どもー、こんちゃー。



ここ数日ブログのネタが無くて困っています。

やっている事はYoutubeでひたすら動画を見ることとキャンプ、バイクの情報収集&ウィンドウショッピング。そりゃネタが無くなります。



無いなら仕方が無いので1日やっている事を何とかまとめあげてみようじゃないですか。


前回「バイクで自分と仲間の音声を録音しながら動画を撮りたいメモ」って記事で、カメラを買ってヘルメットマウントで車載動画を撮りたい、ついでにインカムトークも録音したいという事を記事にしましたが、その後の多大なる時間投資のおかげで大体自分の中でまとまってきたので、もう1度ここでまとめ直しておきたいと思った次第です。

やっぱり悩むカメラについて

GoPro Hero 5 Black Edition

これはもう、大体GoPro Hero 5 Blackで決まりかなーって思ってます。

正直4K撮影はいらないので割高感は否めませんが(税込5万円)、私が目指しているヘルメットマウントの方法は通称”顎マウント”と呼ばれるものでカメラ本体をヘルメットの顎付近にマウントする方法です。

何故”顎マウント”なのか??


Youtubeに存在する様々なマウント位置の動画をたくさん見てきましたが、ライダーの実際の視点に一番近く、また見ていて一番臨場感のある映像が”顎マウント”でした。顎マウントをするにあたり、カメラには薄さが求められます。その場合、GoProのような形のカメラが最適なのです。


私がGoPro Hero5発表前に迷っていたカメラはSONYのAS300という機種。

SONY HDR AS 300

価格も4万弱で、4K仕様と2K仕様に分かれていたのでその分値段も抑えることが出来るのが利点です。

しかし見た目から分かる通り、こいつを”顎マウント”するとなるとかなり顎が出っ張ります。エヴァンゲリオンかってくらい顎が出ます。


ネット上を探し回りましたが、SONYのアクションカムを顎にマウントしている奇特な方は調べる限り1人しかいらっしゃいませんでした。この形だと大体がヘルメットの左右どちらかの”サイドマウント”になってしまうのです。


例えばこれがモトクロスだったりするとヘルメットがカメラ端に映りこんで非常にカッコイイんですが、普通のツーリング動画だと逆にヘルメットが邪魔に感じるんですよね。マウント位置はその動画内容によっても見え方が違ってくるなぁと思い、そうなるとやっぱり”顎マウント”だよなぁと思った次第であります。


そしてもう1点、SONYのカメラが優秀な点が「光学手振れ補正」を搭載していること。

他のカメラはGoPro Hero5含め「電子手振れ補正」で、要はソフト的な補正なのですが、SONYのアクションカムはハード的な補正をかけることにより非常になめらかでブレのない映像を撮ることができるのです。


この超優秀な手振れ補正と比べて、GoProHero5はどうなのかなーって思っていたのですが・・・





すでに海外では発売済みのGoPro Hero5、レビュー動画がこれでもかというくらいアップロードされていたので参考にさせていただきました。

正直、この映像を見る限り「必要充分」じゃないかと感じました。確かにSONYの光学手振れ補正に比べれば弱い補正かもしれませんが、無いよりマシって感じで実用レベルには達しているように感じます。


しかし流石アクションカムシェアトップなだけあって、発売と同時に凄まじい数のレビュー動画が上がっていますね。片っ端から見た限り、ヘルメットにマウントしてバイクの操縦動画を撮るという点に置いては全く問題なさそうです。




インカムトークを録音するために準備するもの


sena20s.jpg


では次にインカムトークの録音です。

コストや実現性を考え抜いた結果、やはりアナログなやり方が一番という結論に辿り着きました。


Youtubeには前回の記事で紹介したようなマイク付きイヤホンを使う方や、SENAのGP-10やC-10を使っている方もいました。

しかしイヤホン付きマイクは私がカナル型イヤホン嫌いなので却下。
SENA関連は声は超クリアに録音できるんですが、外部の音が弱くて外部マイクが別途必要そうなので却下&金がかかるのでやっぱり却下。

となるとたどり着く答えは「GoProからマイク2本引っ張って口と耳に設置」というもの。


単純明快です。


つまり図解するとこうです。


GoPro Hero5 Black 外部マイク接続


GoPro Hero 5 Blackの外部マイク入力端子になっているのはUSB tiyp Cコネクタです。給電も兼ねているようですが、とりあえず録音だけを考えてまずは「USB type C ⇔ Micro USB 変換コネクタ」を噛ませます。

探したのですが、Type Cから直接3.5㎜ミニジャックに変換してくれるコネクタが流通してないみたいですね。


その後普通の「Micro USB ⇔ 3.5㎜ミニジャック変換コネクタ」を噛ませます。

次に「3.5㎜ミニジャック二俣分岐コネクタ」を噛ませます。

最後に「SENA純正 薄型マイク」を2つ繋げてヘルメット内部に設置すれば完成!


理論上はこれでいけるはずです。最後のマイクはSENAの薄型なら軽くて薄くて邪魔にならないと思ったからですが1つ1500円とやたら高いのでちょっと我慢する事になるかもしれません。



他に準備するもの


あとはSDカードとかマウントアダプタとかそこら辺ですか。

全部コミコミで6万くらいかかる予定です。高いなぁ。


SDカードはmicroSDXC規格の128GBが使えそうです。

アダプタはクリップタイプを探してみる予定。GoProはサード製も含めアダプタがこれでもかってくらい種類があるので、きっと良いのが見つかると思います。
あとは撮るだけ!!


残念がら日本でのGoProHero5シリーズの発売日が10月3日から8日に延びてしまいました。本当なら明日にでも手に入れて調整したかったんですけどねー。来週のキャンツーはギリギリ動画撮れるのかどうか。


ともあれ、もう少しいろいろと調べてみようと思います。













クリックよろしくー

【夏休み61日目】
【残り貯金額2兆761億メル】

いよいよ動画を撮るぞ

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
初めまして♪
当方もHERO5を購入してから音声に関して悩んで色々と調べている途中にコチラにたどり着きました
結果的に外部マイクアダプターを購入しましたが、どうも使い勝手が悪くて困っています
記事中にusb-cから変換を使って…と有りますが、モノによってはhttps://www.youtube.com/watch?v=5dAtnei9P1U←の様に機能している模様です!
2017/03/20(Mon) 19:26 | URL  | gopro台好きっ子 #-[ 編集]
はじめまして
公式の外部アダプターはデカくて未だに購入に踏み切れておりません。
なんとかコンパクトに収めたいものですね。
情報提供ありがとうございました!
2017/03/20(Mon) 22:39 | URL  | シロマン #h0D/NfaY[ 編集]
期待しております!(^O^)/
https://www.youtube.com/user/panapp3100
色々と試行錯誤もしておりますが、何か少しでも参考になれば幸いです☆彡
2017/03/20(Mon) 22:47 | URL  | gopro台好きっ子 #-[ 編集]
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可