どもー、こんちゃー。


今日も蒸し暑いですね。

グラブルが少し落ち着いてる期間ということもあり、ここ数日はアニメを見たり漫画を読んだりと楽しんでおります。グラブルがいくら楽しかろうとずっとやってると苦行になってきますからね。何事もほどほどが一番です。

さて、今日は久しぶりにVAPEの話題。


ニューアイテムをゲットしたので記事にしようと思います。



初めてのRDAゲット!

Maze V3 パッケージ

今回私が購入したのはHcigar社製 Maze V3 Blackです!


一体何を買ったのかといえば、煙を発生させる部分”アトマイザー”を新たに購入したわけです。アトマイザーってそんなに何個も何個も必要なの?って聞かれるとうーん・・・ってなるのですが、今回購入したものはRDAと呼ばれるもので、以前購入したクリアロマイザーとは仕組みが違うのです。つまり煙の出方や味も異なる!これは買うに値する代物なのですよ!


というわけでRDAとはなんぞや?ってところから始めましょうか。



RDAとは・・・

Rebuildable Dripping Atomizerの略

リキッドを保持しておくタンクが無くて吸う度にコットンへリキッドを染み込ませる必要があり、ぶっちゃけ手間。しかしエアフローとコイルの位置関係やら、大きさやらなんやかんやが上手く混ざり合って味が出やすい・・・らしい。要はひと手間加えて美味しくいただこうという趣旨のアトマイザー。


大分類としてRBAがあり、その中の1つがRDAということです。だから自分でコイル巻き巻きして、コットン入れてっていう手間もあります。でも手間の分美味しいらしい。美味しいって言われたら気になるじゃないですか?ってことで今回はそのRDAの中でも昨今人気が高く、お値段も大変リーズナブルな製品をチョイスさせていただきました!



Maze V3 を使ってみる

Maze V3 Black 黒

さて開封。

Maze V3は金属の地肌がむき出しのタイプと黒色の2種類があるのですが、真っ赤なNX75MODにシルバーのアトマイザーはあんまり似合わないだろうと思って黒色を選びました。ツヤのある黒でカッコイイですね。Maze V3のロゴがかなり主張していますが、私はこれも含めていいもんだと思いますよ。


さてさて、初めてのRDAかつRBA。今まで使っていたNautilus2はメーカー製のコイルをセットすればあとはリキッドを入れて吸うだけという大変お手軽なものでした。しかしRDAともなれば、自分でコイルを巻く必要が出てきます。そのために必要な道具なんかも少しだけアトマイザーに付属してきます。




Maze V3 付属品

と言ってもご覧の通り。

ネジを回す六角ドライバーとか、替えのOリングだとか、そんなものです。




Maze V3 クラプトンコイル

でもご丁寧にメーカー側で巻いてくれたコイルが2つ付属しています。

このコイルはクラプトンコイルと呼ばれているもので、細い線に太さの違う線を巻いたワイヤーで作られているちょっともっさりしたコイルです。コットンとの接触面積が増えるので濃密で細かいミストが出るのが特徴なんだとか。こいつと一緒にコットンも付いてくるので、とりあえず買ってきた吊るしの状態でも楽しむことが出来るようになっております。





Maze V3 エアフロー パーツ

そして謎の筒パーツ2個

これはMaze V3の最大の特徴でもある可変式エアフローのパーツになっています。穴の大きさが違いますから、空気の流入量に変化があるわけですね。これに加えて筒なので回転させることによって空気の当たり角度が調整できるようになっています。こんだけ小さいパーツを弄ったところでどの程度感じられる変化があるのかは疑問ですが、なかなか遊び心があるじゃないですか。



Maze V3 付属ドリップチップ

ドリップチップは2種類付属。

どっちも形は一緒ですが、オールプラと先端金属になっています。黒い金属付きの方がカッコイイですね。なんだか黒い方は説明書を見ると510アダプターになっていてはずせるそうなんですが固くて取れないので放置です。




Maze V3 ドリップチップ 互換

黄色いほうはそのまんま510接続のドリップチップを接続できました。いいですねこれ、自分の好みのドリップチップが付けられます。あと、付属のドリップチップ自体はどちらも本体への接続はねじ接続になっています。これはトップキャップを外さずにリキッドチャージなんかをしようとすると手間ですね。トップキャップはずした方が早いです。



というわけでズラーっと付属品を紹介してきたので、早速合体させてみましょう。






Maze V3 NX75 黒

じゃーん!

おお、似合うじゃないか。


かなり背の低いアトマイザーらしいので、小さくまとまっていて見た目もいいですね。直径もちょうど22mmなのでNX75MODからはみ出しもなくスッキリしています。

では、ここからはトップキャップを外していきましょうか。


Maze V3 トップキャップ

まずトップキャップの内側はドーム状になっていてミストがうまいこと吸い口に流れるような形になっていました。

結露したリキッドをふき取る時もひっかかる場所や届かない場所がないのでお手入れしやすくてグッドですね!



Maze V3 Black デッキ

そしてデッキ本体。うおー金ピカだ!!

シルバーカラーのほうはデッキの色も金属の色まんまみたいなので断然黒の方が好きですねぇ。いいじゃないですか、この金色。手前にはエアフローの調整パーツを既にはめ込んでおります。奥から生えてる2本の突起はコイルを保持するポストですね。




さてさて、早速ビルドを開始したいところなのですがここで道具の紹介です。

RBA・・・自分でコイルをビルドするにあたって必要な道具がいくつかあります。そして必要な道具がオールインワンの工具セットというものが販売されています。この工具セット、内容を理解すればする程超お得なこと間違いなしのスーパーセットなんですが、価格が5,000円前後とちょっとポチる手が止まる価格です。確かに安いんですが高い。だってこの価格でMaze V3が2個買えます。でも分かるんですよ、だって車本体より整備工場のほうが高いじゃないですか。そういうことです。

ということで貧乏な私は今回道具をケチることにしました。

RBA 精密ドライバー

まず100均で精密ドライバーセットとニッパーを買います。

精密ドライバーはコイルを巻くため。わざわざ直径が記載されてるあたり使ってくれと言わんばかりです。そして切れないニッパー。うちにはいいニッパーがありますがプラモ用です。金属線なんて切ったらすぐに刃が駄目になります。



カンタル線

そしてワイヤー。

コイルを作るワイヤーには様々な素材、形状のものが存在するわけですが今回はVAPE界隈では一般的なカンタル線と呼ばれるものを用意しました。太さは26ゲージと28ゲージ。ゲージという単位は米国で使われているみたいですが、数字が大きいほど直径は細いんだそうです。ややこしいわボケ!サイズのチョイスは適当です。安いし適当でいいんですよ。もっと太いの買っとけば良かったと思ってるので今度買い足します。


これで道具は以上なんですが、ここでVAPEを嗜んでいる方なら道具足りなくねー?って思うことでしょう。その通りです。



Maze V3 ビルド

とりあえずワイヤーを巻いてコイルにします。

このカンタル線、太さのわりに想像以上に固い金属でして巻くのに苦労しました。なるほど、コイル治具が欲しくなるわけだ・・・。コイルビルドセット欲しくなるよね・・・。そしてニッパー。まぁ切れない。切るっていうか折るに近い。ニッパーで切りたい箇所に折り目を付けてぐりぐりして金属疲労で折る。もうなんなんだコレは。


ちなみに適当に巻いているように見えますが、適当だとヤバイです。


コイルの抵抗値を基に何巻きすればいいか教えてくれるサイトを基にコイルを巻き巻きしています。素材、線径、直径もろもろ考慮してくる素晴らしいサイトです。

今回の狙いは0.6Ω。根拠はないですが、ネット上に転がってる情報を元に美味そうなビルドを目指します。26ゲージで直径2.4mmで6巻です。


にしてもへったくそな巻き方だなぁ・・・



あと、私はアトマイザーを直接MODにセットしてビルドしてますが、当然ビルド専用の台座が存在します。そちらの方がビルドしやすいでしょうし、なによりショートさせた時にMODがぶっ飛ばずに済みます。しかしそのΩメーター自体が私の使っているアトマイザーと価格的に大差ないことや、NX75MODにはアトマイザーの抵抗値を計測する機能とショートしていた場合に回路を遮断する機能が備わっているのでMOD使ってやっちまえって思った次第。


なので焼き入れもMODで行います。



Maze V3 ビルド

何故コイルに焼き入れを施すのか。

それはホットスポットの除去が目的だとか。一箇所だけめっちゃ熱が加わってたらミストが均一に発生しないじゃないですか。そういうことみたいです。なんか他にも理由があるみたいですが、1度焼いとけってことです。

ちなみにコイル抵抗値は0.61Ωだったので概ね狙ったとおりじゃないでしょうか。


んで、この焼き入れ作業なのですがホットスポットを除去するためにコイルを赤色化させてピンセットでちょいちょい形を整える作業が必要になります。形を整えることでなんだかいい感じに電気が通るようになるのを狙うのです。

そしてここで必要となるのがセラミック製のピンセット。


何故普通のピンセットじゃ駄目なのかというと、コイルの焼き入れ中は当然ながら通電中です。つまり金属ピンセットで触ったら感電します。そして熱にも強くなくてはならない。ということでセラミックが選ばれたわけです。大体1000円くらいで買えます。でも私は買わなかった。





要は感電しなけりゃええんやな!?じゃあ割り箸でいったるわー!!!









割り箸

火を吹きました。

まぁ結果オーライ、ホットスポットの除去は完了し、感電もしませんでした。でも次回はセラミックピンセット買います。良い子は真似しないでくださいね、1000円ケチッて火事になったらシャレになりません。



こんなアホなことをしつつ焼き入れも完了したので、付属していたコットンをコイルに通してビルド終了。



Maze V3 ビルド

うん、初めてなので不細工な出来ですが肝心なのは味ですので。

この綿を詰め込む作業が思いのほか難しかったのでビルド修行が必要なようです。





いろいろとありましたが、初めてのビルドが終了してあとは吸うだけ。コットン部分にリキッドを直接垂らして吸わせれば準備完了。早速吸っていきましょう!








スゥーッ


(・∀・)ウマイ!!




なんかもういろいろと違いますね。

まずドリップチップが大口径になったことにより、口の中に入ってくる煙の量が格段に違います。それによって味を口の中全体で感じやすくなりました。そしてミストが細かいのを感じます。ふわふわというかまろやかというか、粒子の細かさが感触として伝わってきます。そして当然のことながら吐き出す煙の量も凄い。これぞVAPEと言わんばかりの大量の煙。煙を吹かすというだけならばこういった大口径ドリップチップを装備した爆煙タイプのものがいいですよねぇ。

リキッドが1つしかないのでNautilus2との比較しか出来ないのですが、味は感じやすくなったというよりはより広がったという感じ。むしろ味の濃さ自体は薄まったんじゃないかと思います。でもすごい美味しい。Maze V3は広くまろやかな味わいなのに対し、Nautilus2は鋭く尖った味わいだと思います。


RDAはビルド次第で味がすごく変わるらしいので、今回のビルドが果たして正解だったのか否か分かりませんがRDAを初体験して思ったことはRDAすげえ美味しい!と同時にNautilus2もやっぱスゲェ奴だ!ってことでした。出先で吸うならNautilus2、家で吸うならMaze V3がピッタリですね。


すごい美味しかったのでパカパカ吸ってたら手持ちのリキッドがガンガン減っていったのでうまい分金も食いますねぇこりゃ。


というわけでまとめしょう。


RDAでよかった点と悪かった点


まず良かった点

・うまい、煙がたくさん出る
・コイルのコストはクリアロに比べて格段に安い
・ビルドが楽しい
・リキッドが新鮮


悪かった点

・ビルドが面倒
・漏れる


こんなところでしょうか。

私は普段から部屋に篭っているので、むしろRDAはクリアロよりも家で吸う分には合ってました。クリアロだとタンクに何日も入れっぱになることがあったので、それを吸うよりかは都度チャージしてやったほうが精神的にいいです。ビルドは楽しいんですが、面倒なんですよねー。面倒なことってのは楽しいものです。

あと1点、散々ネット上で書かれていたのですがこれはRDAがというよりMaze V3の構造上の問題でリキッドが漏れます。幸い、私の固体はOリングを超えてMODまでビチャビチャに漏れるってことはないんですが、それでも吸った直後の結露は物凄いですね。私は1回で吸う量が少ないからかもしれませんが、長時間すい続けているともしかしたら漏れ出すかもしれません。

そういう点を加味してもやっぱりRDAというのは家で楽しむもんかなーって思いました。





初めてのRDAでしたが、結構面白く、そして手間以上においしい煙が味わえるので吸う頻度が増えた気がします。Maze V3もタンクが無いとはいえリキッドをある程度の量は保持できるようにできているのですが、私はコットンが保持できる分しか染みこませないです。だから大体7回くらい吸うとちょっと焦げっぽい味になってきて、キャップをはずしてみるとコットンが乾いています。7回も吸えば大体満足なので私の使い方には非常に合っていましたね、RDA。


手間はかかるものの、コイルもコットンもアホみたいに安いのでランニングコストもクリアロに比べると断然お得ですし、リキッドの味を変える時にコットンだけサッと詰め替えるだけってのはいいですよねぇ。この1ヶ月ちょっとグリーンアップルメンソールのみを吸ってたのですが、気になるリキッドも多いのでちょこちょこ手を出していこうと思います。



というわけで今日はVAPEな日記でした。


コメント返信

>じゅん
1日8時間は長いよねー
睡眠時間は確かにもったいないんだが現人類ではどうしようもできないので
諦めて睡眠を楽しむことにしたよ

>ウミさん
自由って素敵です!

















クリックよろしくー

【夏休み334日目】

次は何味を買おうかなぁ

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コイルjigとセラピンはマスト。買え。
あとは無限にビルドしろ。毎回味が変わって無限に楽しめるぞ
ビルドに慣れたらvape storeで試飲して美味いリキッドを買うんだ。世界が変わる。

✨Vaping Lifeife☁️🚬😎👍✨
2017/07/05(Wed) 21:20 | URL  | げんかいまる #-[ 編集]
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可