どもー、こんちゃー。



昨日の18時からアーリーアクセスが開始されたFF XIV 漆黒のヴィランズ


viranzu.png

MMORPGというジャンルとしては異例の新生後運営6年にして過去最高のアクティブプレイヤー数を記録中のFF14。今回の「漆黒のヴィランズ」3つ目の拡張パッケージということで、FF14のメインストーリーの核心に触れていく物語になるそうです。

私はこの拡張パッケージを遊ぶために6月お仕事をちょー頑張りました。そりゃもう、ちょー頑張りです。おかげでこの週末を無事に獲得したので、今までお仕事頑張った分たくさん遊ぶつもりです!!








昨日の夜はとりあえず普通に寝ておきました。

この3日間くらい、かなり短時間睡眠で仕事に全力だったためここで1度しっかり寝て土日を全力で遊ぶための準備が必要だったというわけです。そのため、ブログ更新も全力で遊ぶ前の軽いウォーミングアップ的な役割も兼ねています。あと、6月は忙しすぎてロクに更新していなかったので生存報告も兼ねて。









とりあえず、6時間ほど遊んでみた感想を適当に。

まず、今回の拡張パッケージは過去最高に予算があると思いました。その理由はイベントシーンにあって、こんなシーンでも声が付いてる!というのが多々あったからです。

新生の頃はここで声付かないんだ・・・っていうシーンが多かったんですが、今回の漆黒は出来る限りカットシーンで声が付くようになっているように思います。暁の血盟や主要NPCだけでなく、そのクエスト限りであると思われるNPCなんかにも声が付いていて、よりRPG感が増して世界にのめり込めるようになったように感じました。


そして、ゲームのグラフィックスや質感などそれこそサービス開始当初から変わっていないので、最近のゲームに比べるとどうしても見劣りする部分というのはあります。それでも、フィールドの作り方だったり、イベントシーンの演出方法なんかは新たなものが取り入れられており、MMORPGとして、また単純に最新のゲームとしても進化を続けているFF14の姿を見て取ることができました。


今回の拡張、メインストーリーも含めてかなりボリュームがありそうですのでじっくり遊んでいきたいと思います!






そんなわけで、漆黒のヴィランズを最高に楽しんでいる報告日記でした!















クリックよろしくー

漆黒はいいぞ!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。



お仕事多忙につき週1更新ペースになっております。

この忙しい中、何とか仕事を詰めて詰めて来週末から始まるFF14漆黒のヴィランズアーリーアクセスだけは遊べるように調整中であります。仕事が終わろうと終わるまいと休む宣言はしているので大丈夫だとは思うのですが、この忙しさいつまで続くんだろうか・・・・



さて、そんな中タイトル通りFF XIV 『劇場版 FFXIV 光のお父さん』を観てきました!!






ドラマ版を見てFF14に復帰した身としては、劇場版も見にいかねばなるまい!と思っていました。

公開日の金曜日はちょっと忙しかったので、土曜日に行きましたが映画は最初の週末の初動が肝心って原作者であるマイディーさんもブログでおっしゃられていたのでしっかりと初週週末に行ってきましたよ!



今作、実写パートを演じる俳優陣はドラマ版と総入れ替えとなっており、内容としてはリメイクになっています。同じ原作から映画として作品を作った場合の光のお父さんの物語となっており、ブログ版ともテレビドラマ版とも違うストーリーラインになっていました。もちろん、大筋の話は一緒ですが映画という形のエンターテイメントに落とし込んだ気持ちの良い仕上がりになっており、見にいって素直に面白かったと言える作品になっています。

私は、お父さん役としてドラマ版の大杉漣さんほどハマる俳優の方は他にいないと思っておりましたが、残念ながら亡くなられてしまいました。インタビューなんかを読む限り、最初の頃はキャストの続投という方向性もあったようですが今回このような形での映画化となったわけですね。そんなわけで、新たなお父さん役として吉田鋼太郎さんが抜擢されました。

正直、映画を見るまではどんなもんなんだろうなという不安の方が勝っていたのですが、吉田鋼太郎さんの演技は大変素晴らしいもので、視聴者を劇中の世界へ引きずりこむような魅力とお父さんという役の違和感の無さに驚かされました。こればっかりは実際に映画を見てみないと発見できなかった部分なので、見にいって本当に良かったです。



そしてこの映画で忘れちゃいけないのがエオルゼアパートです。

マイディーさんをはじめとしたFC:じょびネッツアの面々が出演しており、この映画の肝になるシーンが多く含まれている欠かせない部分です。今回はドラマ版以前と比べ各々の知名度も格段に上がってしまったことから、スクエニ全面協力のもと撮影用サーバーで撮影していたようですが、ドラマ版に比べて格段に演技が上手くなっていました。同じゲームをしているとは思えない多彩な感情表現で、FF14はここまで出来たのかと思い知らされる内容でした。私もゲーム中ではわりとエモートを使う方でしたが、やはり極まってくると凄いものになるんですね。

映画を見ている最中は、エオルゼアパートになる度に「このシーンは一体どうやって撮っているのだろう・・・」なんて思ってしまうことが多々あり、ゲームを遊んでいる人間からすると技術的な面で大変興味のあるシーンが盛りだくさんでした。




そんなわけで、大変面白かった劇場版光のお父さん。

ゲームを全くやらない母も一緒に連れてったのですが、テレビドラマ版に引き続いてすごく面白かったとのことで、普段ゲームをやらない人間にもこのヒューマンドラマの面白さは伝わったのではないかと思います。マイディーさんが普段から仰っているネトゲの地位向上という点についても少しは貢献できたのではないでしょうか。あと、これを見せておけば来週末の漆黒アーリーで部屋に引き篭もっててもとやかく言われにくくなるという狙いもありましたが。

そういえば、事前に泣ける泣けるというので覚悟していったのですが私が一番泣けると思ったシーンは、何故かエンドクレジットのスペシャルサンクスFC:じょびネッツアの文字を見たときでした。なんでだろうな。




劇場版光のお父さん パンフレット


劇場では、唯一のグッズであるパンフレットを購入。

こちらはインタビューがビッシリでしたが大変面白い内容でしたので劇場に足を運んだ方は記念に是非とも。





週間ファミ通 漆黒のヴィランズ

そして関連する話になりますが、今週号のファミ通もついでに買ってきました。こちらは、漆黒のヴィランズアーリーアクセス直前特集ということで吉田プロデューサーのインタビューなんかが載ってます。そして、映画公開週記念ということでマイディーさん、きりんちゃん、あるちゃんのお三方のインタビューとマイディーさんのコラムなんかも載っていました。

あと、表紙がめっちゃカッコイイので光の戦士の方々は購入することをオススメします。表紙がかっこよすぎて初めてファミ通買ったくらいですからね。描き下ろしだそうです。




そんなわけで、忙しい合間を縫って着実にFF14熱を盛り上げていっている今週。待ちに待ったアーリーアクセスまであと1週間です。来週は楽しむぞ!!













クリックよろしくー

あと1週間!

んじゃ、さいなら~
テーマ:FINAL FANTASY XIV
ジャンル:オンラインゲーム
どもー、こんちゃー。




今日はニチアサがゴルフで潰れてしまったので、朝からガルパン最終章第2話を観に行ってきました!







6月15日土曜日から全国の劇場で上映が始まったガルパン最終章第2話。

全6話構成の最終章ですが、1話の公開から1年半の時を経てようやく2話が公開となりました。1年半に1話の計算でいくと、次の3話は2020年の12月、完結は2023年の6月の予定になります。これ、洒落じゃなくガルパンおじさんが寿命を迎えてしまいます・・・



私の放送当時や劇場版の頃はかなりハマっていたガルパンですが、最近では関連グッズを買う機会も少なくなり少し勢いが衰えてきたかなと思ったりもしていたのですが劇場へ足を運べばまだまだ満席御礼なレベルで混雑しており、やはりガルパン人気は根強いことを実感いたしました。最近ツーリングで大洗にも行ってなかったので久しぶりに行ってこようかなぁ。


ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 パンフレット 上巻

さて、劇場ではいつも通りパンフレットを買ってきましたが、このパンフレットよく見ると上巻って書いてあるんですよ。下巻は半月後くらいに出るそうですが、おそらくネタバレを回避したかったのが目的じゃないかと思います。

私も今回の記事ではネタバレは避けていつも通りふわっと感想を書きますが、パンフレットを見る限りは第1話からの続きであるBC自由学園との戦いについてのみ解説されてました。




先ほども書きましたが、ガルパン熱自体若干冷めつつある昨今。まぁでも一応観に行くか~って軽いノリで劇場へ足を運びました。もちろん、1年半も前の第1話はすっかり内容が頭から飛んでいたので昨夜Dアニメストアで配信されていたのを見直してから行きましたよ。結果から言えば大満足の出来でした!ガルパンやっぱ面白いです!

前回の1話が若干尻切れトンボっぽい終わり方だったので不完全燃焼だったというのもありますが、今回の第2話はそこら辺のフィードバックも受けてか否か、かなりモリモリマシマシでいろんなシーンを描いてくれていました。キャラクターもあれだけ大量にいるにも関わらず、少しでも登場シーンを用意しようとごく自然な話に流れの中に組み込んでおり感心したものです。そして、個人的には劇場版で感じた戦車道シーンでの滾る高揚感がしっかりと感じられた部分について大いに評価したいです。やっぱガルパンはこれがなきゃダメなんですよね。BGMとめまぐるしく入れ替わるカメラアングル、そして疾走感のある戦車同士のバトルシーン。これぞガールズ&パンツァーと呼ぶに相応しい内容に仕上がっておりました。


もちろん、ガルパンなのでキャラクターの女の子達もいつも通り魅力的に描かれており、どのキャラクターのファンも一定以上の満足感は得られると思います。個人的には今回のキャラクターMVPにはそど子を推します。なんだかドキドキさせられるシーンが多かったよなぁ。ガルパン放映から既に6年が経過していますが、こうして公式から新たにキャラクターの魅力なんかが発信されてそこに気付くことが出来るっていうのはファンとしては何とも幸せなことですね。



というわけで、ふわっとではありますが感想でした。






ガールズ&パンツァー 最終章 第2話 特典 色紙


公開2日目で貰えるとは思ってなかった入場特典の色紙。たしか4種類くらいあったような気がしますが、私はBCの隊長マリーと西住殿でした。マリーも第1話以上に登場シーンが多く、キャラクターとして掘り下げというか、より一層性格が分かりやすく描かれていてとても魅力的なキャラクターの1人でしたね。とっても可愛かったです!


久しぶりのガルパンでしたが、やはりガルパンはいいぞ!















クリックよろしくー

いやーもう1回見たいね

んじゃ、さいなら~
テーマ:アニメ
ジャンル:アニメ・コミック
どもー、こんちゃー。


6月に入ってから忙しかった仕事も一旦落ち着きました。でも来週から月末までは再び忙しい期間が続きそうでちょっと疲れてしまいます。


さて、そんな中最近の私の楽しみといえばYoutubeです。昔からいわゆるYoutuberな感じの動画を見ることは少なかったのですが、最近はGUNMA-17をはじめ創作系だったり、車やバイクをいじる動画を中心に楽しんでおります。ところが、ここ最近になってとあるVtuberを見始めたらなかなか楽しかったので、ここで紹介しておこうと思います。





natori.jpg


知る人ぞ知る、というか界隈ではだいぶ有名な御方ですね。名取さなです。

Vtuberについては黎明期にちょうどニートしてたこともあって現在の四天王あたりの活躍し始めを見たりしていたのですが、結局のところ自分に刺さったのはのじゃロリおじさんだけでして、そののじゃロリおじさんもVtuber界隈からは消えてしまったのですっかり見なくなっていたジャンルでした。

名取さな自体はTwitterのリツイートやら、たまにトレンド入りする生放送タグなんかで存在は知っており、見た目は随分と可愛らしいんだなーなんて思って気になってはいたのです。いまや6000人以上いると言われているVtuberですが、男性にしろ女性にしろ人外にせよ、まずは自分が好みの見た目かどうかっていうのはこの界隈では大きな要素だと思います。Vtuberなんて外ヅラが良くて当たり前ですからね。あとは中身で勝負の世界です。




私が名取さなをちゃんと見始めたのはほんとにここ2週間くらいの出来事なんですが、なんでか見始めたきっかけというのがありまして。



それがこの動画。

3Dモデルを取り入れたという動画なんですが、名取さな自体ほぼ初めて見る私にとってはどうにも世界観が掴みにくく冒頭10分かそこらで見るのをやめてしまいました。

Vtuber界隈にも使用されるモデルによる格差というか、予算というか、そういったものがあるそうで。3Dモデルでも全身指先まで動くものもあれば、顔しか動かないものもあり、そもそも2Dという場合もあるそうで、名取さなも最初はLive2Dを使っていたようです。そのため、3Dになったということは何だかすごい出世したんだなーと興味を持ったわけですね。

しかし、どうにもこうにも気になるのでチャンネル登録だけしておいたんです。






そして昨夜。

たまたま早く帰れて、生配信なるものがこれから始まる!っていうタイミングだったので見てみたのですが、これがすごく面白かったのです。これは驚くべきことで、Vtuberというとどうにも内容味に欠けるイメージを抱いていたのでそれが面白いとなると大事件です。

一見何も考えてないように見えて、実はエンターテイナーとしては計算され尽くしている(と思わせてくれる)楽しい時間を提供してくれました。いやぁ、名取さな侮れない人物でした。



というわけで、こういう一気に熱くなるタイプの私は今日たまたまセブンイレブンに寄った時にネットプリントやってるのを思い出して印刷してきました。




IMG_20190614_213107.jpg

名取曰く、どうしてもツルツルの紙に印刷されたやつが欲しい人だけ印刷してくださいとのことです。





基本的には他のVtuberやYoutuberと同じようにゲーム配信や雑談なんかがメインみたいですが、自信をデザインするレベルでお絵かきも出来るようで個人的にはお絵かき配信が楽しみです。絵が描けるって素晴らしいスキルですよね。尊敬します。

今後もぼちぼち見ていければいいなと思った週末でした。
















クリックよろしくー

生きてて良かったー

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。



今月に入ってから仕事の忙しさが先月の4倍くらいになっていますが、隙間を突いてまらしぃのピアノライブに行ってまいりましたので、今回はふわっレポートを書こうと思います。



まらしぃ ピアノライブ アジアツアー2019ファイナル
今回お邪魔してきたのは
まらしぃピアノライブ アジアツアー2019ファイナルin幕張
です。まらしぃが中国5都市と日本1都市というほぼチャイナツアーの最終地点として幕張でライブをやるというのを知ったのが去年の暮れでした。


まらしぃと言えば知る人ぞ知るっていうより、最近はかなり有名なピアニストとして名を馳せておりますね。私はネイティブフェイスが投稿された当時に動画を見て「世の中凄い人もいるもんだな~」という感想を抱いたのをよく覚えています。あと、当時は東方というジャンル自体知ったばかりだったのでネイティブフェイスという曲もこの動画で知りました。



そんな出会いから10年、たまにYoutubeで見たり見なかったりかなりゆるく追っかけてはいたのでプロのピアニストになったのも知っていたのですが、10年経ったしアジアツアーやるよって告知されてそれならせっかくだし見にいこうかなって思った次第です。活躍している同年代の人を見ると元気が貰えますし、世代がもろ被りなんでアニソンメドレーとかも大体分かっていろいろと刺さるものを感じるんですよね。とうわけで幕張に行くことにしたのです。



1枚目の写真は開場に入ったらすぐに目に入る光る猿です。




まらしぃ ピアノライブ アジアツアー2019ファイナル

会場内はスクリーンをバックにグランドピアノが置いてあり、基本的にはその壇上でまらしぃが演奏するスタイルでした。

幕張メッセでやると聞いたとき、最初はイベントホールでやるのかなって思ってたのですが実際の会場は7,8ホールでした。一体どんな風になっているんだろうと入ってみれば、7ホール側は完全に物販専用の空間で8ホールが丸々会場になっていました。座席は完全指定でパイプ椅子がズラリ。1ブロック300人で5ブロックがAからEまであったっぽいので単純計算で7500人収容といったところでしょうか。

イベントホールが9000人収容なので、あと1500人くらいいけたんじゃないかという気もしますがどうなんでしょう。賃料的にもそこまで変わらないのですが、何か大人の事情があったのかな。ともかく、8ホールに椅子平置きで7500人なのでステージはほぼ見えない感じでしたね。




始まる前はこんな具合に全然見えないなーなんて思っていたのですが、始まってしまえばそれも忘れる面白さ。ピアノコンサートじゃなくてピアノライブということを思い知らされる内容でした。まさかピアノのワンマンライブで会場内にクラブばりのレーザーとライト演出があるとは思いませんでしたね。演奏中も手拍子やスタンディングなんかもあって、およそピアノの演奏会とは程遠いまさにライブと呼ぶに相応しい内容でした。まらしぃのライブ自体初めてでしたし、そもそもライブというものにあまり足を運んだことが無かったのですがやはりその場の一体感と、「目の前に本人がいて生演奏している」という体験はあまりにも貴重で言葉では言い表せない感動がありました。

曲目についても、こういった興行では著作権なんかがかなりうるさいですからほとんどオリジナルなんじゃないかな?なんて思っていましたが、蓋を開けてみればいつもYoutubeでおこなわれているピアノライブと同じノリでした。東方、ボーカロイド、アニメソング、オリジナルと様々な曲が入り混じり大変楽しい時間になりました。冒頭に演奏されたネイティブフェイスは本当に素晴らしいものでしたし、終盤のナイトオブナイツメドレーはアドリブ入ってそうなくらいに沢山の曲が入り混じっていて本当に楽しい時間を過ごせました。

あっという間の2時間半、行く前はどんな感じかなーと期待と不安が入り混じったピアノライブでしたが、終わってみれば「また行きたい!」と思う、そんなライブでした。


あと、まらしぃピアノ2時間半猛烈な勢いで弾き続けてすげぇ体力の持ち主だと思いました。ほとんど同い年みたいなもんなのにあんなに体力あるのは羨ましいぞ・・・自分も精進せねば。




まらしぃ ピアノライブ アジアツアー2019ファイナル グッズ

あとは、せっかくなのでCDも買いました。

会場限定グッズでTシャツとかタオルとか売ってましたが、私のまらしぃに対する好きとか憧れとかファン的要素にそういった方面のものはないので素直にCDだけです。買おうかなーと思ってほったらかしだったまらしぃオリジナル曲のCDが、何だか会場限定特典付きで売ってたので買いました。あと、メジャーCD売ってますと言いつつ同人CDも売ってたので適当にチョイスして購入。

特典のポストカードとDVDはまぁいいとして、ノートは開いてみたら中が五線譜でした。うーん、使う機会が無さそうだぞ・・・







そんなわけで思っていた以上に素晴らしいライブだったまらしぃのピアノライブ。


なんと来月からは全国3都市で東方オンリーライブを開催するそうで、定員は今回の1/10で先着順と激戦が予想されますね。まらしぃのピアノ演奏に関しては完全に東方から入ったクチなのでこれはちょっと行ってみたいぞ・・・!チケット争奪戦、とりあえず参加してみようと思います。大丈夫、ダイパスが先着順だった時は必ず勝ててたからきっといけるはずです。


以上、まらしぃピアノライブふわっとレポート日記でした。
















クリックよろしくー

ピアノ楽しそうだなぁ

んじゃ、さいなら~
どもー、こんちゃー。


この土日は久しぶりに充実した過ごし方だったように思えます。2日間とも昼寝が必要なくらい体力も使ったし、いい感じなんじゃないでしょうか。


さて、昨日は車のヘッドライトを磨いていたのでその事について備忘録的に残せればいいなと思い記事にすることにしました。


最近、ふとしたときに車のヘッドライトがめっちゃ黄ばんでることに気付きました。10年以上乗ってる車で、ヘッドライトに関してはノーメンテだったので仕方がありませんが、それにしたって黄ばんでいます。青空駐車で紫外線に晒され続けたのも原因ですね。この黄ばみ、どうやら外側だけであれば簡単に直るらしいので実際にやってみることにしました。






参考にさせてもらったのはこちらの動画。カーライフナビゲーターabetomoさんの動画にはいつもお世話になっております。




というわけで、早速ヘッドライトを綺麗にするやつを購入。



スマートシャイン ヘッドライト 黄ばみ取り


購入したのは動画にも出てきたCCI製スマートシャイン ヘッドライトコートという商品です。1,200円ちょっととお買い得。使いきり商品ですが、この値段なら気軽に手を出せます。









ヘッドライト 黄ばみ取り

箱の中身はこんな感じ。

2000番の耐水ペーパー2枚、6000番1枚、ペーパーやすりを押し当てるスポンジ1個、ヘッドライトをコートするガーゼ2個、ヘッドライトコート用の2液、説明書って具合です。

中身自体は動画を見て知っていたのですが、2000番から始まるというのがどうにもしっくり来なかったので個人的に1000番と1500番も用意してみました。単に黄ばんでいるだけならいいんですが、うちの車のヘッドライトは何だかやたらと傷付いていたのでそれらの傷が少しでも消えればなという思いで粗めの番手からやっていきます。





ヘッドライト 黄ばみ取り


さて、いきなり施工中の画像ですが何と黄ばんでいる状態のビフォー画像を撮り忘れました。ブログで記事にしようと思ってたのにアホなのかと。そんなわけで、この画像はちょうど1000番を入れ終わったあたりです。当然ながら紙やすりで古いコートごと削り取っていってるので水分が抜けると真っ白けになります。水研ぎ中は綺麗に見えるんですけどね。


説明書にも書いてありますが、黄色い汚れた水、または白っぽい水が出なくなるまで研ぎ続ける必要があります。これはやってみると分かりやすいですね。1000番に一番時間をかけてゆっくり丁寧に研ぎ上げましたが、結果から言えば400か600番あたりから始めたほうが正解だったかもしれません。というのも、実際触ってみると想像以上に深い傷が多く、とても1000番だけでは落としきれるようなものではなかったのです。まぁ始めちゃったのならしゃーないってことで、今回はこのまま進めます。





ヘッドライト 黄ばみ取り


付属の6000番まで通し終えたらいよいよコート剤の出番です。6000番を通した段階でパッと見はかなり綺麗になっているんですが、ここでさらにもう1段階綺麗にしてやりましょう!この2液を瓶のほうで混ぜて、注射器で適量を取りガーゼに染み込ませるというなかなか安価ながらも考えられた商品構成ですね。

あとはガーゼで混合液と説明書通りに塗布してやって自然乾燥させれば完成です。






ヘッドライト 黄ばみ取り


じゃじゃーん!!!


写真で見るとめっちゃ綺麗じゃないですか?実際、遠目に見れば見違える仕上がりになっています。ただ、やはり今回は研ぎ始める番手が浅かったせいか近くで見ると深い傷がところどころに残っていてもうちょっと頑張ればよかったかなーと思わせてしまう出来栄えになりました。コート剤自体の性能は大したもんで、ちゃんと固まっててあたかも2液ウレタンで塗装されたかのような仕上がりです。1200円のキット内容と素人施工でこの仕上がりならば満点でしょう。

あと、面倒くさがってマスキングせずに全作業をしましたがうっかりしてボディに耐水ペーパーが入ると傷になるのでご注意を。







炎天下や風がある環境での使用禁止、そもそも屋内施工推奨の商品なので外でやるなって話しですがそれなりに上手くできた気がします。商品の謳い文句は1年間の耐久力らしいので、これだけで1年持つなら安いものでしょう。ただ、やすりがけに慣れてないと力加減が分からなかったりすると思うので施工難度はそこそこかなって思います。擬似的にも塗装ですので、やっぱり下地処理が9割ですからね。私もまだまだ下手なので腕を上げたいところです。


というわけで、ヘッドライトが綺麗になったので次はボディを綺麗にしてやろうかななんて思い始めました。


車欲しい反動がとりあえず自宅の親の車に向かっているので概ね満足されているようで良かったです。




以上





コメント返信

>タマ兄さん
出始めは不安要素もあるけど楽しみだねー
メモリは個人的にはまだ下がると予想。価格が横ばいになり始めたら買う予定。
GPUは期待しつつも、E3で皮ジャンが何かぶつけてきそうなので2社とも頑張っていただきたい。













クリックよろしくー

そろそろブログに車カテゴリを作らねば

んじゃ、さいなら~