どもー、こんちゃー。


今日は珍しく早起きしたので昼過ぎからやっていたNintendo Switch発表会をライブで見ておりました。てなわけでキャプ画と共にかき集めた情報をメモ代わりにドバーッと書いていきたいと思います!


まず会見にて一番最初に発表されたのは皆が気になる発売日と価格。気前よくババーンと発表してくれました。

Nintendo Switch 発売日
Nintendo Switch 価格

Nintendo Switch
発売日:2017年3月3日(金)
価格:29,980円(税込価格 32,378円)


おー、早い!安い!

これは頑張ったんじゃないでしょうか任天堂。WiiUの出だしっていくらでしたっけ?なんか35,000円くらいした記憶があるので、それに比べたら随分とお安いんじゃないですか?ソフト1本同時に買っても4万円でお釣りがくる最新ゲームハード。素晴らしいじゃないですか!!

あと1ヶ月半ほどでこの最新のゲーム機が手に入るわけですが、実は明日明後日と東京ビッグサイトでも体験会をおこなうそうです。

Nintendo Switch 遊び方
Nintendo Switch 遊び方
Nintendo Switch 遊び方

遊び方は以前発表があったようにご覧の通り。

任天堂いわく、これまで任天堂が作り上げてきたゲームの全ての要素を詰め込んだゲーム機なんだそうです。据え置き機としても、携帯機としても使ってほしいんだとか。そのため、普段はテレビ画面でゲームをして、持ち出したい時は画面を引っ張り出して遊び、コントローラーを分け合うことで即時に二人で遊ぶことも可能なんだとか。詰め込みましたねぇ・・・!

Nintendo Switch Joy-Con

このNintedo Switchのコントローラー「Joy-Con」という名前のようですが、今回のSwitchの目玉となる機能がこの小さなコントローラーに詰め込まれているようです。

このJoy-Con、ドッグに繋げて両手持ちで操作するのはもちろんの事、任天堂としては最初から2つのコントローラーが付属していると考えてもらいたい面もあるようです。

Nintendo Switch Joy-Con LRボタン

その証拠に、分離した際になんとLRボタンが埋め込まれており、片側だけでも十分にゲームを楽しむことができるんだとか。

Nintendo Switch Joy-Conストラップ

更にLRボタンを押しやすく+ストラップ機能がついた「Joy-Conストラップ」なるものも登場。この時点でJoy-Conにはグレー以外にブルーとレッドのカラーバリエーションがあることも発表されました。

Nintendo Switch モーションIRカメラ Joy-Con
Nintendo Switch HD振動 Joy-Con

更に左右のJoy-Conにはそれぞれ別の機能が盛り込まれており、詳細は以下の通り。

右コントローラー
・NFC(アミーボ対応)
・モーションIRカメラ
・ジャイロセンサー

左コントローラー
・キャプチャボタン
・HD振動
・ジャイロセンサー



アミーボ忘れられてなかった!
そして地味に嬉しいのは「キャプチャボタン」です。これはPS4のコントローラーについているシェアボタンと役割は同じのようで、ゲーム内スクリーンショットが撮れるようになるボタンなんだとか。また、将来的にはこのボタン1つでソーシャルネットワークを通じたゲーム配信なども出来るようにする予定だとか。

そして両方のコントローラーにはジャイロセンサーが内臓されているため、WiiUゲームパッドはもちろんのこと、Wiiリモコンのように使うことができる、まさに過去の任天堂が詰め込まれたゲーム機と言えるでしょう。

Joy-ConストラップにLR押しやすい機能を付けつつ、Wiiリモコンのように使った時のためのストラップを合体させるとは考えたものです。



Joy-Conにかなり力を入れているのが分かったわけですが、ここで本体にも注目してみましょう。

Nintendo Switch バッテリー 持ち 使用時間

画面が付いているのが「Nintendo Switch 本体」と呼ばれる部分ですが、これを単体で動作させた場合のバッテリー持ち時間は2.5時間~6時間、ゼルダの場合は3時間だそうです。今のWiiUパッドと同じくらいですかね?

普段テレビで遊ぶ場合は「ドッグと呼ばれる部分に挿しておけばいいみたいです。WiiUゲームパッドが本体になったようなもんでしょうか。

Nintendo Switch USB Type-C 充電

そしてドッグを介さない、本体への直接充電はUSB Type-Cコネクタ経由で行えるそうです。でた!TypeC!!

まだ普及し始めなので使いにくいったらありゃしないのをGoPro Hero5で味わってますが、ケーブルは本体に付属するようなので何よりです。

Nintendo Switch WiFi

あと本体に相変わらずWiFi埋め込みだそうですが、ドッグ経由でいいんで有線ポートも是非とも宜しくお願いしたいところですね。ていうかドッグ本体に埋め込んどいてくれないかな・・・ここら辺は明日の体験会レポート記事なんかを漁ってみるつもりです。

それと、最大8台までの本体同士のローカル通信機能を備えているそうなので、3DSのように本体を持ち寄って対戦することもできるそうですよ。私のように既に大人になってしまい、地元の人間は全て東京へ働きに出ているような環境だとこの機能を使う機会はまるでなさそうですが、逆に東京に住んでるとか、現役バリバリの子供ですっていうならば使う機会は多いかもしれませんね。

それとNintendo Swtich本体ですが、静電容量式タッチパネル搭載だそうです。WiiUゲームパッドは感圧式なので、これでイマドキのスマホやタブレットのような操作感になったのではないでしょうか。10点マルチタッチ対応だとか。解像度は720pと風の噂で聞きましたが、ゲームやるなら十分かな?フルHDにするとこの価格は実現できなかったのかなぁ。

こうして見てみると、基本的にはテレビで据置スタイルでやってね!でも一応外に持ち出して遊べるよ!ってレベルなんでしょうね。全面パネルになってる機器を持ち出すのには少し抵抗がありますが、扱い的には今のスマホやタブレットと同じような具合でいいんでしょうか。任天堂製なので頑丈さには定評があると思いたいところですが。Joy-Conの接続部分といい、よくもまぁこれだけ可動部モリモリにしたもんだと驚きです。よほどタフな作りなんでしょう。


Nintendo Switch 同梱品 内容物 商品内容

さて、最後に肝心の製品内容。

・Nintendo Switch本体
・Joy-Con(L・R)
・Nintendo Switchドック
・Joy-Conグリップ
・Joy-Conストラップ
・Nintendo Switch ACアダプタ
・HDMIケーブル


ACアダプタは写真で見る限りWiiUに比べてかなりスッキリとしましたね。WiiUは箱○を笑えない大きさのカステラACアダプタでしたからねぇ。ちなみにUSB-TypeCですが、どうやらACアダプタの先端形状がTypeCになっているようです。つまりドックと共用ってわけですね。

Nintendo Switch バリエーション

最後に、カラーバリエーションはJoy-Con部分だけ。2種類同時発売だそうです。

本体色はグレーなんですが、それに合わせたコントローラーにするか、カラフルなものにするかってところですか。個人的にはコントローラーの付け替えがあるのであれば、色でパッと分かりやすい赤青カラーがいいですね。

しばらくは他の本体カラーは出ないでしょうが、どうせ持ち運びが出来るのであれば3DSのようにカラフルにしてほしい願望もありますね。Joy-Conバリエーションは以外と早く出るかもです。


そしてそして!

予約開始日は1月21日(土)


だそうです。


さてさて、ついに発表となったNintendo Switch。

正直言って安いですね。買いたいです。となると気になるのはソフトバリエーションなのですが、それはまた明日書こうと思います。速報性ではゲームサイトに勝てませんから、私はゆっくりと日記として書いていこうと思います。何よりネタの温存ができるは素晴らしいことですからね!


というわけで以上!












クリックよろしくー

【夏休み162日目】

今年はゲームイヤーだなぁ

んじゃ、さいなら~
関連記事
テーマ:任天堂
ジャンル:ゲーム
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可