どもー、こんちゃー。



5日休んで2日働いて2日休み。最高ですね。


来週が棚卸のせいで憂鬱ですが、それさえ乗り切れば10月到来。と言っても10月は特にイベントごとも無いので、土日は晴れたらツーリングに行くって感じになりそうですかね。

バイクにとって快適なシーズンは少ないのです。


さてさて、先日RaiderにETCを積んだと言いましたがその詳細を書こうと思いまして。



二輪車用ETC


今回購入したETCは二輪車用ETCでは有名なのかどうなのか分かりませんがミツバサンコーワ社製のものを購入。

モデルは「アンテナ分離型ETC車載器 MSC-BE51」で本体とアンテナがそれぞれ独立しているため、バイクの外観を損ねることなく装着ができるという優れものです。


レイダーさんのハンドル周りのスッキリ感を失うわけにはいかないので迷わずアンテナ分離型を選択しました。





さて、ETCには本体とは別にセットアップ作業というものが存在します。

ETCを使えるようにする、いわゆる会員登録のようなもので車両情報を登録するのです。これが個人で出来るのかどうかは知りませんが、これも含みで今回はバイク屋さんに取り付けを依頼することに。

GROMのお手軽USBポート取り付けとは訳が違います。いや、一緒なのかもしれませんが、難易度がちょっと違います。


ちなみに料金の方はたまたまバイクセブンでキャンペーン期間でしたのでETC本体+セットアップ料金+取付工賃全て込みで税込24,800円でした。

これはなかなかお安いんじゃないかな?大体3万円くらいが相場なようなので。






ちなみに取り付け自体は2時間程度で終了。その間近所のお店見て回ってたので、どんな作業をされていたのかは定かではないですが見事にスッキリ取り付けされてました。

アンテナの取り付け位置も希望通りで大満足!


Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

ETC本体はシート下の僅かな隙間へ滑り込ませることで設置を実現。


最初は車載工具入れのところに縦入れしようかと考えたのですが、どうにも筐体とシートが干渉してしまい断念。結果的に、この場所に平置きが一番安定してました。

Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

電源取りはテープでまとめられていたので不明ですが、マイナス線はボディアース、プラス線はどうやらヒューズボックス下部の何かから引っ張ってきているようです。うーん謎だ。

というかRaiderのバッテリーが具体的にどの辺にあるのかイマイチ分かってないので、もしかしたらバッテリーから取ってるのかもしれません。


ともあれ、面倒な接続作業だったようです。


Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

ちなみにETCカードはこのように挿入します。

特に鍵とかついてないですが、シートを開けない限り盗まれるといったこともなさそうです。


そして肝心のケーブルの取り回しですが、頼んでもないのに完璧に隠蔽してくれてパッと見じゃさっぱりわからないレベルの仕上がり。

Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

画像じゃサッパリ分からない、というか現物見てもよく見えなかったのですが、シート下からタンク下を通してます。一番細いケーブルがETCですね。これどうやって通したんでしょう。まさかこの程度の作業のためにタンク下ろしたとも思えないんですが、いやはや不思議なものです。


Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

ハンドル根元まで綺麗にケーブルが通ってます。

おかげでETC本体からアンテナ部分に至るまで、一切ケーブルが見えません。レイダーの美しく整ったハンドル周りがゴチャゴチャにならずに済みました。やったね!!

流石はバイクセブン。これからも贔屓にしましょう。



Yamaha XV1900CU Raider ETC 取り付け 加工

そしてこれがアンテナ部分。


鍵穴の傍につけました。キーONで起動します。

ETCカードが刺さってて使用可能状態だと緑色にランプが光ります。

私のRaiderはスクリーンがついてますが、ミラースクリーンにしない限り一切問題はないそうです。取り付け角度も良好で、フルバンク駐車状態でも認識できるようです。


ここまで綺麗にやってくれてるんですから工賃分の仕事はしてくれているでしょう。


もうRaider関係のメンテは全部バイクセブンでいいんじゃないかな・・・!



さて、肝心のETCの使い心地です。



素晴らしい


この一言に尽きます。


私自身、車も含めてETCは初体験だったのですがこれは是非とも付けるべき快適性。そしてこの快適性は二輪車が最大限発揮されます。


バイクの場合圧倒的に手間が短縮されるのです。


ETCが無い場合は

高速に乗る時
バイクを止める→ニュートラルに入れる→券を取る→ポケットに入れる→再発進

高速を降りる時
バイクを止める→ニュートラルに入れる→ポケットから券を取り出して渡す→お金を支払う→再発進


ETCがある場合は

高速に乗る時
通過する

高速を降りる時
通過する



もう楽です。圧倒的に楽です。

バイクの場合は手袋をしているので、券を受け取ってしまうのも大変だし、支払いも現金だったりすると超面倒。

それを全てすっ飛ばしてくれるだけでも価値があります。



そしてバイク、特に大型になってくれば長距離ツーリングに行くことも増える。そうなると高速道路に乗る機会も増える。

これはもう付けるしかないでしょう。



そしてまだあるETCのお得ポイント!


二輪車用ETC


高速道路料金が安い!


もうなんか普通にやすい。ETC付けてるだけでETC価格になる。

それなのに土日3割引もしてくれる。太っ腹!!


大体土日にしか乗らないであろう大型バイク。土日にでしか使用しないであろう高速道路。もう凄い安い。


今回ETC付けるのに24,800円かかりましたが、すぐにでも元が取れそうな勢いで安いです。



他にも様々な割引制度があり、いいことづくめのETC




私はRaiderに装備して本当に良かったと思います。往復下道ツーリングもいいですが、行きは下道帰りは高速というお手軽ツーリング派な私にとっては大いに役立つ装備となるでしょう。



というわけでよくツーリングに行く方、高速道路に乗る方。是非ともETCの装着をオススメいたします!



以上














クリックよろしくー

10月もツーリング

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可