どもー、こんちゃー。


昼夜逆転が板についてきました。こりゃあしばらく直らねぇ・・・!

毎日宇宙へ出稼ぎにいく生活です。


Space Engineers 火星

実は地球から火星に引っ越しました。私の貧弱なPCではサーバーに多大な負荷がかかるような事象が起きたサーバーでは活動が難しくなるので新規に立ち上げたわけです。前回のサーバーはピストンを5連3セットを最高速度で同時に動かしたら早いのでは?という疑問を解決するための犠牲になりました。物理エンジンというのは例えクリエイティブモードでもなかなか厄介のようです。壊れてくれる分サバイバルモードの方がマシなのかもしれませんね。

しかし宇宙生活にも慣れてきたもので、これで引越しも4回目くらい。火星ではサクッとプロジェクターで戦闘機を量産しましたがやっぱり欲しくなるのは生産&廃棄工場。


Space Engineers 溶接機 グラインダー

そんなわけでこんな形の試作機を作りました。

片側一面に溶接機、反対側一面にはグラインダーを設置。真ん中に橋を渡してそれを前後移動させることにより不要施設の廃棄と新しい船の製造を安定していっぺんに行うことができる夢のような施設を考案したのです。溶接機で焼く際に最も気をつけなくてはならないのが生焼けと呼ばれる、内部パーツの生成不足なわけですが一定速度で溶接機から離していけばうまく焼けるのは道理。

そしてそれはグラインダーも同じでした。重力に任せてグラインダーに放り込めばパーツは飛び散ってしまい、それを防止するために蓋をしたりと施設が大型化していました。でも考えてみれば、グラインダーに押し付ける形で端から削っていけばそこまでパーツを飛び散らせることなく最小限の施設で廃棄ができるのではないか?つまり溶接機と同じだ!ってことで向かい合わせてみたわけです。

あとはこの2つの施設の間を前後させる動力源なのですが、一定のスピードを出せることが重要なためまずはピストン駆動を考案。


Space Engineers ピストン

こんな形になりました。

ピストンにピストン付けるのが一番伸びるのですが、それだと縮みきった時の長さがどんどん増していってしまいとんでもない長さになってしまうためピストン1個分の長さをブロックで戻して、またピストンつけて・・・みたいなことをやっていたらこんな形になってしまいました。結局横に飛び出るか後ろに飛び出るかの差みたいですね。


Space Engineers ピストン 長さ 限界

そしていざ伸ばしてみるとなかなかいい感じです。

ただ、8個目を伸ばしたあたりで重さのせいでグワングワンたわみ始めてなかなか厳しい・・・


それでもめげずに、最先端から施設側へ棒を1本伸ばして施設側に張ったレールへ懸架。たわみは更に酷くなりゆっさゆっさ揺れ始める始末。だがここで登場「スペースボール」!!こいつは緩衝材として使えるって2ちゃんに書いてあったぞ!ってことでこいつを挟みこむと見事に安定化に成功。

これなら大丈夫だなと思い、ルンルン気分でピストンを収縮させ始めたら・・・

Space Engineers ピストン 崩壊


  . / \____/ ヽ
  / U         \    丶
 / _,,.ノ゙'  ~\,_   U  .ヽ   つ
 |U~        ~''' ::: ::::::|  ぁわ
 | 、_(O )_,:  _(O )_,    ::::::|  あぁ
 |   ::<          :: :::::|  あぁ
 ヽ  /( [三] )ヽ  U  :::::::::|  ぁあ
  ヽ        :::;;;:::::::/  ぁあ


物理演算エンジンさんがお怒りです。

こうなると手がつけられません。絶対に壊れない設定のクリエイティブモードにおいて物理演算エンジンさんが世界の理との矛盾に耐え切れずに暴走しているのです。触ろうものならぶっ飛ばされます。それでもせっかく作ったピストン装置、せめて根元くらいは残したいので先っちょだけ除去に挑みます!


Space Engineers ピストン 崩壊

しかし飛び散ったピストンは更に飛散。これは無理だとあきらめて一番根元のピストンを切り離したところ、残りのピストンはとてつもない勢いで宇宙へ向かって飛んでいってしまいました。たぶん1,000m/sは出てたよなぁ。あっという間にお星様にまぎれてしまいましたよ。

Space Engineersは初期設定ではスピード制限が100m/sですが、あんまりにも遅いので私はMODを入れて無制限にしています。そのあたりも影響してぶっ飛んでるのかもしれませんね。


そんなわけで施設はあるのに肝心の駆動方式に悪戦苦闘中なわけです。


実はピストンとローターを組み合わせてマジックハンドの要領で伸ばしたり縮めたりする装置も考えたのですが、そもそもローター組み込みながらの装置組立が困難極まりなかったため諦めました。



Space Engineers クレーン サスペンションホイール

そんなわけで現在このようなものを製作中。

サスペンションホイールでラージブロック支柱を挟み込んで動かすタイプです。

サスペンションの調整が難しく、まだまだ安定しませんがしばらくはこいつを弄ってみる予定です。ちゃんと動くといいなぁ。












クリックよろしくー

【夏休み159日目】

よっしゃ今日も宇宙行くぞ

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可