どもー、こんちゃー。



昨日は厳戒丸と共にプリキュア映画最新作である「映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪」を見てきました。


オールスターズシリーズはDX、NewStageと各3作品を経てついに7作目となりました。まさかここまで続くとは・・・感慨深いものです。


というわけで早速感想を書いていこうと思います。ネタバレもりもりかなー?


harunoka-nibaru.jpg


まず結論から言いますと、凄く面白かったです!


春のカーニバルというタイトルだけあって、歌とダンスが全編に渡って盛り込まれており非常に楽しめる内容でした。


プリキュア達は遂に今作で大台の40名となり、流石に40人全員が喋ることはありませんでしたが各作品の主人公ポジションのキャラクターは全員台詞ありで、各作品から数名がそれぞれ台詞ありといった具合になりました。

前作のハピネスチャージは妖精含め全員声あり出演、もちろんプリンセス組もバッチリです。





始まりはオールスターズらしく少々ご都合展開でしたが、前置きを短くしてくれたおかげで本編が非常に充実してたのではないかと思います。

そして開始10分かそこらで始まる盛大なミュージカル。この映画1本だけで一体何曲かかったんだって感じに次から次へと春のカーニバルの歌とダンスが披露され、合間にはミュージックステーション風インタビューなんかも挟まってて飽きの来ない構成でしたね。

歌とダンスそのものはCGエンディングダンスがあるプリキュアに関しては基本的に使いまわしで、途中途中で本編の過去映像+いくつか新規の映像という形でした。ここら辺は予算抑え目な感じがしましたが、うまく出来てるもんで見ていて非常に面白かったです。


過去作品すべてのプリキュアが全員バラバラに踊ったので11組あったわけですが、それぞれに思い出のシーンなんかが組み込まれており、まさにオールスターズと呼ぶに相応しい内容でした。過去作品全て見ている方には満足度高いと思いますよ。



harunoka-nibaru2.jpg


更に40人全員でのミュージカルシーンは綺麗にまとまっており非常に美しいステージでした。

作品ごとに随分CGモデルの見た目が違うもんだなぁと思うところでもありましたが、昨今の映像技術は大したもんだと思えるシーンでしたね。


そしてプリキュアですからお約束の戦闘パートもばっちり収録。


各プリキュアにしっかり見せ場やお約束を盛り込みつつコンパクトに仕上がっていてとても面白かったです。



さてはて、なんでこんなに満足度が高いのだろうかと振り返ってみると


・元々声の出演に関してはNewStageシリーズである程度諦めがついていた
・過去作品を振り返るシーンがあり、シリーズファンへのアピールポイントが多々あった
・春のカーニバルと割り切っており映画に対する先入観が過去6作とは違っていた



こんなところですかね。


わたしゃ声はなくとも過去作品キャラクター達が動き回ってたのが良い部分でした。そりゃ一部棒立ちで台詞無しという違和感バリバリのシーンもあったにはあったんですが、全体で見ればよく仕上がってたと思います。

そして何よりも見る前の期待値が全然違ったのがポイントでしたかねぇ。


DX3からのNS1の時はとてつもない期待値の落差でしたからボロクソにぶっ叩いたんですが、そこから2,3と良くなり一旦一区切りでシリーズタイトルが変更されるタイミングでしたので予め期待値は下げておいたのです。

タイトルだけ聞いて、きっと全編踊り続けるCG映画なんだろうと勝手に思ってたら、姫プリのネタバレオープニングで結構アニメーションシーンが多かったので「おお!これは!」と思ったもんです。



しっかり抑えるところは抑えてあって非常に良い映画だと思います。


ただ、オールスターズですから・・・


・最近の数作品しか見てない
・DXシリーズ並の戦闘
・作品の垣根を越えた絡み



こんなのがあると映画としてはガッカリかもしれませんね。

見ている作品が多ければ多いほど面白いのは間違いなしです。ただし巨悪をやっつけるというコンセプトではないので戦闘はあくまでもプリキュアの通常戦闘レベルです。そしてせっかくのオールスターズなんですが、もはや声がないキャラが大半なので作品を越えた絡みというのはかなり難しくなってますね。そりゃお互い話しかけたりはしてますが、それも結構限られてくる部分があります。


というわけで個人的にはもう1回劇場に足を運んでもいいくらいに満足してますが、こりゃ人を選ぶんじゃなかろうかと思う作品でもありました。


というわけで以上、映画 プリキュアオールスターズ 春のカーニバル♪の感想でした!




コメント返信

>ゴリアテ

最近はボダランにお熱なのです



















クリックよろしくー


思わず映画グッズを買ってしまいました。飾らねば!



んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可