どもー、こんちゃー。


なんだか暑くなってまいりました。

本日はキャンプの予定だったのですが、明日は台風らしいのでキャンセル。梅雨が明けないと駄目かな~。



でも今日は晴れてたので、ZX-6Rのメンテをおこないました!




さかのぼること3週間前・・・

峠を走ったあと気が抜けていたのか、前方不注意で握りゴケしまして。見事に前輪を滑らせながら右側へ転倒。幸い、極低速だったこともあり私自身は無傷だったのですがZX-6Rが少々傷ついてしまいました。これが外装慣らしか。


パッと見ダメージがあったのはご覧の通り。


IMG_20180520_115011.jpg
IMG_20180520_150528.jpg
IMG_20180520_150606.jpg



ブレーキペダルは折れましたが、他はカウルやマフラー他、各所がスレた程度。どう見てもエンジンガード大活躍でしたので付けていて良かったです。まぁ、30周年ステッカーが削れてしまったのはちょっと心苦しいですが・・・



さて、ここから修理が始まります!!




まずは折れたブレーキペダルの交換です。

ブレーキペダル自体は純正品が定価で6,000円ちょっとしますが、ここはサクッとヤフオクです。ステップごと手に入れたので丸ごと交換いたします。



IMG_20180609_115409.jpg

到着!

ブレーキペダル外すのもなかなか苦労したんですが、一応元々付いてたのも外せました。こっちはステップがイカれた時の予備としてとっておくとしましょうか。


続いてカウルの修理です。




IMG_20180609_123306.jpg
IMG_20180609_123314.jpg

サイドカウルの爪が見事に根元からいきました。

なんだかカウルズレてんなぁと思ったらこのザマです。でも綺麗にモゲてくれたので、その分修理もしやすいというもの。ここは、ガレージキットの要領でいきましょう。



IMG_20180609_132930.jpg

折れたところに穴を開けて1mmの真鍮線を通しました。




IMG_20180609_133445.jpg

瞬間接着剤を付けて完成!


このくらいの大きさの爪なら、芯に1本通してやればなかなか折れることもないでしょう。世の中にはプラリペアとかいう、バイク乗り御用達のアイテムもあるみたいですが今回の補修では出番には至らなかったようです。




IMG_20180609_181143.jpg
IMG_20180609_124127.jpg


あとはコチラ

ぐにゃぐにゃに変形しておりますが、これはエンジンガードのブラケットです。転倒の衝撃のほぼ全てをここが曲がることで吸収してくれたみたいですね。ボルトにもダンパーが付いているので、そちらでも結構吸収してくれたと思います。流石はカワサキ純正品!!



しかし、エンジンガードはセットで14,000円程するので付け直すとなるとなかなか高価に・・・なんて思っていたらなんとパーツ単体で販売しておりました。これはありがたい!

ブラケット3パーツ中、2つは明らかに曲がっていたので早速注文です。1つはよく見ても変形してなさそうなので続投です。



これでおおまかな修理は完了です!




マフラーの削れたところに関しては、既にヤスリをかけて表面処理を終えています。梅雨が明けたあたりにでも、耐熱スプレーをかけて見た目的な補修は完了するでしょう。

カウルのガリ傷についてはどうしようもないので、ステッカーでも貼って誤魔化しておこうと思います。幸い、割れなどはないので遠目に見れば別に何もしなくてもいいのですが、ここはオシャレなステッカー選びで楽しくいこうじゃありませんか。





あとは、素人目には分からない部分。いろんな部分の歪みはもちろんあると思いますが、1年点検もわりと近いのでその時に洗い出してもらいましょうかねぇ。少なくとも、事故後に高速道路を150km走ってきた感じ、ハンドルのブレやエンジンの異音などは感じなかったので。カウルのビビり音も今回爪を補修したので消えたことでしょう。

日常点検の範囲では問題なさそうですので、この後改めて全体をチェックしたら試走してみようと思います。


あー、でもクーラントが妙にLOWレベルに近かったのは気になりますね。漏れた跡とかも見当たらず、ラジエーターも無傷なんですが。もしかしたら接続部とかが事故の衝撃で緩んでしまったのかもしれません。要チェックですねぇ。





というわけで、以上、ZX-6R修理日記でした。















クリックよろしくー

クーラントも買っておこう

んじゃ、さいなら~