どもー、こんちゃー。



休日が過ぎ去っていきます。寂しいですねぇ。



さて、今年が始まって早いもので20日ほど経過しているのですが、冬アニメをいくつか見ています。その中でも現在一番のお気に入りなのが「ゆるキャン△」です!女子高生がゆるゆるキャンプする物語のようなのですが、キャンツーをする人間としてはとりあえず見るだけ見ておこうと思って見てみたのです。そしたら、何だか想像以上に面白かった!!




yurukyann2.png



『ゆるキャン△』は、あfろによる日本の漫画作品。『まんがタイムきららフォワード』(芳文社)にて、2015年7月号[3]より連載中。テレビアニメ化もされている。

山梨県周辺を舞台に[4]、キャンプ場でのリクリエーションや野外調理などといったアウトドア趣味の魅力と[5]、それを身の丈に合った範囲で満喫する女子高校生たちのゆるやかな日常を描く[6][5]。表題に含まれる白三角記号「△」は、タイトルロゴではテントを表している。

引用:https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%86%E3%82%8B%E3%82%AD%E3%83%A3%E3%83%B3%E2%96%B3



最初、タイトルを見た時に「ゆるきゃんさんかっけー」って読んでしまい、ゆるキャンという人がカッコイイアニメなのかと思いましたが、どうやらテントの事だったみでいす。

漫画原作のアニメで、私も1度くらいは本屋で見かけた事がある気がします。



まぁ、女の子がゆるっとキャンプするだけだろうという軽い気持ちで見始めたのですが、原作のおかげなのか、アニメの演出力なのか分かりませんが想像以上にちゃんとキャンプしてました!!





これは放送前のティザームービーですが、冒頭の数十秒だけでうおー!キャンプしてるじゃん!ってなります。

登場するキャンプ道具の数々が見覚えのあるもの、もしくは自宅にあるものなのでなかなか盛り上がりますよね!そして、設営シーンがやたらリアルだったり、背景が綺麗だったりと、なかなか取材が徹底されてるアニメだとも思いました。舞台が富士山周辺ということで、あそこら辺はキャンプ場も多いので面白そうですよね。


そんな感じで毎週ゆるゆる見ていたのですが、なんと第2話で凄い見覚えのあるキャンプ場が登場。



ふもとっぱらじゃねぇか!!





富士山 御来光 ふもとっぱら バイク


まさか富士山キャンツーで行った先がアニメになって出てくるとは思いませんでした。ここ有名ですからねぇ。


私が行った時も春先だったので、アニメ同様にキャンプしている人がまばらでとてもいい景色だったことを覚えています。また行きたいなぁ。

あと、劇中でリンちゃんが仰ってましたが冬キャンプはやはりいいものです。アニメ見ながら「分かるわーすげぇ良く分かるわー」って感じに頷いてました。虫がいないっていうのはいいよね。



ただ、ゆるキャンを見て早速キャンプ道具を揃えてキャンプに行こうとしている方々には1つご忠告を。冬キャンプはマジで寒いので準備を怠らないようにしましょう。ほんと、寒いです。私が寒がりなのもありますが、マジで寒いです。夜テントで寝るのはぽかぽかで余裕なんですが、日の出前後にテントから出て朝食準備や撤収準備してると耐え難い寒さですね。



しかし、わたしもゆるキャンを見て久しぶりにキャンプに行きたくなりました。

これは今年度中に1回くらいは行っておきたいですねぇ。





yurukyan.jpg

というわけで「ゆるキャン△」、キャンプをしている方はもちろん、興味はあるけどやったことがないという方にもオススメのアニメです。これぞキャンプの醍醐味という部分を既に放送されているたった3話で詰め込んできています。特にリンちゃんの台詞にはいちいち同意しまくってしまうあたり、原作者のあfろ先生もキャンプ大好きなんだなぁって思いました。


アニメが素晴らしいので、あとで原作の漫画も買いに行こうと思います!




以上














クリックよろしくー

キャンプしよう!

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可