どもー、こんちゃー。


週の後半から体力が底を尽きておりなかなかブログを更新できませんでした。グラブルも出来ませんでした><


3月も今日で終わり、明日から4月になってしまいます。早いもんですね~。




素晴らしい天気のこの土日、今朝は軽くグラブったあとZX-6Rちゃんを磨くことにしました!!

いつも通りバリアスコートで汚れを落としていくわけですが、2週間車庫の中に置いといたとはいえかなり花粉が付着しておりました。穴あき車庫じゃ駄目だったか。





ZX-6R エキパイ

そして納車から半年が経過したので、そろそろエキパイを磨くことに。アンダーカウルをはずしてみたのですが、ご覧の通りうっすら茶色に錆びています。地面の水分やゴミを受けやすい部分ですし、熱も持ちますからそりゃあ錆びますよね。


今回エキパイを磨こうと思ったのは、単純に錆びていたのもありますが死蔵していたメタコンを使うためでもあります。あんまり磨くところ無かったんで全然減らないんですよね。





ZX-6R エキパイ

というわけで、試しに手前の1本を軽く擦ってみると・・・・これはイケるぞっ!!

薄茶色の表面の錆は軽く擦っただけで簡単に取れます。深い点錆はなかなか取れませんが、それでも薄くなるのでガンガン磨いていくことにしました。



ZX-6R エキパイ

ちなみにエンジン根元はかなり大きな茶色い錆が目立っておりまして、サイドカウルも外すの面倒なので下とこの隙間から頑張って磨いてあげて・・・




ZX-6R エキパイ

とりあえずパッと見いい感じになるまでは錆が取れたかと思います。

今回メタコンだけで磨いたのですが、こういう大きな錆はペーパーやすりの少し粗目のもので一気に落としてあげたほうが良かったかもしれませんねぇ。次回磨くときにはそうしてみようと思います。メタコンはどちらかといえば仕上げの方ですからね。



ZX-6R エキパイ

そんなわけで、1時間ほどメタコンで磨き続けてそれなりの輝きを取り戻しました!

さすがに鏡面仕上げのようにはいきませんが、みすぼらしい色をしていたエキパイが輝きを取り戻せたと思います。満足!






ZX-6R エキパイ 磨く

まぁ、フルカウル車なのでぶっちゃけエキパイ全然見えないんですけどね!

ちらりと見えるエキパイが綺麗だとなんか素敵じゃないですか。これがバイクのチラリズムです。



ZX-6R


そして気付けば午前中が終了。


バリアスコート、メタコン、シェイクワックス
のフルコースでZX-6Rちゃんピカピカになりました!!



ZX-6R

今回もヌルッとするまで頑張りましたよ!


Raiderさんは元の塗装が最高級なこともあって簡単にヌルテカに出来たのですが、ZX-6Rちゃんはなかなかここまで輝かせるのが難しいですね。もっと磨きテクを上げていこうと思います。


というわけで、今回もワコーズの力を借りてバイクをピカピカにすることが出来ました。ありがとうワコーズ!




バイクも気分も晴れやかになった土曜日午前中でした。


















クリックよろしくー

午後はちょろっと乗ってこようかな

んじゃ、さいなら~
関連記事
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿

URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可