どもー、こんちゃー。



最近バイクブログと化してます。定期的にジャンルが変わるブログです。


さて、本日は激安中華インカムをご紹介。


複数人でツーリングとなるとやっぱり喋りながら楽しくツーリングしたくなります。そこでバイクのインカムを調べてみると高い高い糞高いびっくりするほど高い。

とてもじゃないけど買えません。最高級品だと3万~4万くらいします。高すぎだろう。


というわけで今回、楽天にて激安中華インカムを購入してみました。


【楽天市場】インカム1台 BMI Bluetooth トランシーバー 無線機 保証付 MULTI-INTER PHONE イヤホンマイク ブルートゥース インターコム:ベアリッジ

こいつです。

5,450円+送料700円で合計6,150円


1/5くらいのお値段です。一体どんなヤバイインカムが送られてくるのかワクワクしながら待ってると注文した次の日に届きました。はえぇ!

IMG_1922.jpg


こちらが噂のBluetoothインカムです。BT MULTI-INTER PHONEなる名前が付いてます。

IMG_1923.jpg


中身はこんな感じ

イヤホンマイク一式にインカム本体、あとはバイクに取り付けるアタッチメントやら充電器具やらです。

IMG_1924.jpg

輸入店によるようですが、私の買った店では日本語の説明書がついてきました。

同じものでも英語版の説明書がついてる場合もあるそうですので、買う店は選んだ方がいいかもですねぇ。


さて、わたくしBluetoothというものが初めての体験なので一体どんなもんかとワクワクでiPhoneと繋げます。


説明書にはいろいろと書いてありましたが、電源ボタンを5秒くらい長押しするとLEDが青と赤に点滅します。こうするとiPhone上に出てくるので、そいつをタップしたらペアリング完了。


IMG_1925.png


なんちゅう簡単さだ

説明書にはシリアルコードを入れるとか何とか書いてあったが、タッチ一発でペアリングしてしまった。

一度ペアリングすると、電源を再度入れなおした時は自動でペアリングが復帰するんだそうだ。実際した。



さて、それでは早速インカムをヘルメットへ仕込んでいきましょう。


IMG_1937.jpg


まずはこいつです。

でもその前に、どうやらステレオっぽいこのイヤホンですがLもRも書いてません。一体どっちがどっちなんだか調べるために、iPhoneでこんな動画を再生させました。




これで左右が分かります。ただ、LR100%になっても反対側から微妙に聞こえてたりしたのでどうなんでしょう。


しかしこの動画ので調べた結果、短い方のスピーカーが右耳だと判明。


説明書ではインカム本体はヘルメット左側面へ取り付けることになっている。届かないんじゃないか・・・?



そんな不安を抱きつつヘルメットに仕込み開始。


IMG_1932.jpg


とりあえず内装全部取りました。GT-Air外すのらくちんです。あとで洗っておこう。

IMG_1940.jpg

耳のところに付属のマジックテープ貼ってイヤホン仕込みます。


IMG_1942.jpg


マイクは最初こめかみあたりに根元がくるようにしたのですが、根元が思ってた以上に出っ張ってて痛いので、口元でクルリと収納してみました。これで痛くないです。


IMG_1938.jpg


そんで付属のアタッチメントなんですが、これが入らない。GT-Airだけなのか、私の気合が足りないのかはさておき、あんまり無理するのも嫌なのでサクッと諦めました。

両面テープをペタッと貼るアタッチメントもあるのですが保持力に難がありそうなので断念。せっかくマット塗装だしな!もうテカってきたけど。






IMG_2017.jpg

・・・そして行き着いた先があご紐でした。



IMG_2016.jpg

なんかいい具合についたし、これでいこう!

ヘルメット内部のケーブルの取り回しは適当です。内装で抑えれば済むので。ただ、やはり短い方のスピーカーがRということで右耳にもってくるとヘルメット左側面からケーブルを出すには長さが足りなかったので右側面から出すことにしました。

もうこれでいいでしょう!


そんなわけで土曜日のツーリングはこれで行ったんですが、思いのほか喉にひっかかります。我慢できなくはないんだけど、うーん・・・って感じ。

そんなわけで帰宅後に改修作業を行いました。


IMG_2018.jpg


じゃん!

Dリングに紐を通して紐をアタッチメントで挟み込んでみました。Dリングは1度も使ったことがないのでちょうど良い使い道を与えてあげました。

IMG_2020.jpg


側面から見るとこんな具合に。ブラブラさせてますがこれで快適そのもの!

紐は捨てる予定だった半ズボンのウエストから貰ってきました。頑丈!


これで次回のツーリングは更に快適になりそうです。



さて、ここからは肝心の性能面のお話。


スピーカー性能

長年オーディオテクニカのイヤホンを使っている私の感想です。

スピーカーは高音が非常に尖っていて、シャリシャリ音が目立ちます。シンバルの音とか。

そしてボーカル部分が沈んでいるので、曲を聞くと歌詞が聞き取りずらいかな~と思いました。

でもバイク乗って聞く分には必要充分かと。風切り音でどんどん聞こえなくなってきますが、音量上げれば聞こえるので無問題です。最大までは上げたことがないですが、聞き取れないということはないでしょう。ヘルメットにもよると思いますが。

マイク性能

これは自分ではなんとも。

ゴリアテ君曰く「ちゃんと聞こえる」そうなので問題はないかな?



バッテリー性能

買ったばかりで新品のバッテリー

充電3時間、通話6時間とのことです。先日のツーリング時は6時間も使ってなかったから分からないけどそれなりにはもってくれるよう。

充電もUSBケーブルで行えるのでお手軽です。ただし、充電ポート=イヤホンマイク接続ポートなので、充電しながら通話というのは残念ながらできません。


その他性能


本体はシリコン製ですが、USBケーブル接続部は防水ではないのでなんちゃって防水くらいです。

電話には自動応答になっており、かかってきて2コールくらいで勝手に通話状態になります。

こんなもんかな?




そんでこっからが本番、会話機能について。

BT MULTI-INTER PHONEそのものに通信機能がついており、同型同士であれば短距離間(100mくらいかな?)で通信が可能です。

でも今回私と一緒にツーリングに行ったゴリアテ君は違う機種。そう、インカム界でもトップのお値段を誇るB+COM製SB4Xを使っているのです!!なんという金持ち。

では一体どうやって通話するのかというと・・・


facetime.png

FaceTimeです。


FaceTimeとはiPhoneにデフォルトで入っているアプリで、ネットワーク回線を使って電話ができるのです。iPhone同士ならキャリアが違っても通話可能。

当初はSkypeを使って~なんて思ってたんですが、こっちの方が質がいいと聞いたもんで。


ただし、FaceTimeを使う場合は1対1のときに限ります。会議通話となるとやはりSkypeあたりを使わないとダメでしょうなぁ。


あとあたりまえですが、電波がない圏外では使用できません。今回のツーリングでもダムまでもうちょっとというところで圏外になって通話が切れてしまいました。


でもインカムの機種が違う場合に通話するならばスマホを介したネットワーク間の通話が一番安上がりで現実的でしょう。


IMG_2013.png

ちなみにFaceTimeAudioでは発信も受信も当然ながら通信量が発生します。大体1時間30MBですね。キャリアごとに帯域制限されるまでの通信量ってのが決まってますが、100時間通話しようがまだ3GBです。余裕ですね。


んで通話はどうなのさってところですが、何とか通話は出来てます。ただ速度が上がれば上がるほど声が途切れることがしばしば。思うに、電波塔から電波塔へ乗り換える過程で途切れてしまうのではないかと推測。低速時ならばなんら問題なく使えますからね。

これは高速道路とかいくとキツいかもなぁ。

下道トコトコツーリングにはうってつけかもしれません。


お金のない学生やら、私のような貧乏社会人にはうってつけの非常にリーズナブルなツーリング時の通話方法としては、この中華インカム+携帯端末による通信というのは最高のコストパフォーマンスを誇るのではないかと思います。


これから先も週1か隔週くらいでツーリングするかもなので、これからは耐久度なんかも見ていければいいかと。



そんなわけでついに私も通話環境を手に入れました。

ツーリングが楽しくなるね!


皆様もバイクインカム入門にひとつお試しあれ。



コメント返信

>まーくんさん

最近はほんといい気候です。

梅雨になるまではいろんな場所に行きたいですねぇ


>ゴリアテ

行くぜおらー


>くろけし

ラッシュ通勤乙でありますマジで

はよバイク買おう!実家に置いといて毎週末乗りに帰ろう!


>バル

性向アイテムに交換するぷる
















クリックよろしくー

気付けば月曜日~

寝てばっかだった!


んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可