どもー、こんちゃー。


昨日はブログを更新した後すぐに寝たので、今日は何とか活動する体力が戻りました。

やはり何をするにも体力が必要ですねぇ。体を鍛えなければ!


さて、「六斗の森キャンプ場へキャンツーしに行ってきた その1」に引き続き、本日は続きの日記を書いていこうと思います。


秘密兵器である焚き火台の試運転を終えた我々は風呂と食材調達に出ることにしました。

ホテルレイクサイドつくば 露店風呂 温泉

実は六斗の森キャンプ場の周辺にはあんまり温泉が無くて、結局一番近所の「ホテルレイクサイドつくば」の日帰り温泉に入ってきました。

片道15分くらいかけて辿り着いた先は、ホテルっていうからビルを想像してたんですが3階建てくらいのちょ~っと寂れた感じのホテルでした。フロントで日帰り温泉の受付を済ませて入浴。一応天然温泉で、保温保湿という寒い時期にはうってつけの効能があるようですが、正直これで入浴料1,000円はかなり・・・こう・・・高いです。


しかし周辺には更に遠くて更に値段が高いという高級温泉しか存在しなかったため、消去法的にここになりました。もうちょい遠くて高くてもOKならば値段に見合った温泉施設はいくつかあるようです。


食材はスーパーがそれなりの数近所にあったのでサクッとゲットしてキャンプ場へ帰りました。


焚き火 キャンプファイアー 焚き火台 メッシュシート

いきなり夜です。


そうです、最近は日が沈むのも早いです。

風呂入って食材買出しして、戻ったらあたりは真っ暗!


寒くなってきたので焚き火をしながら夕飯を作りつつお酒を飲む贅沢な時間の到来です。

エリンギ バター焼き

今回もいろいろ作りましたが、エリンギのバター焼きが最高においしかったですね。

今回から100円均一で入手した包丁と、グラインダーで加工した例のまな板を持参したので食材加工もお手の物!前回のように手で縦に裂いて適当に焼くという雑な調理法から、ちょっと文明が進歩した調理法に変わったので料理も一層おいしくできました!!


そして今回のキャンプで大活躍だった焚き火台でしたが、今回はキャンプ場の環境も良かったのです。


枯れた 杉の葉

枯れた杉の葉がそこらじゅうに大量に落ちていました。

これは油を含んでいるので火をつけると爆発的に燃え、天然の着火剤として非常に優秀です。我々はそのあまりの優秀さに”燃料”と呼んでいました。
こいつを挟みつつ小枝でやぐらを組み、適当に火を付けると枝に火がついで継続燃焼するまで”燃料”が燃えてくれるのでとても楽に焚き火を維持することができました。
また、”燃料”を一気に大量投入することで数十秒間とてつもない熱量と光量を撒き散らすフィーバーモードをするにも大変役立つ素晴らしい天然着火剤です。フィーバーモードがあまりにも楽しくて夜な夜な追加の”燃料”を二人で森の中拾い集めてたくらいです。


そんな楽しい焚き火を終えて就寝



翌朝、6時前に目が覚めたのですがなんか肌寒い!


ってことでまた朝から焚き火して暖まりました。


茎崎 こもれび 六斗の森 キャンプ場 つくば市 バイク


3連休最終日から平日の翌日にかけて泊まる奇特な人は誰もおらず、今回は夜から朝までキャンプ場が貸切状態でした。


バイクでキャンツー的視点から見れば、六斗の森キャンプ場はバイクで来て焚き火したりするにはかなり条件の良いキャンプ場だと思います。重量350kgのクルーザーでも危なげなく通行できる場内や、キャンプ場に至るまでの舗装状態はかなり安心できます。

また、バーベキュー場も併設しているおかげか水場は大きく屋根も付いており、食器洗いなどもとてもしやすかったです。

トイレは今回使用するのをすっかり忘れていたのですが、とりあえず存在はしています。あと自販機あるので飲み物にも困りませんね。


唯一の難点はやはり風呂が遠く、そして微妙に料金が高いのがネックでしょうか。キャンプ場自体の料金は安いのでどっこいどっこいといった感じでしょう。



そんなわけで久しぶりのキャンプでしたが、大変充実した内容となりました。次回はどこへ行こうかしら!


コメント返信
>じーぷ
原始生活楽しいです









クリックよろしくー

【夏休み71日目】
【残り貯金額2兆1237億メル】

次回のキャンプ地候補探しますぞ

んじゃ、さいなら~
関連記事
テーマ:ツーリング
ジャンル:車・バイク
コメント
この記事へのコメント
次は行くぞ
2016/10/12(Wed) 20:41 | URL  | ゴリアテ #1wIl0x2Y[ 編集]
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可