どもー、こんちゃー。


古戦場が終わったと思ったら残業がつらい。


うーん、あと1日だけどあと1日が重い仕事量ですなぁ。


それはさておき、今回の水有利古戦場が無事に閉幕いたしました。



古戦場 ゼウス

今回の古戦場から5日目はスペシャルバトルということでしたが、完全にボーナスステージとなっておりましたね。とっても弱かったです。

今回は騎空団報酬と個人ランキング報酬でいろいろ貰えましたし、1億5千万くらい貢献度稼いだら戦果も追加で9,000枚ほどいただけました。うーん、以前の古戦場とどっちがいいんでしょうね。



報酬は豪華になっている気がしますし、5日目がないのは心が楽なんです。でも、結局稼ぐのは変わらないので、5日間を4日間に圧縮しただけで瞬間最大風速的なものはむしろ上がっている気がします。ただ、今回あんまり疲れたって感じもしないのは、もはや私が古戦場耐性を手に入れてしまったからなのか何なのか。




WS007329.jpg

あと、報酬のSSR確定チケットはこういう時に限ってなんで石なんだよって感じでフラムグラスさんでした。うーん、どうせなら今が旬の鰹が欲しかったよ。



さて、8月も明日で終了です。銀天集めをサボり続けているせいで十天最終できないので、明日の夜はグランデ30連でもやろうかな。やりたいな。頑張るぞ。



以上













クリックよろしくー

2ヶ月自由だ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


古戦場中でございますが、本日は昨日頑張りすぎた反動で撤退日のため少し気持ちが楽です。

しかし、今回の個人ランキングおよび団ランキングの新規報酬設定により走らざるを得ない日々が続きます。本選も4日しかありませんから、箱掘りもいつも以上にハイペース。なんなかんだエネルギー持ってかれるイベントです。


さてさて、そんな中8月も終わろうとしております。


気付けば8月の更新数がまだ一桁なので月末に水増ししましょう。



コトブキヤ フレキシブルアームA

さて、前回の記事では、足を4つ作ってジョイントを買うところまで進みました。

今回はコトブキヤ フレキシブルアームAを使って、グリモアさんを四足にしていこうと思います。



グリモア レッドベレー

ってことで、いきなりですが四足にしてみました。

使ったジョイントはフレキシブルアームAに入っているジョイントのみです。なるべく切った貼ったは無しでいきたい面倒くさがり屋さんですので、それっぽいジョイントで繋いでいきます。

全て3mm軸ですが、当然渋さは違うのでそこは調整。基本的に固いので軸を削る方向で調整しています。




グリモア レッドベレー

うーん・・・

あんまりしっくりきませんね。ちょっと取って付けた感がありすぎる。でも足の長さや、バランス、各パーツの干渉なんかを考えるとなかなか上手いこといきません。難しいですねぇ。





グリモア レッドベレー


上から。


余計なアームが伸びてますが、これは先端付け替えで飛び道具オンリーにしちゃうか、近接武器も付けておくか悩むところです。

足のバランスだけ見ると、やはり前足が少し間延びしているというか、もう少し足の根元にボリュームが欲しいところですね。個人的に長さはこんなもんでいいと思っているので、単純に間接だけでなく何かディティールアップしてみるのも面白いかもしれません。

こういう時に部屋にコトブキヤの謎キットとか転がってると便利なんですが、残念な事に積まれたFAGとメガミデバイスしかありません。こいつら組み立てておけば余剰パーツあったかもしれませんね。



グリモア レッドベレー


でも、とりあえずモノを乗っけるとそれっぽくてカッコイイじゃないですか!

うん、これが四足歩行メカです。

重心が低くなったのでかなり安定感が増しました。武器積み放題だね!



しかし、ここまで来ると腕も増やしたくなってきます。もういっその事、バックパックを外して腕を4本移植して阿修羅グリモアでも目指してみるべきか・・・


グリモアはまだまだ弄り倒せそうなのでしばらくこねくり回していたいと思います。



以上













クリックよろしくー

よーし古戦場

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


昨晩は遅くまで飲み会があったために、古戦場予選2日目にも関わらず一切走ることが出来ませんでした。


団自体の余裕はあったので良かったですが、残りは本選が4日のみとなるので頑張らねばなりません。今回の古戦場から本選は4日間の開催となり、5日目にはスペシャルバトルという形で団と謎のモンスターが戦うイベントになるようです。





古戦場 スペシャルバトル報酬

そのため、今回から団の順位にも報酬が出るようになりました。それと、個人ランキングにも追加報酬としてエレメントやムーン、低確率で金剛晶などが提供されるようになりました。

報酬が増えた分ランキング争いは苛烈を極めそうですが、個人はともかく団順位は3500位以内を維持できればなかなかおいしい報酬が貰えるので楽しみですね。でも、団順位の足を引っ張らないように走るとなると結局個人順位もそこそこいくんだよなぁ・・・



さて、あとは毎度脳死で箱掘り中です。今回は1ターン1550万選手権にエントリー出来たので、編成のご紹介なんぞしてみます。




グラブル 水 1550万 編成

まず、キャラクターですがエッセル以外誰一人として欠けることの許されないメンバーです。サブメンバーのシャルロッテですら、サポートアビリティの奥義ゲージ上昇で必須です。


ジータちゃんはメカニックでアーマーブレイクを担いでいきます。

アルタイルはバフ、デバフ、奥義ゲージ上昇。水着イシュミールはブリザード役。ヴァジラは奥義2回で火力役。それぞれしっかり役割があります。




グラブル ブリザード

特に、今回水着イシュミールのブリザードには非常に助けられています。ブリザード開始17秒後からの十数秒間は攻撃50%アップの攻刃別枠乗算だとか何とかで、とりあえずこいつのおかげで飛躍的に攻撃力が上がります。

最初にブリザードをポチッってから他のアビリティを押していけば、私の頼りない戦力であればちょうど17秒を過ぎた頃に攻撃開始なのでガッチリ噛み合ってますね。



セフィラの翠銃

そしてメインで担ぐのはアーカルム産の「セフィラの翠銃」です。こいつは奥義に追撃効果があり、僅かではありますがダメージが伸びます。




セフィラの翠銃 追撃

上限でこんなもんですが、これが結構効いてきます。私程度の戦力だと、残り1%が削り切れなかったりと結構ギリギリだったのでこの追撃はかなり効果が高いのです。全力アビポチの中でのこのダメージは貴重なのです!




WS007320.jpg

そして私が唯一持っている干支キャラヴァジラ

今回の古戦場が来るまで、倉庫で育てもせずに眠っていたのですがこの度日の目を見ることになりました。実装当初に比べるとかなり性能が強化されたようで、ヴァジラは犬狩りのみならずHELLでも活躍してくれそうです。

侍キャラなので奥義ゲージを200%まで貯めて奥義を2回撃てます。ここでサブメンバーのシャルロッテやアルタイルの3アビが効いてきて、非ATでも2回の奥義を撃つことが出来るというわけです。上限まで叩いても奥義ダメージ自体はシルヴァと遜色ないのですが、3アビの2回行動付与で与えられるダメージが馬鹿に出来ない量でして、晴れて選出となりました。




そんなわけで、装備的にはマグナ2どころかマグナ1も極めきれてない状態なのですが何とかやっております。今回は持っているキャラクターの運が良かったですね。十天衆がいなくても何とかなるもんです。


これで快適な箱掘りが出来ますので、土日は箱掘りしつつアニメでも見て天星器を集めようと思います!



以上












クリックよろしくー

アニメ視聴が捗る~

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


今週は暑さが戻ってきたと思えば、週末にかけて台風で涼しくなってまいりました。


本日よりグラブルにて水有利古戦場が始まりましたが、今回は20箱くらい掘れればいいかなと考えております。戦力的にも、仕事の忙しさ的にもちょっと厳しい。



さて、本日はコンビニで見つけた飲み物の紹介です。



麦がくれたコーヒー気分 セバダ



代用珈琲
こと「世界のキッチンから 麦がくれたコーヒー気分 CEBADA 麦のカフェ・セバダ」です。


名前が長すぎるので以下セバダです。


この飲み物は代用珈琲と呼ばれるとおり、珈琲っぽい味をした珈琲ではない飲み物です。ラベルを見ると、どうやら麦を珈琲作る時の製法で作ってみた飲み物のようですね。巷で話題にもなっていたので、果たしてどんな味がするのかと興味津々だったため購入した次第であります。



買って早速飲んでみたのですが「麦茶だコレ!!」って叫びました。



うん、後味というか風味は珈琲っぽいです。でもベースが完全にただの麦茶です。なんというか、麦茶に薄い珈琲を混ぜたらたぶんこんな味になるんじゃないかと思います。とにかく圧倒的に麦茶でした。


味はそんな感じなので、わりとゴクゴク飲めますが好き嫌いの分かれそうな味です。私はいけるクチですが、麦茶と珈琲は別々に飲んだほうがうまいと思います。

以上、代用珈琲こと代用麦茶セバダの感想でした。














クリックよろしくー

今夜はこれを飲みながら古戦場です

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



土日が過ぎるのがあっという間すぎて悲しいです。もっと休みたい・・・


さて、今日はグラブルのラブライブコラボイベントの事でもサラッと書いておこうと思います。最近グラブルもなかなかガッツリ遊べてないのでほんのさわりくらいですが、こんなイベントだったよっていうのが伝われば。



ラブライブサンシャイン Aqours sky high

「ラブライブ!サンシャイン!!Aqours Sky High!」

というわけで今回のコラボはラブライブサンシャインです。また凄いところとコラボしたもんですね。



コラボが始まる前は一体どんな風に9人をプレイアブルキャラクターにするのかって思ってたり不安要素もありましたが、終わってみるとなんだかんだいい感じにまとまっていたと思います。


ラブライブサンシャイン Aqours sky high

まずストーリーの方ですが、こちらはいつも通りラブライブのキャラクターがグラブルの世界に迷い込むパターンの王道コラボストーリーでした。

キャラクターは当然ながら全員グラブル風に描き下ろされており、非常に可愛らしかったですね。当然、ストーリー自体もフルボイスですので、台詞のボリューム的にはアニメ2~3話分くらいはあったんじゃないでしょうか。

あとは、一部の方々に対してラブライブが徹底していることがグラブル側でも守られていたようで、イベントには誰も男性が出てきませんでした。あまりにも出なさ過ぎて違和感が凄いことになってましたが、まぁそういうものだということでしょう。ちなみに、主人公がグラン君のままだと台詞が代わったり、ジータちゃんへ性別変更することをすすめられるんだとか。すごい徹底ぶりです。



ラブライブサンシャイン Aqours sky high

戦闘画面の方はといえば、過去最高に賑やかな事になっています。


今回配布されたコラボキャラクターは3人で、1人あたり1学年3人が共存している形で登場しました。そのため、戦闘画面では3人が一気に出てきてこのようにワイワイしているわけですね。



グラブル ラブライブ キャラクター

キャラクター単体では、3人の中からそれぞれ好きなスキンを被せることが出来るのでお気に入りのキャラクターの見た目にすることが出来ます。

キャラクター性能やアビリティに変化はないので、本当に見た目だけですね。


そして3キャラクターとも属性が違いますので、よほどの趣味パーティでもない限りコラボキャラクター3人を並べて戦うということはないでしょう。それこそガチ初心者期間の間くらいです。


キャラクター性能については、どれもそこそこに強い感じがします。で、そのキャラクターなんですが・・・・



グラブル ラブライブ 人気投票

なんとユーザーの人気投票により、最終上限解放の実装がされるんだとか。なんという太っ腹。

それぞれの学年チームごとに3キャラクターから選ぶというわけです。最終が実装されれば、各アビリティの強化や奥義強化なんかが実装されるわけで、これは熾烈な争いが予想されます。



グラブル ラブライブ 人気投票

本来、こういった投票は「好きなキャラクター」に投票するものなんですが、私はライバーではなく騎空士なので性能重視で3年生チームに投票しました。元々、私の火属性パーティが弱いというのもあり、最終されればほぼ間違いなくパーティに入りそうなので。


しかし、投票結果からどのくらいの期間を経て最終実装になるのかは分かりませんが、結果を見てから最終上限イラストを用意するとは到底思えないので現時点でデータ的には3体分の最終上限解放は用意されていると思うんですよね。使わないのはもったいないので、どこかのタイミングで解放してくるのかな~?




グラブル アクアスカイハイ トレジャー交換

あとは今回のトレジャー交換。

2年生チームはストーリー進行で加入しますが、1年生と3年生はトレジャー交換になります。

あと、オリジナルの武器が2種と、10連ガチャチケ、覇業とダマスカスを回収すればいいかなってところです。



サンシャインブレード 4凸 素材

いつもコラボ武器はめんどくさくて4凸してないのですが、今回のサンシャインブレードだけは劣化水四天刃になるかなってことで最終しておこうと思います。

水古戦場は戦力的にも、仕事のスケジュール的にも、完全に諦めている状態なのですが、せめて少しでも・・・ってことです。





そんなわけで、ストーリーやらトレジャー交換やらほぼ終わったラブライブサンシャインコラボイベント。4凸素材集めるのが地味に面倒ですが、これもあとちょっとの辛抱です。


あとは、個人的に気になった部分でも。

今回、ストーリー上で明確にμ'sが既にグラブル世界に来ていることが明かされていました。これが次回コラボはμ'sの番ということを示しているのか、はたまた単なるファンサービスに終わるのか。私自身は、ラブライブといえばやっぱり初代かなって思う方ですし、そっちの方が好きなキャラクターもいるので是非ともコラボしてほしいものですね。

あとは、回を重ねる毎にコラボキャラクターの仕様が豪華になっている部分も注目です。去年の刀剣乱舞からはコラボキャラクターのレアリティがSSRに格上げされ、今回で遂に最終上限解放まで実装。

こうなってくると、ふたりはプリキュアコラボでも最終上限実装とかちょっと期待しちゃいますよね。


プリキュアはほぼ確定で格闘得意の光属性になりそうなので、どうにも現状の光環境には入りそうにもないんですがそこを何とかするくらいには一工夫欲しい感じに期待しちゃいます。



というわけで、今回のコラボイベントもなかなか楽しめました。次回のコラボイベントが楽しみですね。



以上














クリックよろしくー

サンシャインブレードぼろぼろ落ちる

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



ブログの開設記念日って8月15日だよな?って思ってたら1日間違えてました。

そんなわけで私の短かったお盆休みも終わり、明日からまた仕事が始まろうとしています。最近更新頻度もガタ落ちですが、開設記念日くらいは更新しようということで更新です。



さて、一体何周年になったのかといえば今回で13周年を迎える我がブログ。私はもうすぐ27歳になるので、人生の半分くらいはブログの更新を続けられているようです。単なる日記ですが、まぁこんだけ続けば内容はさておき結構いいんじゃない?って思います。なんだかんだ過去を振り返るのには便利な日記ですからね。



WS007301.jpg

しかし、この1年でグッと年間訪問者数は下がっています。

ブログという文化そのものが云々というのはさておき、私の記事の更新頻度やそもそもの品質が下がっているのは否めないところです。それも影響してか、この1年でユニークアクセスは1万人程度にまで落ち込んでしまいました。全盛期が年間5万人だったということを考えると、何事にも繁栄と衰退があるんだということを身を持って実感いたします。



WS007302.jpg


さらに、更新頻度に目を向けるとおおよそ2日に1回という更新ペースになります。

これは明らかにニートを脱したことが原因となっていますね。だって去年とかほぼ毎日更新でしたし。9月から労働階級に戻ったので、そこから徐々に更新頻度が落ちているのが分かりますね。

あとは、私の中でもブログの更新ということに関して優先度が下がったのも影響しているかもしれません。




人生は短いので、やりたい事をどんどんやっていかないとあっという間に老いて死んでしまう。



そんなことを考えたら、ブログ更新は気分が乗った時にばばっと書くのが精神的にも宜しいのではないかという結論に至りました。




おかげさまで、ダラダラと13年続いているブログもほぼ身内の固定客だけではありますが読んでくれている人もいますし、4月以降は生活面でも非常に充実しており楽しい日々が送れております。これもひとえに、このブログを見てくれている方々のおかげだと思っています。なんだかんだ、ブログを書いて少なからず人が来てくれるというのは支えになってる部分もありますし、自分のいろいろな欲も満たされますから、その節については本当に感謝しております。

これからも、たまには世間様の役に立ちそうな記事を書きつつも、だらだらと日記を続けていきたい所存であります。







まぁお堅いことはここら辺にして。



2年前の11周年の記事では、私がちょうどニートになったばかりの頃でしたね。あの頃は、ニート2年計画を打ち立てて2年後にはなんかとりあえずいい感じになってるだろうと未来の自分に丸投げしていた記憶があります。

それから、2年経ちましたが見事に人生は好転しているので結果オーライとはまさにこのことだなぁと思いました。1年ニート生活を送れて幸せだったし、今の仕事は面白くて確実に自分の人生にプラスになっているし、趣味のゲームも充実しています。

では、これから先更に人生を充実させるためにはどうするか?という時期に差しかかっている気もするので、今後は私の人生がいかにして充実していくかをお伝えするリア充ブログを目指していこうと思います。




てなわけで、特筆することもございませんので今日の更新はこの辺にしておきたいと思います。


13年かぁ。1年後はどんな感じになってるかな。


以上
















クリックよろしくー

さて、寝るまでゲームだ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



本日からお盆休みが始まりました!!

記念すべき1日目はゲーム三昧となります。尚、2日目から仕事のため私のお盆休みはここで終了です。アディオス!!!




そんなわけでこの貴重な1日を全てゲームに費やすべく朝からグラブルとMHWで大忙し。FF14はこれからやります。


MHW FF14 コラボ ベヒーモス


さて、8月2日にモンハンワールドにも大型アップデートがあたり、遂にFF14コラボベヒーモス戦が実装されました。これ結構楽しみにしてたんですよね~。

MHWは買った直後はあんまり遊んでなくて、コラボが発表されてから本格始動したゲームなので最近なかなか熱いです。


買った直後はグラブルが4周年アップデートだったし、その後は土古戦場に向けて十天2人を同時に最終上限解放するという苦行をおこなっていたため、余暇のほぼ全てをグラブルに注いでいたんですよね。今は何とかゲームバランスが取れているので、モンハンワールドもそこそこに遊べています。



MHW FF14 コラボ クルルヤック

さて、FF14コラボ初戦はクルルヤックから。

エーテライトを抱えています。こいつがまたやたら強くて、なめてかかったら痛い目を見てしまいました。そんじょそこらのクルルヤックと思うなかれ、エオルゼアの力を手に入れた奴は強いですよ。



MHW FF14 コラボ ベヒーモス

その後はエオルゼアより飛来したメテオと共にベヒーモス登場!

とてつもない巨体と、その圧倒的攻撃力、そしてBGM、効果音、クエスト開始の文字フォント、何から何までFF14仕様のせいでまるでFF14を遊んでいるかのように錯覚させる開発チームのこだわりっぷり。

素晴らしいの一言に尽きます。



最初は様子見がてら2人で挑んだりしてましたが、これはとてもじゃないが倒せないということで助っ人を召喚。普段は滅多にやれない4人プレイにて何度か挑戦し、まるでFF14のレイドバトルのように少しずつ詰めていってようやく倒すことができました。

今回のベヒーモス戦では、FF14の各ロールの役割を擬似的に与えることによってこれまでのモンハンにはない独特な戦いを演出しています。正直、この気合の入りようはコラボの域を遥かに超えた仕上がりとなっており、もはやこのクエストそのものが1つのゲームとして完成されていると言ってもよいでしょう。


今回、私はヒーラーとして広域化Lv5やキノコ大好きなどのスキルを発動させベヒーモス戦に参加。



MHW 広域化Lv5

結果的に、普段ではありえない量のアイテムを消費したため最後の活躍一覧での助っ人パワーが尋常ならざるものになっておりました。すごいぞヒーラー!





MHW ドラケン装備 エスティニアン

また、コラボ装備も充実。

えすてぃにゃんの竜騎士装備一式が手に入ります。赤く染められるのも嬉しいポイントですね!そして防御力やら付いてるスキルやらがやたらと強いので普通に実践で使えてしまうあたりやっぱり気合が入ってます。



ベヒーモスは1度倒したものの、今でもなかなか倒せない相手です。


まだまだMHWには遊べる要素も多いですし、これからが面白くなってきたというところなのでこの夏はMHWで遊びつくしたいと思っております。仕事してる場合じゃないんだよな~。



以上、MHWのFF14ベヒーモスコラボが素晴らしい出来だったというお話でした。
















クリックよろしくー

うおー時間が足りない

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


どうにもいい感じに忙しくて更新頻度が落ちております。

家から出たら仕事、家に戻ればゲーム。なんて幸せな日々でしょうか。睡眠時間を削りながら生きてますが、そこまで無茶できる歳でもないのでどれもバランス良く食い散らかしています。


さて、最近家にどんどん届くプラモ関連用品の山。明らかに消化スピードが間に合ってないのはさておき、久々に作ったガンプラであるグリモアレッドベレーさんの改造計画が進んでおります。



HGBD グリモアレッドベレー

たしか前回はブキヤの武器をぽん付けでここまで装備しました。

しかし、この状態で飾っているとどうしてもガトリングガンが重くて自重保持できません。何なら自立も危ういです。そこから思いついたのが四足歩行化です。





キットをもう1個買おうとしていたところ、イエローサブマリンでパーツばら売りしてたので足だけ購入していたんですよね。



グリモア 四足

そんなわけで、先日足だけ追加で作ったので無事に四足そろいました。


さて、ここからどうしましょう・・・



現状の軸だけでは到底接続できないので、接続するためのジョイントや、見た目を自然にする改修作業が必要になってきます。あと、グリモアって足が短いというか、全体的に寸詰まり感があるので四足にするとバランスが絶妙です。ここもどうにかしたいですね。


コトブキヤ MSG ジョイント

ってことで魔法のアイテムであるコトブキヤモデリングサポートグッズシリーズから「ジョイントセットA・B」「フレキシブルアームA・B」を購入いたしました。


この4つを買えばしばらくはジョイント系のパーツには困らないでしょう。

これでグリモアを四足歩行化しちゃいます!!



と言ってもまだ開けてすらないので、これからのんびり弄っていくつもりです。





シタデルカラー リトリビューター・アーマー

あと、必要な部分というか、塗りたいモデルが増えてきたのでシタデルカラーも追加購入。


リトリビューター・アーマー(Retributor Armour)レイクランドフレッシュシェイド(Reikland Fresh Shade)です。

名前だけ聞いても何色なのかサッパリ分からないですが、早い話が金色です。

左側の瓶は右側の金色を塗ったあとに溝などに墨入れする形で流し込むといい感じになるアレです。この写真の2瓶でお値段1,720円というのが笑いどころです。シタデルカラー超いいけど超たけぇ!


私のような道具だけはいっちょまえの積みモデラーにオススメです!





そんなわけで少しずつ整っていく模型環境でした。














クリックよろしくー

早くリトリビューターアーマー塗りたい

んじゃ、さいなら~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用
どもー、こんちゃー。


いつの間にか8月ですね。暑いです。

ワンフェスから既に1週間が過ぎようとしており、ゲームやら仕事やらでドタバタしていてすっかり模型はご無沙汰状態。このままじゃいけません!



ZW01 ワイルドライガー

ってことで、今日はあたためておいたゾイドの記事にします!

私もついに買ってしまいましたよ、ワイルドライガー



思い返してみると、私が始めて組み立てたゾイドはブレードライガーでした。それから幾年、ついに最新のライオン型ゾイドがやってきたというわけです。



ワイルドライガー 組立

早速開封してみると、昔とは違う中身が出現します。

ゾイドといえば、動力ユニットに加えてランナーに配置されたパーツ郡という「動くプラモデル」のイメージがありました。しかし今作のゾイドワイルドのキットからはプラモデルという概念を超越。



ワイルドライガー 復元の書

この説明書ならぬ「復元の書」が示すとおり、復元作業としてゾイドを復元し、形にしていくという遊びになっているのです。よく出来てるなぁ!

そのため、使用されるパーツは全てあらかじめ切り取られており、カテゴリごとに袋分けされて梱包されています。価格こそ15年前と比べると上がっていますし、ゾイド自体も小さくなっています。しかし、こういったプレイバリュー的な部分にコストを割くことでプラモデルという敷居を取っ払い、うまくおもちゃとしての楽しさを含ませてきたような気がしますね。


実際、組み立てて遊んでみるとこの価格でこの出来は価格以上の価値があると思いました。最近のタカラトミーはすごいぞ!




ワイルドライガー 組立


では早速組立、いや復元をしていきましょう。

パーツを床にドバーっと広げながら作業するのはなかなか懐かしい感じがして楽しいです。細かい部分ですが、プラモデルを作る人間としてどうしても気になるのが「ゲート処理」です。私は面倒くさがりなのであんまり真面目に処理してこなかったんですが、このゾイドワイルドのキットに関していえばしっかりゲートカットがされていて気になりません。ゲート処理が甘くて怪我をすることもないですし、見た目も充分綺麗なので楽チンでいいことづくめですね。



IMG_20180722_235559.jpg

まずは第一段階の骨状態まで復元してみました。

ゾイドワイルドに登場するゾイドは、こうして骨格状態のデザインも用意されています。あばら骨なんかが見えたりして実にホネホネしい見た目ですね。概念的にはライガーゼロみたいな部分もありますでしょうか。


ワイルドライガー 組立

復元上、この骨状態にまっさきに目を入れることになるのですが、正面から見るとなかなかの骸骨っぷりです。

ちなみにこの目のパーツはメタリック色で塗装されていました。細かい部分まで気遣いがいきとどいていますね!




ワイルドライガー

ってなわけで装甲を付けたらあっという間にワイルドライガー完成です!!

いやぁカッコイイ


スケールは1/32相当だったと思うのですが、1/72スケールゾイドと比べても小さいので同スケールにするとゾイドワイルドに登場するほぼ全てのゾイドは小型ゾイドですね。人間が直接騎乗できちゃうくらいですから、このくらいのサイズ感がちょうどいいのかな?

ゾイド史的にはかなり昔の時代に該当するっぽい見た目らしく、そこら辺の妄想も捗ります。




ワイルドライガー 本能解放

そしてもちろん本能解放ワイルドブラスト状態も再現可能です。

単4電池1本で歩行しながらワイルドブラストを自動発動させるギミックが備えられており、歩く際にはわき腹のパーツも一緒にうごいで実にリアルな歩行が体験できます。昔のゾイドのおもちゃに比べると間接は簡略化されていますし、足のパーツの内側は激しく肉抜きがされており、現代においてこの価格を維持するためにコストカットできるところはしたんだという印象を受けます。

一方で、おもちゃとしての完成度は非常に高く、これならば現世代の子供達にも広く受け入れられる楽しさがあるのではないかと感じました。うーん、大人な自分でもこの手乗り感とかギミックは楽しめてるので結構いいんじゃないでしょうか。



現在絶賛放映中のアニメゾイドワイルドもなかなか面白くなってきましたし、これからもちょくちょくゾイドワイルドのキットは買っていこうと思います。

ワイルドライガーかっこいいぞ!














クリックよろしくー

次はどいつを買ってやろうかな

んじゃ、さいなら~
テーマ:模型・プラモデル
ジャンル:趣味・実用