どもー、こんちゃー。


当日はともかくとして、翌日も疲れが取れずに早くに寝てしまい、イベントレポートが遅れてしまいました。

イベントレポートと言っても、自分が購入した作品だけなので個人的メモ日記ですね。



というわけで、ワンフェス2018冬に行ってきましたよ!!



ワンフェス 2018 冬

大変天気も良く、風が冷たい程度で雪も降らず電車も止まらずいいワンフェス日和となりました。


幸運なことに、前回に引き続きダイレクトパスが当選したため私は余裕を持って会場入り。海浜幕張駅の近くのドトールで優雅に朝ごはんまで食べることが出来ました。ダイパスって素晴らしい!!

ではでは、早速私がガレージキットを購入したディーラーさんをホール順にご紹介いたしましょう。



ワンフェス 2018 冬 4-19-11 生物部 トゲブッシュバイパー

4-19-11 生物部 「トゲブッシュバイパー」

ヘビです。いきなりオリジナル作品です。

実はこのディーラーさんは1年前かそこらにモンハンのディノバルドを購入したところでして、その圧倒的な造形力に魅了されて今回チェックしていたところ非常に鱗が激しい子がいたので購入にいたりました。蛇自体に興味はあまりないのですが、「ヘアリー・ブッシュ・バイパー」という非常に可愛らしい蛇に似ていたので欲しくなってしまったのです。この蛇、毒あるし、高いしで飼えなかったんですが、レジン製なら問題ありません!

いい蛇です!




ワンフェス 2018 冬 5-05-05 しぃた シン・ゴジラ

5-05-05 Θしぃた シン・ゴジラ

シン・ゴジラ!

映画を見てそのかっこよさに惚れてしまい、いつか手元に欲しいと思っていたシン・ゴジラ。ゴジラ単体のフィギュアやガレージキットはあれど、このようにジオラマ風のものはなかなかお目にかかる機会がございませんでした。劇中でも印象的な放射線流でビルを吹き飛ばすシーンが見事に再現されております。

あと、初心者にも優しい解説書付きでして、色の塗り方のワンポイントなんかが書いてあったので個人的にはまさに満点のガレキと呼べる作品でした!!



ワンフェス 2018 冬 5-14-17 プラグマトーイズ 重探検スーツ


5-14-17 プラグマトーイズ 重探検スーツ

これまたオリジナル作品。

こちらの作品はカタログをペラペラめくってたら目に付いて調べたのがきっかけだったと思います。

可愛らしいデフォルメされたスーツで、カラーレジンで成形されているのでゲートカットして少し整えてやれば簡単に組み立てることが出来ます。そのまま作って飾るも良し、モールドを加えるも良し、何かと遊べそうな作品ですね。パッケージや説明書もこだわって作られているようで、とても丁寧な作品だと思いました。



ワンフェス 2018 冬 5-18-11 雷鳥工房 ラプトル

5-18-11 雷鳥工房 ラプトル 1/72スケール

これまたオリジナル作品です!今回は多いですね!

ご覧の通り、ビークル形態からラプトル形態へと差し替え無しの完全変形する素敵な作品。こちらは全てデジタルで原型製作されているそうで、出力も3Dプリンタを使ったいわゆる「型レス」作品になります。組立に必要なビスなども同梱されているので、パーツを切り取って組み立てればすぐに完成して遊ぶことが出来ますね!

3Dプリンタ出力まんまなので、プラモデルのランナーとはまた違った、3Dプリントする際のサポーターからパーツがにょきにょき生えた不思議な部品がゴロゴロ入っています。最近はフル3D型レス作品も増えてきましたが、こうやって実際に手にとってみると時代の進歩を感じますねぇ。



ワンフェス 2018 冬 6-22-04 PSG バーゼラルドデフォルメマスコット改訂版

6-22-04 PSG バーゼラルドデフォルメマスコット改訂版

前回買い損ねてしまったところです。以前、同じくデフォルメされた轟雷を購入させていただいたところですね。
わたしはフレームアームズ・ガールの中でもバーゼラルドが一番好きなので、ならば買わねばなりません!うまい具合にデフォルメされていて非常に可愛らしい仕上がりで、キューポッシュとはまた違った凝縮感があって素敵です!

ちんまいガレキはちまちま塗れるので大好きです。筆塗りしてやろう!




ワンフェス 2018 冬 7-22-07 覇車 ターニャ・フォン・デグレチャフ

7-22-07 覇車 ターニャ・フォン・デグレチャフ

これまた前回買えなかったガレージキットの再販です。

幼女戦記のターニャの原作版ガレージキットとなっております。幼女戦記は人気爆発中のため、一般ディーラーでも数多くの作品を目にする機会があるのですが、この「原作版」はなかなか見ることができない貴重な1つになります。胸像風に仕上がっており、原作イラストが持つ妖艶で残酷な雰囲気がよく再現されています。

まつげがバシバシ造形されていてちょっとビビッときてしまいましたね。これは是非とも作例のように濃く仕上げてみたいものです。



ワンフェス 2018 冬 8-23-01 CASTAIL キュアマリン

8-23-01 CASTAIL キュアマリン

既に8周年を迎えたハトプリですが、新たにキュアマリンのガレージキットが手に入るこの喜び!

しかも会場にはキュアマリン以外の3人も揃っており、ハートキャッチプリキュア!の4人が勢ぞろいしている姿を、まさか2018年になって見る事が出来るとは思ってもいませんでした。正統派と呼ぶに相応しい原型の仕上がりになっており、これぞハートキャッチ、これぞキュアマリンと呼ぶに相応しい再現度合いです。

もともとキュアマリンのガレキが欲しくて通い始めたワンフェスですから、ここはゲットしておかねばなりませんよね!





というわけで以上、今回は7作品を購入いたしました。


この圧倒的技術力、造形力を手に入れる喜び。これがワンフェスです。もちろん、それを自らの手で仕上げるのもまたガレージキットでしょうが、わたしはこうして買って眺めて、妄想するだけでも非常に楽しいのです。めっちゃ言い訳っぽいですが、たまには1つくらい作ってみようかな!ってワンフェスの度に思ってます。3月、3月に作ろう・・・・!




後日余裕があれば、他に撮った写真なんかもレポートできるといいなぁ



以上














クリックよろしくー

つくろうガレキ!

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可