どもー、こんちゃー。



気付けば土日が終わりです。何やってたか思い出せねぇ・・・。



金曜日から休み続けて早いもので3日です。うーん、一番充実してたのは金曜日だったのかもしれない。というわけで金曜日の午後、車検が終わった後の話をしましょう。


エーモン E513 ミニ平型ヒューズ電源 20Aヒューズ交換用
エーモン 1151 ギボシ端子セット (8個入)
デイトナ(DAYTONA) 【バイク専用電源】 USB&シガーソケット POWER SUPPLY 【USB1ポート&シガーソケット1ポートタイプ】



電源取り出し3点セット


そう、ついに私もRaiderちゃんから電源を取ることにしたのです。ハンドル周りがごちゃごちゃするのは好きじゃないのですが、レイダーは遠出をすることが多く、必然的にUSB電源が必要になってくるため思い切って敢行いたしました。


一番上、ミニ平型ヒューズ電源です。ヒューズから電源が取り出せる優れモノ。

2番目、ただのギボシ端子セット


3番目はデイトナ製USB+シガーソケットセット。


今回、何故シガーソケットセットにしたかと言うと冬に電熱巻き付けグリップを使うかなーと思ったため。別に使わなくてもシガーソケットにブッ刺すタイプのUSB電源取り付ければOKということで。


さて、この3点が揃ったところで早速開封。

Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

まず御覧の通りの作業をします。

USB電源ユニット側の端子は最初から丸型端子がついてる便利なタイプ。しかし、今回はヒューズから電源を取るため先端をギボシにチェンジします。相変わらず専用のかしめ工具を持ってないのでペンチでごり押しです。


続いてRaiderへの取り付け。


Yamaha XV1900CU Raider ヒューズボックス

シートあけてヒューズボックス開けましょう。

ご丁寧にどこに何Aのヒューズが刺さってるか書いてあります。今回はヘッドライトと連動させるのでヘッドライト電源20Aと入れ替え。

Yamaha XV1900CU Raider ヒューズボックス

マイナス端子は傍にあるボディアースにくっつけます。


さぁ、これで通電はOK!ほんとは機械使って通電チェックが一番ですが、せっかくUSB電源なのでスマホが充電できるか否かで確認します。


まずは電源が切れている状態で刺します。この状態ではスマホは充電されません。あれ?されました。



30分こねくり回したんですが、どうもヘッドライトは常時通電になってしまってるようです。そんなバカな話があるかって感じですが、先日取り付けてもらったETCはリアのテールランプから電源取ってたんでヘッドライトはダメだったんでしょう。


困った・・・


私が買ったミニ平型ヒューズ電源は20Aを10Aに変換するタイプ。バイク本体の電源ONで連動するのはイグニッションまたはテールランプの2つと思われる。となるとやることはひとつ。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

イグニッションに刺すしかねぇ!!


本来25Aの電流が流れるところに20Aのヒューズを使ったら当然切れて終わりでしょうが、そもそもこの20Aのヒューズ電源は使い道が無くなったので切れたときは切れたときです。


そんなわけでキーONにしてみると、何事もなく通電。あら、いけるもんね。


ちなみにエンジンスタートしてみても問題なさそうでした。


これで電源問題は解決だ!!根本的解決には至って無さそうだけどもいける!


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工


次にハンドル付近まで配線するためにタンクを外します。外すつもりです。


やはりどう考えてもタンクを外さぬことには配線が不可能。デイトナのこのUSB+シガソケ電源セットはヒューズボックスかなんかが配線のど真ん中についており、非常に配線がしにくい商品。これをどうにかタンク付近の隙間に入れなければなりません。



レイダーのタンクは完全に外すためにはガソリンのホースのコックなどを閉める必要があり、専用工具も必要なため容易ではありません。ですが、タンクを”浮かせる”程度ならいくつかボルトを外すだけで可能なのです。

まずはメーターパネルこと外します。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工
Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

裏側錆びてんだけど!!

タンクを傷付けないよう注意ですね。

コネクタも一緒に外しちゃいます。


次にシート側に固定している2つのボルトを外します。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

この2つを外すだけでもそこそこ持ち上がるので、シート付近からタンクにかけて何か配線したい場合はここだけでもいいかもです。


しかし今回は大物をぶち込むのでフロントも外します。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

まずなんかカバー的なものを外します。ハンドルロックの鍵の差込口を覆ってる黒いカバーです。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

するとこんなんなってます。

あとは見えるボルトを手当たり次第外すんですが、ちょー固い。固着してます。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

結局コイツが外れませんでした。

マニュアルとか見てないで勘で分解してってるので、果たしてこれがはずしていいボルトなのかどうか不明ですがタンクが繋がってるから間違いないんでしょう。

事実、反対側はなんかゆるくて取れました。しかしここが!ここがどうしてもはずれない。歯を食いしばり30分1時間と頑張りましたが無理でした。挙句、ネジ頭がなめかけるという始末。インパクトがない限りどうしようもなさそうです。

そんなわけで4点中3点を外し、もう力技で無理矢理タンク内部に手を突っ込んで配線開始。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

画像上部がタンクの底、下部がエンジン側です。

赤い配線がヒョローっと伸びてますが、途中途切れて黒くなってる部分がヒューズだか何だか分からんボックスです。これいらんかったろ!


とにもかくにも、とりあえず何とか配線完了。ここまで3時間。


あとは逆順に組み立ててって完成。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

とりあえずここにくっつけてみました。スクリーンがあるから成せる技。


Yamaha XV1900CU Raider USB 給電 電源 取り付け 加工

ついでにスマホマウントもくっつけてみました。やはりハンドル周りがゴチャるのは宜しくない。

スマホマウントはGROMから引っぺがしたもので、ミノウラ製のSサイズです。ワンタッチで外せるので使わないときはすっきりハンドルに戻せますね。



さてさて、そんなわけでレイダーがスマホナビ使用可能となりました。


このハンドルの位置につけると目線を少し動かすだけでナビが確認できて非常に快適。ほんとに快適。悔しいけど快適。

そして充電のほうですが、イグニッションに直結なので走行中ヒューズ飛んだらエンジン停止かぁとしみじみ思いつつも予備のヒューズあるから止まった時は止まった時だと割り切ります。峠道でカーブ中に切れたら御陀仏だけど。


そんでもって昨日、土曜日に走行試験も兼ねて埼玉県まで行ってきました。というか埼玉に行くから付けたんだよ!



結果、無事に稼動を確認。180kmくらい走ったけど問題なかったなぁ。スマホも充電が減っていくようなことは無かった。ああ、でもスペック上は1Aで充電らしいのでiPhoneとか最新のXperiaとかだと充電されないかも?Nexus5は大丈夫でした。



ちなみに土曜日、埼玉まで何しにいったかというとNapsと二輪館に遊びに行ってきただけでした。すげぇ渋滞してたよ!


そしてRaiderの荷台に縛り付けて持ち帰った戦利品がコチラ


ユニオンエース 冬用ジャケット

わー冬用ジャケットだよー


ユニオンエースとかいうところのやつです。インナープロテクター無し、プロテクターホルダー有り。コミネプロテクタが入るかどうかは不明ですが、それなりに大きいポケットがついてました。

やはりコミネマンでレイダーに乗るのは抵抗があったので奮発してみた次第。当然フェイクレザーです。お値段25,920円税込のところ、Napsは10%OFFだったので23,328円でした。安いね!


となりに同じ色同じ見た目で、本皮のジャケットが95,030円税込で並んでましたが流石に買えません。20代のうちはフェイクレザーで充分だよ・・・


ジャケットも買えてお店も見れてツーリングも出来てなかなか良い土曜日でした。あれ、土曜日も充実してたかな!?


本日日曜日が雨だったため本来のツーリング計画が中止になったのは少し残念でしたねぇ。日曜はダラダラしかしてなかったな。







そんなわけで以上、Raiderに電源取り付けてみた日記でした。















クリックよろしくー

はー明日は何しよっか

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可