どもー、こんちゃー。


いやぁ、なんだかブログ書くよりもやりたい事が盛りだくさんでほったらかしにしがちです。


でも頭の中を整理するためにも、やはりこうしてブログに書き出すという作業は私にとって重要なようで、どうにも煮詰まってしまうんですよね。というわけで今日は久しぶりにキャンプについて書いていこうと思います。




西湖 湖畔キャンプ場




私にとってキャンプ=バイクで行くキャンプツーリングになっているんですが、今年度は驚くべきことにまだ1回しか行ってないのです。その1回が富士山3泊4日キャンツーという、最高のキャンプだったのが救いですが、それでも去年の月1くらいで行ってたペースに比べると随分と大人しくなりました。

既にバイクも買い換えており、今までと同じ環境では無いので躊躇してる部分もあるのですが、気付けば季節も秋から冬へと移ろいゆこうとしています。虫は少なくなってきているので、むしろこれからがシーズンオンなのかもしれません。でも、これからの季節キャンプをするとなると対策しなければいけないのが寒さです。



去年の今頃、というか調べたらちょうど1年前でしたが東古谷キャンプ場に行った時は、明け方の壮絶な寒さに苦しんだ記憶があります。その寒さを教訓に我々は「冬にキャンプはやめよう」という結論に至るかと思いきや、「薪ストーブで暖まろう」というどこまでも前向きな答えを出したのでした。


その結果、私はバイクでのキャンツーにも関わらず巨大テントを買い、友人のゴリアテが薪ストーブを買ったのが昨年12月の冬キャンプでした。




でも去年は隙間風が入ったせいか、設置場所が悪かったせいか、そもそもテントがデカすぎたせいか、いまいち暖まることが出来ずに終わってしまたのです。


そして薪ストーブへの憧れだけが残った・・・



薪ストーブはこんなもんじゃない、もっと燃え上がるように熱い奴なハズ!!

というわけで今年も薪ストーブを探す季節がやってきたというわけです。大変残念ながらGoogleで「キャンツー 薪ストーブ」と検索すると私のブログが検索トップに出てきてしまうので、もはや先人の知恵に頼ることが難しくなってきてしまいました。検索結果もほとんどが行ったことのあるページです。




titanium goat シリンダーストーブ

一応、去年から気になっているのがTitanium Goat製のシリンダーストーブです。

キャンプブログを書いてらっしゃる方の記事を見て知ってずっと欲しかったんですが、どうにも22インチが品切れしてて買えずじまいな状況が続いています。毎年寒くなってから思い出すのが悪いんですけどね。この際、1個下の16インチでもいいかなって思うんですが、日本で販売されている一般的な薪の長さだと入るかどうか怪しい長さなのが困りどころ。

あと、6インチ違うだけと言っても体積がまるまる変わってくるので、実際には発生する熱量なんかも結構変わってきたりしてしまいそうで、16インチで妥協していいのかどうか悩むところです。お値段は手頃なんですけどね。






そしてもう1つ、暖かい冬キャンプを過ごすにはやはりソロテントである必要がありそうです。


North Eagle ビッグフロントワンポール 420


やはりNorth Eagle ビッグフロントワンポール 420に対して、折りたたみ可能な薪ストーブ1つではちょっと厳しかったのかもしれません。確かにこのテントは巨大で何人も寝泊りできて、寒かったら中で料理までした最強のテントです。しかし、本気で冬のキャンプに挑むのであれば、もっと小型で熱が篭りやすいテントを選ぶべきでした。


そもそもビッグフロントはナイロン生地なので火の粉やストーブからの輻射熱で簡単に溶けますし、実際穴も空きました。それらを考慮すれば、やはりコットンテントが最良という答えが出ています。加えてローコットを使えば地面に体温を吸われることもなく、快適な冬キャンプができるのではないかと画策しているところです。







コットンテントもいろいろありますが、ゴリアテ君が持ってたアメリカ軍のソロテントはなかなか良さそうだったので候補に入れてます。マイノリティをこよなく愛する人間としては、違う軍のものにしたくもなりますが、大体一緒にキャンプしてるのでアメリカ軍同士繋げるのもありかなーなんて。

あとはティピー型の小型なものがありますが、あれらは恐ろしい値段がするのでちょっと躊躇してしまいます。


いずれにせよ、ストーブもテントもまだまだお悩み中なので決まり次第またブログにまとめようと思います。





こうしてあれこれ悩んでいる時が一番楽しいんだよなー


以上


















クリックよろしくー

キャンプしよう

んじゃ、さいなら~
関連記事
テーマ:アウトドア
ジャンル:趣味・実用
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可