どもー、こんちゃー。


3連休の中日でございます。昨日も今日も怠惰に過ごして最高の気分ですが、そろそろ何かしなきゃなぁとのそのそしております。


そんなわけで本日は「なにかやった」という形跡を残すべく、来週のキャンプ(予定)に向けてスキレットのシーズニングっぽい何かをすることにいたしました。



スキレット シーズニング




今回シーズニングするのはスケーターの取っ手がとれる2WAYスキレットです。

半年前に買ってそのままほったらかしでした。キャンプ行く暇無かったねん。私はキャンプでスキレットを使ったことがないのですが、師匠とキャンプに行くと結構活躍しております。いいなーと思っていたので買ったんですが、この取っ手が取れる機能って今さながらいらなかったのではないかという疑問がふつふつと湧いてきました。まぁ、これは実際に使ってみれば分かるはずです。来週を楽しみにしておきましょう。

ちなみに蓋もセットなのでシーズニングの手間が2倍です。



スキレット シーズニング

中身はこんな感じ。

マンホールチックな模様がオシャレなスキレット。蓋はそのままひっくり返すと第2のスキレットになります。蓋にも出来るし、フライパンにも出来るという優れモノ。ただ、私の場合コンロが1つしかないので2つ同時に何か調理をするような使い方はしないかもしれません。どちらかというと蒸し料理的な使い方であったりだとか、蓋の上に炭を置いて焼き料理してみたりとかそんな用途だと思います。

いずれにせよ、今まで使っていたスノーピークのコッヘルに比べると面積がありますので、今まで以上にフライパンっぽい使い方をした料理が出来そうです。煮込みハンバーグとか美味しそうですよね。





スキレット シーズニング


んで、シーズニングとはなんぞやという話なんですが、鉄製調理器具を錆させないかつ内容物が引っ付かないようにいい感じにすること指します。具体的にはしっかり焼きを入れて、油を馴染ませるという内容ですね。

我が家はIHなので、キャンプ用バーナーを引っ張り出してきてガス火で焼いてあげました。色が変われば焼きが入った証拠なんですが、こうも黒いとよく分かりません。何となく色が変わるくらいまでじっくり焼いてみましたが、とりあえず実際に使ってみてからのお楽しみですね。

馴染ませる油は乾性油と呼ばれるくるみ油なアマニ油なんかが良かったのですが、我が家にはロクな油が無いのでゴマ油でいい感じにしておきました。油の膜を作ってあげるとかなんとかで、煙が上がるくらいまで熱する必要があります。しかし、やりすぎると焦げ付くので加減が難しいところ。表面に油の被膜が出来たっぽいところで止めておきましたが果たしてくっつかなくなったんでしょうか。


スキレット、重いし錆びるしメンテ必要だしと、面倒くさがりな私には何かと腰の重いアイテムです。

次回のキャンプでそれらを覆すだけの美味しい料理を作れたらいいなぁと思います。





そして現在、キャンプ道具熱が再燃しており沼に頭からダイブしています。いろいろ欲しくなるんですよねー。

派手に散財してしまわないよう気を付けつつお買い物を楽しみます!



以上














クリックよろしくー

あれも欲しい、これも欲しい

んじゃ、さいなら~
テーマ:アウトドア
ジャンル:趣味・実用
どもー、こんちゃー。


先週のキャンプが終わってからなかなか忙しい1週間が続いておりました。

本日の休日出勤をもって今週は無事終了。1日お休みの後、ゴールデンウィークを勝ち取るための最後の戦いが始まります。




さて、今日はそんな激しい戦いの休息として気分転換にキャンプ道具のことでも久しぶりに記事にしようと思います。
そんなわけで、先週のキャンプで活躍したポーランド軍のテントを紹介いたします。



ポーランド軍 テント

ポーランド軍のテント、いわゆる軍幕というジャンルのテントでして、元々は友人のゴリアテ君が使っているのを見ていいなーと思って買いました。近年、キャンプ自体が上がるに連れてこの軍幕も価格が上昇しておりお安く手に入れるには少々骨の折れるジャンルでもあります。

製品はいわゆるデッドストック、軍の放出品という扱いなので新品であることに違いはないのでしょうが年代物です。



ポーランド軍 テント

私が購入したポーランドテントは保管状態も非常に良く、タグまで付属しているレア物でした。製造は1978年なので約40年前のテントということになりますね。






ポーランド軍 テント

テント本体は広げるとこんな感じ。

テントと言いつつ、元々はポンチョなので羽織って着ることも出来ます。このポンチョが2つ合体することで、初めてテントとして機能するようになっているんですよね。一応、中で2人寝れないこともないスペースは確保されているのでよく考えられて設計されているんじゃないかなって思います。

ちなみに、ポンチョなので人間に合わせてサイズも用意されています。

サイズ1、2、3、160-170cm、170-180cm、180-190cm、ハトメ1個、2個、3個、S、M、Lなどなど、様々な表記方法がありますが早い話が3サイズあります。当然、テントにした時の内部空間の広さにも影響するので、一番大きいサイズが人気ですし値段も高いです。ただ、小さいサイズだったり、そもそもサイズ違い2枚とかでも設営自体は出来るらしいのでそこは個人の好み次第でしょう。当然ながらスペック厨の私は最大サイズを買いました。



サイズはタグなどにも記載されているのですが、一番の目安になるのはテント本体のハトメの数です。



ポーランド軍 テント サイズ3 ハトメ3つ 180-190cm

ここが3つなら最大サイズで間違いありません。

2つ、1つと数が減るごとにサイズが小さくなります。私は一番大きいサイズしか持ってませんし、ゴリアテ君も大きいサイズなので比較対象がいないのが残念ですが、インターネット上で画像検索してみるとハトメの数分以上にテントにした時のサイズ感の違いを感じるので、単純にハトメ分延長されているってわけでもないかもしれません。



ポーランド軍 テント ペグ ポール

ちなみに、テント生地にはペグとポールも付属してきます。してこない場合もありますが、ぶっちゃけ純正品のペグとポールなんぞコレクターズアイテムのようなものなのであってもなくても問題ありません。ただ、さすが純正品だけあって使う分には何不自由なく使えるのは流石といったところでしょうか。



ポーランド軍 テント 設営

設営はいたってシンプル。


2枚のポンチョをボタンで留めて繋ぎます。ジッパーなんて洒落たもんは付いてません。

地面に広げて、全8箇所のペグダウン位置のうち、いい感じにテントが張りそうな数箇所にペグダウンしておきます。





ポーランド軍 テント 設営

真ん中にポールを入れて持ち上げて、残りの部分をペグダウンして完成!!

超簡単です。

純正状態ならば3分で余裕をもって設営完了できますし、撤収速度も同様の速さです。




ポーランド軍 テント 設営

入り口をこんな感じに開けてあげればあらオシャレ。



私は先日のキャンプ記事に書いたとおり、二股化して室内を広々使えるようにしてしまいましたが、その分ポールが増えて若干設営時間が伸びてしまいました。やはり、シングルポールはシンプルでこのテントに似合っている設営方法だと思います。


このポーランド軍テントの魅力、語ればあれこれありますし、まだ1回しか実用してないので見えてきていない部分もありますが、良い点を挙げるとすれば以下の通り。


・ソロ用小型テントとしてはちょうどいいサイズ
・焚き火に強く、結露もしない
・設営、撤収が超楽チン



やっぱり、バイクでキャンプツーリングとなるとちゃちゃっと設営、撤収できるのがいいと思います。そうすると、適当に畳んで荷台に縛り付けておくだけでいいポーランド軍テントは、私のような面倒くさがりには最高のテントになるのです。結露もしないので早朝の撤収も容易ですし(水分を吸ってるのであとで干す必要はあるけども)、何ならグランドシートなんか引かずにローコットだけで泊まれるのは大変気楽で良い点です。

コットン製なので多少重いですが、バイクなのでそれも問題のない範囲でおさまります。

カビにさえ気をつければ、軍用品ですから頑丈さはお墨付き。



大変良い買い物をしたと思った次第であります。




今年はこのテントを沢山使ってキャンプするぞー!

以上!














クリックよろしくー

軍幕はいいですぞ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


日曜日、あっという間に終わってしまいました。

なんだか眠くて、朝もゴロゴロ、昼もごろごろ、夕方から昼寝して深夜になって目が冴えてきちゃいました。どうしたもんかなコレ・・・



さて、最近忙しいので気分転換にキャンプでも行きたい気分です。



ゆるキャン△ 6巻

昨日買ってきたゆるキャン△6巻をゆるゆると読み進めているのですが、作中では永遠に冬が終わらないんじゃないか?ってくらい冬ですね。冬キャンプしたくなってきます。

既に9月も半ばとなり、北の方や標高が高いキャンプ場なんかは夜になると涼しいを通り越して寒いくらいだと聞きます。私も冬キャンプはなんだか独特の空気感があって好きなんですが、やっぱり冬なので死ぬほど寒いんですよね。ここ最近、バイクでキャンツーなんかは行ってないんですが代わりに会社の同僚なんかと行く機会が増えました。

きっと冬キャンプにも行くと思うので、ここら辺でそろそろガチの冬キャンプ装備を揃えたいと思っている次第であります。


titanium goat シリンダーストーブ

ずーっと前から欲しいなぁと思い続けているのはシリンダーストーブのTitanium goatです。長らく22インチサイズの在庫が死んでいたのですが、今年になって20インチサイズとしてリニューアルされて登場しました。お値段据え置きですが、2インチの差ならまぁ・・・って感じです。


titanium goat 20インチ

煙突の長さによってお値段が変わるのですが、最大の11フィート役3.3メートルまで伸ばすとお値段は315ドルです。

現在1ドル111円なので、手数料なども考えると36,000円くらいでしょうか?更に送料なんかを入れると確実に4万円を超えてくる感じです。さすがにお高いですね。


でも、冬キャンプで薪ストーブって憧れるよなぁ。特にこのTitanium goatは軽量コンパクトなのでバイクでのキャンツーにも無理なく持って行けるのは魅力的です。



でも最近は各社からコンパクトな薪ストーブも続々と販売されているので、日本国内メーカーにも頑張ってほしいところ。



キャンプ キャンツー 軍用テント

そしてもう1つ、薪ストーブとセットで欲しくなるのがコットンテントです。

難燃性という点はもちろんのこと、冬は暖かみがあって薪ストーブをインストールするには最高のテントです。その点、友人のゴリアテ君は既にどちらも持っているので今年は毎週のように冬キャンプに行ってほしいくらいです。ズルイです!!

画像の米軍テントも、彼が買った当時はまだギリギリ手が届くお値段だったようですが今ではすっかり高級テントになってしまいました。



コットンテントは嵩張るし重いのでキャンツー向けではありませんが、いつかは手に入れたいですね。



防寒具に関してはキャンプ以外でも使える機会があるので結構持ってたりするのですが、キャンプ道具となるとなかなかそうはいきません。今年の冬はどうしようかなぁ。


秋の足音聞こえる9月中旬でした。















クリックよろしくー

もうお休み終わりだー!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


いやぁ、なんだかブログ書くよりもやりたい事が盛りだくさんでほったらかしにしがちです。


でも頭の中を整理するためにも、やはりこうしてブログに書き出すという作業は私にとって重要なようで、どうにも煮詰まってしまうんですよね。というわけで今日は久しぶりにキャンプについて書いていこうと思います。




西湖 湖畔キャンプ場




私にとってキャンプ=バイクで行くキャンプツーリングになっているんですが、今年度は驚くべきことにまだ1回しか行ってないのです。その1回が富士山3泊4日キャンツーという、最高のキャンプだったのが救いですが、それでも去年の月1くらいで行ってたペースに比べると随分と大人しくなりました。

既にバイクも買い換えており、今までと同じ環境では無いので躊躇してる部分もあるのですが、気付けば季節も秋から冬へと移ろいゆこうとしています。虫は少なくなってきているので、むしろこれからがシーズンオンなのかもしれません。でも、これからの季節キャンプをするとなると対策しなければいけないのが寒さです。



去年の今頃、というか調べたらちょうど1年前でしたが東古谷キャンプ場に行った時は、明け方の壮絶な寒さに苦しんだ記憶があります。その寒さを教訓に我々は「冬にキャンプはやめよう」という結論に至るかと思いきや、「薪ストーブで暖まろう」というどこまでも前向きな答えを出したのでした。


その結果、私はバイクでのキャンツーにも関わらず巨大テントを買い、友人のゴリアテが薪ストーブを買ったのが昨年12月の冬キャンプでした。




でも去年は隙間風が入ったせいか、設置場所が悪かったせいか、そもそもテントがデカすぎたせいか、いまいち暖まることが出来ずに終わってしまたのです。


そして薪ストーブへの憧れだけが残った・・・



薪ストーブはこんなもんじゃない、もっと燃え上がるように熱い奴なハズ!!

というわけで今年も薪ストーブを探す季節がやってきたというわけです。大変残念ながらGoogleで「キャンツー 薪ストーブ」と検索すると私のブログが検索トップに出てきてしまうので、もはや先人の知恵に頼ることが難しくなってきてしまいました。検索結果もほとんどが行ったことのあるページです。




titanium goat シリンダーストーブ

一応、去年から気になっているのがTitanium Goat製のシリンダーストーブです。

キャンプブログを書いてらっしゃる方の記事を見て知ってずっと欲しかったんですが、どうにも22インチが品切れしてて買えずじまいな状況が続いています。毎年寒くなってから思い出すのが悪いんですけどね。この際、1個下の16インチでもいいかなって思うんですが、日本で販売されている一般的な薪の長さだと入るかどうか怪しい長さなのが困りどころ。

あと、6インチ違うだけと言っても体積がまるまる変わってくるので、実際には発生する熱量なんかも結構変わってきたりしてしまいそうで、16インチで妥協していいのかどうか悩むところです。お値段は手頃なんですけどね。






そしてもう1つ、暖かい冬キャンプを過ごすにはやはりソロテントである必要がありそうです。


North Eagle ビッグフロントワンポール 420


やはりNorth Eagle ビッグフロントワンポール 420に対して、折りたたみ可能な薪ストーブ1つではちょっと厳しかったのかもしれません。確かにこのテントは巨大で何人も寝泊りできて、寒かったら中で料理までした最強のテントです。しかし、本気で冬のキャンプに挑むのであれば、もっと小型で熱が篭りやすいテントを選ぶべきでした。


そもそもビッグフロントはナイロン生地なので火の粉やストーブからの輻射熱で簡単に溶けますし、実際穴も空きました。それらを考慮すれば、やはりコットンテントが最良という答えが出ています。加えてローコットを使えば地面に体温を吸われることもなく、快適な冬キャンプができるのではないかと画策しているところです。







コットンテントもいろいろありますが、ゴリアテ君が持ってたアメリカ軍のソロテントはなかなか良さそうだったので候補に入れてます。マイノリティをこよなく愛する人間としては、違う軍のものにしたくもなりますが、大体一緒にキャンプしてるのでアメリカ軍同士繋げるのもありかなーなんて。

あとはティピー型の小型なものがありますが、あれらは恐ろしい値段がするのでちょっと躊躇してしまいます。


いずれにせよ、ストーブもテントもまだまだお悩み中なので決まり次第またブログにまとめようと思います。





こうしてあれこれ悩んでいる時が一番楽しいんだよなー


以上


















クリックよろしくー

キャンプしよう

んじゃ、さいなら~
テーマ:アウトドア
ジャンル:趣味・実用
どもー、こんちゃー。


今日はちょっと寝坊もしたけど大体1日元気に活動できました。グラブルも頑張ったぞ!


しかし、晴れてる日に限って寝ていて、雨の日に限ってバイクで走りたいという、天候と気持ちがチグハグな毎日です。そろそろ天気安定してくれないかなぁ。


さて、今日は久しぶりにキャンプのお話です。

キャンプ

今年に入ってからまだキャンプはおこなっておらず、結局雪中キャンプとかいうお馬鹿な事はしなかったので来年やるとして・・・

約4ヶ月ぶりのキャンプとなるわけですが、次のキャンプは少し長期のキャンプの予定です。今までは一泊二日、それも大体片道100km圏内でした。それがどっこい、今度は片道200kmくらい、3日~5日くらいでキャンプしようかなぁなんて考えております。初めての長期キャンプに伴い、改めて手持ちの道具で足りるのかどうか昨日から確認中というわけです。


基本的なテントやら何やらはもちろん揃っていますので、今回は消耗品に焦点を当てて考えてみます。


プリムス ガスカートリッジ ハイパワー OD缶

まずはガスです。

週間天気予報だと、最低気温は10度前後みたいなのでハイパワータイプである必要はないようですが、一体どの程度必要なのか計算する必要があります。

過去7回くらいのキャンプでOD缶250タイプを4缶くらいは使っている気がします。つまり1泊あたり0.6缶くらい、ということは仮に5泊とすると3缶もあればいいみたいです。手持ちには250の半分くらい入ってる缶が1つありますから、値段の事も考えて500缶を1つ買えば済みそうです。



こんな長いタイプがあるのです。

500缶はバイクの場合嵩張るので避けていたのですが、価格と使いきれる日程という事を加味すれば問題はありません。


次に乾電池

IMG_20160423_221103.jpg

LEDランタンとヘッドライトに使用していますが、これは満充電にしていけば電池切れになる恐れはないかな~?と思いつつも少し不安と言えば不安です。ただ、単三乾電池なら100均やスーパーなんかでも取り扱いしていますからそこまで心配する部分でもないかな?

今回はZOOM H2nの分も考慮せねばならないので、乾電池は結構必要かもしれません。



そして乾電池と同じ電力なのですがちょっと違うのがモバイルバッテリー

cheero Powere Plus 3 mini 5200mAh

モバイルバッテリーっていうか、要はスマホの充電をどうやって維持するかっていう話になってきます。

バイクで走っている間は発電しているため、ガンガン充電ができます。実際、これまでのキャンプでもモバイルバッテリーを物凄く消費したということは無かったのですが、やっぱり不安要素の1つです。



こういった商品が売っていたので、レビューもなかなかのモンだし買ってもいいかな?って思ったんですけどもね。

そもそもキャンプ場から何日も動かないわけでもないですし、バイクで走っている間にはバッテリーへの充電が可能です。更にこういったソーラーパネルは天気の影響も受けますし、そもそも5,000円でソーラーパネルを買うんだったら同じ値段で30,000mAhのバッテリーを1つ買えば5日くらい持つと思います。

でもソーラーパネル、夢があってロマンアイテムですよねぇ。いつか欲しい。


とりあえず自宅にあるモバイルバッテリーを片っ端から引っさげていけば全部合わせて35,000mAhくらいになるはずなので持っていこうと思います。スマホはもとより、GoProの充電なんかもありますから、こればっかりは備えあれば憂いなしです。GoProは最悪の場合でも撮影するのは走ってる最中ですから、充電しながら走れば問題ありません。


キャンプに関しての消耗品は以上かな?


せっかく大自然でキャンプだというのに電力の事ばかり気にしています。文明人ですからね、仕方ないです。






他にキャンプ以外で気になることと言えば、GoProの動画保存容量です。

現在128GBのSDカードが刺さってますが、5時間半しか録画できません。ちょっと心もとないかな~?


もう1枚買おうかな?なんて思ってAmazon覗いてみたのですが、なんだか買った当時と比べるとえらい高騰しています。

WS005000.jpg


2倍とまではいきませんが、キツいですねぇ・・・

DDR4メモリの値段が爆上げで自作PC組めません!とか思ってたら、なんとSDカードも引きずられる形で値上がっていたとは。なんとかやりくりしたいところですが、キツいかなぁ?


他のブランドで似たような値段を探してみますかね




とりあえず出発前で気になる所はこんなところでしょうか。

出発までおよそ1週間。入念に準備した上で出発せねばなりません。とりあえずレイダーを洗車しなければ。

晴れるといいなぁ












クリックよろしくー

【夏休み250日目】

キャンプ楽しみだ

んじゃ、さいなら~