どもー、こんちゃー。


昼夜逆転が板についてきました。こりゃあしばらく直らねぇ・・・!

毎日宇宙へ出稼ぎにいく生活です。


Space Engineers 火星

実は地球から火星に引っ越しました。私の貧弱なPCではサーバーに多大な負荷がかかるような事象が起きたサーバーでは活動が難しくなるので新規に立ち上げたわけです。前回のサーバーはピストンを5連3セットを最高速度で同時に動かしたら早いのでは?という疑問を解決するための犠牲になりました。物理エンジンというのは例えクリエイティブモードでもなかなか厄介のようです。壊れてくれる分サバイバルモードの方がマシなのかもしれませんね。

しかし宇宙生活にも慣れてきたもので、これで引越しも4回目くらい。火星ではサクッとプロジェクターで戦闘機を量産しましたがやっぱり欲しくなるのは生産&廃棄工場。


Space Engineers 溶接機 グラインダー

そんなわけでこんな形の試作機を作りました。

片側一面に溶接機、反対側一面にはグラインダーを設置。真ん中に橋を渡してそれを前後移動させることにより不要施設の廃棄と新しい船の製造を安定していっぺんに行うことができる夢のような施設を考案したのです。溶接機で焼く際に最も気をつけなくてはならないのが生焼けと呼ばれる、内部パーツの生成不足なわけですが一定速度で溶接機から離していけばうまく焼けるのは道理。

そしてそれはグラインダーも同じでした。重力に任せてグラインダーに放り込めばパーツは飛び散ってしまい、それを防止するために蓋をしたりと施設が大型化していました。でも考えてみれば、グラインダーに押し付ける形で端から削っていけばそこまでパーツを飛び散らせることなく最小限の施設で廃棄ができるのではないか?つまり溶接機と同じだ!ってことで向かい合わせてみたわけです。

あとはこの2つの施設の間を前後させる動力源なのですが、一定のスピードを出せることが重要なためまずはピストン駆動を考案。


Space Engineers ピストン

こんな形になりました。

ピストンにピストン付けるのが一番伸びるのですが、それだと縮みきった時の長さがどんどん増していってしまいとんでもない長さになってしまうためピストン1個分の長さをブロックで戻して、またピストンつけて・・・みたいなことをやっていたらこんな形になってしまいました。結局横に飛び出るか後ろに飛び出るかの差みたいですね。


Space Engineers ピストン 長さ 限界

そしていざ伸ばしてみるとなかなかいい感じです。

ただ、8個目を伸ばしたあたりで重さのせいでグワングワンたわみ始めてなかなか厳しい・・・


それでもめげずに、最先端から施設側へ棒を1本伸ばして施設側に張ったレールへ懸架。たわみは更に酷くなりゆっさゆっさ揺れ始める始末。だがここで登場「スペースボール」!!こいつは緩衝材として使えるって2ちゃんに書いてあったぞ!ってことでこいつを挟みこむと見事に安定化に成功。

これなら大丈夫だなと思い、ルンルン気分でピストンを収縮させ始めたら・・・

Space Engineers ピストン 崩壊


  . / \____/ ヽ
  / U         \    丶
 / _,,.ノ゙'  ~\,_   U  .ヽ   つ
 |U~        ~''' ::: ::::::|  ぁわ
 | 、_(O )_,:  _(O )_,    ::::::|  あぁ
 |   ::<          :: :::::|  あぁ
 ヽ  /( [三] )ヽ  U  :::::::::|  ぁあ
  ヽ        :::;;;:::::::/  ぁあ


物理演算エンジンさんがお怒りです。

こうなると手がつけられません。絶対に壊れない設定のクリエイティブモードにおいて物理演算エンジンさんが世界の理との矛盾に耐え切れずに暴走しているのです。触ろうものならぶっ飛ばされます。それでもせっかく作ったピストン装置、せめて根元くらいは残したいので先っちょだけ除去に挑みます!


Space Engineers ピストン 崩壊

しかし飛び散ったピストンは更に飛散。これは無理だとあきらめて一番根元のピストンを切り離したところ、残りのピストンはとてつもない勢いで宇宙へ向かって飛んでいってしまいました。たぶん1,000m/sは出てたよなぁ。あっという間にお星様にまぎれてしまいましたよ。

Space Engineersは初期設定ではスピード制限が100m/sですが、あんまりにも遅いので私はMODを入れて無制限にしています。そのあたりも影響してぶっ飛んでるのかもしれませんね。


そんなわけで施設はあるのに肝心の駆動方式に悪戦苦闘中なわけです。


実はピストンとローターを組み合わせてマジックハンドの要領で伸ばしたり縮めたりする装置も考えたのですが、そもそもローター組み込みながらの装置組立が困難極まりなかったため諦めました。



Space Engineers クレーン サスペンションホイール

そんなわけで現在このようなものを製作中。

サスペンションホイールでラージブロック支柱を挟み込んで動かすタイプです。

サスペンションの調整が難しく、まだまだ安定しませんがしばらくはこいつを弄ってみる予定です。ちゃんと動くといいなぁ。












クリックよろしくー

【夏休み159日目】

よっしゃ今日も宇宙行くぞ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


昨日はGROMの総点検、ならば今日はレイダーだ!というノリで曲がったレバー調べたりバイク磨いたり。そうじゃないんだ、何よりも先に優先すべきはオイル交換なんだ。早く交換しなくちゃ・・・


さて、年が明けて早いもので1週間が経とうとしていますが皆様いかがお過ごしでしょうか。

私はここ数日になってSpace Engineersが再び盛り上がりを見せており、創作意欲もモリモリで嬉しい限りです。


Space Engineers

手始めにグラインダーマシンを作ったのが始まりでした。

以前のサーバーは放棄し、新規にEasyStartEarthで開始。このグラインダーマシンは不要になったものを入れて粉々にするためだけに生まれました。クリエイティブモードで遊んでいるので右クリック範囲選択で消すことも出来るんですが、ここまで移動して入ったほうが楽かなと思いまして。

EasyStartEarthにはその名の通り簡単に始めるために最初から基地の見本が設置されています。そこにもグラインダーマシンがあったのですが、そこのグラインダーマシンは何とセンサーで反応するようになっていたのです。これは素晴らしい!ということでお手本となる基地のブロックを覗き見しながらあーでもないこーでもないと作り上げました。

ここで重要となったのが「センサーブロック」「タイマーブロック」でした。

Space Engineers

センサーの範囲設定をおこなった後、センサーに反応があったらどうするか、反応が無くなったらどうするかをそれぞれ設定できるのですが、そこに2つのタイマーブロックで設定した動作を組み込みました。

タイマーブロック2つはそれぞれ「センサー入用」と「センサー切用」にして、センサーに反応があった時にグラインダーと照明を遅延無しで動作させる設定を。逆にセンサーが切れた時にはグラインダーと照明が切れる設定を。これでOKです。センサーブロックに組み込む時は「Trigger Now」を設定しとけばタイマーブロックの内容がすぐに実行されます。

タイマーブロックの使い方としては一部に過ぎないのでしょうが、複数の施設を同時稼動させるには便利ですよね。タイマーブロックの名前の通り遅延動作も可能なのでいろいろと夢が広がります。


Space Engineers

これで不要なビークルを粉々にすることができるぜ!!

無駄にデカい船を作ることがあるのでグラインダーも大きめに作ってみたのですがなかなかいいですね。ここは「処刑場」と名付けることにしました。

Space Engineers

その他に溶接船も作ってみました。

Steam Work ShopではMODと共にSpace Engineersがデフォルトで備えている機能「プロジェクターブロック」の設計図も配布されています。プロジェクターで投影されたホログラムを溶接機で溶接することにより実体化するんですね。だから他人が作った素晴らしいマシンも自分のサーバーにコピーできるのです。


しかし巨大になればなるほど人力でやるには苦労します。何百ブロックとあるわけですからね。


だからこそ溶接アームを複数取り付けた溶接船を作って試してみたのですが失敗。生焼けになってしまいました。生焼けというのはパッと見溶接して表面は実体化しているのですが、肝心の内側に溶接機が届かずにホログラムのままってことです。これを解消するために現在大型の溶接機の建造を目論んでおります。理想はピストンブロックで動かすことなので、ピストンブロックと、ついでにローターブロックを勉強中。スペースボールも使いどころがあるかもなぁといった具合です。


今まではただひたすらに飛ぶ宇宙船を作ることが楽しいゲームでしたが、機能が備わったブロックの使い方を調べて実験して施設を作るのはかなり面白いですね。相変わらず活動圏は地球表層ですが、もうしばらくは重力下で頑張ってみようと思います。




以上













クリックよろしくー

【夏休み156日目】

電車作りたいなぁ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


寝る、起きる、スペースエンジニア。

そんな生活が続いております。やっぱ宇宙ってすげー!!


やる度に少しずつゲームのシステムが分かってきたSpace Engineersですが、既にMineCraft並には直感的操作ができるようになっていると共に、やっぱりマイクラってすごいゲームだったんだなぁとしみじみ思う事もしばしば。

Space Engineers

そんで、やっぱりクリエイティブモードならやるでしょってことでドット絵をひとつ。

マリオさんです。このゲーム、カラーパレットで好きな色に調整できるのでなるべく頑張って似せてみたというわけです。渾身の力作ですね!ちなみに全長20mくらいあります。


Space Engineers

その後タイヤやジェネレーターを付けて遊ばれ・・・


Space Engineers

最終的にバグって地面に沈んでいってしまいました。さよならマリオ・・・


スペースエンジニアはどうやら地面は掘らない限りマップが生成されないようで、地面のテクスチャを抜けるとそこは地球の内側、空洞になっています。異空間に迷い込んだオブジェクトは自動削除の運命を辿るのでマリオは今頃宇宙も藻屑となっていることでしょう。


αテスト開始から既に3年が経過しておりかなり安定してゲームを遊べておりますが、それでもちょいちょい挙動おかしいところはありますね。下手に物理演算効いてるおかげでしょうか。また、スペースエンジニアがPCに与える負荷はわりととんでもないことになっており、私の5年前に導入したPhenom2 1100Tでは太刀打ちできません。グラボはGTX970なので可もなく不可もなくといった感じですが、それでも最高設定になんてとても出来ませんし。CPUも足引っ張ってるんでしょうけども。そしてメモリが全然足りない!8GBじゃあっという間に使用率90%近くまでいきます。やっぱ最低16GBは欲しいところですね。


ゲームやっててPCスペック不足をここまで感じたのは久しぶりですよ。


来年にはAMDの新作CPUであるRYZENが出るでしょうから、その機に一気に買い換えちゃう予定です。楽しみですねぇ。



Space Engineers

そして地面に沈んだマリオの代わりにジャンプ状態のマリオを作って大気圏内用スラスターをつけて飛ぶようにしました。これが今のところ最高傑作です。空飛ぶマリオ艇。かっこいいじゃないか!



にしてもスペースエンジニアとは名ばかりで地球圏での活動ばかりを日記にしているので、ここらで宇宙に出ていることも書いていこうかと。


Space Engineers

地球です。

これがロード無しのシームレスでいけるんだからたまりません。

と言っても地球自体は直径120km程度なので現実のおおよそ1/100モデルです。高度45,000mで無重力になるのでかなりスケールダウンはしてますが、現実スケールでやられてもゲームにならないだけなのでちょうどいい具合なのではないかと。

ちなみに火星っぽい見た目の惑星が見えてたので「ジャンプドライブ」という、いわゆるワープ装置で飛んでみたところ・・・


Space Engineers

なんと距離は2,000kmぽっちしかありませんでした。

現実の地球と火星はおおよそ8,000万km、一番近い時でも5,500万kmはあるみたいなので、こちらは1/30000スケールくらいでしょうか。

随分と狭い宇宙ですが、ゲーム内で宇宙を体感するならこの程度がちょうど良さそうです。


実際、ゲーム内でワープを使わずに別の星に向かって飛ぶと近づいてるのかどうか怪しいぐらいに遠く感じますからねぇ。



そんなわけで火星探索も視野に入れつつ、今日もスペースエンジニアで遊ぶのです。そのうちサバイバルモードやりたいですねぇ。クリエイティブである程度ゲーム慣れした後であれば数段面白いに違いありません。


そんなわけで以上、宇宙日記でした。













クリックよろしくー

【夏休み146日目】

宇宙キター

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今日はクリスマス。ということでSpace Engineersで遊びます。

ようやっと操作方法やら遊び方がわかってきたスペースエンジニアですが、やはり奥が深いです。そんなわけで今回はサーバーを作る際にイージースタートというモードがあるそうなのでそれを選択。

Space Engineers


するとこのようなかっこいい宇宙船が最初からいくつか用意されています。見本にしろということですね。

宇宙船は全てプロパティを確認することによって使われているパーツや、パーツごとのステータス設定を確認できます。ここらをいじることによtってスラスターの出力特性を変えたりできるんですね。いやぁ深い。

今回は地球が舞台のサーバーを建てたのですが、開始直後地球の裏側にいるくろけし君を飛行機で回収しに行ったりとなかなか面白いことになっています。

Space Engineers

地上で遊ぶ、つまり重力がある場所で遊べるのでタイヤをつけて車を走らせることもできるようですが、まずは飛ばすことで精一杯。

6方向のスラスター、動力部、コックピット、ジャイロセンサー、ランディングギアがあればどんな形であれ飛べる宇宙船になるのですが、組み合わせ方が重要なようでこれまた難しい部分です。


Space Engineers

クラフトはごらんのようにマイクラっぽく直感的に組み合わせることができるので、結構自分の好みの宇宙船を製作するのは簡単です。パーツもかなり種類が豊富なようで、まだまだ使い道不明のものも多く楽しめそうです。


Space Engineers

そんなわけで地面を掘ったり、スラスター1個だけつけてぶっ飛んでみたり、かなり面白いことになっているSpace Engineers


クリスマスもガッツリ楽しんで、年末年始はこいつをエンジョイしてやろうと思います!




コメント返信

>ウミさん
楽しいクリスマスでした!













クリックよろしくー

【夏休み143日目】

メリークリスマス!

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今日はクリスマスイブです。

チキン食ったりケーキ食ったりサンタさんからプレゼント貰ったり、そんな日です。私は既にゴジュラス ジ・オーガやら、ガオガイガーFINAL BD-BOXやらAmazonさんから貰っているので満足しているのですが、そこにゲームをプラスします。

Space Engineers

「Space Engineers」

宇宙を舞台にクラフトする系ゲームです。Steamでα版が3年前より始まっているのですが、今回のSteam年末年始セールにて半額になっていたので手を出してみました。実は前から気になってはいたのですが、こうしてニートになると時間が有り余るもので、こういうゲームにも手を出してみる気になるってものです。

購入価格はセールにて1,240円でした。


早速くろけし君とゴリアテ君を呼びつけて購入、マルチプレイと洒落込みます。


Space Engineers

最初にサバイバルモードで開始したのですが、惑星の上空1万メートルほどに宇宙船ごとリスポーンして開始。

この時点で既に意味不明。特に日本語化せずに起動して、別に難しくもない英語で説明されているのですが、正直言ってかなり操作とクラフトが複雑なため、最初は宇宙船の操縦すらままならない状態でした。

くろけし君は地面にキスを繰り返すこと十数回ののちやっと着陸できた程。


なんだこのゲームは・・・なんなんだ・・・!!!


操作すらおぼつかない状況でサバイバルモードは無理ゲーにも程があったのでクリエイティブモードに変更。


Space Engineers

いきなりリスポーン地点がバラバラで苦労しました。

今度は宇宙空間がメインです。


まだまだ全然分かっていないのですが、宇宙空間に突然浮いてたり、かと思えば巨大な惑星の上空だったり、ステージ構成も様々なようですね。


Space Engineers

あと操作説明が鬱陶しいのであとで消し方を調べないと・・・


結局今日はクリエイティブモードで簡単な宇宙船を作って終了です。


とにかくこのゲーム、奥が深くて難しい。MineCraftを宇宙よりに特化させてややこしくして、ついでに物理エンジンも複雑になった感じですね。あとはグラボが爆熱でした。GTX970ちゃんガンバレ!!おかげで12月も末だというのに部屋があっちっちです。


Space Engineers

最終的に外付け座席で宇宙へGOした挙句敵性勢力に撃墜されて頑張って作ったロケットは粉々になりましたとさ。



いやぁ、なんか面白いぞ!


そんなわけでしばらくはSpace Engineersで宇宙ライフを満喫しようと思います。




以上!















クリックよろしくー

【夏休み142日目】

宇宙はいいぞ

んじゃ、さいなら~