どもー、こんちゃー。



木曜日も終わり今週も残すところあと1日。明日は特に冷え込むそうなので朝はしっかり防寒して出かけましょう。



昨日今日と1日城プロ・・・お城プロジェクトを遊んでおります。もちろんFF14もやっておりますよ?


これが艦これを始めたばかりのときみたいになかなか面白い。言うなれば艦これ面白いおもしろさになっております。


前回紹介した記事では触りだけでしたが、今回はガッツリ遊んできました。



WS004233.jpg

まずゲームはこんな具合にタワーディフェンスもどき。

艦これで言う秘書艦にあたる城娘は敵が侵攻する一番奥にいて、この城娘が落とされるとゲームは負けになります。

また、城娘は一定数攻撃するとスキルを使えるんですが、それが範囲攻撃や味方支援など様々。で、このスキルの関係上、一番奥に配置される城、つまり秘書城は全体支援系に限られてきてしまうわけですよ。だってその城にたどり着く前に敵を殲滅しておかないと、スキル1つじゃ敵は倒しきれませんからね。

そうなってくるとちょっと残念な気もしますが、愛さえあればそんなもの関係ないのでしょう。


WS004241.jpg

あと艦これで言う中破画像みたいなのもありました。HPが0になるとこうなります。

メインのお城がこうして落とされると撤退戦になるわけですが、その際「しんがり」を勤める城娘を1人選択し、その城娘の頑張り次第で捕虜にとられたり、全員無事に帰還したり。

幸いまだ捕虜を取られたことはないですが、捕虜になった城娘は一定時間内に身代金を振り込まないと消滅するそうです。いわゆる轟沈ですね。艦これよかかなり優しいシステムなんじゃないかと。だって金で取り戻せるんですから。


WS004228.jpg

課金項目にはしっかりお金もあります。つまりリアルマネーで取り戻せるってことだぜ!!

それにしたってゲーム開始記念パックは高いよなぁ。この金額があればFF14を3ヶ月遊んでお釣りがきます。



戦闘システムは多少ゲーム性がありますが、これも一定レベルになると見てるだけというか、最初の配置さえ終われば早送りで飛ばして要所でスキル使うだけのゲームになりそうです。むしろ、見てるだけで済む艦これの方がお手軽という考え方もできます。

ここら辺は賛否両論でしょうか。

WS004227.jpg

ちなみにゲームシステム自体はまんま艦これのシステムの移植モノです。

ですが最新版だけあってレスポンスも早いですし、そこまでストレスのたまるような仕上がりにはなってないと思います。


WS004237.jpg

築城ドックや修繕ドック・・・この場合ドックではないんですが、これらは最初は2つだけ開放されており、全4つの開放には艦これと同等の課金額が必要のようです。

修繕時間もレベルが上がるに連れて長くなるのまで一緒ですねぇ。

WS004246.jpg

築城は艦これみたいに細かく指定できるものではなく、1~10の段階を選択して資材を投入します。

まだレシピみたいなものはあるんだか無いんだかわかりませんが、私もいろいろと試してみました。


WS004240.jpg
WS004248.jpg

とりあえずレアである「銀背景」の城娘は2種類ゲット。

鳥取城と七尾城です。七尾城はすでにダブってしまうという嬉しいんだか悲しいんだかな。

この2人はオール8資材投入で出てきました。

首里城ちゃん欲しいよぉ・・・・



そんなわけで城プロは何だかんだ楽しんでおります。


このままゆる~く遊んでいきますね。















クリックよろしくー


おッシャー明日で最後だー


んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可