どもー、こんちゃー。



ここ数日どうもブログ更新が破綻してる気がしますが今日も気にせず更新です。


実際の更新時刻は朝なのに更新された時刻は前日23時59分59秒という。リセットかけずらい時間で困ってます。




さて、本日は土曜日というわけでやっと1週間が終わりました。最初の1週間、まだ研修しかしてないわけですがやたらと長く感じましたね。

doyoubi.jpg



入社式が5日前のことだというのに既に記憶の彼方です。



やっていけそうか?と聞かれれば「まだいけるんじゃないだろうか」と答えられる程度です。これが配属決まって仕事やるようになったらまた違った感想になってくるんでしょうか。

何はともあれ土曜日です。休日です。ありがたみが違いますねぇ。休日のために仕事してるという話は本当だったようです。




久々にまーったり出来てます。

新入社員歓迎会なんぞありましたが、立ち回り的に将来、というか会社内でどう立ち振る舞っていくかというおおよその軌道は見えました。私はこれからも今までどおりいくことにします。
変にキャラ変えても辛いだけですから、やっぱり素のままの自分が一番ですね。まぁクビにならない程度に。














さて!

最近はこうやって前半会社感想ばかりですが、これからもたぶんそうです!


んで今日は昨日言った通りにPSO2のキャラクタークリエイト体験版の続きを書こうと思います。


まずは計り直したベンチマークテスト

pso20120407_083844_000.jpg

条件は

・高解像度テクスチャ選択
・解像度1680*1050フルスクリーン

スペックは

OS:Win7 64bit
CPU:Phenom ⅡX6 1100T
MEM:DDR3 8GB
GPU:Radeon HD 6870 MSI Twin Frozr II

必要情報こんだけかな?モニタは関係ないよね。


こんな感じで、スコアは9691でした。うーん、もうちょいで1万だったんだが。


【7日夕方追記】
4Gamerの記事を読んで、「簡易描写設定」でも差が出るとのことだったのでもう1度検証しなおしてみました。

上記の検証結果は条件にもう1つ加えて「簡易描写設定3」です。


これを5に切り替えて測定しなおしたのがこちら

pso20120407_175043_000.jpg

これで間違いなく最高品質の設定のはずです。数値は5022ということで、結果にかなり差が出ましたね。

公式によれば数値が5000を越えれば快適に動作するそうなので一安心といったところでしょうか。最高設定だとチョイキツいかもしれませんな。ついでに言うと、フルHD解像度のモニタで同じことしたら更に数値下がるでしょうなぁ。


まぁこんなところで

追記終了


それはさておき、とりあえず問題なく動作はするようです。ただあのベンチ激しいアクションシーンとか無かったから、実際にゲームプレイしたらちょっとカクつくんじゃなかろうか。




続いてキャラクタークリエイトの部分です。これは先ほどチョコチョコッと弄ってきましたが、弄る項目が多岐に渡っており何でも作れそうな勢いです。


pso20120407_084202_003.jpg

編集画面はこのような感じで左にメニューが出ており、「かんたん編集」と「こだわり編集」の2つが用意されています。


かんたん編集は10個以上用意されたプリセットの中からお気に入りのものを選ぶというもので、初心者でも簡単に思い通りのキャラクターの作成が出来るようになっています。


こだわり編集は名前の通り、このキャラクタークリエイトの幅の広さを限界まで使い、自分の思い描いたキャラクターを完全に作ることの出来るモードです。



pso20120407_084219_004.jpg

顔の輪郭や体の体型、体の各所の長さや太さなどはこういったスライダーが用意されており、インターフェイスとしては非常にとっつきやすい形になっています。


あとは気になったので身長差も見てみました。


pso20120407_084302_005.jpg

最小


pso20120407_084307_006.jpg


最大


画像じゃ分かりにくいですが、背景はほぼズレることなく映ってるので背景で見比べてみてください。


パッと見2倍くらいの差があるように感じます。これ当たり判定処理とかどうすんだろうか・・・




あとは気になる胸の大きさ調整。最大⇔最小を繰り返すたびにボヨンボヨンと揺れました。


pso20120407_084327_008.jpg

まずは最小。無いですね。


pso20120407_084324_007.jpg

最大。バイーン!


小さい時はあんま分かりませんが、一応上下にもスライダーがついており、大きくするとある程度ボリューム感を調整出来るようです。





あと面白かったのが筋肉の量なんかも調整出来るとこ。一体どこまで作りこめるのか。


pso20120407_084406_009.jpg

これが一番筋肉ない状態。結構あると思うのだが・・・


ガリガリの痩せ型はちょっと無理なようです。


pso20120407_084409_010.jpg

筋肉ボリューム最大

腹筋がすげぇ・・・


ちなみにこれ、女性キャラでやった方が変化の差が激しいのでよくわかると思います。腹筋バリバリになります。



pso20120407_084419_011.jpg

続いて体型ブレンドモーフィング

左側のポイントを動かすことによって好きな体型に出来ます。細マッチョです。


pso20120407_084422_012.jpg

ガチマッチョです。腹周りの引き締まりが足りません。


pso20120407_084433_013.jpg


そしてコスチュームも選べます。ここはあんまり数用意されてないかな。


にしてもこの男性キャラ、セイクリッドセブンの研美みたいである。まぁプリセット顔で似てたから選んだんだが。


pso20120407_084513_017.jpg

顔周辺のアクセサリは3つまでつけられます。


この画像だとメガネ、帽子、インカムですね。メガネ二重かけとかも出来たんですが、実際反映されるのかどうかはわかりません。



あとはこのスライダー

pso20120407_084643_018.jpg

それぞれの箇所から更に細かく設定出来るようで、上手く出来ないという方にも言葉でそれっぽい数値を表しているので、非常に親切な設計になっていると思います。



pso20120407_084732_019.jpg

メニューは本当に多岐に渡っており、顔部分はかなりいじることが出来そうです。

いやぁこんだけ弄れると、このキャラクリ体験版でずっと遊んでいいられますね。


pso20120407_084754_020.jpg

そして顔の調整もお手軽に可能。これはどちらかというとアニメ寄り。


pso20120407_084757_021.jpg

こっちはリアル寄り。


本当に簡単に出来てしまうのが凄いですね。


あと顔に関しては表情テストも出来て、ゲーム内に用意されている様々な表情を試すことが出来ます。「笑い顔がキモい」とかそういうことを事前に知ることが出来るんですね。


pso20120407_084826_022.jpg

そんなわけで完成です、リーゼント山田さん。


ネーミングは適当ですが。「リーゼント山田」が入ったことから文字数制限は全角8文字くらいはあるんじゃないですかね。試してないから、もしかしたら12文字くらいかもしれません。



PSO2はなんだかキャラクタークリエイトだけでゲームクリア出来そうな感じですので、興味のある方は是非とも公式サイトからダウンロードして遊んでみてください。




では今日はこの辺で

















クリックよろしくー


さて今日はまったり遊んで過ごしますぞ

土曜日を噛み締めねば



んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可