どもー、こんちゃー。



今朝はGo!プリンセスプリキュアの最終回でしたが、朝からテンションが最高潮なので早速感想でも書いていこうかと思います。


ニチアサの感想記事を書かなくなって久しいですが、最終回込で1年間パパッとまとめてみましょう。


gopuri4.jpg


実は1年前にも同様のタイトルでプリンセスプリキュア面白い!って記事を書いたわけですが、この「ごきげんよう」は始まりにも終わりにも使える非常に便利な挨拶ですね。

1年を通して作中何度も聞いた台詞ですが、劇中でも普段の挨拶から敵とお別れの挨拶にまで多岐に渡って使用されており、非常に印象に残るとともにこのプリンセスプリキュアのイメージにも重なる言葉でした。

前期EDがごきげんよう・・・ごきげんよう・・・と終わる歌詞なので、Twitter上でも見終えた後にはTLがそんな感じになってましたし。




gopuri2.jpg


さて、プリンセスプリキュア以下姫プリですが1年間王道をいくストーリーと共に非常に分かりやすい内容で、個人的には毎週サッパリと楽しめるプリキュアでした。主人公のはるかはこれぞ主人公と呼ぶべき性格で、みんなを包み込むようなだけど力強く引っ張っていく姿はとても惹かれるものがあります。

最初は3人、途中から4人になったプリンセス達ですが、過去のプリキュアシリーズでも何度もあった敵サイドからのプリキュアへの転生も慣れたもので、今回その役目を負ったトワも見事に描かれていたと思います。

敵→プリキュア→葛藤→ポンコツと見事に踏襲してくれたのは面白かったですね。


あとは作品のテーマが「夢と絶望」なのですが、最終回は非常にうまくまとめたなぁと感心しました。

このテーマだと確かにこの終わり方が一番しっくり来るんじゃないかと。



そしてそれぞれが少しずつ夢は向かって歩いていく姿が1年を通して描かれていたのは非常に見ていて楽しめました。クラスメイト達にも焦点が当てられ、それぞれが持つ夢をプリキュア達が救い守り育てていくのは正義のプリキュアらしい非常に明確で分かりやすいテーマでしたね。

あと、個人的に今回の姫プリの敵には非常に好感が持てました。最後の最後までプリキュアに対して敵として立ちはだかり続けるその姿は賞賛に値します。

要所要所での決戦は燃えるものがありますし、プリキュア達の熱いバトルも1話から最終話まで途切れることなく見ることができたので大変満足です。

gopuri3.jpg


まさに「強く!優しく!美しく!」を体現した素晴らしいプリキュアでした。


私がプリキュアに求める全てが余すことなく詰まった、まさにプリキュアと呼ぶに相応しいプリキュア。


キャラクターの魅力、ストーリーの面白さ、バトルの熱さがちょうど良くブレンドされた最高のプリキュアでした。終わってしまうのは非常に心惜しいですが、終わりあるからこその面白さというわけで、この1年間本当に楽しませてもらいました。



いやぁ、なんだかんだとプリキュアを見続けてきてますが姫プリの「良さ」は歴代でもトップクラスだよなぁ。まさに歴代の良いとこ取りな感じで、是非ともいろんな人に見てもらいたい作品です。



そんなわけで1年間ありがとう、ごきげんよう!












クリックよろしくー

来週からは魔法使いにジョブチェンジするみたいですが、私はワンフェス会場にいます


んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可