どもー、こんちゃー。



どうにも今月に入ってから残業ばかり、今週も定時で帰れるはずが毎日トラブルが舞い込んできて残業続き。


そんな感じでどうにも疲れてしまっております。夏バテだな!!



梅雨も明けてすっかりツーリングシーズンにはなっておりますが、こうも暑いとバイク乗るのも一苦労。しばらく篭ってゲームに興じたい気分です。



というわけで唐突にゲームを買ってきました。


IMG_20150725_171908.jpg

PS Vitaのソードアート・オンライン ホロウ・フラグメントです。


1年とちょっと前に出たゲームソフトですね。中古で2500円くらいでした。安いイ!


FF14をやらなくなって早いもので5ヶ月。そろそろゲームがしたくなってきたんですが、どうにもFF14を再開するにはまだ至らない。ですが、ゲームはやりたい。ならばオンラインゲーム風オフラインゲームを買ってこよう!!ということで行き着いた今作品。SAOのゲームで最新作はロストソングというアルヴヘイムオンラインが舞台のゲームですが、そちらはどうにも開発会社が違っておりかなりアクション寄りのゲームなんだとか。

ならばSAOチックなゲーム最新作のホロウフラグメントを遊ぶしかないじゃないってことです。


2015-07-24-201514.jpg

もともとSAOは大好きですので、このゲームはいつかやってみたいと思ってたのです。

でも高いから安くなったら~って思ってたんですが、中古価格は思ってた以上に安かったですね。


さてこのゲーム、前作PSPのインフィニティモーメントの続きというよりはパワーアップ版という位置づけらしいです。グラフィック強化・システム改善・新要素追加等々。


ゲーム内容はSAOの最後、75層突破後にログアウト不能のまま改めて100層を目指すというあったかもしれないストーリー。俄然燃えます。


2015-07-24-192117.jpg

ゲーム開始時はいっちょまえにアバター制作なんて出来ますが、ここはキャラゲーとして楽しみたいのでデフォルトのキリトさんのまんまで進めていきます。いずれにせよイベントシーンとか強制キリトさんらしいですからね。


2015-07-24-204850.jpg

さてゲーム画面。

基本ペアらしいです。誰だこいつ・・・

それはさておき、しっかりログアウトボタンが用意されているのは気が利いてるというか世界観分かってるというか。


合わせて、ゲームは基本オートセーブでタイトル画面に戻ることがでいないのがより一層SAOっぽさを演出しています。ネットゲームによくある項目がズラリと並びかなりワクワクする内容。これぞ究極のSAOチックなオフラインゲームというわけです。

ちなみにゲーム開始時既にゲーム内では75層突破後くらいですので、キリトのレベルは最初っから100でHPも3万を越えており、更に所持金額もかなりあります。ただしプレイ時間表記は現実時間です。実際のプレイ時間だったら2年ちょっとなんでしょうか。


ともあれ、ファンにはとっても嬉しい世界への没入感を味わうことができるので想像以上に雰囲気は良いです。



また、肝心の戦闘ですが基本はフィールドにいるモンスターと直接戦う形式でここはアクションRPGっぽいです。途中でスキルやアイテムを駆使して戦い、劇中さながらのカッコイイ戦闘を見ることができます。ただスキルディレイはちょっとやりすぎなんじゃないかと思うけれども・・・。あとスキルのクールタイムは画面端とかでいいから表示してほしかったなぁ。

バフスキルも豊富なので、ここら辺ネトゲ経験があると楽しめそうです。


2015-07-24-204857.jpg
2015-07-24-204909.jpg


あとスキルツリー

SAOは武器熟練度によるスキル習得システムを採用しているのですが、そこも原作そのまんまです。

武器が刀剣類しかないため、それぞれのカテゴリごとに固有のスキルが用意されています。キリトは片手直剣と二刀流を既にある程度習得しています。でも片手直剣は原作だと999でカンストしてたはずなんですが、ゲームだと流石にそこまではいってないようで。



なにはともあれ、原作・アニメ要素がたっぷり詰め込まれた本作。

暇つぶしにはもってこいのようです。私のゲーム欲を満たしてくれそうですね!



これと息抜きにWoWs、あとはスマホゲーを適当にやっとけば私のゲームライフはしばらく安泰でしょう。バイク乗ろう!



まだゲーム開始1時間ちょっと。ポケモンYはジムバッジ1個で挫折しましたが、このゲームはどこまでいけるかな?


では今日はここら辺で













クリックよろしくー



うおーしやるぞー


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



大忙しの一週間が終わり、やっとお休みになりました。頑張ったおかげで何とかカレンダー通りの連休が過ごせそうです。


さて、本日はバイクのツーリングアイテムではいまや必須と言っても良い「Bluetoothインカム」を新調したので、そちらのレビュー記事を書こうと思います。


SENA 20S


購入したのはコチラ

SENA製の20Sという商品です。商品名超シンプル!!


実はB+COM社製のSB5Xという商品を買おうかと思っていたのですが、先代機のSB4Xに比べてあちこち劣化しておりとても買える商品ではなかったのでこちらを選んだという経緯があります。

実際、SENAの20Sも機能的には変わらず、さらには他社とのBluetooth接続可能という利点まで備えていたためこちらを選びました。


ちなみに今までは中華インカムを使っていたのですが特に不便も無く使っていました。


つまり今回この20Sを買ったのはノリと贅沢です。実際くろけし君に見事にバイク用品店で消しかけられてのせられてしまったのですから・・・!!


ちなみにくろけし君と一緒に買ったので2個セットで7万円。1人3万5千円です。たっけぇな!!


SENA 20S

中身はこんな感じ

マイクが4種類くらいデフォルトで付属しているため、様々なタイプのヘルメットに対応できます。

全部入りはいいんだけど、オプションにしてくれたらもうちょっと安く済んだんじゃないだろうか。


その他、シガーソケットから充電できるコードだったり、USBプラグだったり、両面テープやらパッドやらいろいろ。かなり痒いところにまで手が届く仕様になっています。流石はSENAのフラッグシップモデルなだけはありますね。


SENA 20S

さて、メインはこちら

ヘルメットへクリップする部分とマイク・イヤホン部分。こいつをベースに本体を接続して運用していくわけですが、こういった製品は基本的にヘルメットの左側につけることを想定しています。右手はアクセルですからね。なので素直に従ってヘルメット左側に付けます。

しかしデフォルトで付いてるこのマイク、これは恐らくジェットタイプのヘルメットに向いてるマイクでしょう。私はフルフェイスのGT-Airなのでマイクを取り替えます。何だかやたら差込が硬い端子ばかりなのですが、力技で外していきます。


SENA 20S

ネジもジャンジャン外していきます。

こうすることでマイクを他のタイプへと変更が可能なわけですね。このベース部分を開いたら、まずはヘルメットの側面、外郭と内郭の隙間に差し込みます。恐らく大抵のヘルメットにはあるんじゃないかと思われる隙間ですが、GT-Airだけなのか他のヘルメットもなのか、やたら狭いです。


SENA 20S

かなり気合を入れてねじ込みました。



そういえば中華インカムを組み込んで1年半くらい経ちますが、外したら内側の塗装がペローンとはがれてしまいました。


SENA 20S GT-Air


機能上問題はないですがちょっと残念。これは中華インカムどうこうより、素材の性質上仕方の無いことなのでしょうね。


さて、どんどん接続していきます。


SENA 20S GT-Air

軽く位置あわせをしていきます。

ネジ留めする前にこれは確認したほうが良いです。Bluetooth通信をする時はアンテナを立てるのですが、これがヘルメット側面のスイッチと被らないようにしないといけません。

GT-Air以外にも付いてるヘルメットはありますが、GT-Airに限った話をしてしまうと左側面にはインナーバイザーの上げ下げのスイッチがあります。
ここにアンテナが干渉すると厄介なので予め位置取りを決めて、アンテナがスイッチより後ろに位置するよう調整しておくと良いでしょう。


SENA 20S GT-Air

さて、あとは適当に配線を取り回していきます。

中華インカムのときはマイクも1種類だったので無理矢理ねじ込んでましたが、今回はフルフェイス用の非常にコンパクトなマイクが付属していましたので実に快適です。

配線の長さもよく考えられていて短くもなく、余るでもなく。

両面テープも様々な形のものが大量に付属しており、耳のイヤホン部分は嵩増しするためのパッドや、耳に当たった時痛くならないようにする布のカバーなんかが付属していて非常に助かります。

GT-Airはイヤーパッドを外してくぼみにそのままつければ完成です。


そして全て組み付けが完了して、インナーパッドを元に戻していくと・・・


SENA 20S GT-Air


オゥ・・・・

入らない。そりゃ干渉します。これはヘルメットによりけりなので、全てのヘルメットがこうなるとは限りませんが、少なくともGT-Airではスマートにいかないようです。

3万5千円出して買ったインカム

4万5千円くらい出して買ったGT-Air


でもインナーパッドだけ買えるしな・・・



SENA 20S GT-Air


潔くぶった切って無事終了。


内側に逆テーパ付けて切ったのでそうそう外れることもないでしょう。


これで無事組み付け完了です。案外サクッといくもんですね。


SENA 20S GT-Air

下から見るとこんなんで、ヘルメット着脱の際若干左頬に干渉しますがいい具合です。


これで装着は完了。



次に使用感です。


その前にまずこのSENA 20Sの機能から。


こやつ、なんとパソコンに繋ぐことでソフトウェアのアップデートが可能です!!ハイテクだ!!

向上出荷状態では英語音声だったんですが、SENAのホームページ「ジョグダイヤル」から会員登録をして製品シリアルナンバーを入れると日本語化ファイルと最新のファームウェアのファイルをダウンロードすることが出来ます。ついでに取扱説明書もダウンロードできるので、今回みたいに2人で1セットを買って1人は付属の紙の説明書、1人は電子説明書なんて使い分けもできるようになってます。

SENA 20S


あとはPCに付属のUSBケーブルで20S本体を接続し、アップデートしてやればあら不思議。


音声案内も日本語になり、より使いやすいものとなりました。

ただし、これはPCが無いとできないことです。今時の若い方々はスマホしか持ってないって方も多いですからね。ただ、バイク持っててインカム買ってパソコン持ってないって人はなかなかいないような気もします。


あと、SENAの全製品がこの機能に対応しているようですが平行輸入品は会員登録が出来ないようです。

並行輸入品は確かに安いと言えば安いのですが、英語に自信の無い方は素直に一般販売されているものを買うのをオススメします。


あと、AndroidとiOSのアプリでSENAのインカムにあれこれ指示出しできるアプリもあって、細かい設定なんかをすることが出来るようになってます。PC版のファームウェア更新ソフトでも出来ますが、スマホの方がより手軽でしょう。



そしてSENA 20S

SENA 20S


こやつには本体に2つのボタンがついており、基本的に画像正面に見えるダイヤル式のボタンで操作していきます。

上下に回すことで音量の調節や項目の選択が出来て、手袋をしてても直感的で分かりやすい操作が可能。また、このダイヤルにはプッシュボタンも付属しており、掌全体で押すだけで色んな機能が使えます。

例えば1回押すだけで近くの登録済のSENAインカムと一発接続。これはビックリです。中華インカムとは大違い!!


起動した瞬間に登録してある携帯電話とも接続しますので、ほんとに手間がかかりません。


また、ダイヤルボタンを1秒長押しするだけで接続しているスマホの音楽プレイヤーが自動再生。曲の送りや戻しもできて、個人的には神機能となってます。今まで中華インカムではいちいちスマホ側で曲の再生や停止をしてやらなければならず、非常に面倒でしたからね。

また、音楽の再生にともなって欲しかった消音機能まで標準装備。

本体ベース部分にあるボタンを二度押しするだけで「アンビエントモード」なるものが発動し、スピーカーからの音声を全てミュートにしてくれるのです。超便利!!


なんだかもう、本来の通話するという目的そっちのけで素晴らしい機能です。




そして忘れてはならぬ通話機能。


ツーリング


そもそも、今までが各々バラバラの機種を使っていたためスマホからカカオトークやらスカイプやらといったアプリを駆使して携帯電話回線を経由しての通話でした。故に音質は悪く、山間部に入ればたちまち圏外になって通話切断という非常に残念な仕様状況でした。

そこからBluetooth通信になったので、段違いで音質はクリアになり非常に快適な通話環境になりました。


なので中華インカムとは一概に比べることができません。しかしノイズの入り方や、音声のクリア具合というのは従来と同じく携帯電話回線経由でも聴いて分かる程には差がありました。

やはり金かけた分良くなってくれているようです。そうじゃないと困るぞ!



そしてこのSENA 20Sの目玉機能である「他社製品とのBluetooth通信機能」ですが、バッチリでした。

予め自宅で中華インカムと接続テストをしたりしてましたが、ゴリアテ君のB+COM製SB4Xともバッチリ接続完了!!


接続は結構な手順を踏みますが一度覚えれば簡単。

ジョグダイヤルボタンを12秒長押しという、結構長めというかもうちょっと短くしても良かったんじゃないかという時間押すと「設定メニュー」という音声が聞こえてきます。

この状態でジョグダイヤルを回すといろんなメニューが10種類くらいあるのですが、その中の「ユニバーサルインターコムペアリング」なる項目を選択。選択はフォンボタンです。ここが落とし穴。説明書見てもフォンボタン押せなんて書いてないんですが、最初のボタンの機能項目を見るとフォンボタンに「決定」の機能がちゃんと割り振られているんですよね。罠です。

あとは勝手に接続相手を探すモードになるので、他社様が「携帯電話に接続するモード」で探索飛ばしてくれればつながります。


SENA 20SはBluetooth通信でお互いにペアリングしながら、携帯電話接続回線を使って同時に2台の機器を接続する機能を持っています。その携帯電話接続回線に他社のインカムの接続を割り込ませることによってこのような機能が実現しているんですね。


非常に便利なんですが、その仕組み上SENA 20S1台につき他社製インカム1台の接続が上限となります。また、他社製品が繋がった状態でもちろんSENA同士がペアリングすることは可能です。


こうして私、くろけし君、ゴリアテ君は最強の通信状態で会話可能な素敵インカムを手に入れたのでした。




これから梅雨も明けてツーリングシーズン到来!ちょっと暑いけど、バイクもインカムもせっかく買ったのでガンガン乗り回していこうと思います!


以上








コメント返信

>じゅん

ハイエースちゃんはいい車だよ

深夜の道は気をつけよう!















クリックよろしくー


うおーっしゃー明日は走るぞ!


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



週明けからガッツリ残業で参ってしまいます。


そんなわけで今日はサクッと日記を書いて終わりにします。正味5分といったところでしょうか。



さて、本日午後10時前。私はハイエースに乗って会社へ戻っていました。出先でどうにもトラブル続きで帰るのが遅くなってしまったわけですね。

hiace.jpg


どの会社にも1台はありそうなハイエース

たくさん荷物が乗って、その割には運転しやすく、非常にタフでいい車です。


そんなハイエースで夜の外灯すらない農道を爆走して帰社してたわけです。そりゃもう爆走です。


ちょっとヒヤヒヤするレベルで爆走してたんですが、カーブに差し掛かりました。もちろんライトは常時ハイビームなレベルで車通りはなく、カーブですからいくらか速度を落としておりました。すると突然・・・!!



touboku.jpg


画像はこれ大げさなんですけど、倒木が!!


ゆるやかな左カーブのど真ん中、道幅はハイエース3台分くらいあったんですが、端から端まで塞がっている!!


咄嗟にブレーキかけたんですが、どう考えても間に合わないので更に咄嗟の判断でアクセル全開!なんとか難を逃れることができました。

というのも、木の直径は精々10cmかそこらで、葉っぱがなくて枝だけのながーい木だったんですよね。倒木というより、トラックの荷台から落ちた感じの木でした。

ハイエースだから乗り越えることが出来ましたが、これが普段乗ってる軽自動車のラパン号だったりしたら乗り越えることは不可能だったでしょうね。ましてバイクなんかだったらクラッシュ横転です。


ハイエースに助けられました。


しかし、画像レベルの木だったらいくらハイエースでもタダでは済まなかったでしょうから、夜の農道はもう少し気をつけようと思いました。


いやぁ、死ぬかと思った。



皆さん夜道は危険です。これが人間じゃなかっただけラッキーでしたね。これからは気持ちアクセル緩めで走ることを心がけます。


以上















クリックよろしくー


さてさて、洗濯物を干して寝るとしよう

ほんとに今日は暑かった

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



どうにも夜はゲームが楽しくなるもので、睡眠時間を削り気味です。

相変わらず雨続きですが、今週末は少しは晴れてくれるのかな?久しぶりにツーリングなんぞに行ってみたいと思っております。



さて、私の睡眠時間を削ってるゲームと言えば


blog2 (1)

World of Warshipsですが、少しずーつ進んでおります。


WoTの時もそうなんですが、ハマる時はハマるんですが基本的には亀の歩みで進めていきます。


こちらは確か筑摩。煙突4本が目印だった気がします。どうにも画像検索するとシルエットが違うやつばかりヒットするので何でだろうと思って調べてみたら、重巡洋艦と防護巡洋艦の2タイプがあるみたいですね。こちらは後者です。

こいつが日本艦のTierⅡとして扱える艦です。

ここから私は更に上を目指し、天龍に乗り換えました。


blog2 (2)


じゃーん!

この天龍は軽巡洋艦でwikipediaによれば53cm3連装魚雷発射管を2基搭載しているようです。

ちゃんと史実どおり、魚雷が2基くっついており、撃つことが出来ます。まだ駆逐艦を開発してないので魚雷が撃てるのはこの天龍だけなんですが、なかなか当たりませんねぇ。駆逐艦や巡洋艦相手だと避けられてしまうので戦艦狙いにいったりもしたんですが、これがまたなかなか難しくて。結局巡洋艦装備の魚雷なので魚雷祭りという程の数も撃てず、何だか中途半端です。


んでこの天龍で暴れ周り、やっとこさ艦種を戦艦にチェンジできました。


blog2 (3)

河内です。

ここで初めて巡洋艦クラスから戦艦クラスに乗り換えたのですが、全然操作性が違いますね。


遅い、曲がらない、装填遅い、砲塔回らない、耐久力はあるといった感じです。しかしこれ弾がなかなか当たらんです。巡洋艦とはまた違ってるんでしょうか。あとは一発撃つと次弾装填までかなり時間がかかるので緊張しますね。


blog2 (4)


図体はでかく的になりやすいんですが、射程はそうでもなくかなり扱いの難しいクラスでしょう。

上手く立ち回るには練習が必要そうですなぁ。


先ほどの天龍、そしてこの河内はTier Ⅲでこの河内からはTier Ⅳの戦艦妙義に、そしてそこからは空母鳳翔に乗り換えることができます。

空母はちょっと遊んでみたい気もするので、まずは妙義目指して頑張り、そこから空母ルートもいいかもしれませんね。

しかし戦艦好きなので、このまま戦艦道を突っ走るのもまた良いかもしれません。



そんなわけで私のWoWsライフはこれからもボチボチ続きます。


以上


コメント返信

>厳戒丸

ホノカチャン!!


>タマ兄さん

(・8・)ちゅん!

















クリックよろしくー

うわーん寝たくないよーゲームしたいよー


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


もう雨ばっかり!嫌になっちゃうくらいの雨!!


じめじめした土日を過ごして、また明日からじめじめした空気の中仕事かと思うと嫌になっちゃいます。


んで土日、いろいろありましたが忘れないうちに感想を書いておきたかったので今日は映画ラブライブの感想なんかを書いていこうと思います。


eigaraburaibu.jpg


見てる人も多いと思いますが、一応ネタバレありなのでご注意ください。



さて、そもそも映画ラブライブは見るつもりが無かったんですよね。


アニメ映画って劇場に足を運ぶのはプリキュアくらいなもんで、あとは適当にDVDとか借りて済ませてるんです。だから今回もどうせ弟がBD買うだろうし、見るのはその時でいいかなぁって思ってました。


でも会社の後輩やら同僚やらが見に行って「すごい面白かった!感動した!」と絶賛の嵐だったので少し興味が出てきたのです。

ところがどっこい、バイクを買ったばかりの私はとっても貧乏。やはり映画代1800円は高いなぁと躊躇してたところ、何故か事前にチケットを複数枚買ってた賢弟様からお恵みのチケットを授かり、無事に本日朝一で観てこれたわけです。




raiba-.jpg


ちなみに私、会社では何故かラブライバーに属しています。属しているというか分類されています。

ガチラブライバーな後輩が2人いるんですが、一緒にされちゃってるんですよね。好きなキャラクターはことりちゃんとしか言ってないんですが、まるでガチ勢のような扱いです。ちなみに最近は凛ちゃんが好きです。

ところがどっこい、実体は毎週日曜朝8時半からプリキュアを応援する大きなお友達

ラブライバーとは似ても似つかぬ存在なのです。



部屋を見渡してもラブライブのグッズは1つも無く、フィギュアはおろかキーホルダーすらない状態。

それもそのはず、私はラブライブのアニメを1期2期ともに1回見ただけの超ライト勢。ラブライブ面白かったなーという感想1つで終わってしまったくらいです。でもそういえば2期の最終話で映画への布石みたいなのがあった気が・・・って弟に言われてやっと思い出したくらいです。


そんな私が、ラブライブの映画を観た感想を適当にぬるっと書いていきます。


eigaraburaibu2.jpg

まず、ストーリーに関しては非常に綺麗にまとまって美しい終わり方だなぁと感心したものです。

アメリカまで行ってライブが大成功し、人気が出て解散が惜しまれるμ'sを決意の通り終わらせるっていうのは現実世界でラブライブというコンテンツを楽しんでいる我々視聴者に対しても区切り、終わりというメッセージを伝えられているのではないでしょうか。

それこそ世はまさにラブライブ一色というくらいに巨大なコンテンツに成長したラブライブ。その主役9人のグループを人気の絶頂で終わらせるというのは非常に悩ましい判断だったんじゃないでしょうか。でもこれは劇中通り、スクールアイドルが活躍するラブライブというコンテンツをμ’sだけで終わらせない、次の世代へ繋げていくために必要だったのでしょう。どれだけ人気のあるコンテンツもいつかは廃れ、終わりを迎えます。だからこそ次を見据え、リスクを取りながらも挑戦を選んだ関係各所には賛辞を送りたいですね。

もう既に新しいラブライブが発表されてて謎の新キャラ9人の姿も見られます。

果たしてμ’sをある意味では切り捨ててまで次に走り出したことが吉と出るか、凶と出るか。



でもなんか変な話ですが、劇中で穂乃果が続けるべきかやめるべきか悩んでる姿がまるでラブライブのプロジェクトのお偉方が悩んでる様子そのままのような、何か透けて見えるというか、やっぱオトナになると金に汚くなりますね。私の心は汚れている・・・



んで、肝心の映画本編の内容なんですがミュージカル調で非常に面白かったです。お話が少し進み、曲を挟みの繰り返しで飽きの来ない構成でしたね。ただ、少し展開が急というか雑な気もしました。

特にニューヨークでのライブのシーンは、ライブの前後のシーンがすっ飛びすぎててもう少し肉付けしても良かったんじゃないかと思いました。確かにこうやってテンポ良く流すことでグダる感じは少なくできますが、あんまりにも飛ばしすぎなんじゃなかったかなぁ?


あとは学年ごとに3組が歌って踊ってというシーンがありましたが、あれもメタ表現というか半分精神世界みたいな扱いで、だからこそミュージカル調っぽいなぁと思う部分でした。これはこれで良いと思います。唐突に始まったのでびっくりしましたけども。3組の中ではやっぱり1番目にやって曲も好みで印象に残った1年生組が楽しかったですねぇ。衣装もなんだか可愛らしかったですし。

あとは劇中ちょいちょい登場する謎のお姉さん!


穂乃果の守護霊なのか何なのか。お姉さんから預かりっぱなしだったマイク入、あれ結局最後まで開けませんでしたけど何だったんでしょうね。物理的に存在してるはずなのに、まるでお姉さんは幻のような。おバカな私はとりあえずそういう演出ということで納得してふんふん言いながら楽しんでました。まぁなんかきっかけって大切だよね!!


あとは最後の方のライブシーン


全国からスクールアイドル集めてみんなでひとつの曲を歌うんだ!!と言っておきながら案の定バックダンサーじゃないですかー!ヤダー!!

予定調和とかそんなチャチなもんじゃなかったぜ・・・

あとCGはもうちょっとお金かけても良かったんじゃないかと思います。


そしてラストシーンはμ’s全員の名前が入った曲を歌って終了。これで本当におしまい。ちょっとウルッと来ましたね。

劇中挿入歌はどれも良い曲で聞いてて楽しくなってきます。



なんだかんだいろいろありましたが、アニメ1期、2期、映画と続いて物語は綺麗にまとまったのではないでしょうか。終わり良ければ全て良し!学園モノの宿命、卒業を持って後腐れなく終わりを迎えることが出来るのは成功の証です。


皆可愛くて!ライブが素敵で!感動で胸がいっぱいになる!とっても楽しい映画でした。アニメを見てた人は是非とも観に行ってほしい映画ですね。



そんなわけで、本日は映画ラブライブ感想記事でした。うーん、また観に行っても良い面白さだったな!














クリックよろしくー

さて、ラブライブの曲でも聞いて寝よう


んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



気付けば7月!すっかり夏のはずなんですが、未だ梅雨は明けず。


バイクの地球ロック用のコンクリートが届いたんですが、こんなにじめじめしてたら施工できません。バイクもサビてしまいます!


そして何よりツーリングに行けないっ・・・・!



それなら海へ出よう


そう、World of Warshipsでね!!


wows ob


本日7月2日木曜日より正式にオープンβテストが始まったWorld of Warships 略してWoWs


艦これ人気で湧く日本にはもってこいのゲームです。World of TanksのWarGamingが制作したゲームですからね!発表から実に4年越しのオープンβです。

実は昨年末くらいにこっそりとクローズドβに参加してたので一度遊んだことはあるんですが、WoTに比べると非常にゆっくりゲームが進行し、しかし戦略性が非常に高いゲームとなっております。


WS004370.jpg

バカな私は1度EUクライアントをインストールしてしまったんですが、日本の皆さんは是非ともアジアクライアントをインストールしてくださいな。

たぶん日本人は皆アジアサーバーでしょう。

ちなみに23時過ぎにログインした時同時接続数が16000近い数でした。どんだけ人がおるねん!


blog (4)

グラフィックは流石最新ゲームとっても綺麗!!

開発陣は取材しまくって船のモデリングをしたらしくとってもリアルです。実物知らんけど。


UIはWoTと似た感じですが、より洗練されて使いやすいデザインになっています。最初は日本艦と米艦の駆逐艦が一隻ずつ与えられており、ゲームで戦ってポイントを貯めて技術ツリーを開発していき、好きな船に乗るって流れです。もちろんティア制を採用しており、ランクごとになんとなーくマッチングされます。


blog (5)

ちなみに日本の現在の技術ツリー

駆逐艦ルートの最後に島風、戦艦ルートだと大和とかいます。でもTier Xって相当先だよなぁ。頑張ってもTier VIくらいでしょう。

私は戦艦が好きなので戦艦ルート進もうかな?


blog (6)

さてさて満を持して始まったWoWsオープンβ

初日これだけ人がいますが、この人口がどれだけ続くやら。そして私のモチベーションもいつまで持つことやら。



blog (3)
blog (2)
blog (1)


まだ2戦しかしてませんし、もう寝るんですが梅雨の明けないこの土日はWoWsにどっぷり浸かってるってのもいいかもしれませんね!


年始にせっかくグラボを買い換えたのに、最近まったくゲームしてませんでしたしねぇ。


FF14は蒼天しててちょっと気になるところですが、まずはお手軽に遊べるこっちから徐々にゲーム復帰していこうかな?




というわけで今日は簡単ですがこの辺で



コメント返信

>ゴリアテ

さぁさぁ乗り切れ、乗り切ったらたぶん秋だけどツーリングシーズンだ















クリックよろしくー

お船で遊ぶぞー


んじゃ、さいなら~