どもー、こんちゃー。


昨日は半日以上寝てたので今日は頑張って朝起きました。でもお昼寝したよ。


さて、今日はバイクの話題。定期的にこのバイク欲しい、あのバイク欲しいなんて記事にしてますが今日はヤマハのバイクです。


Yamaha T7


Yamaha T7 Concept

引用:cycleworld.com
引用:個人的バイクまとめブログ


ヤマハが去年コンセプトモデルとして発表した「T7」が公式ホームページも出来て、2018年には発売されるんじゃないかって噂があるようです。私、このニュースで初めてT7を知ったのですがオフロードに興味津々の今だととっても気になるバイクです。



T7のTはテネレのT

テネレとはヤマハがパリダカに出場するために作ったマシンに付けられた名前だそうで、テネレとは元々砂漠の地名なんだとか。ダカールラリーのバイクというのは独特の見た目をしていて好き嫌いの分かれる部類です。私もどちらかと言えばそんなに好きなタイプではないんですが、オフロードに興味を持ってからは「なるほどこれも機能美だな」と思うようになりました。



T7の7は排気量700ccくらいの7

まぁ7っていうくらいだから700cc前後なのでしょう。ヤマハの現行700ccだとMT-07とかがすぐに思い浮かびますが、どうやらエンジンはMT-07のものを使っているんだそうです。




Yamaha T7

日本国内のラインアップですとオフロード車というのは低排気量帯はもちろん充実していますし、大排気量のビッグオフなんて呼ばれるあたりもけっこうありますよね。でもT7のようなミドルクラスのオフ車っていうのはパッとあんまり思いつきません。そこらへんの排気量は海外メーカーのものが結構多いですよね。

最近だとスズキのV-strom650とか出てきましたけど、アレはオフロードもオンロードもいけるデュアルパーパスタイプですからちょっと違うのかなぁって思います。


T7はスリムでいかにもオフローダーって感じがしますが、日本の狭い林道なんかに持ち込むとやっぱり軽さが大正義で馬力もセローレベルで充分という話はよく聞きますが、日本国内でこういったバイクに乗ってる方々はどこら辺を走っているんでしょうね?Youtubeでオフロード動画は散々見ましたが、砂漠を爆走している動画とかはあんまり見たことがないのでやっぱり日本国内だと厳しいのかなー。


Yamaha T7

どちらかというと、こんな風に荒野を猛スピードで駆け抜けるのが正解なバイクなのでしょう。テネレって名前が付くくらいですしね。

日本にはフラット林道やらフラット砂利道なんてものがありますが、そこをこいつで全速力で走ったらさぞ気持ちの良いことでしょう。しかし狭さ的に命がいくつあっても足りない気もしますね。ああ、でもカッコイイよなぁT7。なんというか、凄い頼もしい見た目をしているんですよね。無敵感があります。



Yamaha T7

そんでやっぱり一番気になったのがヘッドライト

見てくださいよ、このキモかわいい見た目。エヴァ2号機みたいじゃないですか。このヘッドライトは何でも特許を取った特別製みたいで、ただ単に4つ並べてあるわけじゃないみたいですね。スクリーン越しだとどうなんでしょうね。法律的にアリなのかな?こういったタイプは見かけたことがありませんからね。


なにはともあれ、オフロードが呼んでいる気がします。


2018年かぁ。新型セローも発表くらいはされていると思いますし、2018年は個人的オフロード元年になる可能性が高まってきましたね!



以上、定期気になるバイク日記でした。











クリックよろしくー

【夏休み322日目】

森が呼んでる

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可