どもー、こんちゃー。


今日はエイプリールフール!

0時になった瞬間に様々なホームページやソシャゲなんかがエイプリールフール仕様になって、なんだかんだ毎年楽しみな日になっております。私もしっかりエイプリールフール仕様のグラブルを遊びました。

そんな4月1日、新年度の始まりの日ですが私は本日ツインリンクもてぎにて開催されていた「スーパー耐久シリーズ2017第1戦」に行ってきました。

スーパー耐久 2017 もてぎ


スーパー耐久とは200分かけておこなうスプリントバトルで、本日4月1日と明日4月2日の2日間に分かれて開催されていたのですが、私が行った本日4月1日はST-R、ST-1、ST-2、ST-5の4クラスが同時に同じコースを走るという面白いレースでした。クラス毎にレギュレーションがあるようですが、3,500cc以上の車と1,500cc以下の車が同じコースで違うレースを同時に走っていると聞くとそのハチャメチャ具合が分かると思います。速度域が全く違うため、見ていてよく事故らないもんだと感心したものです。


さて、突然なぜ四輪のレースを観にいったのかというと、ゴリアテ君が会社でチケットを貰ったらしくじゃあ行くかという流れです。これが二輪だったら更に盛り上がったかもしれませんが、レースが熱いことに変わりはありません。

ツインリンクもてぎ

本日開催された会場はツインリンクもてぎ

栃木県の片田舎になるサーキットですが、国際レースも数多く開催される有名なサーキットです。私は15年ぶりくらいに訪れました。久しぶりすぎて全然覚えてなかった。

レース会場に着いたはいいのですが、四輪のことはおろかスーパー耐久のルールすらよく分かってない状態で見始めたレース。


もてぎ スーパー耐久 2017
もてぎ スーパー耐久 2017
もてぎ スーパー耐久 2017
もてぎ スーパー耐久 2017

たしか24台くらいいたと思いますが、始まる前に一通り見ておきました。

今回は久しぶりにカメラの望遠レンズが大活躍しており、肉眼では車体に貼られたスポンサーのステッカーなんぞ見れたもんではありません。とりあえずワコーズで全身デコられた車があったので、今回はワコーズを応援することにしました。

もてぎ スーパー耐久 2017

最初はホームストレート前のスタンド席で適当に見ていたのですが、ここだとストレートと最終コーナーが見えるだけ。そして微妙に遠いのです。まぁVIP席も近くにあるし、15年前にF1のレースを観に行った時も似たようなもんだったからこんなもんかな、ってこの時は思ってました。

そういえば予選はみんな静かに走ってたんですが、決勝はけたたましい感じでしたね。マジでうるさい車と、気持ちの良い音の車、いろいろ違うんだろうなぁと思いながら観ておりました。



さて、ここで一旦レースを離れます。

なにせレースは200分もあります。200分も観てたら飽きます。なのでツインリンクもてぎ内にある施設を見て回りました。あとめっちゃ寒かったのでスタンド席はつらかったです。

ツインリンクもてぎ タイプR
ツインリンクもてぎ 
ツインリンクもてぎ ダックス
ツインリンクもてぎ C70

ツインリンクもてぎでしか見れない60年くらい前の動く車とバイク

これはツインリンクもてぎ内にある「ホンダコレクションホール」という場所で開催されていた旧車のデモンストレーション走行会です。知識がない上にすっかり名前を忘れていたのですが、公式ホームページを見たら載ってました。

【走行車両】
・ドリームC70(1958年)
・ダックスホンダST50Z(1​969年)
・バラードスポーツ CR-X(1983年)
・インテグラ タイプR(1995年)


こんなのだそうです。説明聞きながらゆっくり走ってるのを眺めていると、どの車もバイクも楽しそうだなぁと思えてきます。

また、現在開催中の特別展示「Racing History of Last 20 Years 【Part1】レースシーン1997-2001」も観てまいりました。これは5月中頃まで開催されているらしく、Part1と名を打っているだけあって、2017年をかけていろいろ開催予定なんだそうです。20周年記念の特別展示ってやつですね。

これは残念ながら写真が物理的に撮れませんでした。というのも望遠レンズだけしか持って行かなかったため、どんだけ引いても被写体がおさまりきらないという残念な事になってしまいまして・・・

ホンダの歴代スーパーマシンに興味のある方は是非ともお立ち寄りください。




さて、レースに戻るんですが、また観客席に行ってもなぁと思い、ツインリンクもてぎ内にあるキャンプ場を偵察しに行きました。噂どおりの高規格キャンプ場で、付け入る隙もありません。ならばミニサーキットがあるらしい北側へと歩いていったのですが、なんだかレースの音がどんどん近づいてきました。もしやこの柵の向こうが・・・?


もてぎ スーパー耐久 2017

うぉおおおお!

めっちゃ近い!!

レース初心者の私はスタンド席こそが一番良い席なんだろうなぁと思っていたわけですが、反対側のコーナーが連続している箇所や長いストレートの場所はコース自体が近くて凄まじい迫力!

もてぎ スーパー耐久 2017

いやぁ、大した速度出てないのかなって思ってたんですが、近くで見るとすごい速いですね。

まさかこんな穴場があったとは・・・


ちなみにここら辺は車の乗り入れに別料金が取られるようですが、見る分には観戦チケットを持ってれば大丈夫なんだそうで、我々2人はひたすら徒歩でサーキットの反対側の土手沿いを伝っていきました。人も少ないし、レースは間近で見れるし、これが本物のレースか!って感じで大興奮!


もてぎ スーパー耐久 2017
もてぎ スーパー耐久 2017

それと同時にカメラもバシャバシャ撮りまくりです。

高速で移動する物体を撮ることなんぞほぼ経験がないので写真がブレまくりですが、レースの写真を撮るのはなかなか楽しいもんですね。その一瞬一瞬のチャンスを逃さず撮るという楽しみがあります。あとは単純にカッコイイ写真になります。

一脚すら持たず、撮影モードはオートなので厳しいもんがありましたがそれでも250枚ほど1日で撮影していい写真が結構撮れたので個人的には満足でしたねぇ。


もてぎ スーパー耐久 2017
もてぎ スーパー耐久 2017

こうした写真を撮る楽しみ、そして純粋にレースの熱狂、そういったものを感じることが出来た1日となりました。なんだかんだ最後まで居残ってレース楽しんじゃいましたねぇ。

そしてゴリアテ君と2人で帰りに話すことはもちろん今年のMotoGP。これはチケット発売開始日に裏側の特等席を取るしかないのではないか!なんて話しました。お値段は張るでしょうが、テレビ越しに観る以上の迫力があるんだと今日実感いたしました。いやぁ招待券でまんまとハメられたぜ!

もてぎ スーパー耐久 2017

そんなわけで1日楽しんだスーパー耐久

レースっていうのは普段あんまり気にかけてなかったものですが、こうして実際に見てみると興味が湧くものです。

バイクでのサーキット走行なんかも面白そうだよなぁ。今度はMotoGPはさておき、バイクのレースが見たいですね!



ツインリンクもてぎは駐車場や入場料がかなりお高いですが、内部にある施設や催し物はかなりの規模で開催されているので最終的にお得感が残る素敵施設となりました。これならちょこちょこ足を運んでもいいかもしれません。

以上












クリックよろしくー

【夏休み240日目】

超歩いた~めっちゃ足いた~

んじゃ、さいなら~