どもー、こんちゃー。



長く苦しい1週間が終わり、ようやく火属性有利古戦場が閉幕となりました。


あと3時間程ありますが、本日は勝利も確定し、ランキングもいい具合なので残り時間はゆるゆる走るつもりです。




古戦場


今回の古戦場は2ヶ月振りということもあり、皆気合が入っていたのも大きいと思うのですが、召還石シヴァのせいで騎空団、個人共にランキングのボーダーが爆上げでしたね。




WS006551.jpg

あと3時間ほどあるので時速500万だと過程してもあと1500万ほどは上がりますが、2万位ボーダーが2億近いというのは頭がどうにかしてしまっているのではないかと思います。私が個人的に目標にしている4万位も今回は遥か遠く、最低でも8万位には食らいつきたいと思って頑張って走りましたが、頭がグラブってないと8万位に入ることすら叶わないでしょう。


古戦場の数字はインフレする一方で、古戦場で得られるユーザーメリットは相対的に薄まっていっている気がします。

今回からは天井団のマッチング方法も内々で変更があったみたいですし、古戦場というイベントにはそろそろブレイクスルーが必要なんじゃないかと思いますね。





WS006550.jpg

そして、前回の水属性有利古戦場からでしたが、もはや3凸マグナ装備ではHPが足りずに100LvHELLで返り討ちにあってしまいます。それは今回も顕著でして、敵の圧倒的攻撃力の前にトリガー毎にフロントが吹き飛び、大いに蘇生薬と回復ポーションが役に立ちました。

オールド装備を挟み込んでみたり、神石編成だったりするとある程度のHPを確保できて戦いやすいだろうなぁと思ってしまいますね。もはやHP10,000程度では吹いたら飛ばされてしまうのです。



ここばっかりは、ユーザーのインフレする火力に対応という名目もあるので仕方が無い部分もあります。ボスもレベル別に分かれているので、自分の戦力に見合ったボスと戦うべきでしょう。その一方で、グラブルのゲームシステム上プレイ時間が伸びれば伸びるほど戦力が増強するので強さの格差が開いていく一方なので、いつかこの古戦場方式も破綻しそうな気がしてなりません。今は、上位層に何とかして食らいつき自分も強くなろうとするモチベーションが保てていますが、この先どうなっていくでしょうねぇ。


年度末には4周年も控えてますし、来月には闇属性有利古戦場も控えています。


ここらで私も戦力をもう1歩ほどグッと上げていきたいですねぇ。




というわけで以上、火属性有利古戦場雑感でした。
















クリックよろしくー

闇属性強化いそげー!

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可