っちゃえば目立たなくなるんでしょうが、とりあえずはコレで運用してみましょう。幸いにして配線は全てハンドル上にあるため、ハンドルを左右に切ることによる配線の捩れは心配ありません。


これで今冬も少しは指先の冷えが緩和されると良いのですが。ハンドルカバーは組み合わせ効果絶大だと分かっているのですが、あんまりにもスタイリングが崩れるのでちょっと二の足踏んじゃいます。かといってナックルバイザーもどうなんだっていう感じですが、どうしたものかな~



カッコイイハンカバでも探してみますかね・・・















クリックよろしくー

【夏休み132日目】
【残り貯金額2兆2145億メル】

箱根の準備をせねば

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


Blood Bone楽しんでます!超死んでるよ!!でもなんか癖になる・・・このゲームが人気があるのが何となく分かりました。プレイしてみないと分からないなんともいえない中毒感ですね。

さてさて、実は昨日からまた別のキャンプ道具を漁り始めて、どんだけキャンプする気になってんだという話なわけですが、私はしばらくキャンプ道を極めたい所存であります。そんなわけで、キャンプ道具を積載するのがそろそろ限界になってきたので、レイダーにリアキャリアを付けてやろうと思ったのです。


IMG_20150628_093554.jpg

ちなみになんちゃってキャリアがバックレストに付属してるのですが、背もたれ邪魔だしそもそも飾りなので積載するには無理のある大きさです。つくづく見た目重視のバイクというわけです。

そしてメーカー純正、サード製どちらともやっぱり見た目を崩さないスタイリッシュなキャリアしか販売されていないため自作するしか道がなくなってしまったのです。そもそもレイダーでキャリアが必要なほど積載するというのが間違っている気がするのdすが、この際どうでも良いでしょう。見た目も大事ですが、キャンプはどれだけ積載できるかで男の度量を表せるのです。それがキャンツーっていうもんなのです!


幸いにしてレイダーはクルーザータイプ


現在サイドバッグを吊ってるサポートにそのまま接続すれば問題なし。取り付け自体は超イージーです。問題は8㎜径のボルト4本でどれだけの荷重に耐えられるかという事。バックレスト自体は本体の重さが5kgほどあり、そこへ体重をかけると言ってもせいぜい20kgでしょうか。しかも横方向です。接続は純正のため超ガッチリでバックレスト全体が一体成型のため折れたりすることはまずありません。

それに対して自作キャリアとは、主にホームセンターで売っている金属の板をボルトで組み合わせて作るのが基本。

残念ながら溶接機は我が家にはありませんので、ボルトとナットさんに頼るしかありません。また、積載物がキャンプ道具なため相当頑丈に作らないと駄目ということも頭に入れておかねばなりません。

まぁ、これでも工業高校出身なので設計は・・・設計の授業は苦手だったなぁ



XV1900CU Raider レイダー リアキャリア 自作
XV1900CU Raider レイダー リアキャリア 自作
XV1900CU Raider レイダー リアキャリア 自作

ひとまずいろんな所を計測してみました。

これでも製図のテストはいつも100点だったんですよ?


タンデムシートがかなりの厚みがあるのではずそうかと思ったりもしたのですが、この厚みがないとサイドバッグへのアクセスができなくなるためキャリアの高さ自体をタンデムシートの高さに合わせる必要があります。いつもキャンピングシートバッグ2をこのタンデムシートに乗せているので、そこから更に後方、リアフェンダーの方へ延長すれば良いのです。

幸いにして、リアフェンダーがとんでもなく長いおかげでキャリア基部から伸ばしても構造変更申請は必要ありません。全て元の寸法内でおさまりそうです。


ものは試しと、長さをいろいろ測ったあとにホームセンターに行って実物を見てインスピレーションを高めることに。

XV1900CU Raider レイダー リアキャリア 自作

こんな金具です。

こいつらを組み合わせてやれば理想のリアキャリアが出来るはずなのです。


値段をザーッと見てきましたが、5,000円~10,000円の範囲で完成させることができそうですね。純正にしろサードにしろ使い物にならないのは置いといてどれも2万くらいするので、それに比べれば安いものです。あとはどうしても強度に不安があれば溶接するっきゃありません。家庭用のあやしいのが1万円以下で売ってますが、弟様の会社に置いてあるようなのでちょっと弟に賄賂を渡して溶接してきてもらうのも最終手段として取っておきましょうか。


XV1900CU Raider レイダー リアキャリア 自作

そんでイメージとしてこんな感じでしょうか。

ちょっと斜めから写真を撮り忘れたので真上からだけですが、こんな感じにキャリアを組もうかと思います。

水色の部分は延長の余地ありの部分ですね。今のところキャンプ道具は1つ増える予定なのでホムセン箱積載までは考えてないのですが、やっぱりキャンプといったらホムセン箱っていうある種の憧れもあるので後々の拡張性も考えておきたいですね。

後日、今日行ったところとは別のホームセンターで行ってみて違うパーツや使えそうなパーツがないかどうか調べてみようと思います。


そしてネット上にはレイダーのキャリアを自作した人は見当たりませんが、ハーレーのリアキャリアを自作した人は沢山いるので諸先輩方の作例を参考にしながらリアキャリア計画を詰めていきたいと思います。いやぁ楽しくなってきたぞ!!お金ない!!!



そんなわけで続く・・・かもしれません。















クリックよろしくー

【夏休み109日目】
【残り貯金額2兆1547億メル】

悩んでる間が一番面白い期間です

んじゃ、さいなら~