どもー、こんちゃー。


昨日は夜からスポッチャなんぞに遊びに行っておりましてすっかり更新をすっぽかしてしまいました。


専門学校のときの友人と遊んだんですが、本当に卒業式以来会ってなかったりした人もいたのでなかなか話が盛り上がって楽しかったですね。


で、昨日なんですがグラフィックボードが届きまして、今日パソコンに組み込んだので今日はその話を書こうかと思います。


IMG_20150103_125246.jpg

今回購入したのはコチラ

GIGABYTE製のGV-N970WF3OC-4GDになります。

アマゾンで約41,000円で購入いたしました。お高い!


中身は最近話題のGTX970になります。実はGIGABYTEの製品を買うのはこれが初めてで、一体どんなもんなのかなーといったところもありますが、数あるGTX970カードの中でこのGIGABYTEのカードを選んだ理由は以下の通り。

・ASUSとかに比べると安い
・3連ファンでよく冷える(という書き込みをみた)


やっぱりグラボは冷えてなんぼだと思うので、ファンも3つ付いてるし良く冷えるんじゃないかなーって思いまして。


ヒートパイプが2本しか出てないのがちょいと懸念材料でしたが、まぁ買って使ってみなきゃ分からんということで購入に踏み切りました。

IMG_20150103_125407.jpg

中身は至ってシンプル

カードが1枚と、ドライバディスク1枚、説明書1枚、あとは4ピンコネクタから6ピン、8ピンに変換するコネクタが2つ付属してました。

私は8ピン変換コネクタを持ってたかどうか覚えてませんが、少なくとも探す手間が省けたので良かったです。

このGIGABYTEのGV-N970WF3OC-4GDは8ピン6ピンの外部電源を使用しており、これらのおかげでオーバークロックもサクサクできるとか何とか。でもGTX980&970シリーズはワットパフォーマンスが非常に宜しいのでちょっとやそっと上げても問題ないみたいです。

GTX970自体、かなり余裕のあるカードなので、少しくらい盛ってみたい気もしますね。


そういえば私の電源は約8年モノの600W電源ですが、電源容量的には今回のGTX980&970シリーズの消費電力が劇的に下がったおかげで電源ごと買い換えずに済みました。


IMG_20150103_125939.jpg

で、今まで使ってたMSI製のHD6870と比較。ファンが1個ぶっ壊れてましたが、今日まで何の問題もなく元気に動いていました。

MSIのHD6870もかなり長いカードでしたが、今回買ったギガのGTX970はそれを上回る長さの312mm。私のPCケースのHAF-Xはカード長340mmまで対応のフルタワーなので問題なかったです。

ただこの長さのカードですと、ミドルタワーとかだとちょっとキツいかもしれないので、ここら辺はケースを選ぶでしょうねぇ。


ただ、今までグラフィックボードへ風を送るダクトパーツを付けていたんですが、流石にこの長さになると取り付けることができず、ファンは針金でケース内に吊るすことになりました。

IMG_20150103_130021.jpg

んでカード単体はこんな感じ。

ヒートパイプが2本なせいか、大きさの割には随分軽いカードでした。

基盤からヒートシンクがはみ出しており、とってもよく冷えそうです。というわけで早速取り付け。


が、ここでMSIのカードの時からあった問題が顕著化

IMG_20150103_132612.jpg

なんかズレてんだよなぁ・・・・


これがマザーボードの問題なのか、ケースの工作制度の問題なのか。


HAF-Xは値段の割に作りは雑な部分があるので、もしかしたら最初っからマザーボードを取り付ける穴の位置がズレていた可能性がありますね。

これ本来もう少し下なハズです。普段はHDMIでつなげてるんですが、ギリギリ繋げられる厚みだったので何とか事なきを得ました。



ちなみに出力ポートは

Dual Link DVI-I
DVI-D
HDMI
DisplayPort x3


となっております。

DVI-DとDisplayPortの2つは排他利用ですが、最大4モニタをサポートしてくれるようです。最近のグラボは凄いですなー!



で、早速使っていきます。

とりあえずドライバは適当に最新バージョン入れて、付属されてたGIGABYTE GURU 2とかいうソフトも入れてみます。


WS004349.jpg

ギガの付属ソフトはお手軽オーバークロックソフトみたいですね。

ワンクリックであれこれできるようです。

ただ、やはりモニタリングはMSI AfterBurnerの方が優れているので引き続きこっちも使うことに。


とりあえずFF14のキャラ編のベンチを回すことに。ただ、私のモニタの解像度は1680×1050という点、CPUがAMD PhenomⅡX6 1100Tという点、マザーボードのスロットがPCI2.0という点、などなど足を引っ張るものしかないという状況です。

それらを加味した上でのスコアがこちら


WS004348.jpg

今までのMSI HD6870カードと比べると御覧のスコア差です。

品質を最高設定に引き上げた上で、スコアが約5000伸び、FPSが約2倍になるというスペック上昇具合です。

ただ、しっかりと他のパーツも良いものにすればフルHDでもスコアは13000とかいくようです。



流石に3年半ぶりくらいに買い換えると違いを感じるものですね。その後FF14も最高品質に設定してプレイしてみましたが、FPSが今まで40FPSくらいだったのが60FPSに張り付いてくれるようになりました。

FF14プレイ中は

温度がいっても55度
メモリ使用も1GB程度
ファン回転数は大体1500RPM

こんな感じです。

今まで使ってたHD6870はメモリ1GBだったのでほぼ100%使用でしたが、今は4GBなのでかなり余裕があります。

ファンも1500RPMで3連なのでよく冷えてますねぇ。今までは70度近くでしたから。


尚、GTX970で報告があがっているコイル鳴きや、そもそも3連で1500RPMというファンの音についてですが、私は普段ヘッドフォンをしており、パソコン本体は木製の机の向こう側という配置なので全く気になりません。

スピーカーで音聞いててPC本体がモニタの隣にあるよって環境の人はもしかしたら気になるかもしれませんが、そもそもが静穏に全く興味のない爆音PC使いなのでそこら辺はやっぱり人それぞれなんじゃないかなーと思います。



そんなわけで久しぶりに購入したグラフィックボード、GTX970。


非常に快適です。


しかしこのカードの真のパワーを体感するにはやはりFF14程度じゃ生ぬるいですね。久しぶりにグラフィックバリバリのゲームでもやってみようかしら!


そんなわけで以上、GTX970の簡単な感想でした!












クリックよろしくー


正月休みもあと1日か。寂しいなぁ。


んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可