どもー、こんちゃー。



今日も肌寒い!

台風が過ぎ去った後はまた暑くなりそうですが、徐々に気温が下がってきていますね。そろそろ紅葉ツーリングの準備だ!!


ツーリングと言えば、最近アクションカムが欲しいと思っていたんですよ。前々から欲しくて、でも結構高いから文鎮と化しているiPhone5で代用できないかとかいろいろやってた時期もあったんですけどね。

そんな中、本日アクションカムの火付け役とも言えるGoProシリーズの最新作が発表されました。



GoPro Hero5 Black /Hero5 Session発表


GoPro Hero 5 Black Edition


発表されたのはシリーズナンバー5の名を冠した新しいGoProで、「GoPro Hero 5 Black」、「GoPro 5 Session」、「GoPro Session」の3機種が発表されました。

前回のGoPro Hero4から実に2年振りとなった新作の発表ですが、Hero4に様々な新機能を追加してリリースされたようです。

主に追加されたのは以下のような機能(Hero5 Black)

・ハウジングケース無しでの本体防水
・手ブレ補正
・音声コマンド入力機能
・GPS機能
・静止画のRAW保存


その他、デザインを少し変更してより操作性の向上を図ったそうです。

しかし、正直言って今回追加された機能は昨今のアクションカムにはどれも当たり前のように付属している機能であり、アクションカムのGoProがここに来てようやく舞台に上がることができたといった感じになりました。

価格は最高級グレードのHero5 Blackで税込51,300円です。最近のアクションカムの各メーカーフラッグシップモデルと同程度ですね。

少し形が変わってますが、おそらく今までのアタッチメントは使えるでしょうから現時点でGoProユーザーの方には乗り換えるには充分な、まさに順当なアップグレード機種となったわけですが、私のようにこれからアクションカムを買うという人にとって選択肢となり得るのかどうか、その気になるスペックを確認していきたいと思います。


まず私が一番最初に気になったのが、今回初めて搭載された手振れ補正機能



GoPro公式が手振れ補正を使ったGoPro Hero5 Blackの動画をアップロードしていたので確認してみました。

今まで手振れ補正が無かったので、パッと見でおおっ!って思うんですが、それではこの手振れ補正が他社と比べてどれ程のものなのかが気になります。


特に手振れ補正に力を入れているSONY製のカメラと比べてどの程度になってくるかは気になるところですね。




Hero 4との比較動画なら確認することが出来ますが、手ぶれ以外にも色の表現方法であったり、画角やレンズの歪みであったり、はたまた音の拾い方であったりと、メーカーが違うだけでかなりいろいろなところが違います。


最近は色々とカメラを調べた結果ソニーのAS300あたりで決まりかな~と思っていたところにGoPro Hero5の発表が刺さってきたので、ここは少し待機してみてどちらを買うべきか決めてみたいですね。

10月3日発売だそうなので、10月半ばには比較動画とかも出たりしちゃうんじゃないかな!?


私も出来る限り情報を拾って比較検討してみたいと思います。













クリックよろしくー

【夏休み49日目】
【残り貯金額2兆862億メル】

カメラ悩むな~

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可