どもー、こんちゃー。


今日もしっかり朝起きて、日中活動して、健康的な1日です!!


とりあえず、昨日立てた目標に沿って活動すれば必ず幸福な6連休になるはず・・・そう思い、今日は朝からバイクを弄ってました。



ZX-6R オイル交換


ZX-6Rの初めてのオイル交換です!


宣言通りやってやりますとも。



準備するものはいつも通りのオイル交換セットです。



今回は初回1,000km交換になりますね。中古で買ってから、自分が乗り出して1,000kmなので交換する意味あるのか分かりませんが、オイル交換っていうのは気分でやるものです。最近ちょっとシフトチェンジが渋いなぁなんて思っていたのでいい機会ですね。



ZX-6R オイル交換 オイルキャップ

早速ZX-6Rのオイルキャップをはずしてみたらビックリ。

GROMやRaiderに付いてたレベルゲージの棒が付いてないじゃないですか!!


どうやら、こういうタイプは側面の窓からオイル量を測定するみたいです。窓の方が見やすくていいですね。





ZX-6R オイル交換 ドレンボルト


ZX-6Rのオイルドレンボルトは車体中央、アンダーカウルの切れ目に配置されています。
最初はアンダーカウルをはずしたほうが作業しやすいかもと思ったんですが、思いのほかスペースがあったのでそのまま作業することにしました。ただ、ボルトを緩めるときに勢いあまってレンチがカウルに当たってしまわないようにだけ注意が必要ですね。


そして感動すべきポイントとして、ZX-6Rはドレンボルトが1つです。


くぅ~感動だ!!


Raiderみたいに3つもボルトが付いてないって素晴らしいメンテナンス性じゃないですか。ボルトを緩めるために眼鏡レンチにサンダーかける必要も無いのです。さすがスポーツ車です。






ZX-6R オイル交換

ドバ~


オイルはチョコレートっぽい濁り方をしていたので交換して良かったです。窓から覗いたときはまだ透明感があったんですが、底のほうに沈殿物でも貯まってたんでしょうか。

なにはともあれ、これでシフトチェンジが多少はマシになるはずです。




オイルを抜いている間に新しいオイルの準備をしましょう。



ZX-6R オイル交換 オイル量

ZX-6Rはオイルフィルターを交換しない場合、2.8Lのオイルを交換します。少なくていいですね!

3Lジョッキでかなり適当ですがこんなもんでしょう。

ちなみに、今回使用するオイルはいつも使っているコレ






安くていいですよね。お気に入りです。


確か、Raiderのオイル交換の時に使った残りなので開封してから1年くらい経過しています。でも缶は密閉されてたし、そこまで酸化しないだろうと気にせず注入。今回少し足りなかったので追加購入したのですが、オイルの色がちょっと違う気もしましたが誤差みたいなもんです。

肝心なのはオイルではなく、「オイルを交換した」という事実だけです。





ZX-6R オイル交換 オイルレベルゲージ

最後にオイルレベルゲージを確認して終わり!


のんびりやって40分くらいで終わったのでお手軽ですね。


今年の汚れは今年のうちに!オイル交換完了です!











続いて、スマホホルダーの取り付けもおこないます。

スマホホルダー自体は持っているので、厳密にはクランプバーの取り付けですね。



デイトナ クランプバー ZX-6R



ZX-6R界隈では有名なデイトナのタンクマウントなタイプのクランプバーを買いました。

ハンドルマウントでも良かったんですが、結局のところ安定性という面でこの商品以上のものも無く、スタイルが崩れるのであまり付けたくはなかったものの便利さには勝てず・・・といった具合で諦めて取り付けです。




ZX-6R クランプバー タンクマウント

設置する箇所はここ

ハンドルとタンクの間にある、たぶんタンクを固定してるボルト2本を使います。


クランプバーにはボルトが付属してきますが径が違うため使用できません。そんなに厚みも無いので、ZX-6Rに付いてたボルトで締めなおしましょう。




ZX-6R クランプバー タンクマウント スマホホルダー

ってことでサクッと完成です。


ZX-6Rはスマホホルダーをどこに設置しようが、視線を落とさなければナビは見えないです。

そう考えるとRaiderの取り付け位置は神ポジションとでも呼ぶべき位置でしたね。




ちなみにこのクランプバー、ハンドルをフルロックした時に干渉しそうでしない、まさに専用設計品というくらいのピッタリ具合です。ZX-6Rのためにあるような商品。




ZX-6R クランプバー タンクマウント

非常に分かりにくい画像ですが、画像ではハンドルを左いっぱいに切ってます。上がハンドル、下がクランプバー。

隙間はほぼ無いですが、接触はしていません。素晴らしいクリアランス!!




もちろん右側も・・・




ZX-6R クランプバー タンクマウント

当たってんじゃねーか!!


ちょっとセンター出しが甘かったみたいです。というか、製品自体の工作精度も影響してくるくらいにギリギリな隙間なのでなんとも言えませんね。ちなみに、右に何度も切ってたらハンドル側が削れて無事にフルロック出来るようになりました。よっしゃ、これでええやろ!!


削れたっていうか、凹んだ程度で普段目に付く場所でもないのであとで油性ペンで塗っておこうと思います。大丈夫、分からない。




というわけで、無事にオイル交換もして、スマホホルダーも取り付けて、ツーリングの準備はバッチリオッケー!


電源出しが面倒で、というかよく考えたらシート下のボルトを外すのに長い六角レンチを持ってなくて出来ないので、電源出しは見送りとなりました。最悪、モバイルバッテリー括り付ければいけるっしょ!



いやぁ、これで目標のうちの1つは達成です。やりましたねぇ、素晴らしい充実感ですよ。この調子でどんどん休みを盛り上げていこうと思います!



以上













クリックよろしくー

しかし今日乗ってないのである

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可