どもー、こんちゃー。


連日続いたキャンツー日記も今日で最後。


3泊4日だったわけですが、4日目を単一記事にするにはちょっと薄かったので3日目と合体です!


西湖 湖畔キャンプ場

さて、3日目の朝

この日も快眠、8時くらいに起きたのですが外に出るとくろけし君が焚き火をしておりました。寒いもんね!


そして9時半頃。キャンプ場に響く四気筒サウンド。黒いCB1300が現れました。キャンプ3日目にしてゴリアテ君の合流です。頑張って金曜日の休みをもぎ取ったようですね。そんなわけでこの日からは3人で行動です!



朝一で向かったのは富士山有料道路スバルラインです。

富士山北側から山頂へかけて伸びる道路で、行った当時は5合目まで、4月末からは8合目まで登ることが出来るようになっています。この道路は1本道なので登ったら帰りは同じルートを下ってくるわけですが、二輪車でも往復で1,640円となかなかいい価格です。でも富士山を登るという体験はなかなか出来るものじゃありませんから、近くにきたら是非とも登ることをオススメいたします。

富士山 スバルライン

途中の駐車場にて。

この日はあいにくの天気で曇り空。晴れていれば富士山を拝むこともできたのでしょうが、この日はスッポリ雲に覆われており山頂を見ることはできませんでした。しかし、登っていくにつれてどんどん雲が低くなっていき標高の高さというものを感じることができました。これは普通の峠道を走っていてもそうそう体験できることではないですねぇ。

そして登ること数十分

富士山 スバルライン 5合目

この日昇ることができる一番高いところ、富士山5合目に到着いたしました!!

5合目はここから登山道もあったり、大量の外国人観光客がいたりと要所になっているのか巨大なロッジのような建物がありました。中ではお土産はもちろん食事もとれるようになっていてびっくりです。ちなみにこの日の麓の気温は15度くらいでしたが、5合目の気温は2度でした。登ってると段々寒くなってきて5合目に着く頃には冬装備じゃないと耐えられない寒さでした。この時、山頂はマイナス8度だったらしく、標高によって気温がこうも違うもんなんだと実感です。


富士山 スバルライン 5合目

看板があったから記念撮影もしたよ!

5合目で2,305mもあるんですねぇ。富士山自体の標高が3,776mらしいので、あと1,300mも登れば頂上なわけですが、きっと恐ろしく長いんでしょうなぁ。ちなみに5合目の時点で森林限界に近い標高だったようで、木は生えているものの麓に比べると1本1本が細く小柄でした。少し見上げるとすぐに山の地肌が見える状態だったので、山の高いところというのがいかに厳しい環境か伺えます。


富士山 スバルライン 5合目 富士山メロンパン

富士山を見上げても雲しか見えないので、とりあえずここでしか食べられないという謳い文句につられて富士山メロンパンを購入。260円也。富士山の形をしてるだけかと思いきや、てっぺんの粉砂糖とココアパウダーがいい感じに混ざり合って非常に美味しかったです。


というわけでメロンパンも食べたので下山。


有料道路の割りには少し路面が荒れていましたが、ゆる~く登り降りすることができて走っていて楽しい道路でしたね。

基本的に富士山周辺の道路は緩いカーブが多いので、レイダーのようなバイクでもかなり楽しめるようになっています。ここら辺の峠で毎日走る練習したいくらいですね!


で、麓に下りたらさっさと飯を食べます。



今回行った飯屋は55ステーキというステーキ屋さん

ここに来て高級肉屋です。そんなわけで早速注文。

55ステーキ

・・・すげぇ、コレがホンモノの肉ってやつだっ・・・!!


ここまでうまいお肉は久しぶりに食べた気がします。私はあんまり生焼けの肉っていうは好みじゃないんですが、このステーキは生肉特有の臭さとかネッチョリ感が無くてとてもサッパリ頂くことができました。いやぁ、ほんと美味しかったなぁ。

店に着いた時は砂利駐車場で戦慄しましたが、肉がうまかったので結果いいお店という判断を下しました。もっと肉食いに行ってあげて駐車場をアスファルトにしよう!!というわけで富士山北側で肉が食べたくなったら55ステーキがオススメです!


この後は早めに夜の支度をしようということでキャンプ場へ。


トップバリュ

今回のキャンツーにおいて我々の整地となったトップバリュ

なんと3泊4日のキャンプにおいて、4日間訪れています。どんだけ大好きだ。


このトップバリュが内包されているフォレストモールというショッピングモールがあるのですが、ホームセンターもあるので薪も買えるし、ダイソーがあるからちょっとした小物の調達も可能。ついでに土産屋もあります。キャンパーにとってはまさに聖地。夕飯作るのが面倒ならモスバーガーもありますよ?来ない理由がありません。


ここで毎日食料やお酒なんかを買い込んでいたので、トップバリュのレジのおばちゃんに顔を覚えられてしまいました。また行くよトップバリュ!!


焚き火

そいでもって夜は本格的に焚き火をしつつ酒飲みです。

1日目はアホみたいな強風で焚き火不可能。2日目もそこそこの風と寒さから断念。ってことで3日目にして初焚き火です。今回は井桁パワーで空気を取り込みガンガン燃やしました。それにしてもAmazonで2,000円くらいで買ったパチものの焚き火台ですがよく使用に耐えてくれています。半年以上前に購入し、既に7回くらい使っていますが網に穴も開かずに大したもんです。


こんな具合に3日目は終了。



サービスエリア 談合坂

4日目。全力帰宅。

実のところ3日目の時点で天気予報は雨だったのですが、気合で曇りにしてました。

4日目も怪しかったのですが、何とかなるだろうと思いキャンプ場を撤収後に沼津港に向かうことに。そして向かっている最中に雨が降り始めました。3人寄れば雨が降る。私、くろけし君、ゴリアテ君の3人が集まると確実に雨が降るのです。

今回のキャンプでも一体誰が雨男なのか、どういったシナジーにより雨が降るのか等談義しましたが、最終的に3人集まると雨になるのは間違いないという結論に至りました。


というわけで大荷物+疲れも溜まってるので今回は潔く撤退です。オール高速道路で帰宅しました。


途中小雨っぽかったり、曇ったり、晴れ間が覗いたりしたのですが、最後の最後、私の住む町だけが土砂降りで濡鼠になっての帰宅となったので、雨男は私だったのかもしれませんが楽しいキャンプでした。



初めての3泊4日のキャンプでしたが、テントがデカいおかげもあって居住空間に対するストレスとかは無くてよかったかなぁ。富士山もたくさん見ることが出来たし、楽しい道路もたくさん走ることが出来て、旅してるって感じがしてとてもいい思い出になりました。しばらくキャンプはいいかな~と思いつつ、次はどこへ行って何をしようかなんて考えてるあたりやっぱりキャンプが好きみたいです。ツーリングも好きですよ?だからキャンツーです。



というわけで以上、キャンツー日記でした。





コメント返信
>ウミさん
最初2日はほんとに晴れてよかったです!

















クリックよろしくー

【夏休み264日目】

富士山キャンプはいいものだ

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


本日も真面目にキャンプツーリング日記を更新しますよ。ネタがストックされてる状態ってのは書くだけなので非常に楽でいいですね。


さて、前回ふもとっぱらキャンプ場にたどり着いた我々ですが到着時点で既に日暮れ。さっさと設営を開始です。



ふもとっぱら テント

ふもとっぱらでのテント設営が非常に厄介なものとなりました。

というのも、この日は物凄く風が強い日でして設営がとんでもなく大変でした。ブルーシートは吹き飛ぶし、テントは建ててるそばから崩壊しそうになるし、建ておわった後も風が強くてテントが揺れてちょっと怖かったですねぇ。

今回持っていったテントはノースイーグルのビッグフロントですが、ワンポールテントは基本的に風には強い部類のテントと言われています。今回は風が強かったため、初めてガイロープまで張って設営したわけですがそれでも吹っ飛びそうで怖かったですねぇ。怖かったですが、今回のキャンプでこの程度の風なら耐えられるという目安も出来たので経験としては良かったのではないかと思います。


さて、この日は強風の中ิテント内で食事を作りそのまま眠りに着きました。4月とはいえ冷え込みましたが、それでも12月のキャンプの時よりは遥かにマシな気温だったので朝まで快眠!!

そして午前5時に目覚めて外に出ると日の出が始まっていました。


富士山 御来光 ふもとっぱら


うおぉおおお凄い!富士山の向こう側から日が昇ってきています!!

寒かったですが素晴らしい光景で、ここから1時間半くらいずっと眺めていました。もちろんバイクの配置は昨晩のうちに完璧は位置へと停車済み。テントも離して設営したため、ばっちりバイクと御来光の写真が撮れました!


富士山 御来光 ふもとっぱら バイク

美しい・・・・!素敵すぎるっ・・・!!

大自然の中にバイク。富士山からの日の出をバックにバイク。これ以上贅沢な写真があるでしょうか?

これまで様々なバイク主体の写真を撮ってきましたが、これほど美しい写真は過去に撮れたことがありません。コンビニの駐車場で撮った写真とは格が違いますね。


ぶっちゃけこの写真を撮った時点でこのキャンプツーリングは達成されたも同然です。これがやりたくてふもとっぱらに来たわけですから、天候に恵まれて本当にラッキーでしたね。


ふもとっぱら バイク

日が高くなってきてから別角度でもう1枚。

やはり美しい。

このふもとっぱらキャンプ場はバイクの写真を撮るには最高のロケーションです。別に日の出じゃなくたって富士山はあるし、広大な敷地には芝生が敷き詰められていてそれだけでバイクの良さが引き立ちます。自分のバイクを最高にグッドな見た目で保存したいのならば是非このふもとっぱらキャンプ場へ足を運ぶべきでしょう!


この後はふもとっぱらを後にして富士山周辺観光へ繰り出します。


富士山 サンクス 薪

まず向かったのはサンクス。

ファミリーマートに吸収され、全国各地のサークルKサンクスは次々とファミマへ看板が変わる中生き残ってる貴重なサンクス。そしてこのサンクス、コンビニなのに外で薪売ってました。富士山周辺はやたらとキャンプ場が多いですから用意してあるんでしょうねぇ。量に対して価格もリーズナブルで、これなら近所でキャンプする際に急に薪が必要になっても24時間調達可能です。素晴らしいですねコンビニ薪。


まかの牧場

続いて向かったのはまかいの牧場



なんだか名前からしてヤバそうな牧場なんですが、行ってみたら家族連ればかりで幼稚園が団体て来るようなファミリー牧場でした。バイク野郎2人で来るところじゃなかったか・・・

ちなみにこの牧場、漢字で書くと魔界の牧場ではなく馬飼野牧場でした。魔界じゃなかったかー。


まかいの牧場 ファームデリ きりかぶメープルパンのフレンチトースト 

とりあえず来たからには何か食べたいと思い、牧場内にあるファーム・デリという今年の春オープンしたばかりのシャレオツなカフェに入店。一番人気メニューのきりかぶメープルパンのフレンチトーストというこれまたシャレた名前のトーストを注文。ドリンクセットで1,000円と強気なお値段でしたが、味は最高でした。きりかぶメープルパンとやらは隣の売店でも焼きたてが売っていたので自宅でも楽しめそうですね。

カフェ内は出来たばかりというだけあってとても綺麗でした。

桜富士

それと駐車場からは桜富士を拝むことが出来ました。ラッキー!

ちょっと電線が邪魔ですが、この時期ならではの美しい光景です。富士山周辺は場所にもよりましたがまだ桜は散っておらず、葉っぱも出始めで桜+富士山という組み合わせを見れる最後のタイミングといった具合でした。これまたラッキーだったなぁ。


美味しいフレンチトーストを食べてお腹を満たした後は近所の観光地へ移動です。


白糸の滝

白糸の滝です。

滝にはあまりいい思い出が無いのですが、ここは駐車場がバイク1台200円と超リーズナブル。少し歩きますが、ガッツリ滝が見れます。白糸の滝は高さこそないものの、わりと近くまで寄って見ることができるので迫力がありましたね。白糸という名前の通り細い滝ないくつも集まっていて、今まで見てきた滝とは違うタイプで綺麗でした。夏は涼しそうなスポットですね。

ちなみに、白糸の滝という名称の滝は全国にいくつかあるようで、静岡県の白糸の滝は世界文化遺産に登録されているそうです。




その後、水ヶ塚駐車場へ向けて出発。

Googleの自動ルートだと通った道が出なかったので、今回初めてMy Mapなるものを使ってブログに貼り付けてみたけど便利だねぇコレ!

道中は国道72号線から469号線に抜け、富士サファリパークをかすめながら富士山スカイラインを通るという豪勢な道のり。ちなみに富士山スカイラインは有料道路です。


道中は富士山もチラチラ見ることが出来ますが、道自体がかなり楽しかったですね。レイダーのようなカーブがあんまり得意じゃないバイクでも気持ちよく走り抜けることができる緩いカーブと、アップダウンのが織り交ぜられた飽きのこない道路でした。


水ケ塚公園 バイク

そして到着、水ヶ塚駐車場。

本当にただの駐車場ですが、一応公園が併設されています。既に天気がくもりっぽく空もガスってましたが、それでもより近くに富士山を拝むことが出来る貴重なスポットでした。平日のためか、駐車場に停まっている車は皆無だったためこのような豪勢な使い方をしてバイクを撮るという行為ができましたが、休日とかは厳しそうですねぇ。


その後は富士山東側へ向かって山を下ります。



駐車場から麓までの道がとんでもなく荒れており、カーブの途中にデカい穴があったり、いたるところに”わだち”や補修跡のある道路で、二輪で走るには危険な道路でした。間違ってもこの道で攻めようなんて考えてはいけません。前輪が穴などに取られて吹っ飛んでしまいます。ここは本当に荒れていたので慎重に慎重に降りていきました。

そこからは東側をグルッと一回りしつつ富士山南側へ。

西湖湖畔キャンプ場 バイク

たどり着いたのは西湖湖畔キャンプ場です。

ここは富士山こそ見えませんが、一泊1,000円で水場もトイレも非常に綺麗かつ湖畔の芝生+砂利サイトでバイク乗り入れ可能というリーズナブルなキャンプ場。静岡県のキャンプ場は富士山が見えてなんぼというイメージがありますが、キャンプ場単体として考えた時にこれほど好条件のキャンプ場も珍しいです。テントサイトまでは緩い下り坂+砂利道というトラウマを思い出させる道のりでしたが、砂利はわりと細かく踏み固められているタイプだったのでレイダーでも危なげなく行き来することができました。


結局1日かけて富士山をグルッと1周してきたわけですが、富士山は本当にどの方向から眺めても綺麗でしたね。


今まで富士山なんぞ新幹線で大阪に行くときにチラッと見たくらいで、こうして近くまで来て自分の目で、自分の意思で見ようと思って見るとその美しさ、壮大さに思わずうっとりしてしまいました。本当に富士山キャンプツーリング来て良かったなぁ。


さて、キャンプは2日目の夜になったわけですが昨晩は風呂に入ってません。4月とはいえ全く入らないのは流石にアレなので近所の温泉を探しました。




少し離れたところですが、富士眺望の湯ゆらりという温泉が道の駅なるさわの奥にあります。キャンプ場からの直線距離は短いのですが、間に山を挟んでいて迂回する必要があるため10分くらいかかりました。

この温泉、公式サイトを見てもらえれば分かるのですが、とにかく温泉の種類が多いです。源泉の種類じゃなくて、風呂の形態の種類なわけですが、貸切風呂なんかもあって施設としてはかなり大型。

そして驚きの大人1人1,300円。たっけぇ!!

こんなに高額な温泉は初めて来ましたよ・・・・


しかしライダーには朗報が。なんとこの温泉、ヘルメット割なるものがありカウンターでヘルメットを渡すと300円引きの1,000円になるのです。1,000円なら過去にも入ったことがあるので少し抵抗感が薄れます。そして浴場に行くと、高級温泉の真価を味わうことになるのでした。

まずカウンターでおもむろにタオルが渡されます。それも2枚。フェイスタオルとバスタオル。すげぇよタオル貸し出しかよ!

そして浴場に入り洗い場に行くと設置されているシャンプー&コンディショナーがまさかの資生堂TSUBAKIでした。マジかよ、ここ男湯だぞ。普通、温泉のシャンプーといえばノーブランドの洗うと頭ギシギシになるものが多いのですが、TSUBAKIは凄い。香りがすごい。なんか髪もサラフワ。

この時点でテンション最高潮だったわけですが、中にあった温泉の数も豊富で、ついでに露天風呂からは富士山まで眺められちゃうんです!!もう最高の温泉ですね!!

高いだけあるわーという感想でした。近くに寄ったりキャンプした際は少し高いと感じてもこの温泉をオススメします。設備充実で値段なりのサービスを受けることができますよ。尚、平日の夜にも関わらず駐車場が結構混んでいたため休日はかなり混むんじゃないかと思われます。



そんなわけで御来光から高級温泉まで、富士山と共に楽しんだキャンプツーリング2日目でした。


続く












クリックよろしくー

【夏休み263日目】

温泉最高である

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。


今日から真面目にキャンツー日記を書きますよ!


そんなわけで今回、3泊4日で富士山周辺をキャンプツーリングしながら巡ってきたのでレポートしていきたいと思います。


キャンプツーリング XV1900CU Ninja250

いつも駐車場で写真撮ってます。

今回は私とくろけし君の2人で富士山へ向かいました。平日だったのですが、高速のサービスエリアや道中立ち寄った道の駅なんかは結構な数のライダーがいて晴れているとみんなバイク乗るもんなんだなぁと思ったり。

今回のキャンツーに際してレイダーにはリアボックスという新装備を投入していますが、そちらの取り付け記事なんかはまたあとでお送りしたいと思います。そんなわけで過去最大の積載容量で富士山へ挑みます!






とりあえずキャンプ積載のまま挑むのは、山梨県の有名な峠道である「道志みち」です。「道の駅どうし」を目的地にひたすら道を進むわけですが、最近はレイダーでも峠道を走る機会が増えたためか以前よりはかなりスムーズに走ることができるようになりました。

時折現れる強烈なカーブ以外は結構気持ちよく走ることができて、キャンプ道具満載でも危なげなく走れたのは非常に良かったですね。平日なので休日と比べたらバイクや自動車の数も少なかったのも、のんびり走れる要因だったのでしょう。







そんなのんびり走行をしていると先頭を走るくろけし君のNinja250から異音が・・・



走っては止まってを繰り返して原因を探ってみた結果、どうやらフロント周辺から異音+ブレーキが効きにくい+ハンドルに謎の振動という、どう考えても走っちゃダメそうな状況でした。とりあえず道の駅どうしまでは何とか走って近くのバイク屋さんを検索。

モーターサイクルショップたいよう

まず向かったのは「モーターサイクルショップたいよう」さん。

ここでブレーキ周りのオーバーホールをしてもらいましたが異音は直らず。ブレーキディスクに傷があったので何か挟んでいたんでしょうが、これが異音の原因では無かったようです。店員さん曰く、前輪を回すとゴロゴロ音が鳴るので恐らくフロントのベアリングが破損しているとのではないかとのこと。

くろけし君のNinja250はレッドバロン産。ここで全国チェーンのレッドバロンで購入したうまみが効いてくるといいのですが、富士山周辺のレッドバロンは水曜日は定休日のためお休みでしたし、そもそもベアリングなんぞ在庫している店は存在せず、取り寄せにも最速で1日~2日かかるという状況。


絶望感に包まれつつとりあえずお昼ごはんを食べに行くことにしました。腹が減っては何とやら。




吉田うどん

ここら辺で有名な「吉田うどん」だそうで。

価格がリーズナブルで魚介系の出汁がきいてておいしかったです。くろけし君はベアリングの件で考え込みすぎていたようで味を覚えていなかったそうです。また今度食べに行こう。



富士山 XV1900CU バイク

ちなみにこのあたりから富士山が見え始めました!!

すごい!デカい!


この日は快晴、富士山にも雲がかかっておらず非常に綺麗な姿を拝むことができました。さすがは日本一の山、非常に美しいです。

富士山 バイク

せっかくなのでバイク2台並べて写真も撮りました。

尚、この時点でまだNinjaは故障中です。どうなる富士山キャンプツーリング!?


この辺は大きな建物も無いですから、本当にどこへ行っても雄大な富士山の姿を見ることができます。素晴らしいですね。これだけでも来た甲斐があったというものです。


カムイ二輪館 富士吉田店

その後向かったのが「カムイ二輪館 富士吉田店」さん。

くろけし君が電話しまくって探し当てた救世主となるバイク屋さんです。



Ninja250 ベアリング交換

とりあえず店長さんにフロントをバラしてもらいます。

この時点ではシャフトも曲がってないし、ホイールバランスも正常。


じゃあ確認がてらベアリング見てみるかって具合に開けてみたらビンゴでした。

Ninja250 ベアリング破損
Ninja250 ベアリング破損

ベアリングのシールが破損し、内部のボールが原型を留めないほどグチャグチャに潰れており、このまま走り続けたら非常に危ない状態だったみたいです。ちなみにくろけし君のNinja250は2013年モデルで走行距離は2万kmちょっと。この新しさでベアリングがここまでなるとは工業製品としては考えにくいところもあるのですが、コケた際にベアリングシール破損+雨中走行で錆びたんじゃないかという推測。いずれにせよ原因が分かって良かったです。

そして、肝心の替えのベアリングですが近所の自動車整備工場まで店長さんが買い付けに行ってくれたのでその場で交換完了となりました。すごいぞご近所パワー!!普通のチェーン店じゃこの対応はなかなか難しい。


そんなわけでカムイ二輪館富士吉田店さんのおかげでNinja250完全復活!!

ついでにくろけし君のテンションもアゲアゲで完全復帰!


ここからが富士山キャンツー本番です!


富士山

ってことで富士吉田周辺から富士山北側を回りつつ移動。

なんというか、本当にどこ行っても富士山が見えて最高です!富士山は360度どこから眺めても裾野まで綺麗に末広がりに伸びている美しい形を見ることが出来る、まさに山 ザ・マウンテンという感じの山です。1周グルッと回ってくるだけでも面白いかもしれませんねぇ。






そしてたどり着いたのがキャンプ場「ふもとっぱら」


キャンプツーリングを始めてからネットで様々なキャンプ場を検索してきたわけですが、その中でも有名で景色が素晴らしいキャンプ場としてよく名前が挙がっていたのがここです。一度は行ってみたいと思っていたので、今回は念願叶ってのキャンプ場入りです。


富士山 ふもとっぱら キャンプツーリング

見よ!この素晴らしい景色を!!

なんというロケーションなのでしょうか。富士山をバックに、とてつもなく広い芝生サイトを備えた広大なキャンプ場。そして平日ということでこのアホみたいに広い平原には10組もいないくらいのキャンプ客。この景色を独り占めです!!



ふもとっぱらは富士山西側に位置するキャンプ場で、湖畔こそないのでダイヤモンド富士などは見ることができませんがそれでも様々な富士山を見ることができます。夕日に照らされる富士や日の出の富士なんかが見れるそうなのでワクワクですね!いつまで眺めていても飽きない美しさを誇る富士山は写真では伝えきれない、肉眼だからこその感動がありました。

ちなみにふもとっぱらは砂利道+土交じりの芝生です。バイクには天敵ですね。初キャンプでコケて以来砂利道恐怖症な私は今回も慎重に進みましたが、何とかコケることなく突破することが出来ました。砂利道を気をつけるのは勿論ですが、芝生サイトも自動車含め進入し放題なため荒れているところはかなり荒れており派手な”わたち”も目立ちました。バイクで行く方は転倒しないよう、充分にお気をつけください。


というわけで今日はここをキャンプ地とする!続く!















クリックよろしくー

【夏休み262日目】

富士山は素晴らしい

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



昨日は更新おサボりでした。というのも、現在富士山方面へキャンプツーリングに来ておりまして、昨夜はブログを更新する前に疲れ果てて寝てしまったのです。



今回の旅は4泊5日の長期キャンプツーリング。

私自身これほど長いツーリングは初めてのためいろいろ準備をしていたら予約投稿する暇も無かった感じですね。

20170420231632b79.jpg

とりあえずこんな感じで富士山堪能してます!!



ほんとはツイッター適当に埋め込んでおこうと思ったのですが、スマホからだとツイートをサイトに埋め込むの表示額出なくて面倒くさいなので、とりあえず写真1枚で終わりです。



ここらへんは帰宅したらしっかり更新したいですね。

写真も動画もたくさん撮ってるのでガッツリ更新したいです。なので、帰宅するまでは官位更新が続くと思います。



では今日のところはここら辺で











クリックよろしくー

【夏休み259日目】

夜はまだまだ寒いなぁ

んじゃ、さいなら〜
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
どもー、こんちゃー。



この土日は天気も良く過ごしやすい気温でしたね。そんな中キャンプツーリングへ行ってまいりました。


今回は「薪ストーブ」「デカいテント」の初運用ということで、半分試験も兼ねてのキャンプとなりました。

North Eagle ビッグフロントワンポール 420 バイク 積載

さてさて、まずはNorth Eagleのビッグフロントワンポール420ですが、モトフィズのキャンピングシートバッグ2を最大拡張することにより何とか積載に成功いたしました。ちゃんとガイドロープで固定すればいつも通り運転できます。少し重いですけどね。車幅はちょうどハンドル幅くらいなので法的には余裕でセーフです!!

今回は久しぶりにyasが加われるということで近隣のキャンプ場を選択。


今回はバイク乗り入れ不可のフリー芝生サイトでキャンプをすることにいたしました。


North Eagle ビッグフロントワンポール 420

そんでもって早速ビッグフロントさんを設営。

一度試し張りしてたので問題なく設営が完了しました。今回は前室の入り口をタープに付属していたポール2本を使って広げて使ってみました!なかなかいい具合ですねぇ。前室は男4人が普通に立って通れるくらいに高さもあり広さもあったので、よほど高身長じゃない限り困ることはないと思います。

グランドシート代わりのブルーシートですが、設営の後に四隅を畳んで夜露が入らないようにしました。雨降った時とかは四隅広げっぱなしだと雨水が入り込んじゃって悲惨ですからね。

パチノックス

キャンプ場に並ぶパチノックス・・・

最近Amazonで更に安くなって3,000円を切る価格になっているようです。キャンプ意外も含め過去10回以上使用していますがまったく問題なく使えているのでパチもんでも品質は確かなようです。

North Eagle ビッグフロントワンポール 420 薪ストーブ 笑's 焚き火の箱

あとは肝心の薪ストーブですが、ビッグフロントの後部入り口を開けてそこから煙突を出しました。

今回は煙突を横へ伸ばすアダプタなどは使わずにストーブから垂直に煙突を伸ばした状態でテントへインストール。

North Eagle ビッグフロントワンポール 420 薪ストーブ

内側はこんな具合です。

薪ストーブを置くところだけブルーシートとインナーシートをまくり上げて無理矢理ペグダウンしました。

結果から言ってしまえば、この距離だとブルーシートが若干溶けて、火の粉でインナーに穴が1箇所開いたくらいで大した被害は無かったので要改善くらいで済んだでしょうか。もともと焚き火の箱自体燃焼効率は良いようで、フライシートへの火の粉による穴空き被害はゼロでした。

薪ストーブまで設置した後はお買い物へ。


薪 積載

今回もしっかり薪を買いました。

モトフィズのツーリングネットを買ったのですが、こいつはキャンプ関係なしに使い勝手が非常にいいですね。1つ持っていればバイクへの積載が非常にやり易くなります。

薪は若干足りない感じもしたので、次回は焚き火台での焚き火を辞めるか買う量を増やすかしないと駄目かもでした。

North Eagle ビッグフロントワンポール 420

そんでもって夜になりまして。

このテントの前室の部分で料理をしたのですが、前室ように1灯、テント内用に1灯ずつあると便利です。

テント内の灯りはポール先端のフックに紐を引っ掛けて吊るしているだけで、前室は入り口をまとめる紐に引っ掛けているだけなので簡単です。室内は明るいLEDランタンが1つあれば充分でした。


そんでもって今回の夕飯。いろいろと買いましたが、メインディッシュは2つ。


キャンプ 料理

鶏肉とエリンギの何かスパイシーな炒め物+白米。


キャンプ 料理

ちょっと狙ったところから外れたミートパイ


今回はニューギアとしてくろけし君が大きくて深いフライパンを持ってきてくれたので実現しました。やはり調理器具の大きさはそのまま料理のしやすさへ繋がりますね。

それにしても今回、フライパンといい、テントといい、そしてキャンプの規模についても大型化しています。一体どこまで膨らんでいくのでしょうか。きっとくろけし君のNinja250もZX-6Rに大型化する日は近いでしょう。



そして肝心の薪ストーブ in テントですが、結構課題がありました。やはりこのビッグフロント及び同社のビッグ420ですが、フライシートと地面の間に派手な隙間が出来てしまうため、自作スカートを付けてやらないとガンガン冷気が入ってくるため温まりません。また、インナーシートを併用していると、インナーとフライの隙間の層ばかりに熱気がいってしまうためインナー内の気温上昇は微妙でした。じゃあインナーを外したら改善するのかといえば、フライはベンチ全開なので、根本的にどうなんだろうかと思います。とりあえず冷気遮断のためのスカート作成が急務ですかねぇ。

しかし大きいテントで良い点もありました。

まず大人4人が荷物と共に寝ても窮屈さを感じない広々とした空間、そして風を遮断してくれるためそれなりに快適な空間を得ることができました。今まではテントが別々だったため、寝る直前までタープの下やら焚き火の周りで凍えながら話していたのですが、今回は早々にテント内に移っての談笑ができたのはいい点でしたね。今までにない経験でした。


キャンプツーリング キャンツー XV1900CU Raider

そんなわけで恐らく今年最後になった皆でのキャンプ

いろいろと改善点はありましたが、次回に向けてまた準備するのが楽しみになったキャンプでした。

やはりキャンプツーリングはいいものです。












クリックよろしくー

【夏休み123日目】
【残り貯金額2兆1450億メル】

次回キャンプも頑張るぞい

んじゃ、さいなら~
テーマ:キャンプツーリング
ジャンル:車・バイク