どもー、こんちゃー。


梅雨というタイミングでバイクを買った私も悪いんですが、それにしたって雨ばかりで嫌になってしまいます。


元々錆気味なレイダーが更に錆びてしまうではないか!



そんなわけで乗った時間よりも磨いた時間の方が長そうな現状ですが、土曜日1日晴れておりましたのでその間に街乗りなんぞしてきまして、その感想なんかを書いていこうと思います。


Yamaha XV1900CU Raider ガソリンメーター

とりあえず本日はまずガソリンを入れてきました。

レイダーは「無鉛プレミアムガソリン」仕様、つまりハイオク指定車になります。

ハイオク車なんて初めてでドキドキしながらガソリンスタンドに行き、黄色いノズルで給油してきました。リッター145円となかなかお高いです。

タンク容量は16Lですが、ガソリンメーターの2メモリ目から満タンまで入れて6Lしか入らなかったので給油ランプついてもしばらくは走れるんですかねぇ?ランプついて残り何Lになるのかは説明書にでも書いてあるのかしら。


ともあれ、無事給油完了。最初ガソリンメーターの針がビクともしないから壊れてるのかと思ったら突然FULLまでグイーンと針が移動しました。反映に時間がかかるのかな。


そして帰宅後はワコーズのフューエルワンを注入!


ワコーズ フューエルワン

容量300mmlで30L~60Lに1本入れろというアバウトな説明。しかし30L未満には1%以上添加するなということで、16Lに対して缶半分くらい入れて終了。

これでタンク一杯使いきれば恐らく元のエンジンパワー、元の燃費に戻るんじゃないでしょうか。なるといいな!

連続で使うと効果が上がるよ!とか書いてあったので、次回給油したらまた入れてみようと思います。






さてさてレイダーさんの乗り味。前回の記事でもチラッと触れましたが、いろいろ書いていこうかと。


まずなんと言っても熱い!これに尽きる。

大排気量から生み出される熱量はとてつもないものがあり、乗り出して10分もすれば両足の内側がジリジリと焼け焦げるような熱さを感じることができます。これも空冷ならでは。右足を地面についたときマフラーに当たるんですが、そこはマフラーにガードが付いているためズボン越しには熱は感じませんでした。

これ夏は地獄だけど、逆に冬は暖かくていいな


しかしエンジンを止めてからが長い。とにかくずーっと熱を保持してます。今日もエンジン止めて2時間後にエンジンの放熱フィンを触ったら湯飲みくらいには熱かったので驚きました。大型バイクってのは皆こんなものなのだろうか。






次に懸念していたカーブ


今日は街乗りで細い道をくねくねしたり、道端のいろんな店に入ったりしました。

ステップを擦ったり、段差で車体下部を擦ったり、はたまた転倒なんてことはありませんでしたが、まだまだこのバイクの「どれくらい倒せるのか」が分からない状態ですね。おっかなびっくりです。

停止からの低速カーブはなかなか難しいものがあり、しばらくは練習が必要そうです。平坦な道なら何とか両足ついて踏ん張れますが、結構危なっかしいですね。鬼の半クラを習得せねば・・・・!



次にライディングポジション


Yamaha XV1900CU Raider 走行レビュー

クルーザータイプってご存知の通り両足を前方に投げ出すタイプです。


乗ればすぐ慣れますが、一般的なバイクとは大きく乗車姿勢が違うのでバランス取りなんかが難しいです。

あと、レイダーは白人サイズなのでよほど高身長でもない限り日本人は持て余します。これは承知の上だったんですが、なかなか厳しい現実ですね。

シートの後方に腰掛けられるようにカーブを描いていますが、ここに腰をしっかり当てるとかなりキツい。


基本シートの前の方に座ってなんとかカッコが付くかなーというところです。アンコ盛りせねば。


ちなみにわたくし、身長は169cm+ブーツの厚み3cmといったところですが、このタイプは靴底でどれだけ身長嵩増ししても足そのものの長さがないとステップに足が届かなくて終わります。

確か股下は80cmくらいだったはずですが、この条件で平地で両足ベッタリ、シート前方に座れば軽く膝が曲がる程度でステップに足がついて操作可能。シート後方に腰掛けると足が一直線になり、操作はできるけど快適性がないといった感じです。


あとレイダー、よくハンドルが遠いと言われますがそこまで遠いとは感じないですね。ちなみに腕の長さは今測ったら脇の下から中指の先端までで73cmだそうです。


ここに書いた値が参考になるかどうかは微妙ですが、レイダーに乗るかどうか、身長関係で悩んでいる方がいたら是非とも参考にしていただきたい。こんど乗車しているところを写真撮ってブログに載せましょう。


そんなわけで、シート前方に座ることを前提にすればそこまでバカでかいわけでもないレイダー。運転は非常に快適です。




ああ、でも1つだけ「やっぱ遠いなぁ」と感じるところがあります。それはクラッチレバーとブレーキレバー。これ調整効かないっぽいんですが、シフトチェンジするのが若干億劫になる遠さです。おかげ様で出だしが遅い遅い。


発進!→1速でとりあえず20kmまで引っ張る→しばらく20km→よっこらせ→2速


今日もこんな具合でした。後ろからついてきたくろけし君は随分遅いなぁと思ったことでしょう。優雅なシフトアップを行えれば加速もスムーズなんでしょうが、ここも練習というか慣れというか、しばらくかかりそうですね。



こんなバイクなもんだから低速でまったり走るのが良いなぁと思うようになりました。



さて、まだ走行距離にして50kmかそこらしか走ってないレイダーですが、ここでまとめますと


・遅い
・重い
・曲がらない



見事クルーザー3拍子が揃ってます。これをレイダー風味にアレンジすると・・・


・出だしもっさり、遅いのも良い
・動力切れてると糞重い
・思ったより曲がる



こんな感じでしょうか



まだまだ練習期間。私自身の慣らし運転が必要です。


今後も気付いた点や走った感想なんかをちらほら書いていけたらと思います。というわけで今日はこの辺で。



コメント返信

>ゴリアテ

びーこむじゃないけど買ったぜ!

はよ梅雨あけろー


>ショー君

よっしゃー86で一緒に乗り出そう!

今度は高速も乗れるぞ!















クリックよろしくー


いやー雨ばっかりー


んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可