どもー、こんちゃー。


土日は両日ともお出かけしておりましてすっかり更新おさぼりです。


3月まじで週1更新しかしてないんだけどヤバイよなぁ、やばい。4月からは心機一転・・・ともならないと思います。

まぁ気が向くまでぼちぼちマイペースでいきましょう。


さて、この土日は東京でモーターサイクルショーなるものがありましたが、先週には大阪でも同様のショーがあったようで、そこでHondaから新しいコンセプトバイクが発表されたのです。その名も「ブルドッグ」。なんとも勇ましい名前ですが、さて一体どんなバイクなのかというとこんなバイクです。

buru_20150330212033b2c.jpg
buru2.jpg
buru3.jpg

うおーなんかゴッツイぞ!マッシブかっこいいです。


ちなみに「Honda ブルドッグ」で検索かけると32年前に販売された車の方が出てきます。

burutigai.jpg

こんなんです。

この車よかブルドッグという名前が似合う風貌だとは思いませんかね。


ちなみにこのコンセプトバイク、スペックの方がしっかりとホンダから発表されておりまして・・・



■BULLDOGの概要
・シート高(mm) 730
・エンジン型式 水冷・4ストローク・DOHC・直列2気筒
・総排気量(cm3) 399
・トランスミッション 6速
・タイヤ 前・後15インチ



こんなんだそうです。

写真でしか見てないので大きさが分かりにくいんですが、400ccの割には小柄という話が現地に行った人からはちらほら。

ちなみに開発テーマは「愛すべき旅の相棒」だそうです。うーん渋井ですなぁ。

旅の相棒というだけあってリアキャリアにフル装備してくださいと言わんばかりの見た目。前籠もいけそうな気がします。


なによりもこのダブルヘッドライトが非常に良い味を出していると思います。ダブルは良いよダブルは!



ちなみに燃料タンク脇は小物入れになっているらしく、なかなかの積載力を誇りそうなバイクです。

個人的には非常に魅力的なこのバイク、コンセプトモデルだけあって発売するかどうかすら不明なのですが昨年のNM-04の件もありますし、多少なりとも期待してしまいます。

最近ずっこけてばかりのホンダですが、たまにはイイとこ見せてほしい!





ベース車的な位置付けになりそうなこのブルドッグ。


お安く出てもらえればすぐにでも飛びつきたくなるくらいには気に入ってしまいました。


今後の続報があるかないか分かりませんが、今年もバイクが気になる年になりそうです!













クリックよろしくー

バイクが欲しい今日この頃

グロムちゃんも改造したくなってきたぞ!


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



昨日は厳戒丸と共にプリキュア映画最新作である「映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」を見てきました。


オールスターズシリーズはDX、NewStageと各3作品を経てついに7作目となりました。まさかここまで続くとは・・・感慨深いものです。


というわけで早速感想を書いていこうと思います。ネタバレもりもりかなー?


harunoka-nibaru.jpg


まず結論から言いますと、凄く面白かったです!


春のカーニバルというタイトルだけあって、歌とダンスが全編に渡って盛り込まれており非常に楽しめる内容でした。


プリキュア達は遂に今作で大台の40名となり、流石に40人全員が喋ることはありませんでしたが各作品の主人公ポジションのキャラクターは全員台詞ありで、各作品から数名がそれぞれ台詞ありといった具合になりました。

前作のハピネスチャージは妖精含め全員声あり出演、もちろんプリンセス組もバッチリです。





始まりはオールスターズらしく少々ご都合展開でしたが、前置きを短くしてくれたおかげで本編が非常に充実してたのではないかと思います。

そして開始10分かそこらで始まる盛大なミュージカル。この映画1本だけで一体何曲かかったんだって感じに次から次へと春のカーニバルの歌とダンスが披露され、合間にはミュージックステーション風インタビューなんかも挟まってて飽きの来ない構成でしたね。

歌とダンスそのものはCGエンディングダンスがあるプリキュアに関しては基本的に使いまわしで、途中途中で本編の過去映像+いくつか新規の映像という形でした。ここら辺は予算抑え目な感じがしましたが、うまく出来てるもんで見ていて非常に面白かったです。


過去作品すべてのプリキュアが全員バラバラに踊ったので11組あったわけですが、それぞれに思い出のシーンなんかが組み込まれており、まさにオールスターズと呼ぶに相応しい内容でした。過去作品全て見ている方には満足度高いと思いますよ。



harunoka-nibaru2.jpg


更に40人全員でのミュージカルシーンは綺麗にまとまっており非常に美しいステージでした。

作品ごとに随分CGモデルの見た目が違うもんだなぁと思うところでもありましたが、昨今の映像技術は大したもんだと思えるシーンでしたね。


そしてプリキュアですからお約束の戦闘パートもばっちり収録。


各プリキュアにしっかり見せ場やお約束を盛り込みつつコンパクトに仕上がっていてとても面白かったです。



さてはて、なんでこんなに満足度が高いのだろうかと振り返ってみると


・元々声の出演に関してはNewStageシリーズである程度諦めがついていた
・過去作品を振り返るシーンがあり、シリーズファンへのアピールポイントが多々あった
・春のカーニバルと割り切っており映画に対する先入観が過去6作とは違っていた



こんなところですかね。


わたしゃ声はなくとも過去作品キャラクター達が動き回ってたのが良い部分でした。そりゃ一部棒立ちで台詞無しという違和感バリバリのシーンもあったにはあったんですが、全体で見ればよく仕上がってたと思います。

そして何よりも見る前の期待値が全然違ったのがポイントでしたかねぇ。


DX3からのNS1の時はとてつもない期待値の落差でしたからボロクソにぶっ叩いたんですが、そこから2,3と良くなり一旦一区切りでシリーズタイトルが変更されるタイミングでしたので予め期待値は下げておいたのです。

タイトルだけ聞いて、きっと全編踊り続けるCG映画なんだろうと勝手に思ってたら、姫プリのネタバレオープニングで結構アニメーションシーンが多かったので「おお!これは!」と思ったもんです。



しっかり抑えるところは抑えてあって非常に良い映画だと思います。


ただ、オールスターズですから・・・


・最近の数作品しか見てない
・DXシリーズ並の戦闘
・作品の垣根を越えた絡み



こんなのがあると映画としてはガッカリかもしれませんね。

見ている作品が多ければ多いほど面白いのは間違いなしです。ただし巨悪をやっつけるというコンセプトではないので戦闘はあくまでもプリキュアの通常戦闘レベルです。そしてせっかくのオールスターズなんですが、もはや声がないキャラが大半なので作品を越えた絡みというのはかなり難しくなってますね。そりゃお互い話しかけたりはしてますが、それも結構限られてくる部分があります。


というわけで個人的にはもう1回劇場に足を運んでもいいくらいに満足してますが、こりゃ人を選ぶんじゃなかろうかと思う作品でもありました。


というわけで以上、映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪の感想でした!




コメント返信

>ゴリアテ

最近はボダランにお熱なのです



















クリックよろしくー


思わず映画グッズを買ってしまいました。飾らねば!



んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



1週間に1度の更新が安定してまいりました。もうちょっと更新したいなぁ。


会社では異動なんかもあるので業務の引継ぎなんかで今週はそれなりに遅い帰りになってたりしております。



さて、最近ダイソーで棚を新調したので今日はそのことを書こうかと思います。


IMG_20150308_005146.jpg

いきなりですがこれが完成品です。


ダイソーで昔からある金属ラックシリーズで、足1本、棚1つから買えて自分の好みの大きさにできるのがこの商品の良いところです。百円なので組み立て精度は値段相応ですが、簡易ラックを作るならもってこいのお手軽さです。



ちなみにこの棚にかかった金額は


・47cmポール*4本
・24cm延長ポール*4本
・ワイヤーネット*2個
・足固定具*3セット
・棚板(1個300円)*3個
・脇に引っ掛ける棚*1個


これで合計2,484円(税込)になります。


棚板部分が100円じゃないのがお値段上昇の要因ですが、それにしたってサイズがちょうど良くて自分の好きな大きさにできるのでかなりお得です。

いままで机の上、モニタの裏は使えそうで使えないスペースだったんですが、ここに棚を置くことによってスペースが有効活用できるようになりました。

IMG_20150314_105415.jpg

ちなみに網板は針金で無理矢理留めてます。

この網板に引っ掛けるタイプの棚をつけて、ここに鍵やら時計やら普段外に持ち歩くものを入れたので、なかなかの利便性です。


で、この棚を作った目的なのですが最近フィギュアを置くスペースが少なくなってきましてね。

そんなわけで簡易棚を作ってとりあえず置くスペースを確保しようと思ったわけです。


このダイソーの棚はポールに一定間隔で溝が彫ってあるため、3cm刻みくらいで棚板の高さが変えられます。ですからフィギュアの高さにあわせてピッタリ作ることが可能なのです。ここが非常に良い部分!


IMG_20150314_105447.jpg

ちなみに最近は本棚も埋まりつつあるので、このように本を置くことも可能にしました。

大判の本も置けるようにしたので使い道は無限大!

IMG_20150314_105558.jpg

そして元々の目的であったフィギュアもこのように設置可能です!


1/8スケールフィギュアを4つは置くことが出来ます。ただし棚板は網目が大きいので、このようなスタンドタイプのフィギュア意外ですと網目を通り抜けてしまうため自立できません。そのような場合はアクリル板かなんか買ってきて敷いてやればよさそうですね。


あとはそもそもの問題としてただの金属ラックなため埃被り放題というのもあります。ですから棚にあわせて簡易のフィギュアケースなんかを仕込んでやると良さそうですね。イエローサブマリンから出ているやっすいフィギュアケースとか良さそうなので現在検討中です。


IMG_20150314_105708.jpg


で、今回の棚で一番狙っていた機能がコレ!


モニタ越しにフィギュアを眺める素敵機能です!!


普段ベッドの上でゴロゴロしているのでフィギュアを眺めるにはフィギュアケースの前に行かねばなりません。しかしこれなら視線を上げるだけでフィギュアが眺め放題。素敵ですねぇ。

これが欲しかったのです。



とりあえず棚は完成したので、来月にでもまた予算を確保して今度はアクリルケースでも買いましょうかね。



というわけで以上、棚レビューでした。















クリックよろしくー


さて、土日はゲームとツーリングで楽しむぞ


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


3月初の更新です。


最近はどうにもこうにも忙しくて、筋トレくらいしかしてないですねぇ。


さて、今日はあいにくの曇り空&所により雨って感じでしたのでバイクでお出かけは諦めて車でそこら辺を回ってきました。


まず向かったのはアニメイト!


昨日発売になった上北ふたご先生のプリキュアシリーズ最後の3冊を手に入れにいきました!


IMG_20150307_194030.jpg

バーン!と長く!

合計12冊+既刊のドキドキ1冊、計13冊がついに揃いました。やったぜ!!


12冊購入特典としてドキドキ用に、他の12冊と外観を合わせたカバーとカラーイラストコレクションとやらが貰えるそうです。

12冊の帯をチョキチョキ切ってはがきに貼って応募です!いやぁ楽しみだなぁ。



これ本棚に並べてるんですが、スプラッシュスターは2冊とも表紙で見つめあってるんですけどね。

IMG_20150307_195016.jpg

背表紙でも見つめあっており、この徹底ぶりには感服いたしました。

すごいぜスプラッシュスター流石だぜ!


まだまだ読んでる最中なので、このあともじっくりと読んでいきたいと思います。




そしてプリキュア関連で最近買った書籍といえばこちら

IMG_20150227_210724.jpg

高橋晃プリキュアワークスです。


特典のポストカードがまた10枚ついてくるんですが、今回は表紙の絵の流用だったのでレジーナを貰ってきました。

表紙にスイート4人+ドキドキ5人+レジーナという構成で載っており、敵キャラクターながらも非常に愛されていたことが分かるレジーナ。是非ともドキドキ5人をフィギュアーツ化した暁にはレジーナも立体化してほしいものです。


中身は馬越ワークスの時と同じく、今まで番組内や他のグッズ等で使われていたイラストのフルカラー収録他、インタビュー等も載っていてファンなら是非とも読んでおきたい1冊でしたね。

こりゃなかなかいいもんです。




あとは今日アニメイトでついでに買ってきたもの~



IMG_20150307_195354.jpg

みつどもえ15巻


もはや唯一購入し続けている漫画と言ってもいいみつどもえ


今回は店舗ごとに特典があったみたいですが、アニメイトではみっちゃんのイラストカードでした。とらのあなのクリアファイルが欲しかったりしましたが、近所に店舗が無くて、通販だと送料でもう1冊買えるので諦めました。どっかのツタヤでかなり少量のサインイラスト入り本も販売されていたようでこれは羨ましい限りですね!



いやぁなんだかんだ買いました。本棚がいっぱいだ!


ゆっくり読んでいきましょう














クリックよろしくー


さて、土曜日もう終わってしまったけど少し遊ぼうかしら


んじゃ、さいなら~