どもー、こんちゃー。


今日も暑いですね。私はやっとディズニー疲れが抜けて昨日の夜から元気に活動しています。


グラブルはとりあえずスイカイベントがやっとダマスカス回収し終わるくらいにはダラダラやってるんですが、ゼノ・ウォフマナフに向けて少しずつエンジン回転数上げていかないといけないですねぇ。



さて、今日は久しぶりにアニメの感想なんか書いていこうと思います。本日ご紹介するのはコチラ。




エロマンガ先生

エロマンガ先生


2017年の春アニメだったんですが、最近は最新アニメに追いつく体力も無くなってきているので最近になって見ました。キャラクターが可愛らしくてTwitterとかでもよく絵が流れてきたので気になってはいたんですよね。あとタイトル自体はかなりインパクトがあるものなので作品自体は知っていましたが、アニメを見るまではあの「俺の妹がこんなに可愛いわけがない。」と同じ原作者の方が書いていたとは知りませんでした。




このエロマンガ先生ですが、タイトルからは一体どんな内容なのか想像も付きませんでした。

エロマンガ先生というのだからエロい漫画が主題の物語なんだろうか?って思っていましたし、そうなってくるとなかなかにエグい内容なんじゃないのか?って勝手に不安になってたりで、なんだかんだ食わず嫌いしておりました。しかし、アニメの宣伝効果というのは絶大で、たとえばキャラクターが可愛らしく動くシーンが短くカットされてTwitterに動画としてあげられていたりするの見ると、それだけで一気に興味が湧いてしまいます。私がエロマンガ先生を見ようと思ったのもこのクチで、可愛いキャラにホイホイ釣られてしまったんですね。



とりあえずお試しで1話だけ、そんな軽い気持ちで見たのですが・・・



エロマンガ先生

紗霧ちゃんがかわいい・・・!

もうね、めっちゃかわいいんですよ。他にもキャラクターは出てくるんですが、ぶっちぎりで可愛い。アニメの中だけに存在する「可愛い妹」というキャラクターが全力でそこにいる。素晴らしいじゃないですか!


物語においてヒロインが可愛いというのは大変重要なことなんですが、紗霧ちゃんはこの上なく私好みでジャストフィット!そしてやっぱりタイトルからは想像も付かなかったんですが、「俺妹」と同じ原作者というだけあって兄妹モノで大変よろしい内容でした。私自身、俺妹のアニメは最後まで見て大変楽しめた作品だったのでこの「エロマンガ先生」も楽しいに違いないという確信を1話で掴み、続きをじゃんじゃん見てしまいました。


アニメはリアルタイムで見るのもいいんですが、こうして最後まで一気に見れる環境で見るのも楽しいですね。






そしてエロマンガ先生の世界に呑まれてしまった私は、なんだか久しぶりにアニメを見てパワーが補充できたというか、活力がみなぎったというか、言葉では言い表しづらいのですが元気になりました!



ラノベ業界のお話がベースになって物語が進んでいくので、小説家や絵師が登場するわけですがそういったクリエイティブな情熱というのが物語からもアニメそのものからもヒシヒシと伝わってきて、そういうのを感じると自分もなんだかやるぞー!って気分になるじゃないですか。ただキャラクターが可愛いだけじゃない、なんだか熱意が伝わる、そんな不思議な作品でした。アニメは1クール全12話で原作3巻分をやったみたいですが、原作小説は既に9巻まで出ているようですね。


最近は漫画ばかり読んでいましたが、久しぶりにラノベを読んでもいいかもしれませんねぇ。原作が買いたくなったラノベアニメは久しぶりです。近頃だと幼女戦記とかオーバーロードとか、やたら分厚くてデカい本だったので久しぶりにラノベサイズで読書するのも楽しいかもしれません。



そんなわけで、アニメが非常に面白かったエロマンガ先生。


クリエイティブなパワーが詰まった作品でしたので、そういった元気を貰うにはうってつけの作品です。あと女の子が可愛いです!!オススメです!元気がない人は是非見てください!



以上













クリックよろしくー

【夏休み343日目】

さっそく原作小説を買いにいこう!

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可